昇仙峡ゆるゆるトレイル

20161126-dsc_9077
11月の最後の週末で山の紅葉もそろそろ終わり、というところで特急かいじ号に揺られて甲府へと向かい昇仙峡へ行って来た。終わりかけの紅葉と季節前倒しの積雪の名残の中、晩秋のトレイルを満喫し、温泉と甲州ワインを楽しんだ。

家をゆっくり出たため12時過ぎに到着した甲府駅からバスで揺られてグリーンライン昇仙峡まで行き、遊歩道を歩いて奇岩や滝を眺めながら仙娥滝まで歩く。今回はがっつり走るモードではなかったので羅漢寺山の頂上まではロープウェイに乗る。往復の切符を買ってしまったが、一応片道でも切符は買えたようで失敗した。まずは弥三郎岳まで行って頂上から景色を眺める。金峰山方面はよく見えたが、富士山や南アルプス方面はガスっており、向かう電車からはもっとはっきり見えていたのでやや残念。

羅漢寺山のトレイルは入口が非常にわかりづらく、まさか観光客でにぎわう富士山ビュースポットの写真撮影場所の脇にあるとは気付かなかった。人がたくさんいた山頂駅付近とは一変、誰とも出会う事無くトレイルを楽しめた。2日前の雪は残っていたもののトレイル部分には雪がなかったので土の状態は問題なかった。しかし倒木が結構な数あり、巻こうとするにも上手く通れそうになかったので何度もくぐる羽目になった。それでも、ほぼ下りだけで斜度も緩かったため終始気持ち良く走れるトレイルだった。気温も低くなっているこの時期は汗もかかず快適である。

スタートは遅かったものの、16時前には下山し、その後ははバスで甲府駅に向かう途中の湯村温泉で日帰り入浴。元気があるのであれば湯村まで走ってもいいのかもしれない。風呂上がりは甲州名物とワインに舌鼓を打つというカロリーを消費したのか、それ以上に摂取したのかよく分からないが充実した一日となった。

20161126-imgp1874
降雪の影響あるがトレイル部分に雪は無い

20161126-dsc_9084
コース状にいくつかある倒木。くぐって通過(-_-;)

20161126-dsc_9094
落ち葉と木々の紅葉でカラフルな晩秋の彩り

20161126-imgp1870
右の方の金峰山は既に積雪

20161126-imgp1877
太刀の抜き石と富士山

20161126-imgp1835昇仙峡の奇岩


南アルプスマウンテンマラソン

20161120-dsc_9025南アルプスマウンテンマラソンで今年初めてトレイルレースに参加した。前日の雨が上がった晴天の中、南アルプスや富士山の絶景を眺めながらの20km強、激坂で転けたりしたものの楽しく走る事ができた。ハーフコースであれば大井川鉄道で帰れること、大会参加ついでに寸又峡に寄ろうと思った所がポイントでエントリーしていた。

20161119-imgp1747
前日は土砂降りの雨の中高速を下りて山道を走る羽目になったが、峠を越えた所で雨が止んで日が差してきた。午前中が天気悪かったせいか紅葉シーズンの割に人が少ない寸又峡へ。きっと朝から天気が良かったら道路も駐車場も大変な事になっていただろう。雨上がりの霧がかかって幻想的な風景を楽しむことができた。前泊をした宿でやや寝坊してしまったので準備万端ではなかったがとりあえず急いで駐車場へ向かう。バスでキャンプ場の入口まで行くが、そこからスタート地点までがやや離れていて全くの計算外でスタート時刻ギリギリとなっていたが、まさかのスタート15分遅延があった。駐車場からの輸送が予定通り行かなかった事が原因ということだ。

スタート前のトイレに手間取りレースはとりあえず最後尾からのスタートとなった。林道とはいえ抜くのは難しそうだしのんびり行けばいいやと歩く。最初の急登の渋滞まではコース誘導していた方からゼッケン番号を言われてびっくりするが、最新のザックの人がんばれ、と言われてテンションが上がる。MMA Dusty Backpackの黄色いカモフラージュ模様はかなり目立つ。フィット感もばっちりのため、長く使って来た最初期のキリアンザックもそろそろお役御免か。

http://mountain-ma.com/?portfolio=running-back-pack-dusty

急登を登り切った林道あたりからそろそろ人もばらけてきたので走り始める。第一エイドを過ぎてから長い登りを上り切るとご褒美?の富士山スポットがあった。15km過ぎてからの長い林道にこのままレースも終わりかと油断していたら激下りがあり転けまくったが、ほどよいアップダウンだったと思う。レース終了後、ゴールで豚汁やらいなり寿司、とろろご飯など色々食べ物が用意されているのがうれしかった。

20161120-dsc_9032
ゴールから駐車場へ戻る急ぎの人用のシャトルバスもあったが、大井川鉄道に乗るというのもこのレースに出る事の決め手であったので本数は少ないが12時45分の大井川鉄道で下泉駅に戻る。電車内はレースを終えたランナーで大混雑、そして下泉駅から駐車場へのバスは何回かのピストンをかなり待ってようやく乗れた。高速に戻る途中の川根温泉に立ち寄ったところ、こちらもランナーで混雑。大井川にかかる鉄橋を絶好の場所で見れる露天風呂で、偶然SLが通る時間だったので眺める事ができた。入浴後はいつの間にか道路が渋滞していて、さらに東名も大渋滞でかなり帰りが遅くなってしまった。ハーフだし早く帰れば夕方には家に着くと思っていたのは誤算だった。

20161120-dsc_9036
今回のレースの事前郵送無しということ、スタート時間に公共交通機関でアクセスできない上にスタートまたはゴール会場に駐車場がない、ということは大いに改善すべき所と思う。前者については郵送の事務手続きが面倒なのもよく理解できるが、何だかんだいっても郵便物が届くとそろそろ大会かという気分になるし、ちゃんと自宅に届いた参加証を持って会場に行くという事が身元確認にもなる。後者については、スタート時間を遅らせるのか、駐車台数が確保可能な場所をスタートorゴールにするかといったところか。
久々にトレイルの大会に出て景色眺めて気持ち良く走り、ご無沙汰していた人に出会ったりと充実した週末になった。


ほんとの空へ〜安達太良山

20161016-imgp1666
9月から久しく雨で始まる週末が続いていた中、ようやく晴れた10月中頃の週末、
茨城のひたち海浜公園に行く事にした。ほぼ手ぶら、町歩きの格好で家を出てから駅に向かう間になぜか、せっかく遠くまで行くのだからついでに福島の方でも行ってみるかと思いつき、その勢いで郡山に宿泊して翌日安達太良山へ。さすがにそれなりの標高の山に行く以上、防寒具がないと危険なので途中に通ったいわき駅の駅前の無印良品でセーターを買う。翌日、まあ行ける所まで行ければいいかと思ったが紅葉シーズンで人も多く、気持ちよく登る事ができた。

20161016-imgp1644
智恵子抄の一説の中で、東京には無い「ほんとの空」のある場所として語られるのが安達太良山である。標高1700mながら、見晴らしは遮るものの無い景色はまさに「ほんとの空」という眺めで実に素晴らしい。予備知識を持たず行ったが、その週のYahoo紅葉情報では東北のNo1スポットになるほど人気のようだ。福島という一見遠い場所にありながら、新幹線を使うのでコストはかかるが日帰りも十分できてしまうというアクセスの良さである。

20161016-imgp1683
紅葉シーズンのせいか郡山の先の二本松駅から登山口へ向かうバスは超満員、そして登山口手前で道も大渋滞。結局ロープウェイ駅の2kmくらい手前で痺れを切らした人達が降り始めたのでそれにつられてバスを下りて登山口へと向かう。ロープウェイを使えばかなり楽に登る事もできるが、登山コースとしても往復で5時間ほどで急な上りも無い。トレランのスタイルであればそれよりかなり早く景色を楽しみつつ帰って来れる。帰りは登山口にある奥岳の湯に浸かる。紅葉の安達太良山を眺めながら入浴できる最高の場所にして、まだ新しくきれいな施設である。帰りのバスもすし詰め状態だったが、バス乗継ぎの岳温泉で1本待っても大して時間が変わらなかったのであだたらカレーを食しつつ次のガラガラのバスで帰った。それでも東京に着いたのは19時前で、新幹線の速さは偉大というか、奥多摩の方に行っても同じくらい時間はかかるのではと感じた。

20161016-imgp1631
今回は日帰りで家に帰るつもりの町歩きの格好で家を出たまま、思い立って福島まで行っての旅行になったどころかその勢いで山へ登ったということに関して、万全の準備が出来ていると到底言えないことは重々承知している。ただし、当然のことながら登山届けは出しているし、登山コースと標準タイムも調べていたのでそれに対し必要十分と思われる水と食料も持って行った。そもそもこれまでに何度も痛い目にも遭っているので、今回は軽装(過ぎること)を考慮してハイカーだらけのメジャーなルートしか通っていない。楽しんで帰る事が一番大事。最低限抑えるべきところを抑えていればそのときの状況に応じて楽しめる範囲で楽しめばいい。「ほんとの空」を眺める事ができてよかった。

20161015-imgp1620
安達太良に向かう前に寄ったひたち海浜公園