ランナー障害の対策と予防セミナー@park

bl_imageランナー障害の対策と予防セミナー
~故障を防いで大会を走ろう~

『運動』と切っても切り離せないのが『故障』です。
今回のイベントは、ランナーによく起こる故障の仕組みから、その予防、対策までをサポーターメーカーのZAMSTさんのご協力の下、ウェーブストレッチリングでお馴染みの並木雄一郎トレーナー、そしてゲストコーチに2015年ハセツネ王者の奥宮俊祐選手を迎えて開催します。

■日時:12月5日 (土)9:30〜12:30

■場所:park
東京都世田谷区駒沢1-13-12 駒沢タカシビル2F
TEL:03-6450-8993
web: http://www.park-komazawa.com/
IMG_20151115_161803■ゲストコーチ:奥宮俊祐選手

■講師:並木雄一郎トレーナー ZAMST佐々木・池森

■定員:30名(先着順)

■参加費:2,500円(当日お支払下さい)

■スケジュール:
9:00〜9:30受付park
動きやすい格好に着替えて
(ロングタイツの装着はなるべく避けてください)
9:30〜10:30座学
着替えて駒沢公園に移動
11:00〜12:00駒沢公園ランセミナー
parkに戻り着替えて解散
12:30終了予定

■主催:park
   web: http://www.park-komazawa.com/

■協力:ZAMST(日本シグマックス株式会社)
web:http://www.zamst.jp/

■お申し込みは、メールフォームからお願いします。
http://form1.fc2.com/form/?id=738653

■本セミナーの主な内容
①座学
・主なランによる故障やトラブルの説明と原因についての解説
・大会前、大会後の脚のケア(ストレッチ指導など)
・故障予防、故障箇所の緩和にサポーター活用のススメ(正しい装着方法の解説)
・参加者個人の悩みをヒアリングして、答えるQ&A
②ランセミナー
・故障しない走り方、ストレッチ、トレーニングの実践。
・希望サポーターを装着して実走

■本セミナーのねらい
ストレッチやトレーニング、身体の使い方での改善・提案や、部位に合わせたサポーターを活用して根本的な改善、故障箇所の痛みの軽減を体験していただきます。
全体的に、ケアと姿勢改善などの提案をして、サポーターで対応出来るケースを参加者の個別の悩みを確認して提案座学を実施します。
また、座学後は駒沢公園に移動してストレッチの実践と希望サポーターを装着して実走。
・痛みの予防としてのサポーター。
・痛みが出てからの対処としてのサポーター。
アプローチを変えたサポーターを体感していただきます。

ランナー障害(ケガや痛み)各部位ついて
・腰、背中・・・過緊張、過剰運動による張り、コリなど。
・股関節・・・疲労、ストレッチ・マッサージなどのケア不足による痛みや可動制限。
・ハムストリングス・・・疲労、走り方などからくる張り、コリ。オーバーユース。
・膝
①外側の痛み・・・腸脛靭帯炎、
※中臀筋、大腿筋膜張筋の弱化、疲労。
②全面の痛み・・・膝蓋炎、靭帯損傷、ハムストリングスの硬化、疲労など…。
③内側・・・鵞足炎
※内側広筋、縫工筋、薄筋などの拘縮、弱化、疲労など。

・足首・・・捻挫などによる、痛み。癖。
内反、外反、アキレス腱、プロネーション
・ふくらはぎ・・・浮腫み、張りなど。
・スネ・・・シンスプリントなど。
・足底・・・足底腱膜炎。

心当たりのある方は、是非ご参加下さい!