老婆心ながら…

老婆心ながら…

以前読んだリカバリーに関する本によれば、24時間のウルトラマラソンから回復するには、早くても96日、遅いと144日かかるというデータがあります。(出典:The Athlete’s Guide to Recoveryこちら。)

フルマラソンを122回とコムラッズ・マラソン(距離89キロの世界最古のウルトラマラソン)を34回完走した、ある南アフリカの長距離ランナーの追跡調査をしたところ、平均と比較して40代後半以降のパフォーマンスの低下が著しかったという記録が残っています。練習やレースによる脚の酷使により、筋肉や関節が負荷に耐えられなくなった結果だと言われています。野球のピッチャーの肘と同じように、過度に走ることで脚も消耗してしまいます。(出典:Lore of Running

2013年にハードロック100を優勝したセバスチャン・セニョーはその一ヶ月半後に走ったUTMBでリタイアしただけでなく、その後のリカバリーにも苦労したようですし、今年のハードロック優勝者ジェイソン・シュラブもやはり今年のUTMBでリタイアしました。今年ウェスタン・ステイツとその三週間後のハードロックでともに上位入賞したジェフ・ブロウニングのような例もありますが、厳しいレースを短い間隔でこなし、かつ結果を残すことは、大変なだけでなく、あとあとの体への負担も大きいです。

この週末、UTMFを迎える方の中には、中一ヶ月、中数週間、あるいは強者になると信越五岳から中一週間でレースという方もいらっしゃると思いますが、より長くランニングライフを楽しむために、くれぐれも無理なさらぬよう、怪我に気をつけて。


セカンド・ライフ

プロ・スポーツ選手のセカンド・ライフは一筋縄では行かないようだ。

若いころに才能を見出され、学校ではスポーツ一筋。常に競争する世界に身を置き、その中からプロとしてお金を稼げるようになるのはほんの一握り。他の選手と切磋琢磨し、常にプレッシャーと闘う生活。周りの人やファンからチヤホヤされたりもする。

でもそんな生活も長くは続かない。多くの人は競争に負けて若くして引退を余儀なくされ、競争に生き残った人でもいつかは年齢による体力の衰えにより選手生活を終える。競争する世界から離れて目標を失い、周りの取り巻きもいなくなり孤独になり、生活が荒んでいく。

最近話題のあの人の名前を出すまでもない。同じような例は、世界中のあらゆる場所に転がっている。

アメリカでは、こうしたあるスポーツの第一線で活躍した選手が、新たな目標や競争の場としてトレイル・ランニングを選ぶ例が度々見られる。

たとえば先週末のSan Diego 100で優勝したネイト・ジャッカ(Nate Jaqua)。かつてアメリカのMLS(メジャー・リーグ・サッカー)のシアトル・サウンダースなどでディフェンダーとして活躍していた彼は、引退後に始めたトレランでも相当なレベルで、昨年はPine to Palmで優勝、Bighorn 100で2位に入っている。

また、数週間後に迫るWestern States 100にエントリーしているエリック・バーンズ(Eric Byrnes)は、元メジャーリーガーとして10年の選手生活の間に5球団を渡り歩いた経歴を持つ。

そしてこのエリック・バーンズの友人で、Western Statesで彼のペーサーをするのはランス・アームストロング(Lance Armstrong)。ツール・ド・フランスで7連覇(後にドーピングにより剥奪)した彼は、昨年末のトレイルランニング大会で優勝している。

あるいはカイル・ディエズ(Kyle Dietz)。彼は元プロの総合格闘家だ。

そこには山の人だとか、陸上競技から来た人だとかという狭い区別はない。

誰にでも開かれ、誰もが楽しめるアクティビティとしてのトレイル・ランニング。以前別のエントリーで書いたように、開かれているがゆえの脆さもあるが、それがアメリカのトレイルランニング文化を特徴づける一つの側面といえるだろう。


今年のレーススケジュール

image1 (2)

こんにちは。藤岡です。

まだまだシアトル界隈は冷たい雨の季節の真っ只中。12月のサンフランシスコのレースの後はシーズンオフで、しばらくは疲労回復と基礎トレーニングをして過ごしていました。2月に入り、いよいよ今週末から今シーズンの開幕です。

今年もピリオダイゼーションの考え方をベースに以下の通りスケジュールを組みました。最大の目標レースは、まだ出場できるか確定してませんが、あのレースです。

  • Orcas Island(50キロ/2月6日/重要度C)
    • シアトル近郊のオルカス島は、ちょっとした週末の遠足にもってこいの場所。多くの地元ランナーがここでシーズン開幕を迎えます。昨年に続き二年連続で出場。
    • 定性的なゴール…まだまだ基礎体力を作っている中でのシーズンはじめのレースなので、まずはコンディションのチェックとトレーニングの進捗具合の確認が主目的。
    • 定量的なゴール…昨年のタイム(4時間49分40秒)と比較してプラスマイナス5分以内。
  • Chuckanut(50キロ/3月19日/重要度C)
    • シアトルから車で北に1時間ほどのところにあるチャカナット山で行われる、アメリカでもかなりハイレベルな部類のレース。レース・ディレクターはあのクリッシー・モール(Krissy Moehl)。超エリートランナーはこの辺りからシーズンを開始します。現時点で既にデビッド・レイニー(David Laney)、セイジ・カナディ(Sage Canaday)、エリー・グリーンウッド(Ellie Greenwood)などが参戦予定。私は今年で5年連続5回目の出場。
    • 定性的なゴール…このレースもコンディションの確認が主目的。
    • 定量的なゴール…昨年のタイム(4時間07分31秒)と比較してプラスマイナス5分以内。
  • Zion(100マイル/4月8日/重要度B)
    • ユタ州のザイオン国立公園のすぐ側で行われるレース。なにしろ景色が見どころです。初出場。
    • 定性的なゴール…夏へ向けてこのあたりで長いのを一本。スピードではなく、如何に効率的に走るかにフォーカスすること。後半でのペースダウンを最小限にする。そして、まだ行ったことのないザイオンを楽しむ!
    • 定量的なゴール…走ったことがないのでタイムはよくわからないけど、トップ5くらいでゴールしたい。
  • Dirty 30(50キロ/6月4日/重要度C)
    • コロラド州のレース。コロラドの人にとってはこの頃からやっとシーズンが始まるみたい。初出場。
    • 定性的なゴール…ハードロックへ向けての準備。高地のレースを経験しておく。
    • 定量的なゴール…走ったことがないので現時点では未定だけど、あまり高いゴール設定をせずに無理せずじっくり走る。
  • 【未確定】Hardrock(100マイル/7月15日/重要度A)
    • 当然、最大の目標レース。まだウェイトリストに名前がある段階で、出場を取りやめる人が何人か出てこないと出場できません。出場できるかどうかがわかるのはレース直前になりそうですが、走れようが走れまいがとにかく現地に飛びます。
    • 定性的なゴール…とにかく楽しむ!
    • 定量的なゴール…トップ20。
  • UTMB(170キロ/8月26日/重要度C)
    • 言わずと知れたUTMB。今年で3年連続3回目。
    • 定性的なゴール…万が一、ハードロックを走れなかったときは、こちらが最重要レースになります。ハードロックを走れたら、こちらはゆっくり楽しみます。
    • 定量的なゴール…ハードロックを走った場合は、特に目標設定なく楽しむ。万が一ハードロックを走れなかった時は、100位以内、30時間以内で完走が目標。
  • The North Face Endurance Challenge Championship(50マイル/12月3日/重要度B?)
    • アメリカのみならず、世界的に見ても最高レベルの超高速50マイルレース。サンフランシスコからゴールデンゲートブリッジを渡ってすぐのところで行われます。今年で6回連続6回目の出場。
    • 定性的なゴール…昨年の同レースはシーズン終盤ということもあって結構疲れが溜まった状態だった。今年もコンディション次第だけど、状態なりにベストを尽くす。
    • 定量的なゴール…状態がそこそこなら昨年(7時間29分00秒)以上のタイムが目標。

今年の定性的な大目標は、100マイルレースを昨年以上に上手く走ること。昨年はビッグホーン、UTMB、レユニオンの3つの100マイルレースを走り、全て無事に完走したものの、まだまだ向上の余地があると感じています。今年の10月には45歳になるので、単純なスピードの向上を望むことは難しいのですが、技術や経験の部分はまだ改善できると踏んでいます。

ということで、今年もそれぞれのレースをしっかり楽しんでいきたいと思います。


トレイルランニングとドーピング

あけましておめでとうございます。藤岡です。

年末以来、アメリカのトレイルランニング界でホットなトピックの一つがドーピング問題。私もこの年末年始、ちょっとこの問題について考えてみました。

発端と反応
発端は私も参加した12月のThe North Face Endurance Challenge Californiaという大会。過去にドーピングが発覚したために二年間の出場停止を受けたことがあるイタリアのエリートランナー、エリッサ・デスコ(Elisa Desco)が、レースの数日前に急遽エントリーリストに追加されたことにはじまります。

エントリーを受けて、アメリカのトレイルランニングで中心的な役割を果たすインターネットメディアiRunFarが、レース直前情報の中で、彼女は優勝候補の一人であることを報じ、合わせて彼女のように過去にドーピングを行った者に対してどのような報道姿勢を取るかを明らかにしました。曰く、過去にドーピングで処分を受けた選手については、常に前科を記事で記すとともに、記事によってこうした選手の活動をサポートすることがないよう当該選手については最低限の報道しか行わない、と。

このニュースに人々は敏感に反応しました。「なぜ大会主催者は選手を締め出さないのか」「いやいや選手は既に出場停止処分は解けているから主催者は拒否できない」「直前だから急に締め出すことはできないとしても、主催者はすくなくとも過去にドーピングを行った選手に対する立場を明確にすることはできないのか」などなど。

結局のところエリッサ・デスコはレース序盤でリタイアしてレースの中心にはなりませんでしたが、その翌週に行われたカリフォルニアのトレイルランニング大会で、今度はランス・アームストロング(Lance Armstrong)が優勝しました。そう、皆さんご存知の、ツール・ド・フランスで7連覇したものの薬物使用で優勝を剥奪された彼です。

続けざまに過去にドーピング歴がある選手が話題になり、こうした選手に対する扱いについて各メディアやランナーの間で話題になりました。Run Clean, Get Dirtyというイニシアティブではエリートランナーたちが薬物に頼らないクリーンなということを次々と誓約する動きがありました。また、大会主催団体の一部でも、たとえば私もよく参加するレースを主催するRainshadow Runningは「一回でもドーピングをやった者はお断り」といったように立ち位置を明確にする動きが見られました。

なぜ今議論に?
以前からアメリカのトレイルランニングコミュニティでは、なぜドーピングテストをレースで実施しないのかという話や、根も葉もない噂話や冗談のレベルで「あの選手はドーピングをやってるに違いない」という話はちょくちょく交わされていたものの、差し迫った問題としては捉えられていませんでした。

ヨーロッパでは薬物テストが実施されているレースもあります。先のエリッサ・デスコがテストにひっかかたのは2009年の山岳レースの世界選手権の時ですし、私の知る範囲ではUTMBでもトップ選手に対してテストが実施されています。これにはトレイルランニングがハードコアな山岳スポーツとして認知されている側面も影響しているように思われます。トップ選手や有名大会は、例えばフランスのL’Equipeという大手のスポーツメディアで、サッカーやF1などと並んで取り上げられることもあります。

一方、アメリカのトレイルランニングのレースで薬物テストが実施されている例は、私が知るかぎりありません。アメリカのトレイルランニングの大会は、もともと地域の人々を中心とした、誰に対しても開かれた家族的なコミュニティがボトムアップで作り上げているケースが多く、大会も概して小規模です。マラソンなどのメジャースポーツに対し、トレイルランニングはサブカルチャ(反主流)的な、ヒッピー的な側面も感じられます。

こうした、価値観を共有する人たちが信頼をベースにコミュニティを作っていくという側面は、アメリカのトレイルランニングに独特の良い雰囲気をつくりだす大きな要因なのですが、ことドーピングに関して言うと無防備だったともいえます。トレイルランニングの人気が上がってきたことで、エリッサ・デスコのように海外から、あるいはランス・アームストロングのように他のスポーツから急にやってきて急に現実をつきつけられたという側面があるかもしれません。

ネックは?
トレイルランニングに限らずどのスポーツでもドーピングテスト実施の一番の障害はコストです。テスト内容にもよりますが、全米アンチ・ドーピング機構(USADA)にテストを依頼すると、血液検査と尿検査を合わせた一人あたりのコストはおよそ200ドルから400ドルと言われています。

とりわけアメリカのトレイルランニングは小規模のレースが多く、大会主催団体がそれほどお金を持っていないため、こうした問題が出てきたからといって、すぐにテストを強化していこうという動きには繋がりにくい現状があります。

解決策は?
過去のドーピングの歴史を見れば明らかなように、選手であれ組織であれドーピングに加担していても自らドーピングをやっているとは言わないでしょうし、たとえドーピングテストで引っかかった後でも、テストが間違っているとか、はめられたとかの弁明をし、自分で意図してやったとは認めたがりません。あるいは知識不足で市販の薬に含まれているというケースもあります。このスポーツにドーピングをやっている人が全くいないと信じるのはあまりにナイーブでしょう。

かといって、大会を主催する団体にさほどお金がないのもまた事実。個々の団体が何の支援もなくテストをやっていくのは難しいでしょう。

アメリカのトレイルランニングの大会の中には米国陸上競技連盟(USATF)の公認大会もあります。USATFはドーピングテストの支援も行っているので、それを利用する手もあります。あるいは国際トレイルランニング協会(I-TRA)のようにトレイルランニングに特化した団体もドーピングテストに対するサポートを提供しています。I-TRAに対してはいろいろ批判も多いのですが、いずれにせよ選手や団体から広く薄くお金を集め、それを資金にスポーツの健全性を保つというのは、理想的ではないかもしれないけれど、一つの解決策なのかもしれません。