USトレイルレース vs UTMB/ITRA

じろーです。

引っ越し後のポストは、先週末のウエスタンステイツのことを書こうと思ってました。

が、ULTRA RUNNING MAGAZINEというアメリカのランニングメディアに、6/27にアップされた記事「Why we won’t pay: UTMB, ITRA and the “pay for points” racket」が、今話題になっていて、僕自身もFacebook上で超訳したものをポストしたところ、かなり反響があったので、ある程度正確に翻訳したものと、僕自身の個人的な意見を合わせてここに書きます。
(翻訳のプロでは無いので、もし間違いがあればご指摘ください)

NOITRA - article

まずは翻訳した内容から。

タイトル:
なぜ私たちはUTMB/ITRAに金を支払わないのか、そして<ポイントのための支払い>という商売

本文:
追記(6/29):
この内容は、以下のレースの役員会/レースディレクターの連名による声明です。

Hardrock Hundred, Run, Rabbit, Run 50 and 100 Mile Runs, Speedgoat 50K, Wasatch Front 100, San Diego 100 Mile Run, Cascade Crest 100 Mile Run, Angeles Crest 100 Mile Run, Grindstone 100 Mile Run, Big Horn Trail Runs

ハードロックは、ご主人のマイケルとともにUTMBとITRAを所有する、カトリーヌ・ポレッティから、数週間前にメールをもらいました。

それは、要するに、前回のハードロック優勝者のキリアン・ジョルネがUTMBを走りたいと願っているが、ハードロックはITRAに加入するための支払いをしていないので、キリアンはUTMB参加資格の<ポイント>が不足している。つまり、キリアンがUTMBを走れるように、ハードロックは支払いませんか?という主旨でした。

答えはノーです。なぜか説明します。

そのプロセスについてよく知らない方々のために説明すると、UTMBは参加資格の<ポイント>の為に、各ウルトラレースに毎年の費用を支払うことを要求しています。

ハードロック側は明確です。UTMBが、ハードロックのリザルトを、エントリーの参加資格として使用する事は歓迎します。しかし、それに対して、費用を支払うことには興味がありません。

ラン・ラビット・ラン、ビッグホーン、ワサッチを含む、その他多くのレースが同様に、UTMB/ITRAから、参加資格の<ポイント>の為に支払いませんかと尋ねられてます。
また、ランナーは、<ポイント>を得られるようになる為に、レースディレクターに連絡するようにとUTMB/ITRAから言われ、私たちの多くは、そのランナーから相談されてきました。
いくらかのランナーは、私たちの多くが、なぜ拒否するのかも尋ねてきました。

まず第一に、UTMBの各レースを走るために、<ポイント>による参加資格基準(例えば抽選とは対照的に)を採用する決定をしたのがUTMBですが、私たちは、UTMBのエントリー制度に対して、私たちが支払うことを要求されるべきだとは思いません。

第二に、UTMBとITRAは、何百万ユーロ(数億円)の利益があると見積もられた、完全な営利企業です。
イベント側に<ポイントのための支払い>を要求することが、既に多くの利益を出している企業の利益を最大化するための単なる方法ではないという結論を避けるのは難しいです。
(ここはうまく翻訳できなかったので、超訳すると、「もうだいぶ儲かっているのに、イベント側に<ポイントのための支払い>を要求することは、更に儲けるための良い方法だとは考えられません。」的な感じかと思います)

私たちは、UTMB/ITRAが、彼らの利益を最大化しようとすることは責めませんが、一方で、彼らの<ポイントのための支払い>制度は、私たちのスポーツの健全性に、全く貢献しません。

彼らは、<ポイント>を与えるイベントに対して何も調査しません。それらのイベントが安全なのか、健全に運営されているのか、最低限の基準を満たしているのか、確認するための適正な評価をしません。そして、私たちが知りうる限り、彼らは今まで、支払う意思があるイベントの申し出に対して<ポイント>を与えることを断ったことがありません。

実際に、たくさんのアメリカ人はUTMBを走りたいと思っているので、少しの実績しかない、または全く実績の無い、いくつかの新しいイベント(もしくは実績がひどいイベント)は、<ポイントのための支払い>が、そのイベントのエントリー費用を集める簡単な手段だとわかっています。

アメリカのウルトラレースは、政府、州、地方自治体の制限により、1万人のランナーを走らせられるUTMBのような快適な環境は無く、そして、UTMBのように利益を得ることはできません。

もし、アメリカのレースが同じことをできるとしても、多くのレースは、ウルトラランニングの精神に反すると考え、その選択をしないと考えます。

私たちは、私たちのスポーツが成長していて、商業化が進み、私たちのスポーツの人気をマネタイズしたいと思うことは回避できないし、それが事実だと認識しています。

そして、良くも悪くも、UTMBと、私たちのスポーツの<アイアンマン化>は避けられない将来かもしれません。

しかし、私たちは、多くのランナーがなぜUTMBを走りたいのか間違いなく知っていますが、これらのことは、私たちの考えるスポーツの最高を代表するものや私たちが願う未来とは価値観が異なります。

UTMBが、私たちのレースのリザルトを参加資格として使用することは、全く問題ありません。しかし、ウエスタンステイツ、ハードロック、ボストンマラソン、ニューヨークシティマラソンのような人気で象徴的なイベントを含む、いかなるイベントも、参加資格となるレースから、参加資格とすることと引き換えに費用を取ろうと考えたことはありません。

ですので、私たちはUTMB/ITRAへ支払いません。
ランナーが理解してくれることを願います。

Hardrock Hundred
Run, Rabbit, Run 50 and 100 Mile Runs
Speedgoat 50K
Wasatch Front 100
San Diego 100 Mile Run
Cascade Crest 100 Mile Run
Angeles Crest 100 Mile Run
Grindstone 100 Mile Run
Big Horn Trail Runs

翻訳は以上です。

UTMBは、とても素晴らしい大会であり、同じく素晴らしい舞台だと、個人的には思っています。

2012/2013年に参加して、コース変更・短縮はありましたが、そう思いました。
そして、僕が参加した頃は、有志の方のサポートにより、日本のレースがUTMBの参加資格として申請され、ポイントとして認定されていました。
もちろんそのプロセスは無料だったと思います。

しかし、2015年からポイント申請・認定プロセスを、ITRAが管理することになり、有料になりました。

この時から、レース側がUTMBの為だけに、ITRAに費用を支払うというのは、個人的にはおかしいと思っていて、同じように思った一部のレース/ランナーからも反対意見などが出ていました。
(Facebookには「NO ITRA」というページもあります)

また、ある日本のレースディレクターが、Facebook上で以下のような発言をしていましたが、これも少し軽率では?と思っています。

------------------------
ITRAの申請は確かに面倒だけど、申請料は1万円程度。
もし地域への観光振興を目的にしている大会であれば、
是非ITRAの申請を検討してみてはいかがでしょうか?
------------------------

UTMB参加資格ポイントをダシにして参加者を集めることが、地域への観光振興になるのでしょうか?一時的に人は来ると思いますが、ポイントのためにレースに出る行為は、とても本質的では無いと思います。

また、ただ単に1万円程度払うだけでしょうか?外国語でのITRAとの対応(今では、仲介業者さんもいらっしゃるようです。。。)、参加者リストの外国語名への変換や、誤変換時の対応などが、ずっとついて回ると思います。

スタッフがたくさんいて、外国語対応も問題なく、費用も潤沢にあれば良いですけど、ほとんどの日本国内のレースにそんな余裕があるとは、僕には思えません。

なので、今回このような声明がアメリカの複数のメジャーなトレイルレースから出ましたが、個人的には心から賛成しています。
(しかも、ハードロック、カスケードクレスト、エンジェルスクレスト、ビッグホーンは、参加したこともあり、とても楽しかった大好きなレースです)

やはり、UTMB(またはUTMF)の為だけに、レース側からお金を徴収する仕組みには納得がいきません。ここ最近、UTMB(とUTMF)に、エントリーしてなかったのは、そういった理由だったりもします。
(ちなみに、エントリーする方を否定する訳ではなく、あくまでこの意見に賛成というだけですので、お間違えなく)

ただし、これは一方的な反対意見だとも思っています。
元記事のコメント欄を見てもらえればわかりますが、「100%同意します」「よく言った!」「ミスリーディング」「Black Hillsも連名に追加して」「申請料の100ユーロはちょっと高いよね」「恩恵のない税金だ」「UTMBサイトでハードロックがポイント対象になってるけど?」(←これはITRAサイトでは対象になってないので登録ミスだと思われます)「キリアンだったら無条件で走らせてあげなよ」「ITRAは営利企業ではない」「UTMBはウルトラランニングの中心にいるべきでは無い」「Kodiakはたくさんのランナーからのリクエストがあったので支払った」「ITRAはある種のマフィア」などなど、賛否両論で盛り上がってます。

もちろん、ITRA側にも主張はあると思うので、できればそれを全てのランナー、レース団体、その他にわかりやすく説明してもらえればとも思っています。
その主張がもっともで、UTMB(とUTMF)のものだけではなく、たくさんの他のレースが安価でフラットに使える仕組みを構築しようとしているのであれば、実際の手続きには少なからず必ずお金がかかるので、費用の徴収含め納得できるかもしれません。
個人的にも、各レースに対して、一定の参加資格を設けることに反対はありませんし。

あとは、レース/イベント側から、例えばKTFさんのように、支払わない(ポイントを取得しない)判断を正しく主張する、もしくは、やみくもに費用を支払い、ポイントを取得するのではなく、なぜそうするかを主張することも、ランナーに間違った理解を与えたり、ランナーからの不要な問い合わせ対応がないようにする為にも必要かと思います。

長くなってしまいましたが、改めて今回の件は、トレイルランニング/ウルトラランニングが成長する上で避けられない部分だと思いますが、この声明自体は、インディペンデント精神を大切にする、アメリカらしい素晴らしい内容であり、問題提起だと、個人的には思います。

<追記>
Dogsorcaravan.comでもほぼ同タイミングで、この件に関する意見があがっていました。
よかったら、そちらもご覧ください。

<追記2>
こちらのブログでも意見を述べられています
本質的な議論がなされていないという思いに共感します。

じろー


アメリカのトレイル

じろーです。

久しぶりのアップですが、今回はとりとめのない話です。
アメリカのホテルで、クラフトビールをもりもり飲みながら書きました。

仕事の出張で、アメリカのロスアンゼルス近郊に来ていて、西海岸、南カリフォルニアのトレイルを週末走ってる時に考えた事です。

その走ったルートは、3年前にCoyote Backbone Trail Ultra(68mile/約110km)というイベントがあり、そのコースの一部でもありますが、イベントの少し前にアメリカに着いた時に、ちょうど石川弘樹さんも同じイベントに出るって事で、ロスの空港で合流して、一緒にちょろっと走ったとこだったりします。
(ちなみに、このイベントの後、中5日でユタ州のソルトレイクでもう1レース、100mile走って、疲労骨折しましたw)

石川弘樹さんとPoint Mugu State Parkで

石川弘樹さんとPoint Mugu State Parkで。

当時、一緒に走りながら色々話したと思いますけど、正直何を話したかは覚えてませんw

けど、トレイルは覚えています。
この下り調子良いんだよなーとか、ここで写真撮ったなーとか。

そんな事を思い出しながら、「もう3年かー。英語力も大して成長してなくて、まずいなー。走力はきっと落ちてるなー。良い意味で変わったのは結婚したぐらいかー。そして、アメリカに比べて日本のトレイルは面倒くさくなったなー。どうにかならないかなー。」とか、思ったり、考えたりしながら走ってました。

そしたら、こけましたw

手と膝と肘と肩にそこそこの擦り傷。シャワーとか風呂で結構しみる感じの。
水も、ハンドボトルの蓋が取れちゃって、全部ばしゃーんと。

とりあえず、めちゃんこ暑かったですが、残り4mileちょい、まーなんとか?普通に?帰ってきましたが。
(日本に比べて湿気は無いですが、ちょうど熱波がきてて、西海岸でも40度近くなる事も)

話がうまくまとめられないんですが、トレイルを走ってて、こける前に見て、一番印象に残ったのがこのサイン。

色んな用途で使われます的な

色んな用途で使われます的な

自転車も乗馬もハイカーも通りますよと。
で、多分一番早い自転車が、ハイカーと乗馬に気を付けろよと、次にハイカーが乗馬に気を付けろよというサインです。

乗馬が他を気を付けなくて良いって事ではないと思うし、きっとトレイルランもハイクの中にカテゴライズされてると思うけど、ってそんな小さい話じゃなくて、色んな用途でトレイルが使われるから、みんな、考えて、気を付けようねって事です。

はっきり言って、そんなの当たり前です。

上り坂でマウンテンバイクと並走してたら、バイカーに「You’re doing well!」と言われて「You too! (親指たてて)」と返しました。

乗馬をしている二人組が前にいて、自分が馬の後ろ数メートルについた時、馬がちょうどウンチをして、少しリアクションしたら、追い越す時に「Sorry about that.」と言われました。「It’s okay. (笑顔で)」と返しました。

もちろん、他のハイカーやランナーとは、全員、アイコンタクトや挨拶を普通にしました。

そんなもんです。アメリカは。
コミュニケーションがフラットにあります。

毎回アメリカ来るたびに、そのフラットさ、大らかで自由、自己責任具合が良いなー。日本も、もっとこんなになれば良いのにと思います。
(もちろん日本にも、それはそれで良いところが沢山あるのはわかってるし、アメリカのいい加減さに戸惑う事も多いです)

そして、日本のトレイルについて。

申し訳ないけど、各地のトレイルラン規制問題とか、トレイルランに関わる協会(いくつあるのかなー)とか、もっと問題を本質的に解決出来ないのかなと、はたから見てて思うんです。
団体とか協会を作って頑張ります的なところは見えるけど、そこじゃなくてさ(頑張ることは必要なんだろうけど)、もっと地元の人とか関係者、元からある団体の懐に入って、仲良くなって出来ることが沢山あると思うんです。

地元の人、関係者、元からある団体から見たら、他の団体や協会作ったら、敵に見えちゃうと思うんだけど。
色んなスポーツで、複数の団体や協会で揉めてるの見てるでしょ?
(分業が必要になって、良い意味での別団体だったらいいんだけど)

あまり良い内容ではないし、友達・知人も何人も関わってるから、悪くは言いたくないんだけども。
気を悪くする人がいたら、ホントにごめんなさい。

そして、お前はどうなんだと言われたら困りますが。
せいぜい、近所のトレイル整備、レースのボランティアをちょっとやったりするぐらいなもんです。

まーとにかく、ただただ、日本にもこういったサインが普通にある状況になれば良いなと。
地元の人、関係者、色んなスポーツする人と一緒に仲良く作れたら良いなと。それだけです。

もっと、本質的にシンプルにならないかなー、どうしたら出来るんだろーなーと、そんな事を考えました。

珍しく色々考えたせいか、こけて、シャワーがしんどいですが。

じろー