夜間走行は何が危ないのか?

来週末はハセツネやKOUMI100が開催されます。
白くま隊ではハセツネカップではレース後のケアブース運営しています。
チラシ入ってましたか??

21362961_1520564711355842_1739896222_n
はせつねチラシ2017
KOUMI100では本部と各エイドに救護体制配備しています。

どちらも夜間走行を伴うレースになる方が多いですが、夜間走行ではどのようなリスクがあるのでしょうか?

視界が悪いことから
・滑落
・転倒(出血や骨折・捻挫など)
・コースロスト
・枝にぶつかる   etc

夜間で寒いことから
・低体温症

視界の悪さからのトラブルを回避するためにスピードを落として気を付けて走る選手も多いです。そうすると運動による熱の発生が減るため低体温症のリスクが上がります。

ではどのように低体温症のリスクを回避しますか?
・固形物を食べる
・レインウェアを着る
・極力立ち止まらない 走れるとこは走る   etc

これは雨風が強くなった時も同様にリスクが上がります。
ハセツネの渋滞でも冷える前に着ること。
雨により足元が悪く走れない時も同様です。

小さなリスク回避が大きなトラブル予防に繋がります。
実際のレースでもこのように低体温症は発生しています。
一例ではありますが失敗を分析することから学べることは多いです。

誰かの失敗を共有財産にしていきましょう。

名古屋・大阪でのセルフレスキュー講座でも事例たっぷりご紹介します。
下記リンクからチェック!!
セルフレスキュー名古屋
セルフレスキュー大阪


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>