TNF100

いやはや、オーストラリアから帰国してだいぶ時間がたってしまった(;´・ω・)5月は本当に色々とありました。仕事もそうですが、プライベートも・・・。しかし、これからが色々と忙しくなります!!もう忙しくて忙しくてどうなるやら( ゚Д゚)
まぁでもなんとかしますw詳細近日発表(/ω\)

さてとTNF100は本当に楽しくキツイ大会でした。
簡単にコースを説明すると最初ロードを走って、トレイルに入ったと思ったら階段、そしてまたトレイルからの階段そして林道からのトレイル・・・・って感じでとりあえず階段と林道が多かったですw

林道!!

林道!!

かいだん

かいだん

コースの断面図はこれ↓
WEBSITE_Elevation_Profile_TNF100_2015_only_2000
見た感じはそうでもないですが、意外にこれがきつい(゚д゚)!
ではレース展開(‘ω’)ノ
11072334_841945729227445_4163173197562004069_n
まずスタートは前の方に並ぶwでも少し遠慮して香港のstone選手(香港:2014UTWT8位)の後ろへwスタートは相変わらず早いペースで先頭は行きますがあえてマイペース。大体25番前後。シングルトラックに入り少しづつ選手間がばらけてきて、最初は野本さん(2014 UTMF7位)と並走。「前は速いですから必ず落ちてきますよね」っと余裕をかましながら走っていく。しかし、これが誤算!?10㎞・20㎞と走っても前は落ちてこない。むしろ離されている!?しかし、ここは焦らずマイペースと走っていると少し右膝に違和感が・・・。なんか嫌な感じだと思っていたが、気にせず走り続けていると今度は左臀部付近に違和感が・・・。なんか足が前にでず動き辛さを感じるが、下りなどでスピードを上げてエキセントリックな動きをするが違和感がとれない(-_-)とりあえずレースはまだ序盤と思い、林道からのアップ・ダウンを繰り返し走っていると、40㎞ぐらいで右大腿四頭筋が攣る。そして、攣っても我慢しながら走ると今度は左の臀部および大腿四頭筋が攣る。最悪・・・(´-ω-`)ここから約10㎞先のエイドまでは階段が続くなどキツイところであったので筋疲労がさらに蓄積される・・・。心の片隅ではこれで最後まで走れるのかなどの弱気な精神が出てくるが、「もしこの筋疲労(攣り)が酷くなるとどうなるのだろうか?筋断裂などが生じるのか?」などの興味がわいてきたので、どうせなら走れなくなる最期まで頑張ろう!!っと攣る痛みで登りの苦しさを凌ぎエイドまで頑張る!!

エイドに着いたら、とりあえず補給。ドロップバックからMAGMA、ベスパを出して呑む!!そして極めつけのレッドブルw

MAGMA内服中w Photo by GRAND TRAIL

MAGMA内服中w

少しゆっくりしてボランティアスタッフと談笑してエイドを出発。
座って補給したのもあってか足の筋肉疲労が和らいでいるのが実感できたので、ロードはスピードを上げると両足の大腿四頭筋に悲鳴がw少しスピードを緩めて走っていると後ろからstone選手が・・・「Hey OOSE〜!!」と相変わらず爽やかな笑顔と声で追いついてくるが、どうやらstone選手も足がヤバイとのこと。なので二人でペースを作って前を追いかけようってことでここから約30㎞の道のり約90㎞地点手前まで並走することとなる。この並走中お互いの色々なことを話す。お互い同じアジアの選手であり昨年のUTMBで後半競ったライバル(私が思っているだけかも・・・(/ω\))。1月のビブラム香港でも負け(stone選手9位で私は11位)ているが、それでも少しづつ差を埋めてきている。今回は(stone選手の)前でゴールしたいなぁっと思っていたが、一緒に走っているとなんかそんな事はどうでもよくなる。なんだろ・・・純粋に楽しいw足は痛いがそんな事を忘れるぐらい楽しい。下りになるとお互い痛みを声に出して叫ぶがそれも楽しいw
そんな感じで走っていると、最後の大きなエイドで野本さんにおいつく。野本さんも意外と疲れているとの事だが、流石の走りで先にエイドを出ていく!!私も座ってゆっくり補給し出発。
長い林道の下りが続く。下りの途中で先にエイドを出たstone選手においつく。あれ?stone選手の手にはストックがある?あ〜最後のエイドでサポートから受け取ったか・・・いいなアルテマウェポンw鬼金棒・・・stoneにストックwここで弱気になったのかもしれない下りは持てる力を出し切るために飛ばす!!峠走で鍛えたあの走りを言わんばかりに飛ばす!!しかし、これが後半ののダメージにきた!!約残り10㎞は林道5㎞とトレイル5㎞の登り!!もう力を使い果たした私に気持ち傾斜角度20度の林道を走る力はありませんwでもここで歩いたら負けだと言い聞かせながら走りと歩きを交互に行う。さっきまでいたstone選手は軽々とのぼっていく〜。悔しかった。でも最期まで諦めず痛くても攣ろうとも走る・歩く。林道が終わってからのトレイルになってから少しづつ走れる様になってくる。まさに最高のトレイル!!これまで頑張ったご褒美トレイルと思えるぐらい走っているのが気持ちよかったが、最期の1㎞は階段の九十九折。これにはさすがに泣かされました。足が攣って手すりを持つ腕も攣って、臀部・腹筋・首も攣りもう満身創痍!!これ以上攣るところはないだと思いながら突き進む!!この辛さを例えるなら富士登山競走の9合目あたりだ・・・(゚Д゚)
そして、「終わりのない登りはない。」を合言葉に登りきり歓喜のゴールへ!!
最期はヘロヘロでしたが、多くの方がゴールに向かう私を労ってくれる!!両サイドで応援してくださる観客にハイタッチしてゴール!!もうゴールした後は何も言えないぐらい辛かったがとりあえず頑張った。出し切った。

左下に小さい私が写ってますw

左下に小さい私が写ってますw

結果:タイム10時間28分20秒 総合18位 年代別10位
UTWTランキング 12位タイ
今回出場するにあたり協力して頂いた日本の皆様と大会当日応援してくださったボランティアの皆さん、katoombaの住民の方々、そして今回エントリーをさせて下さったオーガナイザーのTomとAlinaにこの場を借りて御礼を申し上げます。

TNF100は本当にいい大会です!!最後まで読んでくださった皆さん!!来年は是非とも一緒に出場しましょうw

014eee7393195ac887ca0ecd5028c982c23299bf5d


必携品 MANDATORY

帰国してからのバタバタ感がすごく、中々更新できていませんがAustralia滞在記番外編の必携品についてです。
TNF100は必携品が多く、まるで100マイルのレースを出るかの様な量です。しかし、これは秋から冬にかけての寒暖の厳しい気候や天候・コースの厳しさなど大会の主催者が考慮して決めた事でありそれが多いや重いなどとこちらで判断するものでないと感じました。
昨今日本のトレランレースでも必携品の記載するものは多くありますが、実際にもっていくかなどのcheckするものはどれぐらいあるのでしょうか?今も話題になっていますが、必携品は大会主催者が安全に大会を楽しんでもらえる様にと決めた持ち物であり、それを容易に自己判断で変えてはいけないと改めて感じました。トレランは街中で行われるマラソンなどと違い安全性を確保された中で行われるものでなく、自然の中で行わる過酷なスポーツである事を忘れる事無く、一度スタートしたら最後まで自分の足での自己責任において下山し、スタートしたところもしくはゴールまで行くと覚悟していかねばならないと思います。
さて前置きが長くなりました、必携品を見て行きましょう。
大会のHPに必携品のリストがあります。(参照:必携品リスト
日本語で簡単に書いていくと

  1. ロングスリーブサーマルトップ
  2. ロングレッグサーマルパンツ
  3. シームスをして帽子のついている防水のジャケット
  4. ビーニーかバフ
  5. サーマルグローブ
  6. 安全ベスト(反射板が付いたもの)
  7. ヘッドランプ
  8. 予備のライト
  9. 携帯電話
  10. コンパス
  11. エマージェンシーブランケット
  12. 圧迫包帯
  13. スタッフサック
  14. 2L以上の水分を入れる事の出来る水筒
  15. 携帯食
  16. ゴミ袋(行動に生じたゴミを入れるもの)
  17. 防水の地図ケース
  18. コースマップ
  19. 緊急時対応カード
  20. ゼッケン
  21. バックタグ
  22. 防水マッチ
  23. 火打石
  24. 防水の長ズボン
  25. 100g以上のロングスリーブフリース

以上が必携品となる。
これらにおいて実際に自分が用意しなければならないものや大会側が当日配布するものがある。またサーマルトップなどは生地などの指定もあるため、なんでも良いわけでない。
こういった装備checkを大会の受付時とコース上で行う事になっている。
正直日本でこれらのリストを見た時に「えっ!?」と思う事もあったが、実際に現地へ行って走ってみると確かに全部必要だと思った。特に夜間走る人は気温が一桁まで落ちるため、暖かい衣類などは必携でありそれを持たないことで完走どころから生死にかかわる事も生じると考えられると思った。
海外では当たりまえな必携品だか、日本でも改めて必携品の重要性を感じた。

続く


Australia滞在記②

5月のAustraliaは日本とは真逆の季節であるため、秋から冬にかけての季節。KATOOMBAは高度も1000mぐらいにある街のため平均気温は10度と寒く、朝・夜は3度ぐらいまで気温が下がる。外を走るにも日中は手袋や上着が欲しくなる感じである。しかし、日差しが刺すと暑くなったりするので体温調節とても難しいと感じた。
到着して1日目。今日はgearのcheckや受け付けが午後からあるため、午前中は軽く走るなどして身体を動かし過ごしのんびりしていた。時差による疲れはないが気候の急激な変化による影響か、身体がとても怠く眠気もあったため、仮眠をとったりしていた。
16時からの受け付けを早く終わらせるために15時30分ぐらいには受け付け会場である、KCCへ到着。しかし、すでに何十人かの人が並んでいた。
受け付け開始時間を少し前に受け付けが開始される。最初に会場でもらう必携品である火打石と防水マッチを受け取る、その後gear check。

image今大会は100マイル以上の必携品の多さがありまた内容も細く大変だった。一応なんとかgear checkは無事に終了して、これまた必携品のコースマップとビブを頂き、その後別のテントで参加Tも受け取り受け付けは終了となる。丁度その時に香港のストーン選手と会いお互いの健闘を誓い記念写真w
ストーン選手は本当にナイスガイです( ´艸`)imagegear checkを終えて安心したのも束の間、同じ受け付けを済ました小林選手・須賀選手の持って来たgearが規定に合わないと言われ再度買い直さないとダメだとなる。実は私が認められた同じgearのはずなのにダメだと否定されたので、私も不安になりみんなで再度gearを買い直す為に街へと繰り出すはめなる。ここで注意したい事はKATOOMBAの店は飲食やスーパーこそは遅くまでやっているが、装飾屋さんなどは18時には終了となる。それを知らなかった私達はあちらこちら閉まる店を横目に町中を練り歩く。その中でやっと一軒時間外でも対応してくれる店を見つけてギリギリセーフで必携品を買う事が出来た!!
そんなバタバタした中で、再び受け付け会場に向かい次は大会におけるbriefingを受ける。内容は英語でわからなかったけど、雰囲気は良さそうだwOLYMPUS DIGITAL CAMERA

そして、20時過ぎに全て終えて部屋に戻り、翌日の大会に備えて色々と準備をして結局寝たのは23時過ぎ!!明日は4時半起きなのにと思いながらもすぐに熟睡ができた…

続く


Australia 滞在記①

Good morning from Australia :-)
やっと寒い夜から明けて暖かい朝になりました(・ω<)それでも10度( ゚Д゚)今朝は宿周辺のトレイルを軽く走って来ましたが、やはり風は冷たく日陰は寒い!!でも陽が射すと噂通りの紫外線ビームで暑い!!image

朝は人もおらず静かなトレイルを満喫できました。でもあちらこちらからまるでジェラシックパークにいるかの様な動物の鳴き声が聴こえスリルがあって楽しかったw 雰囲気的には本当に恐竜がいてもおかしくないっすwimage

今日は大会前日なので、必携品などのgearcheckや受け付けがあります!!また多くのTOPアスリートとも会う機会があるので、雰囲気に呑まれない様に堂々と馴れ馴れしくコミュニティーションをしてきますw(実際は英語ができずオドオドしてると思いますが…w)image

さぁ荷物はこんなもんだし後はのんびりしながら優雅にコーヒーでも相変わらず緊張感がない前日です (´◉◞౪◟◉) ドヤッ!image


TNF100K

さぁ〜て、とうとう明日からAustraliaへいきます!!
もう不安で不安で仕方ありません!!えっ!?何がって??そりゃー決まっているでしょ!!国際舞台で不安になると言えば、衣装ですよ衣装w
今の時期のAustraliaは初秋!!気温は平均10度前後と肌寒い。そうなると半袖は決まりかな。あとこの大会はUTMB以上にレギュレーションが厳しく荷物も多くのなるのでザックは5〜12Lサイズになると考えて、この重さを支える腕の動きのサポートや背部の負担軽減を考慮するとEXOは必須!!なら今考えられる服装はこれかな?
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
忘れ物はないかなど不安があるが、大会までの日付は刻一刻と近づいている・・・。まぁここまで来たら何もできないので後は大会のその日を待つまで!!噂によれば強い選手が多数参加するこの大会。多くの方々からサポートを受けて日本を発ち戦ってきたいと思います。
ここで結果を出すのはもちろんの事、すべてはUTMBへ繋がる様に・・・(´-ω-`)
あっ!!今回は栄養面において㈲ネオディレクションの齋藤さんから色々とサポートを頂きましたのでこの場を借りてお礼を言わせて頂きます。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
さぁ!!楽しむで!!(笑)
https://www.youtube.com/watch?v=DXbtDBm8RXk


調整

UTWT第5戦のTNF100k in Australiaが来週と迫って来たので、本日は定番のハセツネコースで調整。

今熊山神社より

今熊山神社より

本番が近いから無理はせずのんびりやろうと思うが、いざ山に入ると気合が入ってしまいます。なんでかんだで総距離は27kmの累積約1100m。疲れました(๑-﹏-๑)

まぁでも調整は自分が思う様に出来ているんで、なんとかこの調子で本番を迎えればと思います。

練習後に昭島駅近くにある温泉で疲れを癒し、せっかくなのでアウトドアビレッジへ。トップアスリートの小川選手がいたので接客をしてもらうw

小川選手w レジ打ち

小川選手w
レジ打ち

さぁ〜後は出発に備えて準備物を確認していかないと・・・
とりあえずエントリーリスト確認・・・おっ!?日本人の参加は8人いる!!海外で一緒に走る日本人がいると言うのは心強いものだ!!みんなで頑張りたい(・ω<)
そしてコース図・・・う〜ん、なんか思っていた以上にきつそうだw

TNF100K

TNF100K

必携品も今更ながらに確認していないので明日仕事が終わったらゆっくり読むかなw

楽しみだけどなんか不安になってきたw


祝♪初投稿。

初めまして!!でよいのか今年度よりblogを開始させてもらう『オオセ』と言いますm(__)m今まではFacebookなどのSNSを用いて色々な事を配信してきたのですが、色々なご縁もあり。

この度このMMAブロガーになれて嬉しい限りです。今後は他のブロガーと同じ様に何かと楽しく投稿出来ればと思います♪

え〜っと( 一一)とりあえず初めての投稿なので軽く自己紹介するのが鉄則だと思うのですが詳細はプロフィールに書いている通りですw

まぁさらに付け加えるなら運動が苦手の兵庫県の田舎住んでいた少年が中学校時代に足の速い子はモテル!!って言う噂を聞いて不純な動機で陸上部の短距離を初めたが、実際は同年代の女子にも負けてしまうほど足が遅くモテず・・・。コーチからも才能がないから長距離をやってみよ!!っうと言われたので走ってみたら、みるみる早く走れる様になってきてそのまま調子にのってしまって箱根駅伝の常連でもある関東の大学へ進学(゚д゚)!

そこではまさしく『井の中の蛙大海を知らず』状態で、朝練習でさえついて行くのが辛かった。しかし、4年間辛い練習をこなしてきたおかげ、箱根駅伝は個人的には出れなかったけどフルマラソン(42.195km)で2時間23分と言う自己ベストを出すほどの力を身に着ける事をが出来満足(*´ω`)

大学を卒業してからはファンランを楽しみ、職場の駅伝部に入部したことをきっかけにトレイルランニングを始める事になりました。もともと登り坂を走るのは好きだったのでトレランも行けるだろうと気軽に挑んだ、2012年のハセツネ30Kでは足は攣るわ、ハンガーノックにはなるわで(>_<)痛い目にあいもうトレランはしないと思っていたのですが、たまたまYouTubeでみたsalomonの契約選手キリアンの山を走る姿をみて再度走ってみたくなり、気合い入れてそろえたギアにテンションを上げて出場した第1回IZUトレイルジャーニー出場し3位になる。それから、雑誌Tarzanの読者代表である『TEAM Tarzan』のメンバーになりそこから本格的にトレイルランニングを始め現在に至る。まぁこんな感じですかねw

これからは国内外におけるトレイルランニングについてや、日々の活動記録などを投稿していきます。長文でしたが、最後までお付き合いして頂き有り難うございました!!また今後とも宜しくお願い致します。m(__)m

IMG_4147