新緑の森を走る〜McDonald Forest

アメリカでは5月最終月曜日の祝日であるメモリアル・デー頃から夏が始まると考えられています。夏を目前に控えていよいよアメリカのトレイル・ランニングシーズンも本格化。各地で多くのレースが開催されています。

私も5月13日にオレゴン州で開催されたマクドナルド・フォレスト50k(McDonald Forest 50k)に参加してきました。伝え聞く評判が良く、常々走ってみたと思っていたレースです。

マクドナルド・フォレスト50kは今年で22回目を迎えるクラシック・レース。シアトルから車で5時間ほどのコルバリス(Corvallis)の町のすぐ近く、オレゴン州立大学の敷地内にある研究用の森がレースの舞台です。オレゴンワインの産地でもあるウィラメット渓谷という肥沃な地帯に位置し、とても緑豊かな場所です。

出場者は例年200〜300人ほど。今回で15回目、あるいは20回目の出場というランナーもいます。通常のスタートでは制限時間内に完走する自信のない人は、一時間前にアーリー・スタートをすることができます。

歴代の優勝者にはスコット・ジュレク(Scott Jurek)、ハル・コナー(Hal Koerner)、マックス・キング(Max King)といったレジェンドや、ここコルバリス出身で昨年ウェスタン・ステイツで優勝したアンドリュー・ミラー(Andrew Miller)などの名前が並びます。

さて、レース。累積標高は2000メートル以上ありますが、一気にガツンと登るような場所はなく、一番長い上りでも300メートルほどの小さなアップダウンを繰り返すコース。非常によく整備された走れるコースで、ペースを落として休む暇はありません。

数日前から雨続きである程度はぬかるんでいましたが苦にならない程度。雨で新緑も映え、森の中は気持ちいい。

初めて走るコースだったので中盤以降まで自重していましたが、後半はギアを上げてランナーを追い抜くことができました。最終的に総合3位、マスター1位でゴールした私が、待っていた妻にかけた第一声は「楽しかった!」

ゴール地点は飾らずこじんまりとしていて、でも居心地がよい雰囲気。私のゴールをみんなが暖かく迎えてくれました。アメリカのトレイル・ランニングらしい、”Low Key”(ロー・キー=慎ましい・控えめな)で素敵なレースでした。また帰ってきます。