世界の斜走から(2)UTMF対策レース

「SHINさんて山は走るんですか?」
先日そんな声をかけられました。松木安太郎が「サッカーお好きなんですね?」とか板東英二が「スポーツのご経験は?」と聞かれてしまうのと同じ。ブランディングミスですね。Dogs or Caravanがトレラン界の日経新聞ならこっちは東スポですがきっちり情報載せてくよ。
というわけでレース情報いくよ!
さかいやもODBOXもUTMF特集のディスプレイで僕の心は締め付けられてる今日この頃、落選した方は皆同じ気持ちだと思います。今年外れたからって来年当選とは限りませんよ。僕は2年連続抽選漏れですから。
そんなわけで年度始め第一週に会社を休んじゃえるモノノフにオススメのUTMFでもSTYでもないレースの紹介(^^)
海辺のサンフランシスコから東へ150km程入ったところにあるカリフォルニア州のサクラメントという街は寂しい街だけど州都だ。シュワちゃんもこの街でご勤務してた。

20130330-014249.jpg
毎年4月の第一土曜日にここをスタートするレースの名前はAmerican River 50mile endurance run。ゴールはあの有名なWestern States 100のゴールでもあるAuburnという街だ。
1980年に始まったこの歴史ある50マイルレースは、世界随一の高速50マイルトレイルレースとしても知られているんだ。
コースレコードは1981年のJim Howardの5:32:18。ただ、これは現在とは逆のコースつまり下り基調の時の記録。最近の優勝タイムでは
2008年のAnton Krupicka5:42:37
2010年のGeoff Roes 5:49:59
が好記録だね。サブスリーペースだよおい!

20130330-015336.jpg
今年はテリーマンとスペシャルマンとペンタゴンというアメリカ3大超人も参加するらしいから好記録が期待されるね。こいつらベアフット系のシューズを30年近く前から履いてるからね。ただスペシャルマンは負傷中。

20130330-014326.jpg

このコースを11時間以内でゴール出来れば、Western States 100の出場資格が得られるとあってかなり人気があり、アメリカでは珍しい程の大規模レース。エントリーは約1000人だ。

サクラメントって暑いのかな?クルピチカ先生がこんな感じで走ってるからやっぱ暑いのかな?

20130330-014405.jpg
ま、詳しいことはクルピチカ先生のレースレポート読んでね。
では。明日から本気出します。


練習したよ(11)メカドックさんよろしく頼むよ!

今日は自転車を引き取りに行ってきたんだ。クロストレーニングをしようと昔の自転車を引っ張り出して、購入したお店にオーバーホールに出した。自転車のことは詳しくないからオーバーホールって良くわかなかったんだけど、こんな感じ。

まずはギアね。これが不具合を起こすと大変だ。オーバーホールの結果3段ギアが1段,1.2段,2段に変更してたよ。ちなみに1.2段に入れるのはかなり難しいよ!

20130326-215043.jpg
◉ギア1段

20130326-214758.jpg
◉ギア1.2段

20130326-214936.jpg
◉ギア2段

20130326-214817.jpg
◉3段目のギアは経絡秘孔を突かれて死亡。入らない。

そしてスタンド。これも大事だね。オーバーホールの結果しっかりネジが1つなくなってた。

20130326-215404.jpg

ギアも微妙、スタンドはガタガタ。気になって気になって…集中力が鍛えられる良いクロストレーニングが出来そうだ。








で、コケタヨ。集中力不足で段差に引っ掛かったヨ。アシガイタイヨ。

20130326-215515.jpg
チェーンつけなおして手は油まみれ。

20130326-215557.jpg
お気に入りのパンツにキッチリチェーンの跡。

オーバーホール。奥が深いね。

自転車を引き取る時、お店の1人がこんなこと言ってた「お店やめるんです」おい!立つ鳥!

もうね。カバンの中に銃が入ってたら乱射してたよ。

憂鬱だね。ツイテナイネ。ノッテナイネ。

やっぱり責任を持って仕事して欲しいね。

で、思い出したんだ。巣鴨のゴローから靴が出来たっていう留守電が入ってたんだ。ゴローっていえば登山家が命を預ける靴を本気で作っている職人の店だ。アフターケアもバッチリだ。

マリリン…いやゴローに逢いたい!自転車漕いだよ。恋だよ。











で、これだよ。

20130326-215635.jpg

本郷三丁目のあさひやで大そばとろ食って帰ったよ。うまかったな。

20130326-215714.jpg
では。明日から本気出します。


練習したよ(10)ALASKA BONANZA TRAILに行ってきた

定番コースの日本橋〜木場〜有明〜お台場billsでパンケーキランチして来ました。
20130322-192556.jpg

さらにレインボーブリッジ〜竹芝ランで貧乏臭い受験生だった頃からの友人の写真家 石塚元太良くんのエキシビションGOLD RUSH ALASKA BONANZA TRAILに到着。

20130322-192053.jpg

鎌倉在住で世界の果てまでえっちらおっちら写真を撮りに行っちゃうところはシンパシーっていうかっていうかリスペクト(°_°)アラスカで見つけたパイプラインに沿って追っかけてしまってます。今回はアラスカシリーズ。

20130322-192810.jpg
◉俺邪魔ね。

「メキシコに走ってる民族がいてさ〜」ってな具合にBorn to Run 読んでないのに2度もカッパーキャニオン来訪済みなところもシンパシーっていうかリスペクト(°_°)パタゴニアの氷河を撮りにカヌーにのってえんやこらもしちゃってます。
そういえばホグロフスの写真も撮ってたなってこともトレイルランナーとしては要チェックな雰囲気だしMMAな感じ。

20130322-192134.jpg
◉ちゃんとした写真はHPで見てね。

「俺らには銀行も35年ローンなんて組ませてくれないよな…」と現代の金融情勢についても語り合い、平日の昼過ぎに静かに写真に囲まれて贅沢な感じ。20km走ったし。
では。明日から本気出します。

練習したよ(9)EAT&CLIMB 500段昇る僕の旅

長嶋茂雄曰く
「努力してます」と練習を売り物にする選手は、一流とはいえない
こんにちは。二流の男SHINです。僕の「頑張った通信」を楽しみにしていてくれた皆さんに最新号をお届けするね。
本日も隠れて努力すべく東京タワーにお忍びで行ってきました。
45753_563429763690611_2100999962_n
photo by URUCY
しかし、やはり一流どころが集まる場所は決まっているようで「すぽるちば」の面々他強豪トレイルランナーが偶然鉢合わせです。
ただ、UTMFを前にピリピリムード。お互い視線は合わせません。
 804114_350060601771791_1073304835_n
photo by KAZEさん
東京タワーの階段530段程を使って上りのトレーニング。鎌倉の激坂までなかなか行けないのですが、負けず劣らずの大変さ。
8時30分頃スタート。階段が開放されるのは10時までの90分。スタート時に10本という目標を立てて、八分目で終了するのが僕のスタイル。
このために雇ったパーソナルトレーナーに並走してもらいスタート!
軽快にスタートするもやはり急な階段。覚悟せねば。
「もう後戻りはできないぞ!」
トレーナーの声が響く。そう、のぼったらおりる。トレイルランニングの基本にして、要点。前傾姿勢をキープだ。
すぐに一流ランナーが追いついてくる。全然速い。流石だ。
「病は気から」とは良く行ったものだ。なんだかお腹が痛くなる。1本終了後にはトイレへ。軽量化完了。
2本目〜3本目が一番辛いのはトレイルランニングの基本にして、応用。足がガクガクしてくる。トレーナーからは
「もう息切れか?本当にのぼりきれるのかよ?」
との声。負けてたまるか!
それにしても体が重い。痩せたい。ただ、呼吸を整えればこの先は少し楽になってくる。
すぐ前をランブラー師が進んでいるのはわかるのだが、追いつかない。さすがUTMF&UTMBを見据えた意識の高さ。レースでいう中だるみという感じでペースが上がらずに淡々と進む。
「ここでやっと半分だ!最後までいけるのかぁ?」
そんな声でハッと目が覚める。そうだ。俺には夢があるんだ!
ここで鎌倉のイケメンランナーJiro師とpsiちゃんが参戦してくる。二人とも軽快な走り。とくにJiro師は下りが小学生ダッシュ並みに速い!とんでもなく速い!追い越されたときには疾風が巻き起こり、危なくタワーから落ちそうになるが、持ち前のバランス感覚でぐっとこらえる。
ここで降りてきた時にスタート地点にいたクニヒロ師とアヤッチ師、モモセ師としばしこのトレーニングの効能について談義。階段を昇るのと同じ位の収穫を得たためトレーニング打ち切りを決断する。
しかし、一流ランナーのクニヒロ師とアヤッチ師がそんな私の気持ちを見透かしたかのようにスパートをかけて昇っていく。「ラスト1本!」
601440_346530498797693_1799208395_n
photo by tackさん
そう。ラスト1本集中だ。出来る限りのダッシュをする。やはり辛い。しかし、前方に見えるアヤッチ師も辛そう。最後頑張れないでどうする!
ホワイトアウト気味なところにトレーナーが声をかけてきた。
「やっとここまで来たか。せっかくだから東京に向かって何かさけんだらどうだ?」
アホか!だまってろ!どれくらいのタイムで1往復出来るのかを確認したい。それだけを考えているんだ!
・・・ゴールが見えた!・・・あれ?クニヒロ師とアヤッチ師がすぐにのぼり返してくる?なんと、「ラスト1本!」というかけ声で相手のパワー配分プランを完全にぶちこわすという高等テクニックか。なんと言っても心がボッキリだ。勉強になりました。
トレーナーからも
「なかなかやるな。おつかれさん。明日はヒザが笑ってるぞ」
と声をかけて頂き終了。
では。明日から本気出します。
 images

ここだけの話(8)MIRACLE LUNCH

先週土曜日に参加したULTRA LUNCHについて、、、あれ?渋井さんがイケテルブログを既にアップしてるわ。
じゃ、先週日曜日に開催された注目レース伊豆トレイルジャーニーについて、、、あれ?参加してないや。

というわけでトレランをやる上で避けて通れない議題「カレーライス」について書きたいと思います。
私もレース当日は必ずカレーライスです。ルーのおかげで柔らかくなったご飯が消化にも良さそうだから。
遠征の際にもサトウのご飯と奮発したレトルトを持参します。海外レースにも持っていきます(^^)

20130312-002135.jpg
去年のTDSスタート直前の朝食。レンジをお借りしてクールマイユールでもカレー(^^)

カレーって美味しいですよね。
何でこんなに美味しいんでしょうか。カレークック氏にインタビューして来ました。

20130312-002225.jpg
SHIN(以下S)「カレーって何でこんなに美味しいんでしょうか。」
カレークック氏(以下C)「मैं ठीक हूँ」
S「レース前に食べるというのは正しいのですか?」
C「धियान रखो !」
S「オススメの具材は?」
C「शुभ रात्रि 」

やはり科学的にも証明されていたんですね。

では。明日から本気出します。


ここだけの話(7)超閉塞感

MMAブログ界も市場開放により競争が激化しています。そろそろ戦力外通告を受け、TBSの取材カメラが入りそうな予感がしています。台湾でブログやるかな。
では、窮鼠猫を噛む的に頑張っていきましょう。

というわけでタイトルの通り腸閉塞になりました。死ぬほど痛かったです。女優の鈴木杏樹さんは腸閉塞を治療してくれたお医者さんと結婚しちゃいました。それくらい痛かったです。

まだちょっと痛いです。食べ物もほとんど受け付けません。さっき干し芋買ったけどやっぱり食べんのやめました。

20130308-004533.jpg
激走モンブラン2009的にいうと「食べ物を受け付けなくなって」っていうやつです。

痛て〜ってつぶやきながらのジョグで100マイルレースでの胃のトラブルを体感中。てか本番だったらヤバイね。
でも耐えて歯を磨いたよ。

20130308-005516.jpg

腸から水分を吸収できないってことで脱水気味。でもAmazonでパンツ届いたよ。タイツの下専用。変態風。

20130308-004921.jpg

で、消化が大変で腸に負担のかかる食物繊維もダメ。野菜食べたい!
そんな気持ちを抑えつつTrailrunner誌を読んだよ。アイスランドのレース出たい!

20130308-005158.jpg
食べられなくて辛いけど痩せるかなってちょっと期待。そんな思いで爪切ったよ。

20130308-005335.jpg

ブログは写真増やすといいって聞いたんだけど意味なかったかな?
では。明日から本気出します。


練習したよ(8)東京タワーの先端でwater!water!water!

小江戸大江戸200kmがスタートした3/2の朝8時。私も東京タワーへ向かってダッシュしておりました。ランニング用語でNBOってやつです。

チーム100マイル トータス班きっての快足ランナーくにひろ班長のお誘いで階段トレーニングです。
→疲れました。班長相変わらず軽やか。14〜15本いけるんじゃ?
→痩せる決意が断固たるものになりました。
さて、時は戻って3/2深夜。コツコツ英語を勉強してポートランドでランステを経営する準備を始める決意を致しました。
そんな訳でipadのkindleアプリでBORN to RUN(英語版)を読み始めます。で、その機能にビツクリしました。
わからない単語をタッチするだけで内蔵辞書が意味を表示!
 image
で右下の「全文表示」をタッチすると。
 image
バッチリ説明が表示されます。これかなり読み進める気になりますね!英語力アップ間違いなさすぎて逆にモチベーション下がっちゃいそうです。
これで来年のウエスタンステイツでスタート直後からクルピチカと並走することになっても英語を使って東京タワー階段トレーニングの話題で盛り上がることができそうです。
では。I’ll get down to it starting tomorrow!