ビル・ロビンソン先生お別れ会

IMG_20140316_131433“人間風車”ビル・ロビンソン先生のお別れ会でした。
藤波 辰爾さんをはじめ、沢山の方に御列席いただきました。
古いジム生の顔も見れていい式になりました。

ロビンソン先生とは東京ドームにPRIDEも観に行きました。
入場前に偶然、後楽園ホールで試合のあったスタン・ハンセンと遭遇。
知らない人が見たら“ただの”大きな外人のおじいちゃん2人
でもマニアにはたまらないロビンソンとハンセンが水道橋で立ち話…スゴイ光景でした。
先生と一緒に桜庭vsシウバ、高田vsミルコを観戦。
「俺だったら、あの時はこうするよ」と現役目線での技術論はすごく面白かった。

先生がヘッドコーチを務めたU.W.F.スネークピットジャパンとイシイカイロプラクティックオフィスは同じ高円寺で、1999年5月の同じ日にオープンして今年で16年目を迎えます。

僕も先生が日本に残したキャッチ・アズ・キャッチ・キャンの種を絶やさないお手伝いを少しでも出来ればと思います。

IMG_83953636047682
【先生の代名詞でもあるダブルアーム・スープレックス】

DNA検査を受けて来ました!

「なんで俺の子の髪が天パー何だろう?」

こんにちは、大沢樹生です。

今回はDNA検査を受けて来ました!

人間の身体の30パーセントは遺伝子(DNA)で決められていて、残りの70%は 環境で決まるらしいです。

自分の遺伝子は長距離向きなのか?短距離向きなのか?

いくら有酸素運動をやっても痩せない方は脂肪を燃焼以前に分解するのが苦手な遺伝であったり、食事制限をしても痩せない方は満腹中枢に問題があったりと遺伝子レベルでの向き不向きがあるそうです。

IMG_20140305_132524

親から受け継いだ遺伝子の事なのでこの数値が変化することはないそうです。

しかし70%が環境と言っている通り、普段の生活やトレーニングの方法等、環境を整えてあげれば克服、改善できることも多々あります。

実際、僕の結果を見ると、筋力はありますが瞬発力はそこそこ、持久力はまったくないというマラソンには向かない遺伝子を受け継いだようですが、練習という環境を作った事により100マイルは完走出来ました。

おそらくオリンピック選手のように70%の環境をパーフェクトに作った者同士を比べた時に30%のDNAが左右してくるのだと思います。

自分の運動やダイエット法の向き不向きや、自分の子どもが「どんなスポーツが向いているのか?」なんていう適性を知りたい方にはおススメします。

検査の料金は65,000円(外税)と少し高いのですが、一生に一度やればいいものなので結果が出ていない無駄なスポーツクラブや習い事にに半年通うくらいなら適正を見極めるのもアリかもしれません。

そんなDNA検査とカウンセリングをparkで出来るようになるらしいです。
近々発表します!