Transvulcania参加ガイド

20130511-R0015525s
前記事でも触れたが、既に2014年のTransvulcaniaのエントリーが開始している。今年現地を訪れた日本人はわずか3人だったが、ぜひもっとたくさんの人に参加してほしいレースである。今すぐにでも、5分もあれば世界最高の盛り上がりを見せる50マイルレースにエントリーすることができる。今年のレースは2012年末くらいまでは申し込めたが、参加者も増えて来ており早々に締め切られる可能性もあるし、ユーロのレートが悪くなる可能性もあるので興味があるなら今でしょ!

■レース概要
tvmap.profile
-距離:83.3km
-獲得標高:4,415m
-参加人数:約1,500人
-参加費:€70
-エイド:9カ所(内4カ所は水のみ)
-完走率:60〜65%程度
-制限時間:18時間
-関門:26.8km(6時間)/57.6km(12時間)/77km(17時間)
-その他、確実に関門アウトだとエイドで切られることもある模様
-必須装備品:1L以上の水が入る容器/ヘッドランプ/赤色点滅灯(後方用)
-サバイバルブランケット/携帯電話(大会本部の電話番号を登録)
-主要な参加選手(2013):Kilian Jornet/Sage Canady/Emelie Forsberg/Nuria Picas/
Tim Olson/Adam Campbell/Joe Grant/Luis Alberto/Francois D’haene

■レースにエントリー
①以下URLのレースのエントリーページを開き、Register(Individual)を選択
http://www.transvulcania.com/index.php/en/online-entry/ultramarathon

②以下の項目を入力
-First Name:名
-Last Name:姓
-Passport number:パスポート番号
-Profession:職業
-Phone:電話番号(+81-0を除いた市外局番以降)
-Age:年齢
-Address:住所 番地ー地名
-City:都市名
-Country:居住国名(普通はJapan)
-State:必須マークついてるが選択しない
-Zip:郵便番号
-Team:チーム名
-E-mail:メールアドレス
以下、英語ページでもなぜか項目名がスペイン語
-Fecha de Nacimiento:誕生日(日/月/年で記載するのに注意!)
-Sexo:性別 男=Hombre/女=Mujer
-Participas como Palmero?:ラパルマ島民としての参加ですか?→No
-Participas como canario?:カナリア諸島在住ですか?→No
-Si participas como Canario, de que isla?:カナリア諸島のどこの島?→選択しない
-Talla(camiseta):参加賞・完走賞シャツのサイズ
-Necesita Transporte hasta la salida?:スタート地点へのバス→必要Si/不要No
-Payment Method:支払い方法 Paypal o Tarjetaを通常は選択
⇒入力終了、Registration Confirmationを押す

③確認ページにて入力内容を確認後、下記を行う
-Verification Code:右側に表示されている文字を入力
-By registering for this event, I accept Terms and Conditionsにチェックを入れる
⇒Process Registrationを押す

以上にてエントリー完了。決済はクレジットカード又はPayPalにて行う。

■レースへの行き方
①ヨーロッパ主要都市からラパルマ島への直行便(2013/6/1現在)
参考として記載するが、マドリッドですら直行便は毎日運行されておらず、非常にアクセスが不便である。マドリッドやバルセロナからの便が豊富なカナリア諸島の2大メインの島であるテネリフェまたはグランカナリア乗継ぎをするのが一般的。
-マドリッド 火木土 Iberia Express
-デュッセルドルフ 金 Air Berlin
-フランクフルト 水 Condor

②島内の交通
-バスが1時間に1本程度
-島東部の主要な街、Santa Cruz de La Palmaでタクシーで€12程度
-レンタカーは€30〜40/日、左ハンドルMT、坂道発進できぬなら運転するべからず

③レース参加スケジュール(参考)
首都圏から最短スケジュールで行くには以下の行程が妥当なところである。日曜日の朝に日本への直行便が飛んでいる都市に辿り着ければ月曜に帰ってくる事も不可能ではないが、飛行機2〜3本乗継ぐ必要があるので非常にハイリスクである。見ての通り、行って、走って、そして帰るしか行程に含まれていない。参考までに今年利用したフライトルートを斜体にて記載する。
-5/8 木曜 成田発→ヨーロッパ内乗継ぎでカナリア諸島行きが便利な町へ
(もしくは羽田・成田発水曜深夜便を使って
木曜中にグランカナリア又はテネリフェへ)
Narita>>>Munich(Munchen)>>>Dusseldorf
-5/9 金曜 ラパルマ島へ移動、PM14:00頃までにレースの受付、ホテルチェックイン
Dusseldorf>>>La Palma
-5/10 土曜 レースAM6:00スタート(送迎バスはAM3:00もしくはAM4:00)
-5/11 日曜 グランカナリア又はテネリフェで乗継ぎヨーロッパ主要都市へ
La Palma>>>Gran Canaria>>>Lisbon(Lisboa)
-5/12 月曜 ヨーロッパ内乗継ぎ又は直行便にて日本へ帰国
Lisboa>>>Frankfurt>>>Narita
-5/13 火曜 成田着

■前回大会のドキュメンタリー


Transvulcania〜世界最高の50マイルレース

自己紹介に続くネタとしてはやはり先日参加のTransvulcaniaについて触れない訳にはいかない。スペイン領カナリア諸島のラパルマ島、別名isla bonita(美しい島)で5月の第2週に行われている50マイルのレースで、Sky Runner World SeriesのUltraカテゴリーのレースの一つであり、世界のトップ選手が近年こぞって参戦している。高低差のあるコースながらトップは7時間を切る。世界最高の50マイルといっても過言ではないだろう。特に、黄色い風船を振ってランナーを迎えるゴールの異様なまでの盛り上がりは他のトレランレースの比ではない。

早くも来年のエントリーが開始されており、2014年5月10日開催で€70である。今年の€50であったが、日本人からしてみればレートが100円→130円となったので、5,000円→9,100円と今後の為替相場次第では倍増となる勢いである。人気のレースなので興味がある人はすぐにでも下記の大会公式サイトからエントリーするのがいいだろう。
http://www.transvulcania.com/index.php/en/

tv_course
レースは上写真は右側の尖った先端部にあるFuencalienteの灯台横の海岸をスタートする。長い稜線をずっと通りながら1,931mまで上って一旦1,456mまで下り、カルデラをぐるっと回りながら2,426mを通過して一度海岸へと下り、340mのLos llanos de aridanteの町へと上り返した所がゴールである。関門となっている第3エイドのEl Pillarまではずっと砂礫のトレイル。ゲイターを履いてなかったのでシューズの中に砂や石が入り込んで不快感を感じながらずっと走り、結局は途中でシューズを脱いで取り除くはめになった。自分のレースはKilianが大好きと言っているRoque de Los Muchachosで終わってしまった。

映像の中で女子2位のNuria Picasが一生に一度は出るべきレースでスカイランニングの魅力と精神を体現したレースと語っている。日本からのアクセスは非常に不便であり、GW後という休みが取りづらい日程ではあるが、それでも行くだけの価値はある。


はじめまして

はじめまして。
ある日、赤紙が届いてMMA Blogを書かせていただくことになりました。国内/海外のあちこちのトレイルに行った際の記録や、レースの分析などを中心に私的偏見も交えながら書いていこうと思っています。まずはトレラン遍歴についてご紹介。

20090811-IMGP0087
2009年夏、旅行で行ったインド/ヒマラヤ地方のガンジス川源流4大聖地の一つ、ケダルナート(3,500m、上写真)の約15kmの道をヘロヘロになりながら上り、このままではいかんと思い軽快に山を上るトレイルランニングを始めようかと思う。帰国後に陣馬山トレイルレースに申し込む。が、何も準備せずトレランシューズとザックだけ買って、レース1週間前に試走に行ったのが初のトレラン。レース当日は全身が酷い筋肉痛になりながら何とか完走。直後にNHKの激走モンブランの放映があり、美しい景色と強豪選手を次々と追い抜く鏑木さんの姿に感銘を覚える。この年の間はどんなイベントがあるのかも知らず一人で手探りの状態。
2010年は年初よりOSJセミナーやトレイルランニング紀行など鏑木さんのイベントが当時頻繁に開催されていたのに積極的に参加。道志村を皮切りに40km程度のレースに3本出る。2011年は海外レースやロングレースへの参加の始まり。2012年、Born to Runを読んで以来興味を抱いていたLeadville100で100マイルに挑戦するのも50マイルの折り返し手前のコース最高点(3,840m)で撃沈してタイムアップ。
そして2013年、ゴールの盛り上がりは世界最高とも言える50マイルレースのTransvulcaniaに参加も練習不足と慢心により敗退。夏のLeadvilleリベンジでは同じ轍を踏まないように心を入れ替えて目下猛特訓に励んでいる、、、はず?

☆ホームコース
ロード :駒沢公園/多摩川
トレイル:三保市民の森

☆各年の主な参加レース(*はDNF)
2009 陣馬山
2010 道志村 おんたけスカイ 神流
2011 奥久慈* Sierre-Zinal Mountainaman-Ultra* 信越五岳
2012 野辺山ウルトラ 奥武蔵ウルトラ Leadville100* 白馬 浅間スカイマラソン
2013 伊豆トレイルジャーニー 平尾台 Transvulcania*