耐える日々

今年はほんとにシレツなクリック合戦だったおんたけ100キロ。

毎年お世話になってる民宿みやまさんにも去年から予約して楽しみにしていたのですが…

母方からの遺伝で血清値はずっとたかかったのですが、大丈夫だった慢性関節リウマチに六月初めくらいから発症してしまいました。

初期はアチコチの関節が激痛です。痛み止めが離せず、1日五回飲んだりしてました。

左手は朝パンパンにむくみ、こわばりがひどいです。

パートにはなんとかいってるものの、不意に激痛が襲ってきてそれがこわいし、まったく走らなくなりました。友達には他の理由で誤魔化して断っていました。

病院で血液検査やレントゲン、エコーしてもらい、まだ初期段階なので骨の破壊はないとのこと。でも、これは完治しないので、骨の侵食をおそくするリウマチ薬を飲み続けるしかありません。

痛みあるときはあまり運動もだめです。

通ってたジムも辞めて、しばらくは悶々とした日々を過ごしました。子どもたちにも血液検査あるときは、リウマチ因子に関係ある血清値もしらべてもらっておくこと、遺伝だからそのうちなるかもしれない、と心づもりしておくことを伝えました。

最近はやはり朝のこわばりはあるものの、昼間動くぶんには落ち着いてきました。

立川にTRIPPERというトレイル専門店ができて、せっかく良いお店に出会い、おんたけにむけてシューズやザックも買ってたんですが。来年、寛解したらいきたいです。ガレが見たい!萌え萌えなのでね。

そして、来年最終回の5月の連休にある萩往還250キロになんとかエントリーできたので、少しずつですが運動はじめます。

両肩、両肘の関節痛が時折ありますが足は足首のとこだけなので、膝に来てないだけラッキーです。

どうかみなさんもおうえんしてください。

3ヶ月走ってないと少しうごいただけで息切れです。

仲良しのラン仲間に子どもが産まれたり、一部話してる友達に励まされ、気持ちも凹んでばかりじゃだめだな、とおもっています。

ウルトラの母をめざしてがんばらなきゃ!


初めての伊豆大島で学習!

DSC_2977~2

書こうか書くまいか考えたのですが書きます!

3月の最終週、伊豆大島ウルトラに行きました。
同じ東京都なのに初めて行くところです。
行きはジェット船で、2時間ほど。

今回、入れていただいたグループにブラインドの方が、男女それぞれ1名いらっしゃいました。

男性には男性の、女性には女性の伴走者がついてらっしゃいました。お二人とも生まれつきでなく、大人になってからブラインドになった方でした。

とにかく常に二人ご一緒。段差や宿についてからの部屋への行き方、トイレの場所などなど、杖をつかわず、かべづたいに行ったりします。

前日受付で、その日もあまり天気が良くなかったのですが、抽選会などあって、のんびりとしたよい説明会でした。

izu-2

夜のお食事も魚料理メインですが、とっても品もあり、ウルトラの前日なので、一応カンパイくらいにしておいて、とにかく食べました。

女性のブラインドの方も、男性の方も、私と同年代。女性の方は初めてのウルトラ!それで伊豆大島を選ぶなんてチャレンジャーだね、とみんなに言われてました。

男性の方は去年も参加されたのですが、できれば自己ベストを出したい!ということです。

お二人とも58キロの部。私は100キロの部。

翌日はあいにく朝からフツーに雨で、5時スタートなのですが、少々くらくて寒い。

100均のカッパ着てスタートしましたが、雨はひどくなる一方で、走り出しても暑くなりません。

私は結局三原山登って、降りてきた58キロの関門であと10分足らず、天候やこの寒さに、去年の萩往還で低体温、脱水で、死にかけ、ICUに運ばれたのを思い出し、やめました。(これは、財務省(夫)に判断をほめられました)。

izu-1

足湯ならぬ、手湯を用意してくださっていて、あたたまりました。地元の人もいうほど、この時期にしては寒すぎるということでした。伊豆大島というと、感覚では南の方なので、多摩県よりずっと温かいだろうというイメージです。なので、そんなに寒さ対策せずいました。これは甘かったですね。

そして、ブラインドの男性チームは無事ゴール、女性の方は、やはり低体温で、10キロすこしでリタイアしたそうです。

58キロの部の完走率は3分の2だったそうです。やはり低体温の方が多かったらしいです。

100キロに出た同じグループの方で完走されたのは2名でした。

でも、やはり体調と天候とを考えて走るのって大切ですよね。体が資本ですからね。

宿に帰って、おめでとう、残念の会のはじまり。この日のお夕食も豪華で食べきれないほどでした。

次の日は少し観光して、こんどは大型船で帰りますが、この日は、島には2つ中学があるそうなのですが中には、数名、本土というか、東京都区内や、市部などに進学する子もいるそうです。なので、旅立ちの日。同級生がお見送りにきます。
昔のことかなとおもってたけど、紙テープを投げあい、出航してからも灯台まで走ってみおくる子供たち、とっても感動しました。

izu-3izu-5

船は大きいのに東京湾にはいるまで、オオシケでとても揺れました。私はおもしろがって、ビールぐいぐい飲んでましたけど、横になったり、うろうろ歩いてる方もいました。

そんな中、今回の反省会として、出たのが、ブラインドの方々の意見。
歩道を走るときに、どうしても並んで走るので、後ろから抜きたい方が抜けず、渋滞になってしまうことが申し訳ない、遅い選手の人にも温かいお茶や、食べ物をとっておいてほしい、リタイアのバスの数を増やしてほしい・・・などでした。

エイドで食べ物がないというのはよく聞きますが、やはり関門ギリギリでがんばってる人たち用にもとっておいてほしいですね。私も「あちゃ!なんもない」というガッカリ経験はありますからね。

そして、伊豆大島でまえには行われてたフルのマラソンを復活してほしいということでした。制限時間もたっぷりあって、楽しめたそうです。

私は、今回いれていただいた、赤木一恵さんもいるカッチン倶楽部にまたいれてもらって、来年も参加したいなとおもいました。

コースはとってもキツイですが、ぜひ、フィニッシュして、新島ガラスでつくられたメダルをいただきたいです。

DSC_2990~2


今年もガレ萌え!

2017_0204_08574700

2017_0205_000029002017_0204_22163400

今年も高校からの仲良し4人組で一泊旅行!今回は福島です。

もともとしゃべるのが目的なので、観光そっちのけワラワラで、着いてから少しお土産屋さん見て、送迎バスで宿へ。高湯温泉というとこです。

古くからある温泉で、硫黄です。最初寒かったけど露天風呂から(3ヶ所)はいり、そこから建物内の体の洗える湯ヘ。

そんな金曜に今年も行くおんたけのエントリーがありました。なんとか、エントリーできましたが、とにかく私はところどころ変化するガレ萌え!

もともと人工的に作られたらしいのですが、場所によって白っぽくなったり、茶色が濃くなったりという変化に萌えてしまうのです。まぁ、変なヤツですけどね!

去年も言いましたがポイントはいりません。完走したらどなたかに差し上げたいものです。

すっかりクリック合戦になってしまい、あっという間に埋まります。

夜中の12時にスタートなので、どうしても朝方になる4時くらいにフラフラしてる選手がいます。私はなぜか眠たくならないので、マイペースで進めるのですが、そんなに速くもないので、制限時間は気にしながら進みます。

でも、第二関門でのドロップバックに大好きな豚バラ煮のパックや焼き鳥缶をノンアルで食べるのが楽しみ!

大会って私にとってはロードもですが楽しむもの。関門を通過してゴールすることが目的です。タイムを縮めようとか、いかに速く!なんてほんとに競争心がないのです。これは子供の頃からで、かけっこも常に4等とか最高で3等賞。父は体育会系だったので、オレに似なかった!とがっかりしてましたが、そんなことも知ったこっちゃない!というおもいでした。

今はロードは仮装してはしったり、トレイルも写真撮りまくったり。

趣味ですからね。楽しんでいいとおもいます。

でも、おんたけ、このままエントリー合戦だといずれ追いつかなくてダメかもしれません。そしたら、しょうがないですから、一人おんたけとかですねー。


シモヤケ大会

1484545409004

1484545400056

received_814664305341464

今年もはじまってからだいぶたったけど、よろしくちゃんです!

この前の日曜は毎年出てる横田基地の中を走るフロストバイトハーフに行ってきました!

すごい冷えた日だったんだけど、いつものように干支の仮装で!

パンツの部分が未完成だったのでわたし的には不満でしたが、顔白塗りのほっぺまっかっかにしたら、基地の方や、沿道の応援の方にウケてもらえました!

中盤過ぎのエイドでオレンジジュース、オレンジをばくばくたべたら、お腹にきてしまい、次のトイレまで速歩で!ワラワラ

なので、すっごくおそーいたいむになっちゃったけど、仮装賞決めるから台に上がって!とゴール後すぐに言われて、え??としぶしぶ。

周りにはミニオンちゃん、顔なし親子、たぶんえっと白雪姫?とかいました。

なぜか私は4位に選ばれて、カバンいただきました!

着替えはそとでやったので、足つりそうになっちゃった!!

ハーフとかフルマラソンはほんときついですよー!

でも来月は熊本マラソンなので、少しずつ練習始めました!熊本マラソンはラムちゃんで走るよー!

参加賞のトレーナーは今年のはかっこよかったよー!

来年はちゃんと完成させてのぞむぞー!


今年もよろしくですです

dsc_0006_xlarge-502x750

dsc_26562

去年11月初めに伊賀市の、伊賀トレイルランニングクラブ主催のフォトロゲに、12月は暮れも押し迫る25日に、所沢航空公園ぐるぐるの年の瀬マラソンに行ってきました!

どちらもロードですが、仮装です(笑)

フォトロゲでは、ソロの女子で5時間に出たのですが、表彰はないのですが3位になりました!!びっくりです!

年の瀬の方ではあこがれのバルタン星人の仮装を借りておよそ3.5キロを8周しました!

仮装するとほんとに多くの方に応援していただけます!びっくりされることももちろんありますけど。

今年もウルトラ系に何回かでたり、仮装で短い距離たのしんだりしたいとおもってます!

年に数回の登山ももちろんたのしみますよー!

今年もよろしくお願いします!


走らされた越後くびきの100キロウルトラマラソン

2016_1009_22422400

少し前の話になることをお許しください!

体育の日連休に二年に一度行われる上越市の『越後くびきの』ウルトラマラソンに行って来ました。友達からエイドがいいよー!たくさんあるし、暖かくていい大会よ!と言われただけでエントリーしてしまいました。

でも、制限は13時間半!エイドはたしかにたくさんあるのでそんなに荷物しょわなくても平気。

が!峠ごえが五ヶ所あり、登りはかなりきついです。はやあるきであるき、下りはとにかく走る!

そんな感じで進みました。

2016_1010_02543900

エイドでは、新米のおにぎり、各エイドちがった具材のお味噌汁、飲み物も雨だったので暖かいお茶もありました。

2016_1010_01045500

2016_1010_01045200

でもとにかくさっさと食べて走らねばなりません!最後の方のエイドでは、あと8分!なんていわれながらはしりました!

地元の方のあたたかい応援、中学生達のボラに感動しました。

あと9分!というとこで無事ゴールできました。

2016_1010_06530600

いやー、しかし走った走った!ウルトラでこんなに走ったのははじめてです!でも翌日、一緒に行った仲間と謙信城跡に行って親方様にも会えたし、たのしかったよー!またきついけどさらいねんいこうかな?

2016_1011_002213002


ずぶ濡れ信越五岳とできなかったUTMFボラ

ごぶさたです!なかなか時間とれなくて写真もアップうまくいかなくて書けませんでした!

今年、初めて信越五岳に参戦しました。結構お金かかるし、とっても時間内に走れると思えずエントリーしようとすらしてませんでした。

そんななのでもちろんぺーサーもなしです。

前夜祭にはたくさんのお食事、飲み物が出ました。ビールは一杯にしておいてあとはソフトドリンクにしました。

一人でいったのでペンションに相部屋で。でもね、素泊まりなのに9000円もとられました!びっくりです。

一緒に泊まった方とはすっかり仲良くなり、いろいろお話ししました。

お天気が心配でしたが、夜中ザーザー降っていて、スタート時には小雨になってました。

でも、ロードはいいのですが、山にはいると前日からの雨で足元がぐしょぐしょ、登りもヌルヌルのずぼずぼです!

雨は時おり強くなったり小降りになったりをくりかえし、足元はますます悪くなります。やっと3Aについたときに、5Aの関門時間が早まったことを知りました。

ただでさえおそおそランナーなのにこりゃーきびしいな、でもいけるとこまでいこう!

そうしてシューズをどろまみれにしながら進みました。登りでは一回滑落しました!ちょうど近くにいた男性に引き上げてもらえました。

もうはっきりいって下りもおしりで滑った方がはやいくらいでした。

2016_0919_03583400

もう少しで4A、でも下りは泥水の川です。でもなんとか走りました!

ついたー!!

しかし、『はい、ゼッケンいただきます』

時間見ると制限時間を30分も過ぎてました。51キロくらいのところで初めての信越五岳は終わりました。バスはすぐきましたが、会場まで一時間半かかり、すっかり冷えてプチ低体温で救護室で介抱していただきました。

そして、翌週のUTMF、二十曲と最後の方のエイドでボラする予定でした。でも、UTMFは悪天候で道の駅なんだったかな?そこでおしまい。そのあとのSTYに出ていい、ということでそのまま翌日お昼からスタートのSTYに出た方も何名かいたようです。でも天気はいっこうによくならず、私も最初の予定は24日の3時に着くように出るはずでしたが、翌日おひるくらいに富士山駅で同じとこでボラ予定の方を数名乗せて現地に向かいました。でも中止になるかも、という情報が。

結局着いたときに中止の正式発表があり、ボラするどころか使うはずだった食料をいただいて帰ることに。バナナ一箱、コーラ一箱、ロールパン一箱です!

もちろん転売なんかしないで休み明けに会社に持ってってエイド…いやみなさんに差し上げました。

9月は台風も多くほんとに週末になると雨でお祭りなんかも延期や中止になった所も多くあったそうです。

お天気には逆らえないですが、がんばるぞ!と思ってた選手やスタッフのみなさんには残念ですよね。

UTMFは去年から9月になりましたが去年もかなりの雨でした。

あんまり雨が続くようだとちょっと開催時期もかんがえないとならないかもですね。

来年もこの大会はボラする予定です!なんだろな、出たい、と思ったことはないんです。まぁ、まずポイント無いしね!

なんだかもやもや感の残る二週間でした。


お山のレース

私はほんとにポイントレースに全く興味がなく、今は、UTMBやCCC、TDSなどに頑張ってる仲間も多くいます。

まぁ、お金なくて行けないよー!っていうのもありますが、わざわざポイント貯めるために大会に出て、完走必至でて、ためてエントリーする、というのが性に合ってないというか、ダメなんです。

べつにポイントレースを否定してる訳でもなく、それが必要な大会を嫌がってるわけではありません!!

ポイントためて、エントリーして、見事に通って参加してる仲間の事は日本からではありますが心の底から応援してます。すごいことだし、うらやましくもあります。

ただ、私の中でその大会に出たいがためにポイントレースにエントリーして完走してヨッシャー!って感覚についてけないだけ。ひねくれものですね。

基本、トレイルは登りは歩いたり下りも恐る恐るすすんだりして、自分のペースで時間内にゴールしたい!というのが本心。表彰されたいとかほめてほしいわけでもありません。

残念だったのは今日、スポエン主催のみとみトレイル(10何キロと短いレースです)に体調不良ででられなかったこと。

私事ですが、母からの遺伝で、私の血清値、リウマチ因子がすごくたかく、去年から体重減少、なぞの発熱などにみまわれています。これで関節の痛みが出たら病院に通わねばなりません。

そんな不安もあってだとおもいますが、お山には大事に登りたいのです。

ボランティアで、大会に出てみなさんを応援することに目覚めて数年、今年もUTMFにはボラで参加します!

出場されるみなさん、がんばってーーー!

なんだかへんなブログになりました。ごめんなさい!


初めての南アルプス夏山登山

IMG_1663

私にとって初めての南アルプス登山、私と男子2名でのぞみました。

最初の計画は、7月21日に静岡駅近くのホテルに泊まり、朝5時に出て、レンタカーを借り、畑薙第一ダムのとこに車おいて、バスに乗り、椹島ロッジまで行き、千枚小屋で一泊、翌日は千枚小屋~荒川岳~赤石岳~赤石小屋、翌日は、赤石小屋~椹島ロッジにおりて、バスで駐車場まで、という計画。

しかし、レンタカー借りて、バス停に行ったはいいけど、7時半のバスに乗れず、次のバスはかなり先ということで、予定変更!

畑薙大吊り橋を渡って→ウソッコ沢小屋→ヤレヤレ峠越えて横窪沢小屋→茶臼小屋へ。いや~、これがなかなか急登で、パッキングヘタッピで、20キロはあるザック背負って登るのはきつかったです。お天気もよくなくて、上に行くごとに雨が降ってきました。もちろん、景色はぜんぜんダメ。ガスっててひんやり。

IMG_1670

IMG_1677

結構ヘロヘロ。しかも、夜になり雨が降ってきて、翌日のことが心配に。

翌日も霧。でも、少しだけ晴れ間が出て、なんと、ブロッケン現象が!

IMG_1695

初めてで感激!

聖岳目指してすすみます。いったん、小屋によって、宿泊手続きをして、荷物すこし減らして出発。
割とガレた登りでした。

前日といい、この日といい、あまりほかの登山者に会いませんでした。

そして、ついに、登頂!

IMG_1711

でもなんもみえねぇ!(笑)

小屋にいくと、こんな身なりのせいか、「あら、あなた、〇時くらいにどこそこにいたでしょ!」と何人かに言われました。
印象強くなってしまうんだな~。

前日泊まった茶臼小屋にもあったんだけど、ここにも、越冬ビールが!500ミリ2本で、700円は安い!結局どちらの小屋でも4本を3人で飲みました!

ettoh

そして、最終日24日は晴れでした!まったくねぇ。でもきれいな朝焼けも見れて、

IMG_1718

聖登山口まで、降ります。そこからバスで、大吊り橋の駐車場近くまで行き、車に乗って、白樺荘で、3日ぶりのお風呂!さっぱりしました。でも下界は暑いです。

車を返して、反省会。おいしいナマシラスいただきながら、乾杯しました。

namashirasu

いや~、ほんと結構きびしいコースだったけど、楽しかった~!

そうそう、聖平小屋では、夕方ホカはいて入ってきた一人の男性がいました。TJARに出る方で、試走にきたとのこと!あんまりカッコイイオーラが出てたので、写真撮らせていただきました。江川さんという方です。

tjar

横窪沢小屋はまさにコースらしくて、おやじさんが自慢げにテレビに映ったんだと話していました。

今度は当初の計画通りに南アルプス行ってみたいな~。


希望を叶えたい!

明日の早朝に家を出て、日が変わる日曜の0時から始まるおんたけに行きます。

ガレ萌えちゅうとはんぱで終わった去年。

コースは、元に戻ったらしく、なんとか完走の希望が出てきました。

去年は第一関門までの距離が5キロほど伸びて、まんまと引っかかってしまった私。

今年はとにかく無事完走したいです。

春の萩往還での事故以来、どうも気持ちが沈みがちでしたが、ここで上げていきたいな!

お天気も土砂降りではなさそうです。栄養補給、塩分補給気をつけなきゃ!私は、固形物食べるのが好きなので、ドロップバックには焼き鳥缶とかパウチの玉子焼きなんかを入れます。ノンアルもタオルでくるんで入れようかなー。

とりあえずいってきやす!