再び羊蹄山

20140812-R0017997
随分と久々の更新。投稿の内容も時間が空いてしまっているが、2ヶ月ほど前、お盆休みに昨年に転落事故を起こした羊蹄山への再チャレンジをした。あの事故以来、すっかり山登りがご無沙汰になっていた。仕事が忙しくなりエントリーしたレースはことごとくDNSして目標を見失った日々の中で、山に対するトラウマや恐怖のようなものが山を遠ざけてきた。だからもう一度羊蹄山には登る必要があるとかねてから思っていた。前日まで北海道は台風による雨風があり、台風一過の好天を期待していたが麓に着いてみれば中腹から上には雲がかかっている。まるで一年前の日と同じ、きっと上まで行くまでに晴れるだろう、そんな気持ちで登山道へと入る。

20140812-R0018015
ろくにトレーニングもしていなくてなまった身体ではペースが全然上がらず1年前よりもさらに時間がかかる。久々の山ということもあり距離感やペース感が全くない。かなり進んだつもりが、各合目の標識を見る度に全然進めてないことに気付くとがっかりする。羊蹄山は1500mほどひたすら登るだけの山なので、いつかは頂上に着くと言い聞かせて進むしかない。

20140812-R0018011頂上付近に着いても天候がいっこうに回復しない。頂上に向けてお鉢の尾根を回っているときに、猛烈な風に身の危険を感じて引き返す事にした。お鉢の稜線上はそれまでの登山道より遥かに強い風が吹いている。今回も頂上まであと一息の場所まで来ていたため、引き返すのは多少後ろ髪が引かれる思いをした。しかし、この猛烈な風の中、去年転落した所を越えていかないと頂上には辿り着かない。去年転落した原因が慎重さを欠いていたことは重々承知しているので二度と同じ轍を踏むわけにはいかない。今回は風が吹き荒れているのでヘリコプターも飛ばない。そう考えるとリスクを冒してまで進む理由は皆無だった。

20140812-R0018006
下山は終始ガレた道に走る事等できずで想定より時間がかなりかかってしまった。結果、時間的にも予定より遅れての下山となった。頂上を踏めなかったのは残念ではあったが2000m級の山登りができて満足はしている。これから少しずつ山登りを再開しよう、と思ってからの2ヶ月でまだ行けてない。。。