針中野へ

噂の治療院へ

噂の治療院へ

レトロナ感じで良い雰囲気

レトロナ感じで良い雰囲気

風呂上がりに!!安い安過ぎるw

風呂上がりに!!安い安過ぎるw

IMG_8910

コロッケに卵が挟まれている!!コロッケが生地w

IMG_8912 IMG_9025 IMG_9026PenyagolosaTrailsと言う、今年からUTWTの加盟大会になったオーガナイザーから招待を頂き、飛行機チケットも手配してもらったのだが、何故か関空発・・・(謎)

まぁ簡単に言うと、相手のエージェントが間違えたわけだ。

関空の方が、成田や羽田より安い、日本は交通の便もしっかりしているからいいでしょ!!的なw

まぁ唯でさえ招待されている身だしそこは文句も言えず、いやむしろ中々実家のある関西に帰れない身である私にして、これはこれでいいなぁと思い、実家には帰らず針中野へと向かう(笑)

まぁ郷田先生の所にも行って見たかったしズーミンもいるしたまにはねっと言う事ですな。

早朝から懐かしの長居公園を走り、近所の銭湯へ行き、ズーミンのビリビリするマッサージを受けてからのお好み焼きを食らって、日頃の疲労が癒された。

有り難うございます!!また行きます。

さて、この後話の流れならスペインへ

行くのだが、今しがたまた大阪に帰ってきた。

東京は遠いなぁ・・・

 

 

 


Next stage with….

さて、色々とプライベートを暴露していると色々と良くも悪くも反響があり大変困惑しております(笑)

でも、私は特別な存在ではありません!!

ただ昔、箱根駅伝を目指した経歴があり、少し他人より登り降りが得意で、少し他人より長い時間同じことを続けられる集中力があって、ただ少し非日常的な事が好きで夢見がちな性格で…そして、誰よりも走る事と他人に関わる事が好きだったから今があるんだと思います!!

なので、私と距離を置いて見ないでくださいw

私は皆様と同じトレイルランニングが好きなだけの人間です!!でも、夢見がちなので日本を出て世界のトレイルを走ります!!そして、自分より早い人と走りたがりますw

そんな平凡な私も今、色々と分岐点に立っています。

どうすれば良いのか、どうしたいのか・・・色々と悩んでいます。

自分がしたいビジョンは明確にしております。でもそれを軽はずみに実行してよいのか・・・悩みます。

さてと、堅い話はこの辺でw

先日山梨にある某ショップに行って来ました!!

私的に、山梨に住む超絶美人で毒舌女性がいると思って訪れたら、髭のおじさんがいましたw

良いお店ですね!!

気付いたら2時間ぐらい立ち話をするぐらい居心地が良かったです。

是非行って見て下さい。

「道がまっすぐ」

IMG_8872IMG_8869IMG_8871

 


双子!?

何もない平凡な平日の夜に・・・

ふとしたきっかけで知り合いになり、なんとなく同じ匂いのする2人が会合をする。

話してみると、生年月日、血液型が一緒で同じ様な事を仕事にしているw

人はこれを似た者同士というか運命とでも言うのか・・・いや生き別れた双子だなこれは・・・w

お互い楽しく遊びながらも結果を求めて頑張ろうと誓いあった夜でした( ̄^ ̄)

とりあえず、まずはマラソンで吉田さんの自己ベストには勝つwと言うか同じ舞台でガチ勝負を挑みます!!

 

 

 

 

IMG_8825


新年度

こんばわです。

気が付いたらもう新年度の2017年の4月ですね・・・・

このBlogも無理に言って介入さえてもらったのに最近は全く更新していない状況で

本当に申し訳ないです。

現在私はFB(facebook)とインスタのSNSもやっており、

このブログの運営をどの様にやっていこうかと迷っていましたが・・・・

決めました!!

これまで大会での記事ばかりを中心に書いていまいしたが、

これからは私の誰も知らない(一部の人は知っている)プライベート記事を記載していきます。

トレイルランナーでなく単なる大瀬和文(おおせ かずふみ)を紹介します。

正直面白くないかもしれませんが、是非楽しみにしていてください。

今後とも宜しくお願い致します。

PIC:ANSWER4

PIC:ANSWER4


いながわ町 里山猪道トレイルランニング

先週は地元で開催された、小さなトレラン大会に参加して来ました。

img_7459

小さいと言うても200名近くがエントリーしている。

コースは20kmちょいの長さで累積は1500m近くあるので結構なコース。

普通トレイルの大会だと、既存の登山道を利用して開催される事が多いがこの大会は、獣道を切り開いた自作のコース。(地主から許可を頂き作った)

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

走っていてコース整備も大変だっただろうなと思う箇所も何ヶ所かもあった。

大会運営も、ボランティアも町民や近隣の方々の協力を得て行われており、本当に手作り感が満載でした。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

私は、大会の規模などの華やかさと言うより今回の様にいかに地域の方々と触れ合えるかを楽しみにしている。

そう言った意味では、地元でこの様な暖かい大会が開催された事を誇りに思います。

今回、ゲストランナーなのに大人気なくすっ飛ば
して走ってしまい、申し訳ありませんw

速く走って走力を誇示したいとかそんな想いはなく、地元で野山を駆け巡る子供達に自分のやっているスポーツが如何に楽しく、カッコ良いかを魅せたかったんですよ。
(※でもちょっとは2時間ギリと言う壁は破って見たかったのは言うまでもないw)
そう自分がその昔、キリアン(salomon契約選手)の走りに魅せられて、憧れた様な気持ちを今度は子供達にも味わってもらい、トレラン(山遊び)を子供達にも一生懸命楽しんで欲しいなっと言う想いがあった。
走っている途中と終わった後に、子供達と話せたのは良かったな。

何使うのか、こんなオジさんの写真も撮っていたな・・・(携帯でなく任天堂のゲーム機でw)
さぁこの子達が、大きくなるまでトレイルランニングを衰退させない様に俺達が頑張らないとな!!

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

自分だけが楽しむのでなくトレイルランニングを根付くかせる活動もやらなきゃなっと改めてそう思えた地元での遠征でした。

img_7479

今回招待して頂きました、車さんを始めとする大会実行委員の方々や開催するのに許可をして頂いた猪名川町長を始めとする職員の方々、そしてコース提供して頂いた地主の方々、そして何よりこの寒い中、文句を言わずに選手達を盛り上げてくれた大会ボランティアの方々に敬意を示し感謝致します。

来年もまた是非開催し、猪名川町で会いましょう!!


my motivation

UTMBが終わり、約1ヶ月・・・

正直、UTMFを走れるかと思うぐらい精神的(?)に参っていた。

UTMBが体調不良により(自分が弱いだけであるが・・・散々な結果に終わる)

「2016年はUTMBで5位以内に入る。」それだけを大きなモチベーションに

考え走って来たが、結果は100番代での32時間台。

これはこれで普通に考えればいい方ではあると思うが、私は納得が

行かなかった。

それは自分だけの結果でなく、周りの結果がそうだせたのかもしれない

ライバルで小原君は10番代、Team mateである丹羽さんが10番以内表彰式

例え完走したと言えどこの結果は本当に喜べるものでなく、

正直自分がみじめに思えた。

だからこそ、ゴールしてすぐにもうすっきりしたと思うのと同時に来年私がUTMBに挑む権利はないと感じた。

今思えば、私が初めてUTMBに出場した2014年は23番で24時間代でゴールしたのだが、

棚から牡丹餅な感じ、たまたまであったのだろう。

そう考えると私自身がUTMBに挑む事はまだ経験と実力が足りなっかたのかもしれない。

そんな、不安定な状板での2016UTMF。

体調は万全か?と言われるとなんとも言えない・・・・

UTMBに対して気合いを入れ過ぎていたのか、UTMFをなめていたからか、やる気はあるのだが、練習は思う様にこなす事が出来ず、心と身体のバラスがうまくはかれずにいた。

UTMFは悪天候になり距離が短くなった。
正直今の私にはこの方がよかった?と思った。
でもその考えはスタート地点に立って全て変わった・・・

世界から来た仲間達とスタートラインに立って、この人達と100マイルを走りたいと思った。
あのUTMBのスタートラインに立った時の思いが急に込み上げてきた。

44㎞はあまりに短くあっと言う間の距離ではあったが、私にとって100マイルを走った以上の良い経験になった。

ペース配分・補給やらの戦略なし!!
最初から最後まで全力、それで途中倒れ様が走れなくなろうがおかまいなし!!
ゴールして雨に打たれるのは、本当に気持ちよかった・・・・出し切ったって感じがあった。

さぁ色々な意味で、私がこれからやりたい事を気付かせてくれる大会になった今年のUTMF。

トレイルを走る事が楽しいと思わせてくれたUTMF。

これから色々と忙しくなりそうだな・・・・

utmf2016_n

pic:エルワンさん

2016%e2%91%a1_n

pic:Keiko Eto

2016%e2%91%a0_n

pic:kobayashi


mont blanck marathon

次回からの続き・・・

スタートゲートに並び、時間がカウントされていく・・・

AM4時スタート!!

一斉に選手たちが走りだす。

UTMBと同じシンボルとなる協会からのスタート。

TOPの方は流石にペースは速い!!

私は焦らずのんびりと行くため、3分50~4分/kmペースで平坦を走り、

街中から林道に変化して、傾斜が付いてきたらゆっくりペースをならして走るようにする。

スタートして約10kmで1300mUP。

でも、そこまで傾斜もなく九十九折に行くコースなので走ろうと思えば余裕で走れる。
なので最初の山はストックを使わず、約標高2300m地点まで走る。

2000mを越えてくると噂通りにコース上においても雪が見られてくる。

またコースも雪の上をトラバースし始め、走りにく。
最初の山のピークにさしかかった時は、一面雪景色w

山頂から今度はそれなりにキツイ下りパートになるのだが、雪しかない・・

仕方ないので、すべる事は覚悟で走り始めると案の定、最初の一歩で滑って転び

シリセード状態(おしりでソリの様に滑っている状態)

周りの選手は流石にスキーなどをやっていて慣れているのか、見事なバランス力で滑っていく。

途中、スキーヤーにも抜かれながら冷たい雪の上を滑って下り、難とか最初のエイド地点へ。

この頃になると、日も上がって来ていて、周りも明るい。

空は雲一つないSKYBLUE!!
IMG_6436

そんな様子をみてテンションを上げて走っていく。

流石にこれまでのトレイルランニングのレースとは違い、SKYRUUNINGのULTRAカテゴリー。

一つの山を登ったと思えば、次はすぐに下らされてそしてまた上らせてを繰り返す。
IMG_6476

そう例えを言うならUTMBのコースにおいて比較的平坦で走り易いパートを省略して

山だけを繋いだ様な感じ!!

とても厳しいコースではあるが、山好きにはたまらないのではないだろうか・・・

景色も最高で、一つ一つの山がデカイ!!

途中スイスのエイド(約中間地点)で、スイス在住の小島さんにエールとお茶を頂き

元気付けられる!!
IMG_6528

ここからは標高を下げて、また少しずつあげて行くが、容赦ない日差しの中を走り続けるので

もう水もカバカバ呑んでしまい、手持ちの1Lでは足りないので、途中の沢の水など水を見つける旅に手を伸ばし呑んでは浴びるw

途中コース上において雪もあったので、それも背中や帽子の中に入れて走るのが一番効果的だと感じた。

最後の山は、長く辛い上りが続くけど、出来る限り走り続ける。

2000mを越える稜線になると冷たい風も吹き抜けとても走りやすいが、暑さは変わらない。

UTMBのモンテ峠を走っているかのように、谷の底にはスタートしたシャモニー町並みがみえててくる。

街が見え初めてくると標高を下げる下りが始まる。

これはこれで疲れた足にはキツイ。

やっとの思いでトレイルヘッドまで下りきり、シャモニーの街へ凱旋w

昼間でもあり、多くの人が声を掛けて応援してくれる。

UTMBでもそうだけど、これがやはりこの街の良いよいところだと改めて感じる。

走っているランナーに対して、心からBRAVO!!っと声を掛けて声援を送ってくれるこの

周りの理解がこれからのに日本にも欲しい姿だなっと思った。(だいぶトレラン文化は日本でも定着してきていると思うが・・・)

今回は、UTMB以外での初のシャモニー遠征。

6月のシャモニーはこれから本格的な登山シーズンが始まる前としてそんなに混んではいないが、それでも多くの登山客がいた。
天候は週によっては左右されるが、晴れると気温30℃を超える程暑い。

ハイシーズンでもない為か、飛行機も10万円(モスクワ経由)を切る金額で往復がとれてオススメの時期であると感じました。

まだ未定ではあるが、来年も今回のモンブランマラソンツアーをするかもしれないので興味のある方は是非ともFields On Earthのツアーを注目していてください!!

OLYMPUS DIGITAL CAMERA


スリーピークス!!

6月7日山梨県は北杜市で行われたスリーピークスと言うトレイル大会へ参加してきました!! 295992_109671795850188_289491925_nこの大会は今回で3回目の開催で、私の身近な知り合い達が企画・運営している大会。正直これまで大会は参加するだけで作る側にの事なんて考えた事がなかったが、昨年出会った山梨県を代表するおもてなしTEAMのブーメラン代表リューGこと小山田氏と松井姉さんから大会開催に向けての苦労話などを聞いて、大会を運営するっていう事が改めに大変だとわかった。 だからこそこの大会は選手ではなくスタッフとして何かお手伝いする事が出来ないかと思い、昨年から私はゲストスタッフ(ボランティアスタッフ)をさせて頂いてます(*´ω`) 昨年は看護師知識と技術を活かそうとマーシャルランナーを行い、今年はゲストランナーとして参加させて頂く事が決まった(゚Д゚)

TOP集団と走る疑惑のマーシャルw

TOP集団と走る疑惑のマーシャルw 2014年

前日に前夜祭があり、もうそこでは全国各地から多くの参加ランナーが集まるので本当に宴会もいいところ、明日走る方々のはずなのにもう関係なしに騒いでいるw 個人的はこうやって全国各地のランナーと集まれて話す機会はあまりないので楽しくて仕方ない(*´з`) 昨年の前夜祭には色々とトラブルあったため参加出来なかったが今年は参加出来て改めてスリーピークスの楽しさを実感する事ができたw そして前夜祭が終えても宿泊施設であるコテージへ移動そこでも晩酌をして翌日に向けて準備する。 リューG小山田さんと松井姉さんなどの大会運営者も同じコテージだったため、帰ってくるのを待っていたが、帰宅は深夜になった様子(´Д`)そして朝もすぐに出て行かれてほんとにいつ寝たのだろうと思うほどだった。
本当に徹夜なんだなぁと改めて実感しました・・・(>_<)
※今回の苦労話はここを参照に・・・

翌朝は7時のスタートに合わせて会場へ。1時間前には着いたが、会場には多くの関係者及び選手の方々いて熱気に溢れていた。
スタート前には開会式が行われ私もゲストランナーとして舞台で挨拶をさせて頂き、そして気合いの入ったウォーミングアップ!!(笑)
世田谷にある加圧ジムparkのI館長とストッチ界の貴公子Nさんが張り切って営業活動ではなくキレッキレのラジオ体操と独自のウォーミングアップをしていたw私も舞台の下から同じ様に行おうと思うが、昨日走った100kにより身体には見事ななほど動きのキレはなかった(笑)

Photo by Fujimaki Sho

Photo by Fujimaki Sho

7時スタート!!私は一番後ろからスタート!!
スタートから体が重い。でも周りの盛り上がりがすごくてその苦しさはすぐに消える。
ロードを数キロ走り最高のトレイルへ。

まめ子さん撮影!!

まめ子さん撮影!

 

 

016bdb51a5d927ee3f74248629e74674b0a46785f4

さぁここからが本当の登りの始まり!!

もうゆっくり走っていても楽しい雰囲気の森を走る。途中知り合い方々に声を掛けて頂き写真も撮ってもらうwゲストなのでゼッケンは名前が書いてあり色々な方々から名前で呼んでもらえる。正直多くの人がコヤツ誰!?と思われたと思うが名前を呼んで頂き有難うございます。

エイドでまっちからマッチを頂くw

エイドでまっちからマッチを頂くw

どこを走っていてもスタッフの声が聴かれて本当に安心して走れる大会。
私はゲストスタッフのくせにただ走る事しかできませんでごめんなさいm(__)m

そんなこんなで、無事に5時間50分台でゴールへ!!
よかった!!途中棄権にならなくて(/ω\)
ゴール後は急遽23Kの表彰式でプレゼンターをさせてもらうなど無茶ぶりがありましたがなんとか無事に終えて無料配給のトン汁を食らう♪
そして、今回もSTSの仲間が集まっての全体写真!!この写真は本当に今大会で一番お気に入り(*´з`)

STSメンバー(一部)

STSメンバー(一部)

さて来年はこの大会へはどの様な形で参加させて頂くかまだ決まっていないので楽しみ♪
正直来年もスタッフ側で頑張って大会を盛り上げられる様にしていきたいかな。しかし、この大会は選手として参加するのも抽選で大変なのだが、ゲストスタッフも抽選になるのではないかと言われるぐらい人気なんので来年はお手伝いできるかも不安になってくる(´Д`)

ゲストゼッケン

ゲストゼッケン

Photo by Fujimaki Sho

ゲストランナー Photo by Fujimaki Sho



柴又100k

mainbg1
北のサロマ、東の柴又と言うと聞こえは良いが6月6日(土)に東京柴又100Kを走ってきました。都内で開催されて始発で間に合うをキャッチコピーに昨年申し込んだらなんと自宅からは始発でぎりぎり間に合うっと言う感じw昨年はウルトラマラソンって言うのに出た事がなかったので、どれぐらいで走れるかを試すためにエントリー。コースは河川敷をひたすら茨城県に向かい北へ走っていき折り返して帰ってくるってくる感じのまぁほぼフラットな感じです。

エレベーター図

エレベーター図

2015shiba_course

コース図

河川敷なので日陰になるものはなく常に最高な日当たりコース!!!ダイエットをしたくて日焼けしたい人は、日焼けサロンに行かずこの大会に出た方がいですよwって感じですwあっでもサロマも暑いのかな?

昨年(2014年)は晴天に恵まれてスタートは涼しかったものの時間が経つにつれて段々気温が上がり最終的には34℃までの上昇を認め過酷なレースとなった。そんな中日陰もないコースをひたすら走るものだから脱水・熱中症で棄権する人が絶えないサバイバルレースとなった(´Д`)
01d249d1f6ac93981678cc15f2b71d8bf9c9f450d7 先頭グループも例外でなく、私は折り返しまで5〜6位を走っていたはずだが、気が付いたらトップになっていた(゚д゚)!そしてそのまま歓喜のゴールを迎え初ウルトラマラソン初優勝を迎えた。

ウェスタンステーツのキリアンスタイル

ウェスタンステーツのキリアンスタイル

さてと・・・前ふりはこれぐらいにして・・・w
ウルトラマラソン2回目となる今年は連覇はもちろん大会記録である7時間31分05秒の更新を、2週間前に100Kのレースを走った体でどこまで追い込めるかを課題に挑んだ。もちろんその間の練習では調整と言う感じの事は意識せず練習を行い通常の練習の一環として挑む!!

昨年同様過酷な暑いレースを想像して挑んだつもりが、前日からの雨にてスタートは肌寒いぐらいだった。正直、疲労感だけでなく胃の調子も良くない状況であったため、100kを走れるかなっと不安もあったが、スタートをするとその不安はなくなりもう戦闘モードへ(; ・`д・´)
スタートして4分/㎞ペースでいく。予定通りのペース。よし!このペースでどこまで押せるかを昨年同様挑む事とする。途中胃のむかつきはあるが給水などをして誤魔化す。スタートして10㎞過ぎる手前ぐらいから天気も回復し日差しもでてきた。また上流からの向い風が心地よく吹いていたので気持ちよく走る事が出来た。これはスピードレースになるなと思いすぐに抜かれる事を考えていたが中々抜かれる事無くそのまま30㎞手前ぐらいまで先頭を走っていた。

01ee322e849921ebd001430937fba3ee5a7d649ccf

表情は硬いw

しかし、その後安定した走りをしたランナーに抜かれる。自分のペースは遅くないため、このペースで行こうと抜かれても焦らずマイペースでいく。
先頭を譲ってからもお互いの姿が見える範囲で走る。40㎞過ぎてから一回追いつき並走。相手の様子を伺うと余裕のありそうな走り。一回しかけて先頭に出てペースを上げるがそのまま付かれてしまい逆に引き離されてしまう。この行為が自分の身体にも追い討ちに様なダメージとなり、45㎞を過ぎペースが上がらくなる(´Д`)しかし、約47.5㎞のドロップバック地点で再度追い付くが、相手はさっさと準備を済ませてスタートしていく。私は無理をせず、ゆっくりと補給をして息を整えてスタートをする。
そこからは日差しが強く昨年までとはいかないが、暑さとの戦いとなる。待っていた我慢大会だ!!正直辛くて歩きたいし寝そべりたいと思うが、ここで諦めたらUTMBどころかもう世界で戦おうなんて言えない!!意地だと自分に言い聞かせて頑張る。また沿道の応援の方々やすれ違うランナーにも凄く応援されて本当に有難い。往復コースの大会はこう言う触れ合いがあるから本当にいい(*´ω`)でも応援に対して笑顔で返せなくてすみませんm(__)m
折り返してからは先頭のランナーの背中を見る事が出来なかったが、SUUNTOに表示される現在のキロ毎の平均ペースを確認しながら諦めず走る。本当に孤独な自分との勝負。1㎞毎にある距離表示を見ながら、今ならこのタイムでゴール出来ると考えひたすら走る。
ウルトラマラソンはウルトラトレイルとはまた違い本当に自分と真っ向に向き合う事の出来る。トレランと違い景色は変わらず常に同じ、途中歩く様な登りもない。本当にひたすら走る事だけ。本当に精神的にも身体的にも辛い(>_<)でもそんな辛いレースだからこそゴールした時には、何か変わった自分がいる様な気がするのでウルトラマラソンはいいなぁっと思う。
そして、最後はふらふらになりながらもラストスパートでゴール!!(●´ω`●)
って今年はゴールの写真がないから残念www
タイムは7時間19分00秒総合2位。
昨年のタイムを約20分短縮し大会記録は約12分更新でも2位・・・
今年は昨年とは違った我慢大会となったがそれでも無事にゴールが出来てよかった。
そして、その後ゴールの余韻に浸ることなく仲間から電話が・・・
「ゴール近くでまっているから早く!!」っと。次の日にはスリーピークスのゲストランナーと走る事が決まっていたので、これから山梨県へ移動!!となる。
大会本部へ諸事情で表彰式には出れませんと謝り、そのままの身で車に乗り込み山梨へ向かう事となる・・・・。

これからが本当に戦いになる事をこの時はまだ知らなかった・・・w
終わり

2014年ラップ

2014年ラップ

2015年ラップ

2015年ラップ


TNF100K

さぁ〜て、とうとう明日からAustraliaへいきます!!
もう不安で不安で仕方ありません!!えっ!?何がって??そりゃー決まっているでしょ!!国際舞台で不安になると言えば、衣装ですよ衣装w
今の時期のAustraliaは初秋!!気温は平均10度前後と肌寒い。そうなると半袖は決まりかな。あとこの大会はUTMB以上にレギュレーションが厳しく荷物も多くのなるのでザックは5〜12Lサイズになると考えて、この重さを支える腕の動きのサポートや背部の負担軽減を考慮するとEXOは必須!!なら今考えられる服装はこれかな?
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
忘れ物はないかなど不安があるが、大会までの日付は刻一刻と近づいている・・・。まぁここまで来たら何もできないので後は大会のその日を待つまで!!噂によれば強い選手が多数参加するこの大会。多くの方々からサポートを受けて日本を発ち戦ってきたいと思います。
ここで結果を出すのはもちろんの事、すべてはUTMBへ繋がる様に・・・(´-ω-`)
あっ!!今回は栄養面において㈲ネオディレクションの齋藤さんから色々とサポートを頂きましたのでこの場を借りてお礼を言わせて頂きます。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
さぁ!!楽しむで!!(笑)
https://www.youtube.com/watch?v=DXbtDBm8RXk