OSJ新城トレイルレポート その②

初トレイルレースが新城トレイルという参加者も毎年多いです。
何とも険しいレースにエントリーしてしまうものです。

マラソンと違うポイントは沢山ありますが、エイドが少ないのもあり補給が不十分であるケースが多くあります。脱水症状、汗をかいてのナトリウム不足、低血糖症状、気持ち悪くて飲めない食べれない。今回も晴天のレースとなり熱中症の初期症状である低ナトリウム血症(筋痙攣)の症状である足攣りは多発しておりました。

長時間の運動では水だけの補給ではNGということが常識にはなってないようです。

レース中盤からは気分が悪く補給出来ず低血糖でフラフラしている選手もいます。
つまづいて反応が遅れて滑落というリスクが高くなるのは明らかでしょう。
実際にレース中に具合が悪くなり誘導スタッフ付き添いにて下山しようとしたが動けず、本部より白くま隊スタッフが迎えに行きました。補給は出来ないという話しではありましたが口当たりの良いバナナならば食べる事が出来て少し回復。その後スタッフと下山しました。

こういった体調の変化も想定範囲内として準備出来ることが望ましいです。
何が何でもフィニッシュまで行くというのは非常にリスクが高い発想です。

体調の悪化も想定範囲内として、どうなったらリタイアするのか?
コース上どこならば安全にリタイア出来るのか?
事前に決めておけるとその場の衝動で判断する必要がなくなります。

何より大事なのは安全と言う気持ちを山の中では共有して頂きたいです。

20170319_001111137_iOS


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>