蜂は怖い

新潟でのトレイルランレースにて
蜂刺されが大量発生ということでニュースになっています。

先日のKOUMI100でも1周目の山岳エリア・シングルトラックにて後半の選手が蜂刺され15人前後刺されています。
スズメ蜂ではなさそう&運営スタッフが現地に行っても蜂の巣どころか蜂も発見出来ないため、コース変更なし&走行禁止にして巣を刺激しないようにという対応を取っていました。

では蜂の危険性について整理しておきましょう。

①蜂の種類
蜂は種類によって毒も違います。
見ても分からない、そんな余裕もないかもですが
スズメ蜂やアシナガバチは下記アナフィラキシーショックを引き起こしやすいです。

比較的大きくでスマートな蜂です。

②緊急性がある症状は(命に関わります)
アナフィラキシーショック
・じんましん
・下痢 嘔吐
・血圧低下(くらくらします)
・呼吸困難

特に呼吸困難~気管が閉塞して呼吸が出来なくなり窒息死します。

★2回目が危ない!
一度スズメ蜂に刺されるとアレルギー抗体が出来ます(全員ではない)次にスズメ蜂に刺された時にアレルギー症状が出ることがあり、これをアナフィラキシーショックと言います。

③アナフィラキーショックにはエピペンを用意
アナフィラキシーショックに対して医師の治療を受けるまでに症状を緩和することが出来るのが「エピペン」アドレナリン自己注射薬です。事前に処方を受けて持っている必要があります。

蜂に刺されてから15分以内にアナフィラキシーショックが発生するため病院に搬送するのを待っていては間に合わないため、特別に認められている注射です。

④ポイズンリムーバーは効果あり?なし?
エビデンスがないから医療的には効果があるとは言えないと言われているポイズンリムーバーですが、アナフィラキシーショックの予防・軽減には効果はないでしょう。少しでも毒が入れば反応するので。

20170811_041055843_iOS
しかし蜂刺されの痛みや腫れには伝統的に効果があるとして使われてきています。
白くま隊の救護対応としても使用しています。
現場で行われていることが最先端であり、それを検証するためにエビデンスはあります。効果があると思われているものは積極的に使用しましょう。

スズメ蜂が怖いのはアナフィラキシーショックが命に関わるから、その対応としてはエピペンを用意すること。
痛くて腫れて走れなくなることの対応としてはポイズンリムーバーを用意することとなります。

この対応の違いは間違いありません。

ちなみに今回のクロスズメバチについては地面に巣を作ります。
生き物が人が通る通り道に巣を作るとは思えないし、設営などで気づく可能性が多いです。トレイルを踏み外すと巣を刺激するリスクも上がると言えます。
完全に回避することは不可能なリスクですので蜂も含めて自然環境と捉える必要があるでしょう。

刺されたら緊急性のあるなしの判断が出来るようにしておきましょう!!

ニュース動画


夜間走行は何が危ないのか?

来週末はハセツネやKOUMI100が開催されます。
白くま隊ではハセツネカップではレース後のケアブース運営しています。
チラシ入ってましたか??

21362961_1520564711355842_1739896222_n
はせつねチラシ2017
KOUMI100では本部と各エイドに救護体制配備しています。

どちらも夜間走行を伴うレースになる方が多いですが、夜間走行ではどのようなリスクがあるのでしょうか?

視界が悪いことから
・滑落
・転倒(出血や骨折・捻挫など)
・コースロスト
・枝にぶつかる   etc

夜間で寒いことから
・低体温症

視界の悪さからのトラブルを回避するためにスピードを落として気を付けて走る選手も多いです。そうすると運動による熱の発生が減るため低体温症のリスクが上がります。

ではどのように低体温症のリスクを回避しますか?
・固形物を食べる
・レインウェアを着る
・極力立ち止まらない 走れるとこは走る   etc

これは雨風が強くなった時も同様にリスクが上がります。
ハセツネの渋滞でも冷える前に着ること。
雨により足元が悪く走れない時も同様です。

小さなリスク回避が大きなトラブル予防に繋がります。
実際のレースでもこのように低体温症は発生しています。
一例ではありますが失敗を分析することから学べることは多いです。

誰かの失敗を共有財産にしていきましょう。

名古屋・大阪でのセルフレスキュー講座でも事例たっぷりご紹介します。
下記リンクからチェック!!
セルフレスキュー名古屋
セルフレスキュー大阪


セルフレスキュー講座 名古屋・大阪

Polar Bear Trainer’sTeamの活動は4本柱です。

①アウトドアスポーツ大会サポート(救護やケアブース)
②ポーラーベアーコンディショニングルーム@目黒(完全予約制パーソナル対応)
③トレイルランナーのためのセルフレスキュー講座
④トレーナーアカデミーとしてトレーナー教育

20170912_103214815_iOS

トレイルランニングに関わるようになって最初はトレーナー育てて配置すれば安全性は高まるかなというスタートでした。しかし目の前で事故は起きないし、みなさん距離が長いのがお好きなようでして。

①選手自身が自分の身を守ること
②お互い助け合えること(第一発見者は選手であることがほとんど)

救護活動の専門家を配置することも大事ですが、本質的に安全性を向上するには選手を育てることだと認識しています。他のスポーツと違って指導者養成機関もなく、楽しく走ることを伝える機会は多いですがまだまだ安全管理への情報提供は不十分だと思ってます。

3年前にスタートした『トレイルランナーのためのセルフレスキュー&ファーストレスポンス講座』主催講座でも30回を越えます。主催以外でもアウトドアブランド・大会主催者・ショップ・メーカーイベント・チーム単位などなどお呼ばれしました。もっともっと拡げて行きたいと思っています。
20170429_025436000_iOS

優れた医療関係者の育成やマニアックな選手を育てるのではなく
山を走るならば必ず知っておくべき入門的であり役に立つ必須知識技術の提供の場です。広く普及することこそが大切なのです。

人が集まるならば日本中どこでも出張開催します!
今年は福島・福岡・熊本・豊橋でも開催しました。
ご興味ある方は是非お気軽にお問合せ下さい。

目指すはトレイルランナーが多い山は
何かあれば助けてくれるから安全だと言われる世の中です。

そして今週は名古屋・大阪にて開催します。
興味ありそうな素敵なランナーがいましたら開催を教えて下さい。
白くま隊の地道な活動は皆さんの口コミに掛かっております。
みんなでいい業界作っていきましょう。

9月30日(土)名古屋会場
https://www.facebook.com/events/1986541368294200

10月1日(日)大阪会場
https://www.facebook.com/events/172317116677156/

 


ふくしまトレイルランニングクラブ5周年

20170827_044711961_iOS

ふくしまトレイルランニングクラブ5周年おめでとうございます!!

トレイルランニングで福島県を元気にしたい!
そんな思いでのスタートしたとのこと。
早くなるための練習会ではなく、初めて体験して参加することも出来る
普及していくための活動に力を注いでいることも印象的であります。

思いの詰まったパーティーの前座として『セルフレスキュー講座』担当させて頂きました。
20170827_044726719_iOS
パーティーもあるし行ってみるかという気持ちの方もいたことでしょう。
勉強したいという強い気持ちがなくても参加出来る場所でお話し出来ることがセルフレスキューの普及であり、山を安全に楽しむことに繋がっていきます。
熱心な人達ばかりでないところで話しすること大事にしています。

参加者の中にはレースには出たことがない
UTMFってどこでやっているんですか?
そんな若者もいました。
いいのです!山を走る事を楽しんでいればトレイルランナーです。

各地域でのトレランコミュニティにて『セルフレスキュー講座』実施していきたいです。一日講座から90分程度などカスタマイズ可能です。
ショップイベントやチーム開催、大会前日の受付後の企画など
飲み会の話しのネタ提供に絶大な貢献をします!!

ご興味ある方は遠慮なくお知らせ下さい。

20170826_121149191_iOS


熱中症は予防が大事!!

◆トレイルランナーの為の熱中症予防のすすめ◆

暑熱環境でのトレイルランニングが多いこの時期、熱中症予防が肝心です。熱中症になると意識が朦朧として滑落や道迷いなどのリスクも上がり、最悪体温の上昇が進むと動けなくなり命に関わります。
嘔吐などで補給が出来ない状態で熱中症になるとエイドなどで休んでいるだけでは症状は悪化していきます。暑い中運動を継続するならばなおさら危険です。

熱中症予防の為のポイントをまとめておきます。ご自由にシェアして下さい。
挑戦することが過酷ですので熱中症ゼロは難しいですが、コース中でのリタイア&緊急搬送ゼロを目指しましょう。
●水分の補給
次のエイドまでの距離を考えて出来るだけ荷物は軽くしたいところですが、トラブルにより想定よりも長くかかることも考えてドリンクの量は計算しましょう。余分に持つその飲み物で前を走るランナーを救える場合もあります。水分も気持ちも余裕を持ちましょう。

冷たい水は吸収も早く、胃の中から体温を下げるので効果的です。嘔吐するのが嫌でも少しづつ飲む事。

●ナトリウム(塩分)不足
汗と共に体外に出て行くナトリウム。水だけを補給していると低ナトリウム血症という状態になり、筋痙攣(筋肉のつり)が起きやすくなり、熱中症も発生しやすくなります。ナトリウム入っているサプリメントやジェルを摂取続けましょう。スポーツドリンクや経口補水液ももちろんOKです。レース中の補給は水と糖だけではダメと認識しましょう。

●熱を逃がす
根本的に熱が逃げないことが熱中症の引き金となります。
・汗が出て渇くときに熱が逃げるので速乾性のウエアを用意する
・体表の血管を冷やす(首すじ、脇の下、そけい部)
・汗がでなくなったら水を掛ける、渇くときに温度が下がります
・日焼け対策(日焼けをすると熱が逃げにくい)

定期的に水をかぶり体温を下げる事は結果として汗が出る量を減らし、補給も少なくて済むことに繋がります。コース中の水場では水をかぶりましょう。

●暑熱に馴れておく
今からでは遅いかも、まだ間に合う!!暑さに身体は適応します。
涼しい地域で暮らす方が暑い地方で出場する時は要注意です。

●レース前日に水分補給を!!
スポーツ選手は一日中水分補給しています。それは日常でも水分は不足していくからです。トレイルランナーもレース前日に十分に水分補給をしましょう。レース前はガソリン満タンが基本です。

 

以上簡単ではありますがポイントをまとめました。
質問などもありましたら遠慮なくどうぞ!!
Polar Bear Trainer’s Team 代表 浅井隆之
今週末はおんたけウルトラ帯同です。熱中症ゼロ!!

★もう少し勉強したい!という方はセルフレスキュー講座ご参加下さい。
下記写真からリンク貼ってます。
東京ですかと思った方は出張しますので仲間を集めてご相談下さい。

セルフレスキュー28

 


奥久慈トレイルは熱中症日和!?

毎年この時期は何故か暑い 熱い

OSJ奥久慈トレイルレースはコースがアドベンチャーレースのようで厳しいとはよく言いますが、天気までエアコンで調整しているかのように暑いです。

脚攣りまくり、脱水でぐったり、気持ち悪くてフラフラ
皆さんぐったりしています。

汗が出なくなり体温が上がってきたら命にも関わります。

レース前日も意識的に水分補給&ナトリウムなどミネラル補給をしていきましょう。
そもそもレースが始まる時点で脱水傾向がある可能性もあります。
最近は随分暑くなってきましたので運動関係なく、徐々に脱水しているかも。

アスリートの脱水予防としては毎日朝・練習後・就寝前など体重を計ります。
一日100ccのマイナスでも一週間あれば随分体重は減ってきます。
そんな脱水気味の日の運動をすると熱中症のリスクは上がります。

少しづつでも予防をしてリスクを減らす選択をすること。
トレイルランニングを安全に楽しむために日常生活からコントロールしていきましょう。

直前ですがカラダのメンテナンスをして欲しいという方がいれば
ポーラーベアーコンディショニングルーム@目黒にて完全予約制にて対応します。

アウトドアスポーツにも他のアスリート同様のサポート体制を提供します!!
チラシ201705


OSJ新城トレイルレポート その④

何だか少し残念な話しが続きましたが嬉しいこともありました。

継続的に開催してます『トレイルランナーのためのセルフレスキュー&ファーストレスポンス講座』この参加者が参加選手、応援、ボランティアスタッフとして沢山いました。20名ぐらいにはお会いしたかと。

参加選手の中では転倒して手のひらから血がタラタラと流れてきたが自分で止血して処置しましたという選手もいました。自分で実践出来るというのも素晴らしいことです。
20170318_031728554_iOS

レース中でなければ自分のことは自分でするのが当たり前です。気は優しくて力持ちのような体力にも余裕があり、何かあった際は手助けが出来るというのがトレイルランナーだからこその文化になることを願います。

OSJ新城レース中に大会参加者以外の怪我の対応もありました。

浅井がレース後半山中の配置に着くために移動していると前から高校生の男の子が2人焦って近づいてきて助けて下さい!どうしたこうしたと話しを聞くと高校の山岳部で来ているが引率の先生がプチ滑落して骨折しているかもしれない。携帯繋がらないから助けを呼びに来た様子でした。大会スタッフが現地に同行して一緒に下山、車で搬送しまして救急車に引き継ぎとなりました。

大会中であったことがスムーズは緊急搬送に繋がった貴重な事例です。
このようにトレイルランナーがいる山は何かあれば助けてくれる安全な山だと言われるようにしていきたいです。

最後にご案内です。
『トレイルランナーのためのセルフレスキュー&ファーストレスポンス講座26』
4月15日(土)東京・目黒にて開催です。

https://www.facebook.com/events/1427291790666681/
セルフレスキュー26


カットマンを見ながら止血について

ミャンマーの伝統格闘技『ラウェイ』という興行に招待頂き観戦@後楽園ホール

グローブなし 素手にバンテージ
肘膝 頭突きあり 顔面あり
何故か投げもあり 寝技なし

ダウンはレフリーが認めたらということで殴られて倒れてもすぐ立てばダウンにならないそうです。気合いで戦う格闘技です。

そんなラウェイもちろん出血も多いです。
トレイルランニングでも転倒して膝や手のひら、そして頭などぱっくりざっくり出血も多いので、セコンドは大変だなと見ておりました。

ラウェイではラウンド間のインターバルは2分(長いですね)
セコンドのカットマンが止血しておりました。血がだらだら流れている選手も始まる時にはすっきりキレイなもんです。

特別な道具を使用している様子はなく
①タオルで拭く
②傷口確認
③すぐに圧迫(直接圧迫法という止血法です)
④ワセリンのようなものを塗る(膜をつくるので止血効果もあり)

以上 あくまでも止血がメインの処置ですが手早くて見入ってました。
※止血剤(薬剤)を使用したりしているという話しもありますが、医師の処置でない限り薬を使用することは法律違反です。

治療のためには傷口を流水で洗浄したり、屋外では砂や土を取ったりとするべきです。その辺りはまた追ってご紹介します。

レース中にトップ選手が出血してる場合、エイドでの給水中に止血して、傷を保護してリスタート出来るかなと考えたりするわけです。

トレイルランニングはセルフレスキューが基本ですから、自分で止血ぐらい出来るようにして欲しいです。

最後に一つだけご注意を!!

血を出して困っているランナーを見た時手助けをしたりすると思いますが、必ず素手で血液に触れないようにして下さい。HIVや肝炎など感染する恐れがお互いにあります。心優しい善意のボランティアの方が素手で触っている場面は何度も見ています。自分の身は自分で守るのがセルフレスキューですので、色んなリスクから身を守って下さい。

20170216_120854129_iOS


セルフレスキュー講座やってますよ

山岳環境でのアクティビティであるトレイルランニング
レース中には救護担当のトレーナーを出来るだけ沢山配置して安全管理の充実を目指しています。

山に行き出して分かったことは

・目の前で選手はあまり倒れない
・第一発見者は他の選手やボランティア
・病院搬送に時間がかかるので、倒れるとこまで頑張ってはアウト!

何よりトラブルを予防しないといけないと言うことです。

しかーし!!
予防はアスレティックトレーナーの得意分野です。
スポーツ選手の教育的指導も役割ですから。

トラブルが起きて処置するのがファーストエイド・応急処置
自分自身の安全管理や処置をセルフレスキュー
セルフレスキューに予防の概念も加えてプログラムを作りました!!

実は2年前からやってます。主催講座では23回目
大会主催者、ショップ、メーカーなどイベント関係も含めれば30回以上開催してます。

ランナーが山に入るならば全員が知っていて欲しい!!
普及型プログラムです。専門家育成の難しいヤツではないです。

皆さんが元気に完走しているレースでも沢山事故や体調不良は発生しています。
そんな事例から学ぶことも多いので可能な限り紹介しています。
実際にレースの救護をしている【白くま隊】と一緒に学びませんか?

トレイルランニングをより安全に楽しめるように!
トレイルランナーがいる山は安全だと思われるように!

次回講座は2月19日(日)OSJ湘南クラブハウス(鎌倉)にて開催します。
トレイルランナーのためのセルフレスキュー&ファーストレスポンス講座セルフレスキューチラシ湘南

https://www.facebook.com/events/1223729951042991/