トルデジアンで知り合ったお友達のこと

こんにちは。
奥三河パワートレイルの続きの前に、こちらを失礼します。

image

2年前のTOR DES GEANTS。
尾骶骨骨折で悶絶していたわたしの前に突然現れ、親指をぐっと突き上げ、
「行くよ!わたしについて来な!」
と、次のライフベースまでわたしを鼓舞し続けてくれた小さなフランス人女性。

彼女の名前は、Claudine Bosio

その後わたしは残念ながらリタイアしましたが、彼女は見事完走したのです。

レース後、クールマイヨールのレストランで再会。お互いの健闘を讃え合い、またいつかTDGで!と約束をしたのでした。

そんな彼女が、去年はなんとカメラとマイクを抱えてわたしの前に出現!

image

どうやらこれを撮っていたようです。

Claudine Bosio脚本監督作品。

【Au Pays de Marie 】

TOR DES GEANTSにまつわるドキュメンタリー映画とのこと。

それでですね、ドネーションを募っているようなのです。

フランス国内に限らず、国際映画祭や多くの映画館に配給したいそうです。

2015年6月まで以下のサイトで募っています。
英語の案内も載っています。

http://m.leetchi.com/c/projets-de-claudine-bosio

ドネーションの方法ですが、フランス語になっていますので、画面をスクロールしていくと国旗が並んでいます。左から2番目のユニオンジャックをポチッとすると英語になります。

image

この写真と同じところにスクロールして、Contributeをクリックするとログイン画面になりますので、必要事項を入力、金額(ユーロ)を入力して進むとクレジット決済画面に移動します。

ご興味ある方、共感くださる方、どうぞよろしくお願いいたします!

表彰式の後で

表彰式の後で


奥三河パワートレイルに行ってきた①

こんにちは。くだりがこわかったりこわくなかったりの無限ループに陥っている、さいこです。

でも、高いところは大丈夫 @深草観音 in 甲府 photo by Yumi Matsui

でも、高いところは大丈夫 @深草観音 in 甲府 photo by Yumi Matsui

奥三河パワートレイル
石川弘樹氏プロデュースの第一回大会。
下り基調の63k。

弘樹氏プロデュースといえば、フカフカのトレイルと緩やかで走れるコースと思い込み、これは楽しく走れそうと気楽にエントリー。

エントリー後しばらくしてから、今年1番の目標と考えていたイベント「TDT(ツールドトモ)」と日程が丸かぶりと判明。あまりのショックに、しばらく寝込んだほど(笑)

とりあえずレギュレーションと地図と高低表くらい見ておくかと、思ったのがレースの5日前。

image

ん?4000mアップの5000mダウンはわかってはいたけど、なんだ?この細いアップダウンは???
制限時間12時間???

ヤバい。新しいシューズがない。
裏は磨耗して、つま先が剥がれているようなシューズしかない…。
身体以前にシューズが壊れるかも。

エイドは?
あれ?20km以上水しかないところが。
しかも食べ物も何が出るかわからない。
いかん、補給食も買ってなかった…。

慌ててFacebookで呟くと、神様と女神様が降臨。
神様は胃腸が弱っても食べられ、しかも低GIのVespa Wasp Okanicを、女神様はもう何足も履き潰してきたinov8のX-TALON212の旧モデルの新品同様のシューズを、我が家まで届けてくれました♡

こういうお友達がいてくれることに本当に感謝です。走れない言い訳は絶対できなくなりましたが(笑)

去年のトルデジアン以降、どうしても身体の使い方が取り戻せず、長く走ることができなくなっていたわたくし。
パーソナルトレーナーの原澤さん、チームSOTAの小川壮太さんに根本から教え直していただき、なんとかこれなら長い距離もつかな?というギリギリの状態。
順位どころか完走も危ぶまれるくらいなので、まあ楽しんで来ようくらいに思うことにしました。

さて、レース前日。じろーさんとお友達2人と一緒に車で向かう道中も楽しく、夜の宴会も楽しみに。
都内から車で4時間ほどで無事会場に着き、先に来ていたお友達やスタッフのみなさんにご挨拶。

出てくる情報は、
「前半はロードが多いけど、後半のトレイルはハシゴや鉄階段や岩の激しいアップダウンの連続。」
「完走率は50%いかないらしい。」
「女子にいたっては、完走したら入賞確実らしい。」
そんな話しばかり…(汗)

ま、ここまできてジタバタしても仕方ない。
とにかく楽しむために来たんだから、ビールビール!
部屋に戻ってもビールビール!
夕飯もビールビール!
そして温泉!

…なんて、実は相当不安なまま、寝床へ。
どうなる?わたし…。

続く