中国のトレイルをめぐるエトセトラ2

窓ガラスに頭をぶつけ、夢見心地で旅が始まった。突然の衝撃に驚くが、痛みはない。明るい光にとまどいながら、うっすらと目を開けた。周りからはにぎやかな話し声が聞こえてくる。

目が慣れてくるころには、通路に長い列ができていた。東京を飛び立った飛行機が上海に降り立ったことに気付く。やけに頭が重く感じられた。寝不足の頭を働かせて理由を思い出す。

出国前に終わらせようとしていた仕事の量を読み違え、出発前夜になってもメドがつかず。そこでようやく危機感を抱き、残った仕事を片付けようと夜を明かし、そのままフライトの時間を迎えた。すでに疲れきった頭で、ターミナルを間違えつつも搭乗。なんとか仕事を終えた安堵感から、席に着くなり眠り込んでしまっていた。

ぼーっとしたまま、同じフライトでやって来たウスイさんと到着ロビーに向かう。碓井さんの風貌はとてもインパクトが強い。15cmオーバーのヒゲが顔に沿って密集しているのだ。にもかかわらず「ウスイ」。立派なヒゲは、砂漠の民を思わせる。前年にサハラ砂漠マラソンを完走しているので、あながち間違いでもない。現地では日本人だと気付かれなかったに違いないと僕は推測している。

ウェルカムボードを持った人たちの間に、見知った爽やかな笑顔を見つけた。アスリート向けのサプリメントを手がける「スタミナ・スポーツ」の王さんだ。今回出場するUTGKのスポンサーあり、僕とウスイさんを含む6人のランナーを招待してくれた企業である。

王さんに案内されて、この日合流予定だった2人と合流する。名前と顔は事前に見知っていたので、すぐに一致した。石川弘樹さん、丹羽薫さんだ。もう1人は台湾のチンくん。チームサロモンに所属する台湾のエリートランナーだ。そんな3人と対面して、途端になんだか場違いなところに来てしまった気がしてきた。

車で上海から5時間ほど移動。中国は広い。途中で何度かサービスエリアに立ち寄った

車で上海から5時間ほど移動。中国は広い。途中で何度かサービスエリアに立ち寄った

僕とウスイさんは、昨夏のステージレース「白山ジオトレイル」で知り合ったスタミナ・スポーツの社長コンさんに招待され、ノコノコとやって来た、いわばその辺の野良ランナーなのだ。

自己紹介がてら、石川さんと雑談。

「いま中国はアツいんですよ」

「25℃まで上がるらしいですね」と僕。

「気温もですけど、トレイルシーンが熱いんです」

情報に疎い野良ランナーぶりを発揮してしまう。そういう熱さですね。ここ3年で中国のトレイルレースは300を数えるようになったそうだ。日本が10年かけて歩んできた道のりに、数の上ですぐに追いついたことになる。人口規模が違うとはいえ、トレイルランニングへの注目度はかなり高いようだ。

などなど親切に教えてもらい、ふと気付く。いくつものスポンサーのロゴが入っている石川さんのウェアに対して、僕はといえば、上下ともにキレイな無地。

同じように招待という土俵に乗っていいのだろうか、同行していていいのだろうか。などと一瞬考えるものの、徹夜明けで疲弊した脳はあまり考え事に向かない。ほどなくして思考を放棄した。

まあ、いいのだ。

来てしまったのだから仕方ない。走るしかないのだ。雑に結論づけて空港から大会の開催される臨海市に移動するべく車に乗り込んだ。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>