ファット・ローディング顛末記

短距離走など無酸素運動では炭水化物がエネルギーの源となるのに対して、エンデュランス系の有酸素運動では炭水化物と脂質が半々くらいの割合で使われます。その際、まずは燃焼しやすい炭水化物が優先的に使われ、炭水化物が枯渇すると脂肪が使われます。
一方で、人の体の中には15%もの脂肪が存在するのに対して、炭水化物はたったの1%ほど。

せっかくなら体にたくさんある脂肪をうまく使えるようにしたいということで注目されているのが高脂質ダイエット。食事から炭水化物・糖質を極力減らす一方で、脂肪を増やすことで、脂肪が燃焼しやすい体質に変えていきます。
つい先日100マイルのアメリカ記録を更新したZach Bitterも実践し、エンデュランス・スポーツ界でも注目されているダイエットです。

以前ブログで紹介したThe Real Meal Revolution」は一般的なダイエット法として書かれた本ですが、その後にエンデュランス・スポーツにおける低糖質・高脂質ダイエットの有効性について解説した「The Art and Science of Low Carbohydrate Performance」も読み込んだ上で、しばらくレースがないシーズンオフを利用して、妻に協力してもらって私もこのダイエットを試してみました。

いつもは朝にパンとオレンジジュース、昼は麺類やお好み焼きやピザなどの粉物と、炭水化物・糖質が多い食事をしていましたが、これから試すダイエットではすべて食べられません。果物も糖分が多いので極力摂りません。また「The Real Meal Revolution」で推奨されているダイエットは「バンティング・ダイエット」といわれるダイエットの系列に属するのですが、遺伝子組み換えで体に悪いから等の理由で豆類も食べてはいけないものとされています。

その代わりに摂るのは、ベーコンや皮付きの鶏肉など脂質の多い肉類。それからアボカド、チーズ、卵など。野菜はしっかり摂ります。砂糖の替わりにはステビアを使います。

普段食べているものの代わりになるようなものということで、まずはパンを作ってもらいました。でも小麦粉などは使えず、その代わりに使ったのがフラックスシード、ココナッツパウダー、アーモンドパウダーなど。

…美味しくない。全然美味しくない。パサパサで、独特の臭み。おんなじような原材料の市販されているパンも買ってみたものの、これまたぜんぜん美味しくない。

続いて、ココナッツパンケーキ。これも今ひとつ。甘みが足りない。

卵・アボカド・ベーコン・トマトのサラダ。これはふつうに美味しい。

麺類の代わりには、ココナッツオイルで炒めたズッキーニヌードル。トムヤムクンスープと一緒に。味はいけますが、麺類ではない。

ご飯の代わりはカリ・ライス。カリフラワーをやはりココナッツオイルで炒めたもの。これも悪くない。けどココナッツ系ばっかりでちょっとつらい。

確かに、以下の様なポジティブな効果は感じました。

  • オフシーズンでさほど運動量が多くなかったにも関わらず、比較的低い体重を維持できる。
  • 油が多く消化に時間ががかるためか、お腹があまり減らない。
  • 最後の一週間は一時間半程度の軽いランニングをしていたが、特に体力的な問題を感じない。

しかし、総じて以前の食事を上回る美味しさには出会えないだけでなく、似通った食材を使わざるを得ず、バラエティの少ない食事にだんだんつらくなってきました。あぁ食事が楽しくない!

加えて、なんだか口の中になんとも言えない不快感がでてきました。糖質を制限すると「ケトン臭」とよばれるダイエット臭が発生するらしいのですが、もしかしたらそれでしょうか?

さらには、以下の様なネガティブな側面が。

  • 料理に手間がかかる(結果、妻の機嫌が悪くなる)。
  • カネがかかる。

ということで、なんとか二週間ダイエットを続けてみたものの、今後も耐え続けられるかを自問した結果、継続を断念。なによりも食事がつまらないというのは辛すぎます。

ふぅ、これで年末年始に心置きなく美味いものが食えます。


The North Face 50 Mile Championship

The North Face Endurance Challenge Championship 50マイル、今年も走ってきました。

Photo credit: Nate Dunn

Photo credit: Nate Dunn


サンフランシスコからゴールデンゲートブリッジを渡ってすぐのところにあるゴールデン・ゲート国立保養地(Golden Gate National Recreation Area)がレース会場。私にとっては2011年から数えて5年連続の参加。もはや年末恒例となったサンフランシスコ詣でです。

さまざまな距離のレースが開催されますが、中でも50マイル(80キロ)はアメリカで最もハイレベルな50マイルレース。優勝賞金1万ドルを目指して、毎年全米各地のみならず海外からもエリート選手が集まり、スタートから超高速レースを繰り広げます。
今年は海外からの有名選手の参加はやや少なかったものの、アメリカやカナダから多数の有力選手が集まり、さながら北米選手権の様相となりました。

私には賞金を狙えるような実力はありませんが、このレースを通じて一流選手と自分の差を感じることができるので、私にとってもとても刺激的な大会です。

例年この時期のアメリカ西海岸は天気が不安定。2012年と2014年の大会では雨の影響でコース変更があり、2013年は気温が下がり厳しいコンディションでの大会になりました。今年は幸いなことに気温もさほど下がらず雨もふらず、大会二日前に降った雨でトレイルも締まってよいコンディションとなりました。

一方私のコンディションはというと、2月からはじまった長いシーズンでBighornを含む数多くのレースをこなしたうえに、直近では8月にはUTMB、10月にはディアゴナル・デ・フとタフな100マイルを走ったこともあり、いろいろなところに微妙にガタが来ていました。UTMB以降は調子を整えるのに手一杯で、強度の強い練習は少なめになっていました。

なので、今年のレースでは周りのペースに流されず、現状走れる範囲で自分のペースを守って走ることを心がけました。

50マイルレースの累積標高は3000メートルほどですが、一番高い場所でも標高600メートル足らず。さほど長くない上り下りの繰り返しが続く、アメリカらしい終始走れる高速コース。木が少なく遠くまで視界が開けた場所が多く、太平洋もすぐ近くに望め、太陽の位置によって空の色も変化します。余裕があれば気持ち良い眺望を楽しめます。

私が走っていた位置は男子エリート選手の後方グループ、女子エリートの上位あたり。男子の有名どころでは私の周りにはハル・コナー(Hal Coerner)やマイケル・ワーディアン(Michael Wardian)が走っていました。女子ではエリー・グルーンウッド(Ellie Greenwood)に下りで抜かれ、上りで抜き返すというのを繰り返していたら「あんた登り早いわねぇ」と言われましたが、結局最後は彼女に先行されてしまいました。こうした選手たちと一緒に走れるのは本当に楽しい。

今年の結果は7時間29分で総合35位、年齢別3位。やはり調子がピークとはいえず、昨年ほどの結果は残せませんでしたが、それでも自分の調子を踏まえれば、まあまずまずという感じです。

これで今年予定したレースはすべて終了。いろいろ疲労が溜まっているので、来年のビッグレースへ向けて年内はしっかり休養に当てたいと思います。

ちなみに、先日ブログに書いたとおり、私の妻も同じ日に50キロを走りました。結果は、無事完走しOCC参加に必要な1ポイントを無事ゲット。彼女のOCCへの道もまだまだ続きます。