何故スポーツイベントをサポートするのか

来週末はありがたいことにお仕事沢山であります。

ラフウォータースイム in 鎌倉
本栖湖パドルチャレンジ(SUP)
日光ウルトラマラソン
所沢8時間耐久レース

アウトドアスポーツ専門のトレーナーチームとして活動している『白くま隊』
アウトドアスポーツが他のスポーツ同様出来るだけ安全な環境になり、スポーツ文化として定着することを目指して活動しています。

だからこそトレーナーがいないイベントのサポートは力を入れています。

トレイルランニングには9年ほど前から関わってサポートしていますがトレイルランニングだけに関わっているわけではありません。
他のスポーツでの運営体制や救護体制、スポーツ医科学の積み重ねをトレイルランニングなど多くのスポーツイベントにフィードバックしています。

トレイルランニングの山岳環境の特殊性はありますが、やはりスポーツとして普及するならばある一定の基準を目指して運営すべきだと感じています。
ついついトレランならばこんな感じか、山は違うと、その世界の常識などに流されがちですが、今一度スポーツ医科学的視点で見直すことに価値は高いです。

もっと山を安全に楽しめるように!!

残念ながらそういったスポーツに関わる専門家がまだまだ少ないアウトドアスポーツ業界です。これからも色んな人々を巻き込みながらサポートを充実していきます。

アウトドアスポーツだから仕方ないではなく目指すべきポイントは共有したいです。
トレイルランナーのためのセルフレスキュー&ファーストレスポンス講座でもどんな初心者でも知っておきたい知識を紹介しています。スポーツ医科学的な説明がオトナならば分かりやすく、実際のレースの事例は何に役立つのかを教えてくれます。

セルフレスキュー27


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>