中国のトレイルをめぐるエトセトラ

延々と続いていく竹林がとても中国的だ

延々と続いていく竹林がとても中国的だ

市街地を抜けて山に入ると、どこまでも続きそうな竹林が広がっている。いかにも中国という雰囲気たっぷりで、藪からパンダがひょいっと出てきそう。

おっと危ない、そんなことを想像していると、細いトレイルの足元にはタケノコがにょきっ。行く先々で土から顔を出していて、気を抜いていると足を引っかけそうになる。

竹の葉を揺らしていた風が弱まり、しっとりとした空気がさらに重みを増す。空に向かって勢い良く伸びた竹林に霧が漂い始めた。やがて、白いもやが広がり、鮮やかな竹の緑を覆い隠すように景色をモノトーンに変えていく。水墨画の世界である。

夢と現実の狭間とも思える幻想的な森を走る。

風が止み、周囲が静けさに包まれた。足元の落ち葉を踏む音がやけに響く。湿った空気を吸い込むと、かすかに土の匂いがした。

はかなげな線描に満ちた水墨画の中で、自分の感覚だけが、ここが現実だということを示している。日本を離れて中国へ行ってきた。向かった先は上海から車で5時間ほど南に下った浙江省臨海市。UTGK(Ultimate TsaiGu Trail Kuocang)という100kmレースの出場が目的だ。普段の生活から遠く隔たった桃源郷のような日々が、そこにあった。

古城の城壁もコースの一部。写真は下見の様子、中央には石川弘樹さん。

古城の城壁もコースの一部。写真は下見の様子、中央には石川弘樹さん。

▼▽▽▲▼▽▽▲▼▽▽▲▼▽▽▲

というわけで、22日に中国で行われたUTGKをご紹介しつつ、短期集中で中国の旅を振り返ります。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>