夢の表彰台

こんばんは。
ガレ場とくだりが怖いさいこです。

先日、さいたまは越生で行なわれた、第2回トレニックワールドin越生40Kに出走してまいりました。

そして、な、なんと、人生初の女子総合一位を頂いてしまったのです!

かつて、トレイルレースでは二度ほど表彰台に上がらせていただいたことがあるのですが、特別賞(仮装して走ったから)、女子年代別1位(同じ年代殆ど出てない)といった感じで、いつか女子総合で入賞して表彰台に乗りたいな~なんて思っていたのです。
あの段々になっている台に乗り、賞状とトロフィーとか賞金の目録とか、抱えきれない賞品とかを高々と掲げて、囲み取材なんて受けてしまう、例のあれです。

でも、このレースならもしかしていけるのでは?と思っても、女子総合7位(表彰は3位まで)とか、女子総合9位(表彰は6位まで)など、まあ、実力がないから仕方ないのですが、どうにもその夢は実現しておりませんでした。
しかも、最近のリタイア続き…。

今回のこのレース、実は、入賞できるかもよ!とは言われておりました。
でも、当日の会場にはウルトラの猛者や、どう見ても、「わたし速いです!」と自信の漲る面々が…。

なんせ、こちらは、あの「小江戸大江戸200k」の、NPO法人小江戸大江戸トレニックワールドさんの運営ですし。
林道とロード率が高いコースですから、ウルトラランナーにはうってつけです。

一方わたしは体調が悪いまま、咳はまだ出るし、なんだかテンション駄々下がりです。

とはいえ、このレース、とてもエイドが充実しているとのこと。
またなんともアットホームな雰囲気を醸し出しております。

というわけで、
「まあ、楽しも~♪」
と、ゆるゆるとスタートいたしました。

レースの内容については、勝因が随所にありますので、また別の機会にお話しいたします。
とにもかくにも、結果なんだか走れてしまい、見事女子一位でゴールです!

ミニーの仮装で男子年代別優勝した我が師匠がゴール手前で出迎えてくれ、先にゴールしていたじろーくんも遠くで手を振っております。
抜きつ抜かれつ進んできて一足先にゴールした飯塚さんも見えます。

やった~!やった~!と両手を上げてゴールテープを切り、興奮冷めやらぬまま、完走証を頂きに。

手渡してくれたおじさま、

「おっ!女子一位だね!おめでとー!」

「じゃ、表彰しちゃうからこちらへ!」

って…。

え?
え?
ええ~(°_°)?

三人に見守られながら、表彰台の上ではなく、非常用滑り台の下で、わたくしは1人表彰されました。

それでも相当嬉しい顔してます。

photo by Jiro それでも相当嬉しい顔してます。

しかも優勝商品は、ラフマのコンプレッションされたバックひとつ…。

そうです。

表彰台に乗り、賞状と抱えきれないほどの賞品を高々と上げ、囲み取材を受けるわたしの夢は本当の夢となって散ったのです。
そんなわたしの頭の中には、あの松坂大輔選手の言葉がよぎるのでした。

 

「見ることはできてもかなわないのが夢」

 

photo by Toshita みんな無事完走♪

photo by Toshita みんな無事完走♪

それでも、やはり仲間と過ごしたこの一日は、決して夢ではなく、忘れられない楽しい思い出になりそうです。

 


箱根で温泉に入らない女

こんにちは。
吊り橋とくだりがこわい、さいこです。

久しぶりのブログ更新。
今回はちょっとだけ真面目なお話しです。

ブログ更新が滞っている間、表参道ウィメンズラン伊豆トレイルジャーニー六甲縦走キャノンボールランUTMFなどなど、いくつかのレースに参戦。

どれもこれもぱっとしない結果に終わっておりました。

風邪をきっかけにしたぎっくり腰、その後も長引く風邪。
自然と練習不足に陥っていたのは言うまでもありませんが、これはあくまでも言い訳。
練習していなかった訳ではなく、その質が落ちていたというか、楽をしていたのだなと思うのです。

2010年のCCCから、2010年と2011年の信越五岳、2012年のUTMF、そしてTDG。
ウルトラトレイルレースに徐々に慣れてきたこともあり、正直100km前後のレースに関しては、不測の事態が起きない限り、完走できない気がしなくなっていました。

TDG、そして今年のUTMFと自分の判断ミスで具合が悪くなりリタイア。
それでも、レース翌日から走ることができるし、ダメージが残らない身体になっていると、
前向きというか、自分に都合の良いようにとっておりました。

先週の木曜日のこと、仕事の公休日だったので、一人箱根外輪山一周(通称ガイリーン)に出かけました。
そしてふと思い出したのです。

CCCに向けて練習を始めた頃から、箱根はわたしの大切な練習場所でした。
友達と走りに行くことも多いのですが、思い立つと一人で向かうことも多く。
そういうときは、いつも帰りの荷物も全部背負い、水も途中で補給不要なくらい持ち、
ガシガシ大股で登り、ガシガシ走っておりました。
ホントのところは、箱根に行くには電車賃もばかにならないので、コインロッカー代やジュース代を削っていたのですが(笑)
そんなわけで、ひとりならいいやとお風呂にも入らず、トイレで身体を拭いて帰って来ることも少なくありませんでした。

ウルトラトレイルを制するには、Back to Backが基本!と、週末は連続でロングトレイル練習をしていたわたしですが、いつの日からか、そんな高負荷練習をしなくなってしまいました。
ロングトレイルに出かけても、負荷のかからないように小股で登り、ギアやウェアも軽量化していきました。
刺激はスピード練習や坂道練習で入れれば良いと思うようになりました。

思い返せば、わたしが走り始めた当初は5km走るのもやっとでした。
お友達について行けず、いつも待たせてしまい、それが辛くて、家に帰って泣いてばかりいました。
だから、がんばってみんなと走りたいと練習をするようになり、そのうちレースも楽しみのひとつになり、お友達の輪も広がり、走る距離はどんどん伸びていきました。

そこそこの距離をそこそこ走れるようになって、あの頃の気持ちをいつの間にか忘れてしまったようです。

というわけで、今回の箱根、初心に帰って、帰りの荷物も全部背負ってガシガシ金時を目指してみました。
でも、辛いし全然走れないし、咳き込むし鼻水は止まらないし、どんどん脚は痛くなるし、荷物は肩に食い込むし背中を圧迫するし、本当に以前こんなことができていたのかと泣き出しそうになりました。

それでも決めたことはとにかくやろうと、ゼーゼーハーハー言いながら金時山山頂へ。

この日は残念ながら富士山は見えず

この日は残念ながら富士山は見えず

 

金太郎小屋のおばちゃんは、わたしを見るなり、
「どうしたの?!一人なの?!ものすごく疲れているじゃない!!!」
と、慌ててバナナを食べさせてくれて、飴や梅干しをたくさん用意してくれました。
そして、UTMFを完走できなかったこと、風邪ばかり引いてしまうこと、いろいろお話しを聞いてくれました。
これから一周するんだというわたしに、
「もう十分がんばってきたんだから、この先は無理しちゃだめだよ!
無理してるなって思ったらすぐやめちゃいなよ!!!」
と、わたしが見えなくなるまで、叫びながら見送ってくれました。

おばちゃんとお話ししたら、ちょっぴり涙がちょちょ切れつつも、
なんだか身体が軽くなったような、心が軽くなったような。

相変わらず咳はとまりませんでしたが、ひどい鼻水も手鼻でピッとかめるようになり、
ちょっとした手鼻マスターに。
結局途中で下山することはなく、予定通り湯本まで無事ぐるり。
そして、予定通り、トイレで着替えて帰ってきました!

正直、ものすごく疲れ果てたし、あまりの走れなさっぷりに自信喪失。
ここ最近味わったことのない、体中の痛みにこの週末は打ちひしがれました。
それでもBack to BacKと、週末走ってみましたが、以前のようには走れません。
急にがんばったからか、謎の蕁麻疹も出ました。
今朝は首が痛くて、仕事中はそのせいか頭痛に悩まされ、
仕事後、慌ててテンピュールの枕を買いに行きました。

SHINさんも紹介しているRELENTLESS FORWARD PROGRESSを本棚から引っ張り出し、
今日は月曜日、Restの日の記載になんだかホッとしています(笑)

写真 (2)

目指しているのは100マイルじゃなくて200マイルだけど...

目指しているのは100マイルじゃなくて200マイルだけど…

 

とまあ、初心に戻りつつ、もう一度こつこつがんばるぞというお話しでした。
テンピュールの枕の効果が出たら、明日の朝走ります!

では、おやすみなさい。