中国のトレイルをめぐるエトセトラ

延々と続いていく竹林がとても中国的だ

延々と続いていく竹林がとても中国的だ

市街地を抜けて山に入ると、どこまでも続きそうな竹林が広がっている。いかにも中国という雰囲気たっぷりで、藪からパンダがひょいっと出てきそう。

おっと危ない、そんなことを想像していると、細いトレイルの足元にはタケノコがにょきっ。行く先々で土から顔を出していて、気を抜いていると足を引っかけそうになる。

竹の葉を揺らしていた風が弱まり、しっとりとした空気がさらに重みを増す。空に向かって勢い良く伸びた竹林に霧が漂い始めた。やがて、白いもやが広がり、鮮やかな竹の緑を覆い隠すように景色をモノトーンに変えていく。水墨画の世界である。

夢と現実の狭間とも思える幻想的な森を走る。

風が止み、周囲が静けさに包まれた。足元の落ち葉を踏む音がやけに響く。湿った空気を吸い込むと、かすかに土の匂いがした。

はかなげな線描に満ちた水墨画の中で、自分の感覚だけが、ここが現実だということを示している。日本を離れて中国へ行ってきた。向かった先は上海から車で5時間ほど南に下った浙江省臨海市。UTGK(Ultimate TsaiGu Trail Kuocang)という100kmレースの出場が目的だ。普段の生活から遠く隔たった桃源郷のような日々が、そこにあった。

古城の城壁もコースの一部。写真は下見の様子、中央には石川弘樹さん。

古城の城壁もコースの一部。写真は下見の様子、中央には石川弘樹さん。

▼▽▽▲▼▽▽▲▼▽▽▲▼▽▽▲

というわけで、22日に中国で行われたUTGKをご紹介しつつ、短期集中で中国の旅を振り返ります。


ハワイで着るウェアといえば

気がつけばもう1カ月を切っていたのでした。5月にハワイで開催されるMauna to Maunaに向けて、準備のピッチを上げねばと焦っております。

準備というと、1週間ずっと担いで走る荷物が気がかり。1週間分の食料や衣類、寝袋などです。毎回ちょっとずつ軽量化を図っています。

今回は、昨年ナミブ砂漠で見かけた海外選手のウェアを取り入れることに。

タイベック

タイベックの防護服。軽量で丈夫、なにより安い!

透湿性はこの後試してみるとして、ともあれ安い!

ちょっと股下が長くてへこむけど、やっぱり安い!

1000円くらいです。用途としては、キャンプ地での防寒着とレインウェア。

1週間にわたってキャンプ地で着続けると、付着したホコリや砂やら汗に謎の男汁が化学反応を起こして、ニオイと汚れがしっかり残ってしまいます。ちょっとオシャレでお高いウェアだと、レースが終わってから着るのがためらわれることも。

これならガンガン使い倒せますし、買い替えてもあまり痛手はありません。
財布の中身も防護してもらえるのです!

 

 


マグネシウム足りてますか?

3商品

前々から気になっていた栄養測定サービス「Vita note」が近々始まるようです。

なんと、マグネシウム、カルシウムなどのミネラルや、たんぱく質を測定してもらえます。しかも手軽に。

栄養バランスの検査結果が分かるスマホページのイメージ画像。この人はカルシウムが足りてません。

栄養バランスの検査結果が分かるスマホページのイメージ画像。この人はカルシウムが足りてません。

栄養バランスが分かるということは、食事の質を効果的に上げることができるだけでなく、トレイルを長時間走った後で、自分の体がどのように栄養バランスを崩すのかを知る、なんてこともできそうです。走行中の補給にも役立てられそうなにおいがします。

仕組みはというと、購入して郵送されたキットを携えてトイレにこもること数十秒。おしっこを採取してドアと社会の窓を閉めた後は、キットをポストに投函。あとはWebで質問に答えるだけ。1〜3週間待てば検査結果がスマホでみられるというシステムです。

キットの中身。ちゃんと撮影されていると、なんだかオシャレな印象すら感じます。

キットの中身。ちゃんと撮影されていると、なんだかオシャレな印象すら感じます。

イメージ的には自宅で検尿。。。

イメージ的には自宅で検尿。。。

一般販売は5月中旬だそうです。4月7日にキットの予約販売がスタートしているのですが、この日は世界で初めてビタミンを発見した鈴木梅太郎氏の誕生日とのこと。サービスを提供するユカシカド社のこだわりが感じられます。

血液検査だと、個別の栄養素について知ることをできなかったので、これを使えば、かゆいところに手が届きます。ミネラルなんかは、汗と一緒にドバドバ流れていく気がして、正直なところ摂取量が足りているのか、よく分かりませんでした。汗キツ系男子としては、試してみる価値ありかと。

おしっこも汗も成分は似たようなものですし。などと言っていると、話が妙な方向に行きそうなので、水に流してください!

Vita noteの購入ページ→https://vitanote.jp/?from=co_information

クラウドファンディングページもあるみたいです→https://readyfor.jp/projects/vitanote

ユカ・シカドさん(間に「・」を入れると人名っぽい)→http://www.yukashikado.co.jp/

画像提供:ユカシカド