なぜ、わたしたちは走るのか?

こんにちは。
この季節、花粉がこわいさいこです。

image

なぜ、わたしたちは走るのか?

ベストセラー本の帯のようなタイトルになってしまいましたが、そんな話しではありません。ここでいう「わたしたち」っていうのは、昨日一緒に走った仲間のこと。

そのお仲間2人

そのお仲間2人

最近、トレイルランニングに関して色々なことが騒がれていたり問題視されていたり、クリック戦争がなんだとかいったことがあったり。はたまたこの狭い世界でのちょっとした人間関係に心乱したり。季節はトレイルを走るには最高なのに花粉症に苛まれちゃったり。そんなこんなで、走ることへの興味とか意欲が下がり気味だなーと、よろしくないなーと、自分でも思っているようなこの頃。

わたしの住む家は、トレイルヘッドまで500m、海まで650mのやや高台にあります。
周りは坂道に囲まれていながらも、長い直線の平地もあり、練習にはもってこいな環境。
なんとも贅沢なんですよね。でも、練習か〜、練習嫌いだな〜みたいな気持ちがあるのも事実。

Photo by KING

Photo by KING

そんな中友達が、とあるレースの練習も兼ねて、レギュレーションを背負ってこちらに走りに来るというので、わたしも仲間に入れてもらいました。

なんというか、それなりに悩みが同じだったり、笑いのツボが一緒だったり、走るだけじゃなくて夏山にキャンプ行ったりもして気の合う仲間だな〜と前々から思ってる人たちなんですが。
もう、走り出した途端、荷物が重い!こんなレギュレーションおかしいわ!とか、そもそもレースのために練習なんかしたくないわ!とか暴言吐きまくり(笑)

でも、こんな暴言吐きまくりの彼ら、ほぼ丸腰のわたしはついていけないほどのスピードで急登を駆け上っていきます。発言はやる気ゼロなのに、生き生きしてる。

で、そんな中、わたしたちはなぜ走るのか?なんて話しになった訳です。

Photo by KING

Photo by KING

わたしたちにとってのトレイルランニングって、趣味の域にも達していない、ズバリ娯楽なんだと思う、とわたしは口火を切りました。

レースに出るのは楽しいけど、運営に問題があったり、不当と感じるほどエントリーフィーが高かったり、はたまた人気が出過ぎてエントリーすらできなかったり、もうそれだけでめんどくさい。
ついつい周りの雰囲気につられてレースレース一辺倒になって、練習にばかり夢中になって周りが見えなくなったり、過度な練習で怪我したり身体壊したりなんてのもイヤ。
走ることやその走る仲間との時間に夢中になって家庭を顧みず崩壊なんてのも、この業界によくお見かけするんですけど(わたしもでしたが)、これもイヤ。

健全にスポーツやってるのに、健全じゃない。どんなに速くなったって、もうこうなっちゃうと娯楽の域を超えてしまっていて、そこにある達成感なんて、気持ち良くもなんともない。

ということで、わたしたちは

No Race Good Life
Do Leisure Do Family

を提唱することにしよう!
という結論になりました(笑)

Photo by Edy

Photo by Edy

そんな話しをしながら、わたしたちは鎌倉、葉山、三浦アルプスをグルっと6時間ほど楽しく走り、焼き鳥屋の店先でササッと乾杯し、ホロ酔いでトレイル用のウェアをササッと買い物し、解散は予定通りの16:30。
各々が家庭に戻り、幸せな時間を過ごしました。

Photo by Edy

Photo by Edy

えー、最後になりますが、わたしは今月からはOSJのチームSOTAにも参加が決まってるし、エントリー済みのレースは既に3レースもあります!彼らも2週間後はレギュレーションの厳しいレースに出てると思います!

がんばって練習しなきゃ(笑)


次は何を目指すんですか?

こんにちは。 毎週やってくる地味な筋トレがこわい、さいこです。

先日筋トレの後に食べた麦とろごはんは格別な美味しさでした

先日筋トレの後に食べた麦とろごはんは格別な美味しさでした

「次は何を目指すんですか?」

最近、よく聞かれます。

スパルタスロン?」 「TJAR?」 「PTL?」

みなさん、よくそうおっしゃいますが、そんなことはありません。

この3年は確かにTDGの完走を目指していましたから、みなさん次はどんな凄いこと目指すんだろう?と思いますよね。

わたしとしては、完走したら燃え尽きやしないかと、そちらを心配していましたが、どうやらそれは大丈夫そうです。

そして、この何年かを通して、あらためて、自分のトレイルランを含めフィールドでの過ごし方、考え方がかたまってきた気がします。

image

わたしがロングレースに出るようになったきっかけの中に、速く走ることが苦手、速く走るための練習をすることが苦手という点があります。

ゆっくりでいい。今より強く。もっと遠くへ。

確かに100kmを超えるレースは、そんなお気楽な気持ちだけでは楽しみきれないのも事実です。 ですから、最低限の努力はしてきましたが、50km前後のレースでは、それなりにヒトにもわかる結果が残せることがあっても、ロングでは完走がやっと。

「向いてないよ。」
「自分に向いている距離、もうわかったんじゃない?」

そんな風に知人に言われ、自分でもそうだなとは思いつつ、でも、なんだか釈然としなかったのです。

別にレースで上位をとることが目的ではないし、もちろん、前回の自分より強くなりたいとは思うけど、自分が楽しいと思う価値観と、他の人が楽しいと思う価値観は、違うことが多々あります。

速く走れるようになりたいなら、食事制限も考え、アルコールの摂取も控え、トレーニングも含め生活そのものをそこに向ければいいのです。 でも、それが楽しいと思うかは、その人次第。わたしは、それが楽しくないと思ってしまう、甘ったれなのです(笑)

好きなものを食べ、好きなものを飲み、好きなときに、好きなところへ。トレイルランが自分の枷になるのではなく、楽しみであり続けたい。

TDGの完走にこだわったのは、自分の中で完走していないレースをそのままにしたくなかったこともあるけど、長い長い時間の先にあるゴールゲートを越えると待っているキラキラを体験したかった。それはきっと素晴らしく楽しいことだから。

TDGの練習で始めた夏山登山も、いつの間にかわたしの中では練習ではなくなりました。 道具を揃えることも、山地図を見ながらルートを考えることも、重い荷物を背負って進むことも、どんどん楽しくなっていきました。

直近のレースとしては、「OMM」に出るのですが、これが決まってからというもの、実はTDGよりもこちらが気になって(笑)

装備を少しづつ揃えながら、それを試しに山に行くことは、本当に楽しい。地図読みも久しぶりにもう一度勉強し直して、何回か講習会にも参加し、あらためてその奥深さ、楽しさを実感しています。

先日の講習では、地図読みというのは、楽しいだけでなくて、自分の身を守るための知識でもあるんだなと、身を持って体感 -photo by Makoto Chida

先日の講習では、地図読みというのは、楽しいだけでなくて、自分の身を守るための知識でもあるんだなと、身を持って体感 -photo by Makoto Chida

もう一方では、みんなで100マイルを24時間以内で走るというイベントに参加。自分のペースではなくみんなと走る難しさと楽しさを初めて体験してきました。

image

このイベントは、速い人も遅い人も同じようなペースで進むわけで、いずれにしてもかなりキツいのです。でも、普通のレースでは一緒に走れないような憧れの人たちと、お話ししながら走ることもできます。そんな人たちもゆっくり走ることを寧ろ苦しんでいたりする姿が見れて、そして、そんな方たちの強さを間近で見ることができて、ものすごく刺激的なのです。

参加資格はゴミ拾い!そんなところも共感

参加資格はゴミ拾い!そんなところも共感

これを通して、快適に走るためのウェアリング、パッキングなどをあらためて考えたり、自分のペースの作り方とか、女子としてはペーサーをつけたいなーとか運営についても色々考えたり、これまた新たな楽しみが見つかってしまい、またワクワクしています。

そんな感じで、わたしはこれからも、いかに楽しいか!を追求していきます。

そんな中で、もしかしたら、いつかはPTL!?とか、はたまたフルマラソンサブ3!?などと、いま思ってもみないことを目差すかもしれません。

それもまた、いつかこちらでご報告できるかもしれません。


くだりがこわくない。

こんにちは。
最近どんどん増えていく体脂肪率を見るのがこわい、さいこです。

image

さて、今回はこの1年のお話しです。

この1年は、本当に苦しかった。

昨年帰国後、多くの方にあたたかいお言葉を頂戴しました。

「参加するだけでもすごいよ。」
「怪我をしたのに300kmも行くなんてすごいよ。」
「関門嘘つかれたんだから仕方ないよ。」
「去年のみんなのゴール地点まで行ったんだから、完走したのと一緒だよ。」
「やめる勇気も大切だよ。」

わたしも、きっと誰かが同じ状況になったら、同じように声をかけたと思います。

でも、でも、本人は諦めた後悔を拭い去ることはできないんです。
この後悔を正当化したら、ずっと諦め続ける人になってしまう。

帰国してしばらくは、もがいてももがいても、怪我の状態も良くならず、尾を引きました。

Monte Cervino -photo by Sergio Enrico

Monte Cervino -photo by Sergio Enrico

そこで、少し考え方を変えることにしました。

得意分野はもう頭打ち。
これからは苦手分野を克服しよう。

自分で何とかしなければと思うのはやめて、すがれるものは、何でもすがろう。

アルトラのLTRプログラムでラン二ングのトレーニングメニューを組んでもらったり、OSJのチーム100マイルに参加したり、とにかく人に頼ることにしたのです。

中でも、一際わたしに多大な影響を与えてくださったのが、じろーさんも以前からお世話になっているトレーナーの原澤達也先生。

原澤先生には、週一回のパーソナルトレーニングとコンディショニングをお願いしました。

尾てい骨の怪我の影響もあり、カーフレイズをするだけで尿意をもよおし、くしゃみしただけで漏らしてしまいそうになるほど、骨盤底筋群の筋力はガタ落ちになっていました。
それはさておいても、そもそも下半身の筋力が弱過ぎるわたし…。

「2014年6月のUTMF38時間以内完走と9月のTDG制限時間内完走。」

と、目標を伝えたところ、いただいたお返事は、

「今のままでは、到底間に合わない。」

がが〜ん(涙)

そりゃ2年連続で完走できないわけです(笑)

元々の側弯からきている身体の捻れの改善、体幹の強化と下半身の筋力アップ、骨盤底筋群の強化などなど、トレーニングスタートです。

ところが、コンディショニングしかしてくれないんです。
いつまで経っても筋トレさせてくれません。
憧れのTRXもお預け。
加圧なんてとんでもない。

日頃ストレッチを怠っていたこともあり、身体はガチガチ。
そのまま正しくないフォームで走り続けると更にガチガチに、という悪循環。

ですから、大嫌いなストレッチも、我慢してなるべくやるように心がけました。

いよいよ筋トレができるようになってからも、地味〜で、見た目からはそのキツさが全くわからない、辛〜い辛〜い動きの連続。

何度も、「できない!」と言ってやめようとしましたが、「できないんじゃない!やるんです!」と、動きを止めるわたしに檄をとばしてくださいます。

普段自分でやっていた筋トレは、全く正しくないフォームで、筋トレの意味をなしていなかったことがわかり、衝撃を受けました。

「家でもやってきてください。」
そう言われたけど、教えてくださるトレーニングは地味過ぎるし辛過ぎるし、正直死ぬほどやりたくありませんでした。

image

でも、そうやって続けているうちに、身体が反応してきました。

そして、「あれ?できた!」「わかった!」と、どんどん反応が早くなってきました。

そうなってくると、「わたし、実はポテンシャルあるんじゃない?」と思えてきて、なんだか楽しくなってきたのです。

この頃から、加圧ベルトを巻いたり、砂袋を担いでジャンプスクワットとか、派手で見た目にも辛さがよくわかるトレーニングもやってくれるようになりました(笑)

UTMFの前あたりは、ジャンプスクワットとジャックナイフを交互にタバタ式トレーニングなんていうのも。

それでも、どうしてもくだりのこわさは克服できない日が続きました。
身体が脚に乗るという感覚が、なかなか定着しないのです。

山から帰ってくるたびに、今回はこんな風に怖かったと説明し、そういうときはどうすればいいのかと質問責めに。

岩場での手のつき方とか、ストックのつき方とか、「何を今さらそんなこと言ってるんだ?」というレベルのことまで、事細かく教えてもらいました。

そして、とうとうトルデジアンまであと1ヶ月くらいの頃、突然、「あれ?こわくない!!!」という瞬間がやってきたのです。

本当に嬉しかった。

早速チーム100マイルKさま練のナイトランに参加。
暗くても、サーフェイスが濡れていても、ツルツルの赤土も、根っこだらけの急斜も、どこもかしこもこわくない!

Kさまには、「え?今頃?(笑)」とあたたかいお言葉を頂きましたが(笑)

さて、TDG本番は…。

去年、身体を横にして一歩一歩下りたガレ場や、こわ過ぎてお尻で滑り下りたザレザレの急斜が、今年も待っていました。

そして、今年は自分の脚を信じることができたのです!
正直、こわさが完全になくなったわけではありませんが、こわいところは激減しました!

photo by Sergio Enrico

photo by Sergio Enrico

なんて、喜び勇んで帰ってきたのも束の間、あまりにもTDGのダメージが大きくて、今はまたあの地味〜なトレーニングに逆戻りしています(笑)


箱根で温泉に入らない女

こんにちは。
吊り橋とくだりがこわい、さいこです。

久しぶりのブログ更新。
今回はちょっとだけ真面目なお話しです。

ブログ更新が滞っている間、表参道ウィメンズラン伊豆トレイルジャーニー六甲縦走キャノンボールランUTMFなどなど、いくつかのレースに参戦。

どれもこれもぱっとしない結果に終わっておりました。

風邪をきっかけにしたぎっくり腰、その後も長引く風邪。
自然と練習不足に陥っていたのは言うまでもありませんが、これはあくまでも言い訳。
練習していなかった訳ではなく、その質が落ちていたというか、楽をしていたのだなと思うのです。

2010年のCCCから、2010年と2011年の信越五岳、2012年のUTMF、そしてTDG。
ウルトラトレイルレースに徐々に慣れてきたこともあり、正直100km前後のレースに関しては、不測の事態が起きない限り、完走できない気がしなくなっていました。

TDG、そして今年のUTMFと自分の判断ミスで具合が悪くなりリタイア。
それでも、レース翌日から走ることができるし、ダメージが残らない身体になっていると、
前向きというか、自分に都合の良いようにとっておりました。

先週の木曜日のこと、仕事の公休日だったので、一人箱根外輪山一周(通称ガイリーン)に出かけました。
そしてふと思い出したのです。

CCCに向けて練習を始めた頃から、箱根はわたしの大切な練習場所でした。
友達と走りに行くことも多いのですが、思い立つと一人で向かうことも多く。
そういうときは、いつも帰りの荷物も全部背負い、水も途中で補給不要なくらい持ち、
ガシガシ大股で登り、ガシガシ走っておりました。
ホントのところは、箱根に行くには電車賃もばかにならないので、コインロッカー代やジュース代を削っていたのですが(笑)
そんなわけで、ひとりならいいやとお風呂にも入らず、トイレで身体を拭いて帰って来ることも少なくありませんでした。

ウルトラトレイルを制するには、Back to Backが基本!と、週末は連続でロングトレイル練習をしていたわたしですが、いつの日からか、そんな高負荷練習をしなくなってしまいました。
ロングトレイルに出かけても、負荷のかからないように小股で登り、ギアやウェアも軽量化していきました。
刺激はスピード練習や坂道練習で入れれば良いと思うようになりました。

思い返せば、わたしが走り始めた当初は5km走るのもやっとでした。
お友達について行けず、いつも待たせてしまい、それが辛くて、家に帰って泣いてばかりいました。
だから、がんばってみんなと走りたいと練習をするようになり、そのうちレースも楽しみのひとつになり、お友達の輪も広がり、走る距離はどんどん伸びていきました。

そこそこの距離をそこそこ走れるようになって、あの頃の気持ちをいつの間にか忘れてしまったようです。

というわけで、今回の箱根、初心に帰って、帰りの荷物も全部背負ってガシガシ金時を目指してみました。
でも、辛いし全然走れないし、咳き込むし鼻水は止まらないし、どんどん脚は痛くなるし、荷物は肩に食い込むし背中を圧迫するし、本当に以前こんなことができていたのかと泣き出しそうになりました。

それでも決めたことはとにかくやろうと、ゼーゼーハーハー言いながら金時山山頂へ。

この日は残念ながら富士山は見えず

この日は残念ながら富士山は見えず

 

金太郎小屋のおばちゃんは、わたしを見るなり、
「どうしたの?!一人なの?!ものすごく疲れているじゃない!!!」
と、慌ててバナナを食べさせてくれて、飴や梅干しをたくさん用意してくれました。
そして、UTMFを完走できなかったこと、風邪ばかり引いてしまうこと、いろいろお話しを聞いてくれました。
これから一周するんだというわたしに、
「もう十分がんばってきたんだから、この先は無理しちゃだめだよ!
無理してるなって思ったらすぐやめちゃいなよ!!!」
と、わたしが見えなくなるまで、叫びながら見送ってくれました。

おばちゃんとお話ししたら、ちょっぴり涙がちょちょ切れつつも、
なんだか身体が軽くなったような、心が軽くなったような。

相変わらず咳はとまりませんでしたが、ひどい鼻水も手鼻でピッとかめるようになり、
ちょっとした手鼻マスターに。
結局途中で下山することはなく、予定通り湯本まで無事ぐるり。
そして、予定通り、トイレで着替えて帰ってきました!

正直、ものすごく疲れ果てたし、あまりの走れなさっぷりに自信喪失。
ここ最近味わったことのない、体中の痛みにこの週末は打ちひしがれました。
それでもBack to BacKと、週末走ってみましたが、以前のようには走れません。
急にがんばったからか、謎の蕁麻疹も出ました。
今朝は首が痛くて、仕事中はそのせいか頭痛に悩まされ、
仕事後、慌ててテンピュールの枕を買いに行きました。

SHINさんも紹介しているRELENTLESS FORWARD PROGRESSを本棚から引っ張り出し、
今日は月曜日、Restの日の記載になんだかホッとしています(笑)

写真 (2)

目指しているのは100マイルじゃなくて200マイルだけど...

目指しているのは100マイルじゃなくて200マイルだけど…

 

とまあ、初心に戻りつつ、もう一度こつこつがんばるぞというお話しでした。
テンピュールの枕の効果が出たら、明日の朝走ります!

では、おやすみなさい。