Morning Running in London

20131014-DSC_3794
羊蹄山での事故から2週間後、ケガの抜糸直後で痛みが残る中ロンドンへと飛んだ。滞在期間中、時差ぼけで早朝に目が覚める事で朝ランを満喫しながらロンドン巡りをした。ロンドンの中心部はほどよい広さで8km〜10km程度の朝ランで様々な場所に行く事ができる。さらに、同じ場所でも天気によって見せる表情が異なる。いい汗をかきながら、街を散策する。朝ラン×街ランで朝の時間を有効に使う事が出来た。

ロンドンは15年ぶり、ちょうど人生の半分昔に訪れて以来だったが、前回は2日しか滞在しなかったので土地勘も全くない。朝に街を走ることで道を覚えて土地勘を養う。滞在していたホテルの周辺についてすぐに把握できた意義は非常に大きい。2日目、3日目と行き先の距離を伸ばしながらテムズ川の河畔やピカデリーサーカスまで足を運ぶ。週末には人でごった返すピカデリーサーカスやリージェンツストリートの界隈も朝には全く人がいない。朝の街を独り占めすることができる。そんな街中でもAppleストアには朝から人だかりできているのは東京と変わらない。歴史的建物と新しい建物、公園や広場が入り組んでいるロンドンの街はちょっとした距離のルートの中で色々なものを見る事ができる。

ロンドンではハイドパークやリージェンツパークなどの公園や、テムズ川沿いを走るランナーの数も多い。通勤ラッシュに沸く地下鉄駅から地上に出た人混みをかきわけて通勤すると思しきランナーも多数行き交う。チェーン店のランニングショップRunners needもあちこちにある。ランニング文化が定着していて実に走りやすい。

知らない街を旅したとき、朝のちょっとした時間を使って走って街を観察するのもいいだろう。

20131008-DSC_3475
朝焼けに染まるロンドンアイとビッグベン

20131011-DSC_3601
プリムローズヒルの丘上からの眺め

20131014-DSC_3797
リージェンツパークの並木道

20131011-DSC_3627
公園の木立に差す朝の光

20131014-DSC_3803
制作中のインスタレーション

20131007-DSC_3383
朝もやのハイドパーク

20131006-DSC_3205
朝もやのリージェンツパークに昇る朝日

20131008-DSC_3435
朝のロンドン中心部

20131009-DSC_3508
朝のKing’s Cross駅


Leadville Trail 100

20120820-R0010369今週末にアメリカ、コロラドで100マイルレースのLeadvile 100 Runが開催される。今年で31回目という伝統あるレースであり、Western States、Vermont、Wasatch Frontと並びGrand Slam of Ultra Runningと呼ばれるアメリカの4大100マイルレースの一つに数えられている。最大の特徴はコース全体の標高が高いことであり、コース最低地点で2,800m、最高地点では富士山より高い3,840mとなる。スタート地点のLeadvilleの町はコロラドの玄関、デンバーから200kmほど離れたロッキー山脈の山間部にあり、標高が3,094mである。町を歩いているだけで息が切れるような場所であり、ウルトラ/トレイルのバイブルでもある著書「Born to Run」の中で過酷なトレイルレースとして描かれている。過去に日本からの参加者(現地在住日本人を除く)では石川弘樹さんと四国のウルトラランナーのOさんしか完走していない。

20120818-DSC_1036
昨年出走したものの、コース最高地点の通過に手間取り50マイルで関門オーバーとなってしまった。例年の完走率は45%程度である。今年の注目選手は砂漠マラソンで抜群の成績を残している南アフリカの雄Ryan SandesとウルトラマラソンのレジェンドScott Jurekである。そしてチームすぽるちばからも2名が出走予定である。レースの途中経過は以下のサイトにて見る事ができる。
http://my1.raceresult.com/details/index.php?page=4&eventid=18847&lang=en
20120818-DSC_1034
レースはLeadvilleの町の中心部がスタート/ゴールとなる往復コースである。まだ暗い4時にスタートし、翌10時までの30時間が制限時間である。比較的なだらかな山を2つ越える40マイルと、10マイルのコース最高地点の峠越えで構成される。40マイル〜60マイルで1000m近くの一気上り下りを2連続で行うので非常にタフである。40マイルまでは走りやすい部分がほとんどであるが、そこで脚を使い切ると峠越えが厳しくなる。コース最高地点の名前がHope Pass(希望峠)なのは何ともブラックジョークのようである。参加ランナーからはHope Pass is hopeless.と呼ばれている。100キロから先は2度の峠越えによるダメージを抱えながらの夜間走となるが、しっかり走らなければ完走は難しい。完走者、特に25時間以内の完走者にはゴールドバックルが与えられて讃えられる。今年はどのような結果レースになるだろうか。

LTP

夏の海外レースといえばUTMBが盛り上がっているが、お盆の時期の第3土曜に開催されていて抽選不要のこのレースへの参加もお勧めである。年明け頃にエントリーが開始され、800人の先着であるが今のところクリック合戦にはなっていないようである。来年のレースにポチッとしてみてはいかがだろうか。

■2011年Ryan Sandesが優勝した際のサロモンチームのドキュメンタリー

あとがき:今年もエントリーしていましたが、休みが取れずDNSとなりました。久々の更新がDNSの報告でゴメンナサイm(__)m


Transvulcania参加ガイド

20130511-R0015525s
前記事でも触れたが、既に2014年のTransvulcaniaのエントリーが開始している。今年現地を訪れた日本人はわずか3人だったが、ぜひもっとたくさんの人に参加してほしいレースである。今すぐにでも、5分もあれば世界最高の盛り上がりを見せる50マイルレースにエントリーすることができる。今年のレースは2012年末くらいまでは申し込めたが、参加者も増えて来ており早々に締め切られる可能性もあるし、ユーロのレートが悪くなる可能性もあるので興味があるなら今でしょ!

■レース概要
tvmap.profile
-距離:83.3km
-獲得標高:4,415m
-参加人数:約1,500人
-参加費:€70
-エイド:9カ所(内4カ所は水のみ)
-完走率:60〜65%程度
-制限時間:18時間
-関門:26.8km(6時間)/57.6km(12時間)/77km(17時間)
-その他、確実に関門アウトだとエイドで切られることもある模様
-必須装備品:1L以上の水が入る容器/ヘッドランプ/赤色点滅灯(後方用)
-サバイバルブランケット/携帯電話(大会本部の電話番号を登録)
-主要な参加選手(2013):Kilian Jornet/Sage Canady/Emelie Forsberg/Nuria Picas/
Tim Olson/Adam Campbell/Joe Grant/Luis Alberto/Francois D’haene

■レースにエントリー
①以下URLのレースのエントリーページを開き、Register(Individual)を選択
http://www.transvulcania.com/index.php/en/online-entry/ultramarathon

②以下の項目を入力
-First Name:名
-Last Name:姓
-Passport number:パスポート番号
-Profession:職業
-Phone:電話番号(+81-0を除いた市外局番以降)
-Age:年齢
-Address:住所 番地ー地名
-City:都市名
-Country:居住国名(普通はJapan)
-State:必須マークついてるが選択しない
-Zip:郵便番号
-Team:チーム名
-E-mail:メールアドレス
以下、英語ページでもなぜか項目名がスペイン語
-Fecha de Nacimiento:誕生日(日/月/年で記載するのに注意!)
-Sexo:性別 男=Hombre/女=Mujer
-Participas como Palmero?:ラパルマ島民としての参加ですか?→No
-Participas como canario?:カナリア諸島在住ですか?→No
-Si participas como Canario, de que isla?:カナリア諸島のどこの島?→選択しない
-Talla(camiseta):参加賞・完走賞シャツのサイズ
-Necesita Transporte hasta la salida?:スタート地点へのバス→必要Si/不要No
-Payment Method:支払い方法 Paypal o Tarjetaを通常は選択
⇒入力終了、Registration Confirmationを押す

③確認ページにて入力内容を確認後、下記を行う
-Verification Code:右側に表示されている文字を入力
-By registering for this event, I accept Terms and Conditionsにチェックを入れる
⇒Process Registrationを押す

以上にてエントリー完了。決済はクレジットカード又はPayPalにて行う。

■レースへの行き方
①ヨーロッパ主要都市からラパルマ島への直行便(2013/6/1現在)
参考として記載するが、マドリッドですら直行便は毎日運行されておらず、非常にアクセスが不便である。マドリッドやバルセロナからの便が豊富なカナリア諸島の2大メインの島であるテネリフェまたはグランカナリア乗継ぎをするのが一般的。
-マドリッド 火木土 Iberia Express
-デュッセルドルフ 金 Air Berlin
-フランクフルト 水 Condor

②島内の交通
-バスが1時間に1本程度
-島東部の主要な街、Santa Cruz de La Palmaでタクシーで€12程度
-レンタカーは€30〜40/日、左ハンドルMT、坂道発進できぬなら運転するべからず

③レース参加スケジュール(参考)
首都圏から最短スケジュールで行くには以下の行程が妥当なところである。日曜日の朝に日本への直行便が飛んでいる都市に辿り着ければ月曜に帰ってくる事も不可能ではないが、飛行機2〜3本乗継ぐ必要があるので非常にハイリスクである。見ての通り、行って、走って、そして帰るしか行程に含まれていない。参考までに今年利用したフライトルートを斜体にて記載する。
-5/8 木曜 成田発→ヨーロッパ内乗継ぎでカナリア諸島行きが便利な町へ
(もしくは羽田・成田発水曜深夜便を使って
木曜中にグランカナリア又はテネリフェへ)
Narita>>>Munich(Munchen)>>>Dusseldorf
-5/9 金曜 ラパルマ島へ移動、PM14:00頃までにレースの受付、ホテルチェックイン
Dusseldorf>>>La Palma
-5/10 土曜 レースAM6:00スタート(送迎バスはAM3:00もしくはAM4:00)
-5/11 日曜 グランカナリア又はテネリフェで乗継ぎヨーロッパ主要都市へ
La Palma>>>Gran Canaria>>>Lisbon(Lisboa)
-5/12 月曜 ヨーロッパ内乗継ぎ又は直行便にて日本へ帰国
Lisboa>>>Frankfurt>>>Narita
-5/13 火曜 成田着

■前回大会のドキュメンタリー


Transvulcania〜世界最高の50マイルレース

自己紹介に続くネタとしてはやはり先日参加のTransvulcaniaについて触れない訳にはいかない。スペイン領カナリア諸島のラパルマ島、別名isla bonita(美しい島)で5月の第2週に行われている50マイルのレースで、Sky Runner World SeriesのUltraカテゴリーのレースの一つであり、世界のトップ選手が近年こぞって参戦している。高低差のあるコースながらトップは7時間を切る。世界最高の50マイルといっても過言ではないだろう。特に、黄色い風船を振ってランナーを迎えるゴールの異様なまでの盛り上がりは他のトレランレースの比ではない。

早くも来年のエントリーが開始されており、2014年5月10日開催で€70である。今年の€50であったが、日本人からしてみればレートが100円→130円となったので、5,000円→9,100円と今後の為替相場次第では倍増となる勢いである。人気のレースなので興味がある人はすぐにでも下記の大会公式サイトからエントリーするのがいいだろう。
http://www.transvulcania.com/index.php/en/

tv_course
レースは上写真は右側の尖った先端部にあるFuencalienteの灯台横の海岸をスタートする。長い稜線をずっと通りながら1,931mまで上って一旦1,456mまで下り、カルデラをぐるっと回りながら2,426mを通過して一度海岸へと下り、340mのLos llanos de aridanteの町へと上り返した所がゴールである。関門となっている第3エイドのEl Pillarまではずっと砂礫のトレイル。ゲイターを履いてなかったのでシューズの中に砂や石が入り込んで不快感を感じながらずっと走り、結局は途中でシューズを脱いで取り除くはめになった。自分のレースはKilianが大好きと言っているRoque de Los Muchachosで終わってしまった。

映像の中で女子2位のNuria Picasが一生に一度は出るべきレースでスカイランニングの魅力と精神を体現したレースと語っている。日本からのアクセスは非常に不便であり、GW後という休みが取りづらい日程ではあるが、それでも行くだけの価値はある。