シーズン前半

気付けばもう6月もなかばで後半に向かっていますね〜。
今年も後6か月で終わりですよ(´Д`)
時が過ぎるのは早い!!本当に一日一日をもっと大切に過ごさないと思う今日この頃・・・(´_ゝ`)そこでちょっと早いけど今シーズンのこれまでの戦いをちょっと振り返り。今年はいつもと違いシーズンインが早かったのでなんかあまり休んだ感がない!!

昨年末に益子トレランに参加して2014年のレースは終了。

 

IMG_3959IMG_3963

そこから約一か月後に2015年の私のトレランシーズが始まった。

2015年1月 Vibram香港100K 11位

2015年のUTWTの第一戦で、気合いをいれて挑んだのだけどある意味空回りしてしまった大会。途中40分以上寝てしまう醜態をさらしてしまったが無事にゴールで来たのは良かったw来年も参戦予定!!

IMG_4146IMG_4125
IMG_4172

    2月 MSIGSaiKung50 香港(SKY RUNNING アジア選手権) 50K 11位

第2戦目もなんと香港。今度はSKY RUNNINGと言う今までのレースとは違った内容内容。激登り・激下りととても楽しい内容でしたが、大会前に走ったマラソンの影響もあってか全く走れず(/ω\)途中いい感じで5位ぐらいまで追い上げたが、結局最後はふらふらになり11位でのゴール。改めてSKY RUNNINGの凄さを感じた。
011bc1121c59cc908365bda056d5d95648e16e1870
018946a06075be24267c9378b680959c076b0a4c66

3月 大山登山マラソン 3位

昨年も優勝しているから今年も狙ったつもりが最初のロード区間から体が動かず見事の敗退(´-ω-`)今思えばこの時から疲労が限界に来ていたのかもしれない。
01b8fa7292dae06ba87a6657f94be599f09e8bf3fc
3月 IZUトレイルジャーニー 42㎞ DNF

2年前に3位になった大会であり。トレランでの初の入賞した記念すべき大会であったが、スタートしてから体が重く全く走れず。人生2度目のDNFを行ってしまう。この時はあまりに自分の不甲斐なさに失望したけど、いい学びが出来たので今思えば良い経験でした。

4月 ハセツネ30K  2位

底辺からのreスタート。今年もコースの変更がありより走れるレースとなったが、冷静に走れて無事に2位。途中大学の先輩である奥宮選手と色々と話しながら走れてまるで大会と言うより練習の様な感じだった。
01ff997961e1139a8cf75c745f83e370ed29a3bad0
4月 善光寺ラウンド 優勝

初大会での初優勝はうれしかった♪コースはザ・里山トレイルって感じで走っていてとても気持ち良かった〜。(是非とも来年のおすすめ大会の一つですよ〜(*´ω`))最初からラストまで山田選手との激走は辛かったけど本当に楽しかったwあっこの時からえのたんのファンに
なりましたw BIGえのたん欲しいな(´艸`*)

018bd29356863ff76d3652f63dcf281fdc257df4bb0145bbff31f57d9d6c0ef9820585b475a98bdaec13
5月 TOP of the trail runner 50K in Japan 3位

王滝村で行われたチャリティー大会。日本中から猛者がたくさん集まり、出るだけも楽しかったけど、終始リラックスして走れたのが良かった。この大会で私には裸で走る事は向いていないと悟りましたw
10985867_814857328607544_2134919196584338522_n

   5月 TNF100 18位

UTWT第2戦。目標は10時間切りでの入賞をっと意気込んでいたが、調子はうまく合わせられず少し不安もあったが、無事にスタートラインにたてたらそんな不安はなくなり気持ちよく限界まで追い込めました。100kmなのにまるで100マイルを終えた様な疲労感で本当にきつかった。来年もリベンジしたい大会の一つ!!必携品が厳しいのもこの大会の特徴かもw
0126242ec8e96aefb887e33dee74f726ffc4f40dab

さてと(*´з`)こんなものですかねかなトレイルに関しては。
まぁこの他にも番外編でマラソン(勝田)2時間31分 21位と柴又100K 7時間19分 2位があるかな。
シーズ前半もよく走ったわぁ。でも結果はパッとしないイマイチ・・・(/ω\)
しかし(゚Д゚)ノ本番はこれからだから今はしっかり充電してまた明日からゆっくり歩んで行こう
(*´▽`*)
さぁreスタート!!
【次回大会予定】
6月黒姫トレイル、7月美ヶ原トレイル・富士登山競走 8月富士登山駅伝・UTMB、10月斑尾50K・レユニオン


スリーピークス!!

6月7日山梨県は北杜市で行われたスリーピークスと言うトレイル大会へ参加してきました!! 295992_109671795850188_289491925_nこの大会は今回で3回目の開催で、私の身近な知り合い達が企画・運営している大会。正直これまで大会は参加するだけで作る側にの事なんて考えた事がなかったが、昨年出会った山梨県を代表するおもてなしTEAMのブーメラン代表リューGこと小山田氏と松井姉さんから大会開催に向けての苦労話などを聞いて、大会を運営するっていう事が改めに大変だとわかった。 だからこそこの大会は選手ではなくスタッフとして何かお手伝いする事が出来ないかと思い、昨年から私はゲストスタッフ(ボランティアスタッフ)をさせて頂いてます(*´ω`) 昨年は看護師知識と技術を活かそうとマーシャルランナーを行い、今年はゲストランナーとして参加させて頂く事が決まった(゚Д゚)

TOP集団と走る疑惑のマーシャルw

TOP集団と走る疑惑のマーシャルw 2014年

前日に前夜祭があり、もうそこでは全国各地から多くの参加ランナーが集まるので本当に宴会もいいところ、明日走る方々のはずなのにもう関係なしに騒いでいるw 個人的はこうやって全国各地のランナーと集まれて話す機会はあまりないので楽しくて仕方ない(*´з`) 昨年の前夜祭には色々とトラブルあったため参加出来なかったが今年は参加出来て改めてスリーピークスの楽しさを実感する事ができたw そして前夜祭が終えても宿泊施設であるコテージへ移動そこでも晩酌をして翌日に向けて準備する。 リューG小山田さんと松井姉さんなどの大会運営者も同じコテージだったため、帰ってくるのを待っていたが、帰宅は深夜になった様子(´Д`)そして朝もすぐに出て行かれてほんとにいつ寝たのだろうと思うほどだった。
本当に徹夜なんだなぁと改めて実感しました・・・(>_<)
※今回の苦労話はここを参照に・・・

翌朝は7時のスタートに合わせて会場へ。1時間前には着いたが、会場には多くの関係者及び選手の方々いて熱気に溢れていた。
スタート前には開会式が行われ私もゲストランナーとして舞台で挨拶をさせて頂き、そして気合いの入ったウォーミングアップ!!(笑)
世田谷にある加圧ジムparkのI館長とストッチ界の貴公子Nさんが張り切って営業活動ではなくキレッキレのラジオ体操と独自のウォーミングアップをしていたw私も舞台の下から同じ様に行おうと思うが、昨日走った100kにより身体には見事ななほど動きのキレはなかった(笑)

Photo by Fujimaki Sho

Photo by Fujimaki Sho

7時スタート!!私は一番後ろからスタート!!
スタートから体が重い。でも周りの盛り上がりがすごくてその苦しさはすぐに消える。
ロードを数キロ走り最高のトレイルへ。

まめ子さん撮影!!

まめ子さん撮影!

 

 

016bdb51a5d927ee3f74248629e74674b0a46785f4

さぁここからが本当の登りの始まり!!

もうゆっくり走っていても楽しい雰囲気の森を走る。途中知り合い方々に声を掛けて頂き写真も撮ってもらうwゲストなのでゼッケンは名前が書いてあり色々な方々から名前で呼んでもらえる。正直多くの人がコヤツ誰!?と思われたと思うが名前を呼んで頂き有難うございます。

エイドでまっちからマッチを頂くw

エイドでまっちからマッチを頂くw

どこを走っていてもスタッフの声が聴かれて本当に安心して走れる大会。
私はゲストスタッフのくせにただ走る事しかできませんでごめんなさいm(__)m

そんなこんなで、無事に5時間50分台でゴールへ!!
よかった!!途中棄権にならなくて(/ω\)
ゴール後は急遽23Kの表彰式でプレゼンターをさせてもらうなど無茶ぶりがありましたがなんとか無事に終えて無料配給のトン汁を食らう♪
そして、今回もSTSの仲間が集まっての全体写真!!この写真は本当に今大会で一番お気に入り(*´з`)

STSメンバー(一部)

STSメンバー(一部)

さて来年はこの大会へはどの様な形で参加させて頂くかまだ決まっていないので楽しみ♪
正直来年もスタッフ側で頑張って大会を盛り上げられる様にしていきたいかな。しかし、この大会は選手として参加するのも抽選で大変なのだが、ゲストスタッフも抽選になるのではないかと言われるぐらい人気なんので来年はお手伝いできるかも不安になってくる(´Д`)

ゲストゼッケン

ゲストゼッケン

Photo by Fujimaki Sho

ゲストランナー Photo by Fujimaki Sho



柴又100k

mainbg1
北のサロマ、東の柴又と言うと聞こえは良いが6月6日(土)に東京柴又100Kを走ってきました。都内で開催されて始発で間に合うをキャッチコピーに昨年申し込んだらなんと自宅からは始発でぎりぎり間に合うっと言う感じw昨年はウルトラマラソンって言うのに出た事がなかったので、どれぐらいで走れるかを試すためにエントリー。コースは河川敷をひたすら茨城県に向かい北へ走っていき折り返して帰ってくるってくる感じのまぁほぼフラットな感じです。

エレベーター図

エレベーター図

2015shiba_course

コース図

河川敷なので日陰になるものはなく常に最高な日当たりコース!!!ダイエットをしたくて日焼けしたい人は、日焼けサロンに行かずこの大会に出た方がいですよwって感じですwあっでもサロマも暑いのかな?

昨年(2014年)は晴天に恵まれてスタートは涼しかったものの時間が経つにつれて段々気温が上がり最終的には34℃までの上昇を認め過酷なレースとなった。そんな中日陰もないコースをひたすら走るものだから脱水・熱中症で棄権する人が絶えないサバイバルレースとなった(´Д`)
01d249d1f6ac93981678cc15f2b71d8bf9c9f450d7 先頭グループも例外でなく、私は折り返しまで5〜6位を走っていたはずだが、気が付いたらトップになっていた(゚д゚)!そしてそのまま歓喜のゴールを迎え初ウルトラマラソン初優勝を迎えた。

ウェスタンステーツのキリアンスタイル

ウェスタンステーツのキリアンスタイル

さてと・・・前ふりはこれぐらいにして・・・w
ウルトラマラソン2回目となる今年は連覇はもちろん大会記録である7時間31分05秒の更新を、2週間前に100Kのレースを走った体でどこまで追い込めるかを課題に挑んだ。もちろんその間の練習では調整と言う感じの事は意識せず練習を行い通常の練習の一環として挑む!!

昨年同様過酷な暑いレースを想像して挑んだつもりが、前日からの雨にてスタートは肌寒いぐらいだった。正直、疲労感だけでなく胃の調子も良くない状況であったため、100kを走れるかなっと不安もあったが、スタートをするとその不安はなくなりもう戦闘モードへ(; ・`д・´)
スタートして4分/㎞ペースでいく。予定通りのペース。よし!このペースでどこまで押せるかを昨年同様挑む事とする。途中胃のむかつきはあるが給水などをして誤魔化す。スタートして10㎞過ぎる手前ぐらいから天気も回復し日差しもでてきた。また上流からの向い風が心地よく吹いていたので気持ちよく走る事が出来た。これはスピードレースになるなと思いすぐに抜かれる事を考えていたが中々抜かれる事無くそのまま30㎞手前ぐらいまで先頭を走っていた。

01ee322e849921ebd001430937fba3ee5a7d649ccf

表情は硬いw

しかし、その後安定した走りをしたランナーに抜かれる。自分のペースは遅くないため、このペースで行こうと抜かれても焦らずマイペースでいく。
先頭を譲ってからもお互いの姿が見える範囲で走る。40㎞過ぎてから一回追いつき並走。相手の様子を伺うと余裕のありそうな走り。一回しかけて先頭に出てペースを上げるがそのまま付かれてしまい逆に引き離されてしまう。この行為が自分の身体にも追い討ちに様なダメージとなり、45㎞を過ぎペースが上がらくなる(´Д`)しかし、約47.5㎞のドロップバック地点で再度追い付くが、相手はさっさと準備を済ませてスタートしていく。私は無理をせず、ゆっくりと補給をして息を整えてスタートをする。
そこからは日差しが強く昨年までとはいかないが、暑さとの戦いとなる。待っていた我慢大会だ!!正直辛くて歩きたいし寝そべりたいと思うが、ここで諦めたらUTMBどころかもう世界で戦おうなんて言えない!!意地だと自分に言い聞かせて頑張る。また沿道の応援の方々やすれ違うランナーにも凄く応援されて本当に有難い。往復コースの大会はこう言う触れ合いがあるから本当にいい(*´ω`)でも応援に対して笑顔で返せなくてすみませんm(__)m
折り返してからは先頭のランナーの背中を見る事が出来なかったが、SUUNTOに表示される現在のキロ毎の平均ペースを確認しながら諦めず走る。本当に孤独な自分との勝負。1㎞毎にある距離表示を見ながら、今ならこのタイムでゴール出来ると考えひたすら走る。
ウルトラマラソンはウルトラトレイルとはまた違い本当に自分と真っ向に向き合う事の出来る。トレランと違い景色は変わらず常に同じ、途中歩く様な登りもない。本当にひたすら走る事だけ。本当に精神的にも身体的にも辛い(>_<)でもそんな辛いレースだからこそゴールした時には、何か変わった自分がいる様な気がするのでウルトラマラソンはいいなぁっと思う。
そして、最後はふらふらになりながらもラストスパートでゴール!!(●´ω`●)
って今年はゴールの写真がないから残念www
タイムは7時間19分00秒総合2位。
昨年のタイムを約20分短縮し大会記録は約12分更新でも2位・・・
今年は昨年とは違った我慢大会となったがそれでも無事にゴールが出来てよかった。
そして、その後ゴールの余韻に浸ることなく仲間から電話が・・・
「ゴール近くでまっているから早く!!」っと。次の日にはスリーピークスのゲストランナーと走る事が決まっていたので、これから山梨県へ移動!!となる。
大会本部へ諸事情で表彰式には出れませんと謝り、そのままの身で車に乗り込み山梨へ向かう事となる・・・・。

これからが本当に戦いになる事をこの時はまだ知らなかった・・・w
終わり

2014年ラップ

2014年ラップ

2015年ラップ

2015年ラップ