TrailRegist(トレイルレジスト)

じろーです。

TrailRegistトレイルレジスト)」をご存知でしょうか?

某トレイルランニングパックのデザイナーがロゴを作ってくれました!

某トレイルランニングパックのデザイナーがロゴを作ってくれました!

Website:https://trailregi.st/
Facebook:https://www.facebook.com/TrailRegist/

去年、2014年10月に誕生したウェブサイトです。

2014年12月に静岡県で開催された「寸又峡カモシカトレイルアドベンチャーラン」、そして、2015年6月に山梨県で開催予定の「スリーピークス八ヶ岳トレイル」にエントリーされた方はご存知かと思いますが、大会エントリーのウェブサイトです。
また、大会の計測業務もサポートしています。

僕は開発に携わっているメンバーの1人でして、今回はこの「TrailRegist」について書きます。

まず、「TrailRegist」を始める事になったきっかけですが、海外のレースに出るようになってから(僕は2011年~)、海外では人気レースは抽選というのはもちろんですが、ウェイトリスト(キャンセル待ち)機能や返金対応があったり、すぐ定員にならないレースではアーリーバード(早く申し込むと割引)機能があったり、そして、そもそも使い易くてエントリーが簡単だったり、トレイルランナーに寄り添った仕組みがあるのを知り、日本でもマネすれば良いのになーぐらいに思っていました。

しかし、日本ではマネするところが出てこず、悪しき習慣というのか、使いづらいと思うようなのがほとんどで、中には利用料が異様に高いのもあったりして、ずーっと不満を持ち続けていました。

そんな話を、同じように海外レースに出ている友達としていた時に、みんながIT系の仕事をしているのもあって、自分たちで海外と日本のいいとこ取りでやってみよう!という感じに話が盛り上がったのが、そもそものきっかけです。

そして、ローカルレースのオーガナイザー(主催者)をしている友達に声をかけたりして、2014年1月の雨が降る寒い日に、同じ思いを持つIT系トレイルランナーが渋谷のカフェに集まって始まりました(当時は4人でした)。

コンセプトは、“For Trail Running, By Trail Runners”
日本のトレイルランニング界を少しずつ良くする為に、自分たちトレイルランナーが出来る事を進めていこう、という思いです。

ミッション(目標)は、レース、オーガナイザーの様々なニーズに応え、トレイルランナーにとってシンプルかつ多機能で使いやすく、そして出来る限り安くリーズナブルに提供する。
特に、手作りでやっているようなレースやイベントを積極的にサポート出来ればと考えています。

現時点では、ウェイトリスト機能や返金対応があるだけのエントリーサイトですが、皆さんに喜んでもらえる機能やアイデアはまだまだ沢山あります。

ただ、メンバーや手伝ってくれる友達が少し増えはしましたが、相変わらずのスモールチームで、かつ全員が「TrailRegist」以外に本業があり、帰宅後や休日の時間を使って開発や作業をしています。
(走力が落ち、体重だけ増えるメンバーも。。。)

メンテナンス画面には、我が家の愛犬にも登場してもらっていますw

メンテナンス画面には、我が家の愛犬にも登場してもらっていますw

カレー作りが得意なメンバーが開発合宿の時に作ってくれた美味しいカレー。

カレー作りが得意なメンバーが開発合宿の時に作ってくれた美味しいカレー。

そういった状況の為、言い訳になってしまいますが、バグや不具合などでご迷惑をお掛けしたり、思うように開発が進んでいなく完成していない部分もあります。

例えるなら、やっとハイハイ出来るようになった赤ちゃん、まだそんな感じですかね。

そんな現在の状況ですが、これから少しずつ大きく成長していく予定ですので、あたたかく見守って頂ければと思います。

最後になりますが、「TrailRegist」を採用してくださった「寸又峡カモシカトレイルアドベンチャーラン」、「スリーピークス八ヶ岳トレイル」の関係者の皆さまには、この場を借りて心より感謝申し上げます。


TrailRegist(トレイルレジスト)” への2件のコメント

  1. ピンバック: トレイルランナーに生まれて | サイドバック生まれランニング育ち

  2. ピンバック: トレイルレジスト事業部 | IQ COMPANY

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>