信越五岳2015 完走のこと

ハルです。
(あっというまに時間が過ぎてしまい今更感半端ないですがw)
今回初めて、ウルトラトレイル完走することができました。

正確に言うと、2年前の信越五岳2013が初めての挑戦で
”92.3km台風接近による特別完走”があるのですが…

悔しすぎる2年前の初挑戦。
7A手前で「21時15までに8Aの関門突破しないとその先へは進めない」という事実を知って、その時間までにたどり着ける体力はなかったのだけれど、あきらめきれずに思い切りひっぱってもらってたどり着いた8A。
…21時52頃でした。

明かりの中で見えたみんなの姿、そして石川さんが立っていて…
その場面を見た瞬間、涙が溢れたのを覚えています。
完走したかった。

石川さんはたどりついた選手一人一人に説明をしてくれて…謝る話ではないのに、ごめんなさい、と辛そうな表情でした。天候含めてトレイルレース、結局は、時間までにたどり着けなかった自分の力不足なのです。


スタート前の緊張の景色と、8Aで終了した時の写真

———

自分にとっての信越五岳。
トレイルランというものを知って半年位で信越五岳のサポートに誘われたことが、トレイルランに、信越に、ハマったきっかけとなった、一番印象的で衝撃的で感動的な大会です。
(このblogのメイン画像は、そのサポートで5Aの乙見湖を見上げた空の景色です。思い出の場所になってます。)

どんなコースを走ってここにたどり着いてるんだろうとか
エイドでの生き生きした顔や、笹寿司やそばが美味しそうに見えたりとかw
地図上ではわからないその風景を思い浮かべたりしながら
皆が来るのをひたすら待って、
その中でたくさんのドラマを見て、
そうするうちに「いつか出てみたいな」と思うようになって。

5Aや8Aにたどり着いてみたい
そしてあのゴールゲートを、暗闇の側から見てみたい。
選手として感動を味わってみたい。

5年をかけて、この夢をやっと叶えることができました。
記録は20時間52分、関門の約1時間前でした。

———

振り返れば、香川に移住をし、あきらめかけていた信越への挑戦。
遊びに来てくれていたえまちゃん&あやちゃんが後押ししてくれてエントリー合戦に参戦。

それから、たくさんの仲間たちが
練習を兼ねて山に走りに連れて行ってくれて
一緒に走ってくれました。

ハセツネ後半をともに走ってくれたともさん。
関西練として京都コースをナビゲートしてくれたえまちゃん。お泊りも楽しかった!
神戸ではあかしさんと六甲メンバーのお二人も一緒になって。
香川では、サンポートFRCに参加させてもらったり、
KKPやdottに参加させてもらったり、香川のコースを教えて貰ったり。
そして剣山縦走へ連れて行ってくれた池西さんと鉄郎さん。
KKPの出会いから、道中ご一緒してくれた脇さん。

じろさんとさいちゃんは、ほぼはじめましての私を急遽泊めてくれ
KINGとともに富士山練習へ連れて行ってくれ。
その後香川でKKPを体験しにきてくれて、香川を旅してくれて。
今回サプライズ応援にも来ていて、励ましてくれました。

そして約一年練習をしておらず、なまった私の挑戦に
快くペーサーとして・サポートとして対応してくださった
金光さんとあかしさん。

サポートをずっと一緒にやってきた、
ゆうこさんとかーむさんも、今回サポートに来てくれました。
今度走るときは全力でサポートし返したいと思います。

旦那様は、山もロードも走る人ではないのに、
私の信越2013を知ってくれていて、エントリーに賛成(むしろ後押し)してくれて。時に走ることを促してくれたり、自転車でロード練に付き合ってくれたり笑 信越の本番には、サポートと撮影と運転手として来てくれました。

全然十分じゃなかった練習量だけれど、
どうにかゴールまで進むことができたのは、
完全に周りの方のおかげでした。

レース中も、たくさんの出来事があって…
芥田さんにもエイド毎といってもいいぐらい、お世話になってしまいました。

折れ部の皆も、多くは信越完走者。先を行く女王、エディさん、テラマックスの好調ぶりを聞いては励みにし、Facebookグループページからも沢山の温かい励ましをもらいました。

一人じゃまだゴールまではいけなかった。
いつか、ちゃんと一人でゴールまで力強く進めるようになりたいです。
そしていつかUTMFや、海外レースへも挑戦できたらいいな。
…というのはちょっと大きすぎる目標かもしれないですが。

自分の生活と周囲と身体としっかり相談して
その時々で合った取り組み方をしていけたらいいなと思っています。

具体的な旅の内容・補給などについては
記録も兼ねてまた別途書きたい…けど書けるかなw
自分自身、信越の事を書いたblogをたくさん見て参考にさせてもらったので…いつか載せよう~。

そんなこんなでホントにマイペースな備忘録。
この景色を見ると来たなぁって、感じる。


瀬戸内を眺めながら走る

ハルです。

この週末は、月に1度行われる共走会という海沿いを走る会へ行ってきました。
集合場所はサンポート高松。
海沿いを中心とした5kmのコースを好きな距離走ります。

しかし10時集合で、もうじりじりの熱さ!
結局10kmだけ走り、その後は打ち合わせ終わりの旦那との合流地点まで走って移動(約5km)

ランチは手身近に、高松中心街にある竹清(チクセイ)へ。
この日も安定の美味しさです、ありがとう。

一度家へ帰ってシャワーを浴びて少し休んだのち、
旦那宛にクリエイターのお仲間さんから釣りのお誘いがあり、また高松港付近へ…。皆の釣りを少しながめた後、もう少しだけ走ることに。

夕日の中をラン再開。
夕暮れまでの時間が短かったので、往復10km~。なかなか長い距離取れませんでした。

がきれいな瀬戸内の景色と、うどんを食べてゆっくり過ごせた週末。
今日も海は穏やかです。


KKPの裏にはdottがある

ハルです。
何それ暗号?みたいなタイトルになってますが…
何かと噂のKKP(四国近郊の方を中心としたお山の練習会)についての続編です。

初めて行ったKKPで、トレイルの整備について教えてもらいました。dottという愛称でトレイルランナーの皆さんが整備活動をしているそうで「dottがあってのKKPなんだ、まずはよかったら来てみて」と誘って頂いて、この間とうとう、そのdottへ行ってきたのでした。

dottとは(donguri trailrunning team)
トレランを楽しむだけではなく、トレイルの整備もやってみようというグループのこと。dott-Facebookページより→「活動拠点は香川県高松市西植田町のドングリランド。月1回〜2回の活動をのんびり行っています。時々ドングリランドを離れたフィールドのトレイル整備のお手伝いにも行きます。今の活動はまだ点(dot)ですが、それが増えそして各地に広がり、線(line)になっていくといいなあと考えています。是非あなたも参加しませんか?」

 
当日はドングリランドビジターセンターへ集合。

こんな感じで道具を持って出動!
 

雑草を抜いたり、道を通りやすくしたり、をリーダーの指示の元動くこと2時間…
 

次の8月のKKP予定コースを中心にきれいにし、最後は道具をメンテナンス。

ちなみにdottの際の服装や装備について…
—————
夏場は特に虫がたくさん寄ってくるので、
・基本ロングスリーブ&ボトムス(身体にぴったりしたタイツはNG)
・ハッカ水などのスプレー
・汗ふきタオル
・飲み物
—————
私はまんまと刺されやすいタイツに半袖で、飲み物も自販機に頼るつもりで来て無いという事態に。参加者の皆様のやさしさで乗り越えました涙

そういえば、一般人が整備していい場所があるものなの!?
と素朴な疑問が湧いて出ましたが、なんとここドングリランドは公式に整備活動を行って良い場所とのこと。詳しくはドングリランドのサイトに載っていました。のこぎりやナタ等道具が揃っていることにまたびっくり。

でも香川は自然が身近だからこそ、地元の子供たちの教育の場・遊び場としてもとても良い場所だなと感じました。

 
KKP・dott関連の最新情報は、dottの中心人物であるI田さんのblogで見ることができるので、ぜひ興味ある方は覗いてみてもらえたらと思います。

これまで山は遊びにいくことしかなかったし、たまに山でボランティア団体の方と会話を交わしたりはあっても、なかなかそこから自分が加わる機会今までなかった。とても興味深いと思いました。なんせ四国に来て初めての山はトレイルが荒れていたので…地方の山は特に、人が手を加えてあげないといけないんだな。

…と書いているうちに思い出しました。
香川の山は植林でなく色々な木々が生えた雑木林が多くあるから、手を加えてあげないと荒れていっちゃうと、教えてもらったこと。山によって対応方法も違うんですね。まだまだ知らないことがいっぱい!これからもたくさん山に行きたいから、そういう知識も覚えていきたいと思います。

まだまだ未熟で恐縮です。さてまたこの週末はdottへおじゃまします!


[関西遠征-2] 六甲トレイル

ハルです。

書こうとしていたら随分と日がたちましたが…

先日の関西遠征、二日目はフィールドを神戸に移して
関西出張中の折れ部あかしさんと、はじめましてのうたこさん、おかちゃんと一緒に、六甲トレイルへ。

うたこさんとおかちゃんは、スカイハイ・マウンテンワークスが基地となる、あのアウトドア集団、M.R.H.CことMt. Rokko Hard Coreのメンバーさん。お2人とも六甲ローカル、ホスト役となり楽しいコースへいざなってくれることに…

コースは、あの1st Mountain Circusのルートをなぞるとの事で、私は内心付いて行けるかの心配ばかりでしたが。。。

 
 

とこんな感じで、足を止めて楽しみたくなるアクティビティエリアが盛りだくさん。時間を忘れて景色や岩や自然を堪能させてもらいました!

途中で別のパーティの皆さんともお会いしたり、
沢山のハイカーの皆さんとか、キッズ達とも遭遇!山には様々な目的で遊びにきている人たちがいて、にぎわいも感じられ。

そんな感じで前半走るよりも楽しむ!を優先してしまったので、コース全て回ることはできず(私は疲労でそもそもついていけず。。。

map

SUUNTOの記録からみるとこんな感じでした。
まだまだ体力が戻らず超不安…信越までに身体作りできるかなぁ。涙

今回素敵な六甲トレイルを紹介してもらい、もっと沢山走り回りたい気持ちになりました。神戸までは香川からバスで2.5時間位なので、気軽に行ける距離!またお邪魔させていただきます!

お山を下りて時間があったので、スカイハイ・マウンテンワークスさんへ!なかなか香川にはそういったお店が無いので歓喜ものです。
(同じ四国の素敵なSHOPT-mountainさん@愛媛へは何気に3時間近くかかるのです…)

また買ったものなど書き記そうと思います〜。


[関西遠征-1] 京都一周トレイル

ハルです。
先週末は、以前から約束していたEMMAちゃん
信越トレーニング・関西遠征へ行ってきました。

香川から関西までは、思ったよりも近く、バス・フェリーだと激安。
神戸→バスで2:30(4000円位)、京都→バスで3:30(6000円位)

初日は2人で京都一周トレイルのコース一部を回ることに。

6:00
バスで、京都へ。京都なんて中学校の修学旅行以来でちょっとウキウキ。
EMMAちゃんと合流し、駅のロッカーに荷物を預けて電車移動。

10:00
伏見桃山駅到着。
京都一周トレイルの、東山コーススタート位置のある所。
いざスタート。
数百メートルごとに案内板が立っていてロゲイニング風に走っては見つけ、地図を見て…を繰り返し。
街中を過ぎて住宅街を抜けると、木々が広がり舗装された道が出現。
運動公園の中にさらっとお城があるところ辺り、京都っぽい!とテンションが上がる二人。
 

また住宅街があって、その奥へ進むと今度は山に入る道に。とにかく案内表示がたくさんあるので、多少ややこしい道でも割とスムーズに進めました。が結構容赦なく登りがあったりして、しっかり疲れも出てきたりして。

京都の平野を見下ろしたり、清水寺の裏側や、超有名観光場所を通ったりして、スムーズに観光めぐりもできちゃうという。京都トレイル、あなどれない!というか大満喫!

 
 

土曜日でしたが、トレイル内は人もさほどおらず。お昼はお蕎麦のセットで休憩したり、ゆるゆる進んで、結局銀閣寺まで走って下山。その手前にあった五山の送り火(大文字の送り火)からの景色は、この日一番の絶景でした。

 

17:00
下山して、茶屋でお抹茶を頂いて、哲学の道を通ってバス通りへ。
閉まりかけの土産物巡りをした後、地下鉄で京都駅まで戻りました。

 

EMMAちゃんは京都出身。と聞いてはいたけれど、両親共に京都人で生粋の京都っ子で、京都の街や山を巡りながらいろいろ教えてもらいました。詳しい人と一緒だと旅も何倍も楽しめるから嬉しい。(年下なのにしっかりもののEMMAちゃんに私はほぼついていくのみ…。。。ありがとう涙

 

結果は下記の通り。私がゆるゆる派なのでどうも追い込めませんでした。。
—————————–
走行距離 25km
累積標高 1000m
累積時間 7:00(昼休憩・観光込)
—————————–

夜はEMMAちゃんのご実家でアルコールを身体に注入して、次の日に備えるべく就寝 zzz….

話は[関西遠征-2] 神戸六甲トレイルへつづきます。


懐かしの皇居ラン

ハルです~。

先日のハセツネ後半の前日朝、
泊まっていた実家を早く出て仕事前の時間に皇居へ走りに行ってきました。

懐かしの皇居。
沢山の仲間と走った場所。
一人の練習でもよく通いました。

景色がさまざま移り変わり、信号が無く、ランナーがいつもいるのでとても走り心地の良い場所。1周がちょうど5kmで指標としやすいのも嬉しい。

この日は7:30から空いているadidas RUNBASEで着替えて。
天気はすこしどんより曇り空、でも蒸し暑い。

一周走ると喉が渇いて疲れて少し休憩、そしてまた一周~
むむむ。4日前のKKP時の、おしりの筋肉痛がまだ痛い…とこんな感じで3周目終えて疲れが。

身体の重さと衰えを感じずにはいられませんでした。
いつも走っていた場所だと、体調や体力の衰えなどが顕著にわかるので、走ってみて本当に良かったです。

ランステーション、もはや把握できないほど多くなっているみたいですが、RUNBASEは相変わらずの心地よさ。個人的に好きなのは、表参道の清水湯(神宮前~東宮御所~皇居のコース)と、バンドゥーシュ(皇居近くの老舗ランステ)…ああ両方とも銭湯でした。。。

ランステまとめ>>


はじめてのハセツネ後半

ハルです。
先日、仕事で東京へ。帰省も兼ねてと1日有休をとったのですが
色々会いたい人や行きたい所があるのにもかかわらず…
結局お山へ行くことに。

場所は奥多摩のあの有名な…
私にとってははじめてのハセツネコースでした。
ルートがとにかく判りづらいと散々話を聞いていたので
不安もたっぷり。ハセツネの地図をお借りしていざ。

ハセツネとは…
ハセツネCUPもしくは長谷川恒男カップは「日本山岳耐久レース」ともよばれ、1992年より毎年開催されている東京の山岳地帯を走る総距離71kmのウルトラマラソン。累積標高差4582m。名称は日本の登山家、長谷川恒男に由来する。日本では最も古くから行われているウルトラマラソンのひとつ。

(Wikipediaより)

トレイルランナーにはあまりにも有名な大会ですが一応書くと、
特徴としては、まず0関門の先着エントリーが秒殺で終わること。とにかくドSなレースで、給水は一カ所のみ。地図読みの知識と装備が重要。歩いてもゴールできる制限時間の長さ。などなど。一人前のトレイルランナーになるためには通るべき道という方もいたり…なので一度は出てみたいなと思っている大会です。

当日8:00
小雨が降ったり止んだりの天候の中、
武蔵五日市に折れ部仲間のトモさんと待ち合わせをして
平日の始発バス(8:20)に乗り込む。
中高年層の登山者さんたちがちらほら。

9:30
都民の森へ到着。ハセツネの中間地点で、
ここからルートに入り後半30kmを走る予定。
トモさんはロングレースにも度々出ているベテランランナーさん。
どうにかついていかねば。。。

少しののぼりも走れない体力の無さに愕然としながら
スローペースで進み…

月夜見の駐車場についた!
と思ったらなんと別の場所。(第二ではなく第一に着いていた…)
ロードを2km程走ってリルート。

雨が霧雨になったり、弱まったりと、幻想的な風景をひた走る。

月夜見からはコースミスもなく、下りは楽しく、
登りはともさんに待ってもらいながら(顔が辛そうと言われながら
あのマーキングを追いながらはしりました。

終盤でお仕事前にトレーニングに来たPARK石井さんと合流!
その頃には雨が土砂降りになっていて、
トレイルを覆うほどの水たまり。
走りたい気持ちもあったけれど、ざぶざぶ濡れた身体に
テンションも下がり気味…

14:45
ということで御岳神社からケーブルカーを使わず
ひたすら下って下山して、滝本駅に無事到着~。
時間かかったな~涙
———————
走行距離 23km
累積標高 1438m
累積時間 5時間45分
———————

はじめてのハセツネコース。
後半しか走ってませんが、なかなか楽しかったです。
森の中を走り回るあの感じ。
登り走れるようになったらもっと楽しいんだろうに…

もっと成長したら、前半も一度体験してみたいな、
また来れたらいいなと思いました。
ご一緒してくれたお2人に本当に感謝です。


はじめてのHOKA@KKP

ハルです。
先日のKKP練習会で、HOKAのシューズ試し履きイベントを開催していました。

尾形鉄郎さんはKKPの主催者のお1人であり、
多数アメリカレースに出場している実績を持つ有名なお方です…
が!とても気さくでお仲間と地元を愛するランナーさん。
HOKA Tシャツを着て色々教えてくださいました。

フランス発のスポーツシューズメーカーHOKA
一時期回りの人たちがHOKAを続々買っている時期があったのですが、
最近はブームが落ち着いている印象でした。
興味はあったし、せっかくの機会なので履いてみることに。

履いてみたのはチャレンジャーというトレイルのモデル。
(※写真手前のオレンジのタイプです)

最終周で、足の疲れがきていたのですが、
包み込まれているかのような優しい感覚。
分厚く見えるソールも、履いてみると全く気にならず。

走れるトレイルには良い!と聞いていたけれど、
信越に向けて丁度いいじゃないか。
ということで早速購入検討をはじめました。

色々調査してみたら、以前の試し履きイベントの記事を発見!

Sky High Mountain Worksさんの記事。(この週末お邪魔したばかり!)
や、DogsorCaravan.comの岩佐さんの記事

なるほど詳しく書かれていて興味深い~。
2年程興味を持つのが遅れていますがw

今は良いシューズがたくさん出ていて、選ぶのは自分自身ということ。
私もいっぱしのトレイルランナー目指して、少しづつですが
自分に合ったギアをそろえていきたいなと思いました。

回りの方と比べてなんてスローペースなのかと自分でも呆れますが
のんびり進んでいこうと思います^^


噂の”KKP”練習会に参加 in高松

ハルです。
昨年から噂は聞いていた、
KKPというトレーニングイベントなるものに行ってきました。

高松市内の少し南の方に位置する”どんぐりランド“に
ランナーさんたちが整備したトレイルで走れるコースがあり、
時々集まって走っていると…聞いていたのですが…

行ってみるとそこは大自然!なんじゃこのスケールのでかさは…
どんぐりランドなんて可愛い名前とのギャップが…

そして開催場所である”峠の広場”へ…

テントが張られており、補給食が並べてある。
1人でたどり着いたことに安堵しつつ、参加者の皆様に話を聞く。

KKPとは?
・香川や四国中心のランナーさんたちが始めたトレーニングイベント
・参加費は5時間以上…500円、以内は200円
・24時間開催。(短時間のプチKKPもある)
・周回コースを走るごとにスタンプを押すという仕組み。
・参加するタイミングも、帰る時間も自由でOK!
・コースは何種類かある、作ることもある
※KKP=くるくるぱーが語源今回は1周2.4km、標高190mのコース。

時間は、11時から翌日曜の11時まで。
まずは道を教えてもらいながら一周走ってみる…と、ほぼトレイル。
判りづらい場所にはマーキングがしっかりしてあり
一度走ればわかるものになっている。

コースもしっかり道を計測しているらしく、標高まで明確。
知れば知るほどしっかりとした運営にびっくり。ちなみに参加費はどんぐりランドに納めており、修繕等に回してもらっているとのこと。

善意にあふれたイベントスタイル。
私も少し食料は大目にもっていったけれど、差し入れも沢山頂いたり。

こうやって開催できるのは、運営を担っている人たちがいるからで
ほぼボランティアということ。参加させて頂いて感謝大満足ですが
今後は何か役に立たないとならんと感じた一日でした。

そして今回3名の方が、100km越え!
走りながら聞いてみるとかなりかなりかなり走り込みされている方々ばかり。
TDSに出る方や、400kmの国内レースに出る方も!
香川県内だけではなく、広島、愛媛、徳島…関西や関東からも来る方がいるとの事。

ちなみに私は途中参加で一周ごとにたっぷり休んで計14周を走りました。
体重の重さと…体力がまだまだ無いようです。。。
素敵な練習場所を教えてもらったので、
これからしっかりと!練習積んでいきたいと思います。

ちなみに…
次回のKKPは8月22日~23日東京からも参加する方がいるかもとの事。
ご興味ある方いましたらぜひご一緒しませんか~^ ^
(※知人の皆様、空港・駅への送迎承ります)


信越五岳エントリー完了

ハルです。
2015年5月1日 20時、信越五岳110kmトレイルランレース
エントリーしました。

GWに遊びにきてくれた友達がいなければ、話題にすることなく諦めていたかもしれない。優しく心強い後押しをもらって、前向きになれました。

エントリーは先着。2年前も先着でした。いろいろコツを教えてもらい、PC操作には慣れてることもあってか、無事エントリー完了。いわゆるクリック戦争でしたが、ランネットも年々強化されてるのか、待ち時間は無しでした。

あと4ヶ月、ウエイトも上がってるしw、練習もほぼしていないし。まずは1ヶ月でどれだけ身体を戻せるか。目標はしっかり完走すること!ちゃんと完走までの道筋見えたらペーサーもご相談していきたいです。ペースが遅くて何が起こるかわからない人へペーサーするなんてとてもリスキー、奇特な方がいることを願って。

ーーーーーーー

香川に来て4月で1周年。
昨年はこちらの生活に慣れることに精一杯で、レースに目を向けることがあまりできず。特にトレイルランともなると、装備や単独では危険とか、なんやかんや考えているうちに時間が過ぎていました。2年目に入り、一年ちゃんと生活ができてきたことにちょっと感動しつつも、今度は結婚2年目だしそろそろ次は…という時期にきていて、そんな中の信越五岳のエントリー。

旦那氏は、2年前の92.3km台風足止めの事を覚えてくれていて、いつも信越に関しては、挑戦しなよ、と前向きな意見。いやいやだけどさ…と話が出るたびに答えが出ないでいて。直前にもエントリーできたらがんばるんよ。と言ってくれたので、できたからにはがんばります。

ぐだぐた悩んでいましたが、やるからには頑張ろう。
ちゃんと完走したら、一旦トレイルレースは長期お休みする予定です。なので最後のレースです。

今度は絶対完走したい。

11199434_350563408487743_1708249632_n