鎌倉でのトレランについて

20171008-DSC_0018
レースに向けた練習として鎌横トレイル&ロードランを2週ほど続けて行った。北鎌倉〜天園〜市境広場〜いっしんどう広場のトレイルで港南台に抜けてロードをあとは上永谷から環状二号線でひたすら。先週は上星川の満天の湯でフィニッシュの30km、今週は新横浜ー綱島ー日吉と通り過ぎて溝ノ口温泉喜楽里でフィニッシュの45kmというコースだった。写真は途中の陣ヶ下渓谷公園にて(タイトルとは無関係)

さて本題、鎌倉ハイキングコースであった残念な事と考えた事について。この週末は天気がよかったこともあり天園ハイキングコースはかなりハイカーがいた。その都度挨拶をして注意深く追い抜いていたが、途中でハイカーの集団が10数人程度でさほど広くもないトレイルを歩いていたので後ろを歩いてついていくことにした。向こうから譲っていただけるまでは無理に追い抜いたりしない、そんなことは当然である。人がこれだけたくさんいるこのコースはトレランするのが間違いだな、と思った矢先に後ろから他のトレイルランナーが走って来て「通ります!」の一言で脇を強引に駆け抜けていく。そもそも、「申し訳ございません」等の断りも無く「通ります!」って言えばハイカーは道を空ける、トレイルランナーはそんなに偉かったのか、全く知らなかったが。しかも、人をどかせておきながらその先の緩い登りを彼は歩いていて、何を急いでいたのだろうか。

いつ事故になってもおかしくない。こういうことが日常茶飯事なのであればトレラン禁止という看板を立てることが一番楽な解決となるだろう。今は公園でボール遊びもペット放し飼いも花火もできないのだから。鎌倉トレイル協議会がまさにそういう危機感を持っていて動画を作成しているのでご紹介。

https://www.youtube.com/watch?v=SLqLNJKJojY

夏を過ぎてハイキングにも気持ちいい今の時期の鎌倉は子どもから高齢の方まであらゆる年齢層の人がハイキングを楽しんでいる。少なくとも紅葉シーズンが終わるまでは早朝と夕方の日没前、人が少ない時間帯を除いては鎌倉のハイキングコースでのトレランは止めた方がいいと思った。上記動画でも天園ハイキングコースが通年、土日10時〜14時は走るべきでないとされている。お互いが気持ちよくトレイルを共有をするために出来る事は、時間帯をずらすのか、場所をずらすのかである。観光客が行かないルートについてはハイカーの数もそう多くない。そしてハイカーの多い時間帯/場所に行かざるを得ないのであればハイカーを常に優先すること、出来る事をしっかりとやることが重要である。


大会開催とトレイルのダメージ

先日参加した雁坂峠越え秩父往還で、雁坂峠の登山道の状態が気にかかってはいたが、残念ながら状況はとても芳しいとは言えないようだ。悪天候の中でレースを行う場合には参加者の安全配慮も重要だが、トレイルの健全性への配慮も非常に重要と思い知らされる事態となった。出走250人というかなり小規模な大会にも関わらずそれなりにダメージがあったことは認識が甘かったし正直驚いた。トレイルの雨で脆くなった部分が崩れ、そこを避けるためにトレイルを外れる、ということが繰り返されたからだろう。

レース開催直後から参加した人がトレイル区間がぐちゃぐちゃ、一部崩落していたことをブログやSNSに書いていたが、かなり早くに主催者のスポーツエイドジャパンからトレイルの状態は問題ないという発表があった。
『現時点では通過に問題ありませんので、ご安心ください』
『雨量が多ければ当然、路面はぬかるみ、たいへんな状況になったと見勝ちですが、水が引くとそれなりに元の状態に戻っていきます』

https://www.facebook.com/SportsAidJapan/

これでほっと思ったのもつかの間、その後、雁坂小屋のブログには具体的な写真が示されながらトレイルがダメージを受けたこと、そしてその後のSAJの対応に不快感と憤りを感じている記事が掲載される。
『安全に、楽しく上がってきてほしいという願いは、数時間で蹴散らされました』
『ちょっとずつ登山道を整備してきた小屋番にとっては耐え難い光景でした』
『何か所も路肩が崩れ落ち、こねくり回した泥の斜面になっている。それはひどいものでした』

http://karisakakoya.blogspot.jp/2016/09/blog-post_26.html

ぐちゃぐちゃの中を通過した身としてはやっぱりか、という印象である。明らかに大会起因でダメージを受けたことも事実ではあるがSAJが言う『問題ない』も雁坂小屋の言う『ひどい』も主観的評価である。どっちを信用するとかしないとか言う訳ではなく、雁坂峠の現状がどうなっているのか、自分の目で早々に再確認する必要があると思う。同じ轍を踏まないために今後の反省や教訓として生かすべきはトレイルの土質が元々どのような場所だったか、路肩崩落や土砂流出がどの程度の数発生しているか、どこで発生しているか、というような客観的な状況把握である。

結局先週末は土曜に雨が降ったりで都合を立てられず行けなかったが、そんな中で箱根へ行って来た。箱根の外輪山トレイルも中々に荒れている印象。トレイルの部分が水の通り道となっているせいかそれを避けてトレイルを踏み外した痕跡がかなりある。9月に雨の日数が多かったこともありどこも緩みがちなのだろうか。水はけの悪い場所では水たまりと足跡が多数残っている状況だった。参加者の安全確保もさることながらトレイルの健全性への配慮、というのも悪天候時の大会開催是非の判断材料として重要な要素と身をもって認識した。
大会は年間1日限りだが、トレイルはずっと使われなければならない。