ストックが雑誌に掲載されました

twomag

自作ストックの情報が発売されたばかりの2誌とwebマガジンに掲載されました。

3年ほど製作を休止していたのですが、2015年になって、なぜか突然同時期に複数のメディアからお声がかかるというのは偶然か?モテ期が到来しているようです(笑)

さて、先ず1誌目は、

ベースボールマガジン社「TRAIL RUNNING 2015」
tr2015

こちらではトレイルランナーのガレージブランドとして紹介していただきました。同じページにはMMAも紹介されています。ストックの開発に至った経緯や使用実績をとてもわかりやすくまとめていただきました。

この「TRAIL RUNNING 2015」はトレイルラン界の最前線に立った選手であり、人気レースの主催者である鏑木毅選手や、石川弘樹選手らが、現在トレイルランニング界に突き付けられている問題が語られていて、トレイルランナーには絶対読んでもらいたい内容ばかりです。この最前線に立っている人たちの緊張感が1人でも多くのトレイルランナーに共有されれば、トレイルランニングの未来も良い方向へ進むと信じたいです。

続いて2誌目は、

学研ムックの「ウルトラライトスタイルVol.2」
UL2

こちらはMYOG(Make Your Own Gear)のハイカー寄りの自作アイテムとして紹介していただきました。こちらは雑誌のタイトルにあるようにUL(Ultra Light)がテーマで、道具の軽量化や工夫した点について焦点を絞った内容になっています。

面白いのが、紹介されているMYOGによるアルコールストーブやバックパックなど道具の種類は全く違うのに、製作者のコメントがみんな似ているという点でした。「売って無いから作る。」、「自分で納得したいから作る。」、「作るからには使う人の事を考える。」そういった開発者の熱い気持ちがヒシヒシと伝わってくるので、こちらも是非読んでその熱さを感じてほしいです。

それから、もう1件はトレラン王国こだわりの逸品コーナーにて、ストックを製作しはじめた2009年にCCCを一緒に目指したjunさんに紹介していただきました。使っているユーザーの生の声として併せて読んでいただけると、上記2誌の記事がより面白く読める内容になっています。

そして、今後のストック製作についてですが、紹介いただいた2誌ではハッキリとどこで購入できるのか?ということは明記していませんでしたが・・・

休止していたストック製作を今月より再開します。

とはえいえ、これまで通り昼間の仕事の隙間に1本1本手作りで製作するスタイルはかわらずなので少量しか製作できません。環境が整ったら改めてこちらで詳細を報告をします。


tips: メッシュバッグ活用法

そろそろUTMFが近づき、周囲もバタバタしてきましたが、自分は今回抽選で外れたので超お気楽です。

さて、レースで注意したいのが行動食等をコース上で落としてしまうアクシデントです。昼夜を走り続けていると朦朧としていて、荷物をポケットから出し入れしている時に落としてしまった事に気がつかない事が良くあります。何ヶ月も前から準備をしてきたのに、そういった小さなアクシデントからレース計画が一瞬で崩れることは珍しく無いです。来年の抽選が当たるかどうかわからない1発勝負の大会なので、そうならな為にも大事なものは落とさない対策をしっかりしてレースに臨みたいものですが、自分は以下のメッシュバッグを使っています。

EQUINOX / No-See-Um Mesh Bag  (small)

EQUINOX / No-See-Um Mesh Bag
size: S (5.5″W x 7″H), weight: 5.6g


使い方は以下の写真を見てもらえばわかりますが、Salomon Advanced Skin S-LAB 12Lの脇下の大きなポケットに入れる荷物はこのメッシュバッグを使っています。パックに丁度良く縛り付けるところが無い場合は安全ピンでも良いでしょう。


こんな感じに収納できます。この対策をしてからは行動食やスマホなど大事な物を落とす事は無くなりました。

ちなみに、購入先は下北沢のBOSEMANです(商品リンク)。値段はジェル1.5個分くらいなので、それくらいで大きな安心を買えるなら安いものです。しかも重量は5.6g。

とにかくロングトレイルのレースではあり得ない「まさか!」が必ず起こります。怪我等は仕方ないですが、ギア関連で失敗すると本当に凹むので注意してください。特に

使った事が無いギア、ウェア、シューズ、行動食をぶっつけ本番で使う事は絶対やってはダメです!!

例えばソックス1つとっても慣れないソックスでは靴ズレを起こしたり、食べた事が無いジェルで気持ち悪くなったり、思わぬアクシデントを生むので最低2回はトレイルで試したものを使いましょう。

ちなみに、昨年自分が出た時のギアでの失敗と言えばレギュレーションの「熊鈴」を忘れてしまったのですが、そもそも熊鈴の文化が無い外国人選手が会場のショップブースで熊鈴を買い漁ってしまった後で、熊鈴を買えずに河口湖のファミレスで見つけた鈴付キーホルダーを買って何とか荷物チェックを通過したという事がありました。

今回のUTMFは公式ボランティアで参加予定です。コースのどこかでお会いしましょう!


tips: 花粉症の味方

いつもはガッツリと書いてますが、tips的な小ネタを気楽に書きたいと思います。
 
というわけで、今回はシーズンものの花粉症ネタを書きます。
 
花粉の季節は山に近寄りたくないですが、レースシーズンも始まってそういうわけにもいかないので薬を飲んで無理やり鼻水を止める方法もありますが、自分は薬は飲まずに垂れ流し(笑)
 
その代わり、この速乾性タオルのPack Towl nano Sサイズを持っていきます。
本来は汗や身体を拭くものですが、これを鼻水を拭うティッシュ代わりに使います。

PackTowl nano (S) /41 × 43 cm /重さ 17g /速乾・抗菌素材を使用

続きを読む


UTMB 2013 – 街で見かけたギアなど

・・・結局、みんなコッチの話題の方が好きなんでしょ?

ということで、あまり隅々まで見られなかったですが、UTMBのエキスポブース(サロン)周辺で気になったものをピックアップ。

(撮影協力:nobu ,moto M.R.H)

 

Anton

先ずは真っ先に向かったのがbuffブース。みんなの大好きなトレイルランナー、トニ―ことアントン・クルピチカのシグニチャーモデルのタンク、ショーツ、ヘッドバンド、バフ等。特にヘッドバンドは即売り切れてました。日本には何時入ってくるのでしょうか?

続きを読む


GoProの映像を編集してみた

前回に続き、ビデオネタ。

休日に仕事で電話待機の為、走りにも行けない状態だったので、連絡が来るまでのこの何となく過ぎて行く待機時間の2時間をどう使うか?

というわけで、作業時間を2時間と区切って来週開催の高尾山天狗トレイルに向けて、チームRODでの試走の様子をGoProで撮ったのでそのビデオ編集をした。

そして、出来たのが以下(時間は約1分)。サウンドはONで観て欲しい。

続きを読む


Runmeter 9.0

iPhone/iOS用ランニングアプリ「Runmeter」の紹介。

既にランニングアプリは多くあるが、現在最も多く使われているのは無料のRunkeeperやnike+ GPSと思われるが、当初はこれらも有料アプリであったので、Runmeterの人気は拮抗もしくはリードしている時もあったが、それらライバルアプリが無料化になったおかげで、インストール率は無料のアプリが増え続け、今ではRunmeterは日本語完全対応であるにもかかわらず日本のitunesストアでおすすめアプリになっておらず、検索ワードを入れないと探せないという憂き目にあっている(ちなみにRunkeeperは日本語未対応)。Apple Japanの関係者がここを見ていたら、以下の記事を見たらおすすめアプリに無いのはオカシイと思うはずだ。しかもこのアプリはiOSオンリーと純潔を守っている。

続きを読む


T(R)GP フリマ出品情報

来る1月20日(sun)開催のT(R)AIL GATE PARTY #1のフリマブースに出店します。

チームRODからは、MYOGが得意なメンバーから自作ULワレットを6個限定販売。自作ならではのスピード感で市場ではまだ無いiPhone5が縦幅ジャストに入るサイズになってます。チーム内で完売しそうなところを、もちろん内輪には我慢してもらって来客の皆様へ販売します!

続きを読む