ここだけの話(29)cold pressed juice

coldってのは栄養素の多くを壊してしまうミキシングのときに生まれる熱がでないようにっていう意味(だろうな…調べてないけど)なんだか体が奇麗になって、肌も奇麗になって、やせるっぽい。でもかなりの量の野菜を使うのと、ゆーっくりしか作れないので色々コストもかかるってことで高いなり。1本1000円くらい。高級なサラダ食ってる感じだな。ちょっと前からはやってるっぽい。

7kg太ったのでもうやばい。というわけで会社の近くにあるJohn Masters Organicsがコールドプレスドジュースを始めたって情報を得て、勤務時間中にそーっとチャリンコを激こぎ。

まずは試しに2本注文。

IMG_2246.JPG IMG_2247.JPG

急いでるのになかなかできねーぞ。こんなペースでしか販売出来なくて経営成り立つんだ〜。とか考えてしまう。

 

オペレーションがうまくないのか、そんなもんなのか。じーっくり作ってる。

オペレーションがうまくないのか、そんなもんなのか。じーっくり作ってる。

仕事が終わってからこれ飲んで元気出して、22:00から30km走を決行。行けたぞ。

というわけで調子に乗って、今度は1日このジュースだけで過ごすプログラムに挑戦。「痩せる」とか「整腸」とか目的毎にジュースが組み合わせて売ってる。もちろん「痩せるやつください」スクリーンショット 2016-03-04 7.39.41

 

つくるのにちょっと時間がかかるので、前もって電話でオーダー。鮮度が大事なので、受け取り時間もしっかり指定させられる。

というわけで、再び勤務期間中にそーっと受け取りへ。店にいくと出来てました。

 

ずらっと並べて確認

ずらっと並べて確認。見た目は奇麗すぎであやしい。

デブになると心が弱くなるので、こういうビジネスにはすぐに飛びついてしまいます。外食したことにしようと自分を納得させます。

IMG_2241.JPG

飲むタイミングも書いてありますね。効果はどうかな〜。

では。明日から本気出します。

 


ここだけの話(27)Ultra Signup

先日SanDiego100mileというレースに出てきました。結果は28時間20分で完走でした。
ふーん。それって頑張ったの?どれくらい?

というわけで今日はアメリカ最大、というかもはやオンリーワンのトレランのエントリーサイトUltraSignup(ウルトラサインナップ)の紹介です。

20140705-195152-71512212.jpg
日本のランネットみたいなものですが、機能としては
(1)エントリー
(2)リザルトランキングの算出
に絞られている感じです。

この(2)リザルトランキングが私的には面白いです。

これまでのレースの結果が100%を最上位として算出されていて、レースを走るたびに更新されます。

ちなみに私は先月のSanDiegoを走るまでは61%くらい。今回のレースの結果が68.49%でその結果総合ランキングは63.34%になりました。

20140705-195253-71573861.jpg
このランキングはそのレースの難易度も考慮されて算出されます。

例えば今回の2014SanDiego100mileでの私の68.49%というのは
2014WesternStatesでは21時間50分位
2013UTMBでは30時間位
2014UTMFでは28時間30分位
2014HURTでは31時間30分位
でゴールすると得られるランキングということなので初めて出るレースでの目標タイムの設定に役立ちます。

ちなみに日本人上位では
Tsuyoshi Kaburaki 93.61%
Tomokazu Ihara 86.64%
Yoshikazu Hara 86.08%
Jiro Ishiduka 81.67%
など
このサイトでエントリーを受け付けているわけではない世界の主要レースのリザルトも頑張ってカバーして算入しています。

人名検索でその人のレースヒストリーなども見れてなかなか面白いコンテンツですね。こちらは鏑木さんの戦績。

20140705-195416-71656822.jpg
それぞれのレース前には出走者リストがランキング順に掲載されて、予想タイムまで公表されます。それを見て奮起したり、自重したり。
下は今月開催のHardRockのランキング順のエントリーリスト。セバスチャンが1位 キリアンが2位 鏑木さんは6位 そうそうたるメンツ。Targetというのが予想タイム。

20140705-195742-71862426.jpg
レース後にランキングが上がったり下がったり。勝手にライバルを見つけてマークしたり。

何だかアメリカンな楽しみのあるサイトです。

では。明日から本気出します®


ここだけの話(26)日本のトレランのレベル

OSJ八ヶ岳の中止の理由にマンパワーの不足というのがあった。

http://www.powersports.co.jp/yatsugatake/14_yatsugatake/index.htm

20140418-124900.jpg
100マイルレースを運営するためのボランティアの不足というのは(もちろん自分も含めて)日本のトレイルランニング界の実力不足なんだと思う。文面からは滝川さんの悔しい想いが伝わってきたが、何だか自分のトレイルランニングの実力不足を突きつけられた気がして悔しさを感じた。いつか再びレースを開催させるのには滝川さん以上にランニングコミュニティが自覚を持っていかないといけないな。
では、明日から本気出します®


ここだけの話(25)2013年抽選振り返り

やっと心が落ち着いてきました。まさか日本の地でもアカシマ選手に突き落とされるとは…

2013年の抽選を振り返ると
⚫︎Western States
⚫︎UTMF
⚫︎東京マラソン
は外れたけれど
⚪︎HURT当選
⚪︎神流で味噌当選
⚪︎セブンイレブンで雪見だいふく当選
と5割の勝率であり、実はかなり上向きになって来ました。
2014年
まずは1ヶ月後に迫ったHURTでともさん、たてのさんとのJapanトレインで表彰台を独占し、確率変動な1年にしていきます!

では。明日から本気出します®


ここだけの話(24)つくばの風になれ!

明日はつくばマラソン。今日は友人たちの練習をサポートしながら皇居でひなたぼっこ&読書。苦しい練習を気楽にうとうと見守りました。

皇居はぽかぽか。本を読んでいたらブログを読んで頂いている方に声をかけて頂きました。

皇居はぽかぽか。本を読んでいたらブログを読んで頂いている方に声をかけて頂きました。

午後の仕事に向かう前にちょろっとアートスポーツに藤原頼通。
img02

明日に備えて、こんなの購入。これを応援団に預ければDNFでも風邪引かないね。

ARC'TERYXのTRINO TIGHT。WINDSTOPPERで寒さにもバッチリ?

ARC’TERYXのTRINO TIGHT。WINDSTOPPERで寒さにもバッチリ?

20131123-230625.jpg
久しぶりのロードレースですがなんかトレランチックなウェアだな。

20131123-230555.jpg
シューズは1年前のつくばのレース中に3回も紐がほどけて、しかも3回目は脱げちゃったMIZUNOのGL-J2、またの名をWAVE RAKUSEN.鉄板のダサさが本気の印。

いつもは前日夜にがっつり食べるけど、明日はDNFの可能性大なので控えめさ。
明日はすぽるちばのサブ4ランナーが多数出走でサブ3達成の予定。さあ、結果はいかに。

では。明日は本気出します®


ここだけの話(23)我ながらグッドアイデア

お便りを頂きました。

通勤ランで小銭がジャラジャラうるさいんです。(相模原市44歳男性)
何かボトルが増えちゃって邪魔なんです。(南アルプス市33歳女性)

他にも同様のお便りをたくさん頂きました。10分ほど考えてトレラン界の悩みベスト2を一気に解決しました!

20131020-124321.jpg

★ボトル小銭貯金★

ちょっとわかりにくいネーミングだから説明するね。

余ってるボトルを貯金箱にするんだ。通勤ランに出発する前に財布の中の小銭は全部入れちゃおう。

20131020-123744.jpg
スイカとクレジットカードとキャッシュカードの3枚持ってりゃ大丈夫でしょ?

ボトルがいっぱいになったらUTMBの遠征費やギアを奮発出来たりもう無敵だよ。

ん?反応わるいよ?ちょっと画期的過ぎたかな?

雨だしね。じゃ!明日から本気出すわ®


ここだけの話(21)私事ではございますがaboutUTMB

UTMB関連最後の投稿
あまり他の日本人参加者が経験しないであろう情報について

(1)保険は完全に自前で
今回大けがで搬送されましたが、とにかく異国でどれくらいの治療費がかかるのかが心配でしかたがなかったです。参加費にスポーツ保険が含まれているのは日本の限られたレースだけで、パンフレットを読んでみると「保険に入っておくことは義務です!」と書かれていました。

20130909-221042.jpg
今回はクレジットカードの保険でカバーされそうですが、みなさんもトレランの大会に参加の際は入っておいたほうがいいでしょう。
今回スタート地点のイタリアから進んでフランスに入国後の事故でした。医療費の高いイタリア側だったらと思うと怖いです。6月に参加したアメリカSanDiegoでのレースでも骨折しましたが、保険に入っていなかったので帰国まで我慢せざるをえませんでした。クレジットカードの保険は旅費をカード払いした場合に限るというのが多いのでマイルで渡航の際はご注意を。

(2)CCC,TDS参加者はクールマイユール前泊も
クールマイユールまでレース当日に移動する場合TDSなら朝2~3時起き、CCCでも5時には起きて準備してバス停に向かうことになります。クールマイユール到着後も結構待つことになるので、クールマイユール前泊はおすすめです。私は2年連続TDS参加でしたが、スタート前日のゼッケン受け取りの後さっさと移動してしまいます。シャモニーの駅前から1日3本、13ユーロでした。また、イタリア在住の人がゼッケン受け取り後イタリアに帰るために無料オフィシャルバスも2本出ています。
クールマイユールの街はトルデジアンのスタート地点にもなっていて小さいながらも観光客を迎え入れる準備の出来た街です。スポーツショップもありますので楽しめます。

20130909-221132.jpg
●トルデジアンの記念buff購入

(3)スペイン、フランス、アメリカは本当にトレランが盛ん
今回DogsorCaravanの代理記者としてプレスバスに乗って各国の記者と一緒にレースを追っかけました。エイドへ移動後、選手が到着するまで一緒にご飯を食べつつ情報交換しつつ待つのですがとにかく有力選手の層が厚い。事務局のスタッフが途中経過を読み上げるのですがこの3カ国の選手ばかり。で、この3カ国の記者は大盛り上がりでそれらの選手がどんなプロフィールか解説してくれます。
ツールドフランスの取材をしている日本人記者ってこんな感じかと思いました。
トップ選手の追っかけはゴールまでやっても24時間以内に終わるので一般ランナーの応援にも十分間に合います。観るスポーツとして楽しめます。

20130909-221756.jpg
●中型バスに40名近い記者が乗って移動します

20130909-221521.jpg
●役得。記者に配布されたショルダーバッグ。ザック背負えなくなった身には役立った。

では。明日から本気出します!