ストックが雑誌に掲載されました

twomag

自作ストックの情報が発売されたばかりの2誌とwebマガジンに掲載されました。

3年ほど製作を休止していたのですが、2015年になって、なぜか突然同時期に複数のメディアからお声がかかるというのは偶然か?モテ期が到来しているようです(笑)

さて、先ず1誌目は、

ベースボールマガジン社「TRAIL RUNNING 2015」
tr2015

こちらではトレイルランナーのガレージブランドとして紹介していただきました。同じページにはMMAも紹介されています。ストックの開発に至った経緯や使用実績をとてもわかりやすくまとめていただきました。

この「TRAIL RUNNING 2015」はトレイルラン界の最前線に立った選手であり、人気レースの主催者である鏑木毅選手や、石川弘樹選手らが、現在トレイルランニング界に突き付けられている問題が語られていて、トレイルランナーには絶対読んでもらいたい内容ばかりです。この最前線に立っている人たちの緊張感が1人でも多くのトレイルランナーに共有されれば、トレイルランニングの未来も良い方向へ進むと信じたいです。

続いて2誌目は、

学研ムックの「ウルトラライトスタイルVol.2」
UL2

こちらはMYOG(Make Your Own Gear)のハイカー寄りの自作アイテムとして紹介していただきました。こちらは雑誌のタイトルにあるようにUL(Ultra Light)がテーマで、道具の軽量化や工夫した点について焦点を絞った内容になっています。

面白いのが、紹介されているMYOGによるアルコールストーブやバックパックなど道具の種類は全く違うのに、製作者のコメントがみんな似ているという点でした。「売って無いから作る。」、「自分で納得したいから作る。」、「作るからには使う人の事を考える。」そういった開発者の熱い気持ちがヒシヒシと伝わってくるので、こちらも是非読んでその熱さを感じてほしいです。

それから、もう1件はトレラン王国こだわりの逸品コーナーにて、ストックを製作しはじめた2009年にCCCを一緒に目指したjunさんに紹介していただきました。使っているユーザーの生の声として併せて読んでいただけると、上記2誌の記事がより面白く読める内容になっています。

そして、今後のストック製作についてですが、紹介いただいた2誌ではハッキリとどこで購入できるのか?ということは明記していませんでしたが・・・

休止していたストック製作を今月より再開します。

とはえいえ、これまで通り昼間の仕事の隙間に1本1本手作りで製作するスタイルはかわらずなので少量しか製作できません。環境が整ったら改めてこちらで詳細を報告をします。


J-TRAIL 2014 SS

今年もトレイルラン誌「J-TRAIL」に寄稿させていただきました。

MMAからはISOさん慶さん、そして山屋さんはシューズ、パックレビューで参加。
その他、SHMWのタクさん信州トレマンさん、Indian Summerの林さんdogsorcaravanの岩佐さんなどなど、道具対しての深いコダワリと愛をもった面々がリコメンドする各ギアのコメントには沢山のヒントが散りばめられていて、カタログスペックだけではわからない、

「良いものには理由がある」

という部分の知識を深められると思います。

こちらで中をチラ読みできます。
ちなみにこのJ-TRAILは通販のみとなります。

裏話的にはパックレビュー撮影の2月は大雪の影響で周囲は雪だらけ!だったので、カメラマンさんがアングルにとても苦労されいました。それから自分はパックレビューではMMAのウェアを着ていて、さり気なくパックの色に合わせて着替えてみました(笑)

また、バックナンバーの2012年秋号は昨今問題になっているトレイルランナーの山に対しての知識の足りなさについて、そのお助けとなる「トレイルランの常識非常識」特集があり、雑誌ながらいつまでも残しておきたい内容なので、余裕がある方はこの機会に併せて購入をおススメします。

 


ベアフット ランニング

怪我をしていて走れない時は、本を読むに限る。

先日数週間怪我をして走れなかった時に読んでいたのがこの本。ベアフットランの伝道師、ベアフット・ケン・ボブ・サクストンが書いた「ベアフットランニング ステップ バイ ステップ」


MMAのblog読者はベアフットランに取り組んでいる人も少なくないはずだ。簡単に修正できた人もいれば、何度も筋肉痛になりながら、なんとか習得できた人もいたり、自分では出来ているつもりでもオールスポーツの写真に映る自分の走る姿が思いっきりヒールストライクだった事に愕然する人もいるだろう。

続きを読む