ハワイレース記

ハイライトから書いてしまったものの、時空を巻き戻って大会紹介です。

溶岩でできた大地は転ぶと流血必至。

溶岩でできた大地は転ぶと流血必至。

初開催となったMauna to Mauna(M2M)は7日間で6ステージが繰り広げられるステージレース。大会中に必要とされる食料、寝袋などの物資はすべて背負って運ばなくてはならない。水と宿泊するテントは大会側が用意してくれる。僕の装備は、水をのぞいた乾燥重量で7kgと、わりと軽めだった。10kgを超えるランナーもちらほらいるが、重さはスピード、疲労と密接に関わるので、できるだけ軽量化を図っておきたいところである。

コースはというと、大会名となっているふたつのMauna=山が舞台になる。マウナケアとマウナロアである。火山活動によって誕生したハワイ島は溶岩でできたゴツゴツとした大地があちこちで見られる。一歩踏み間違えて転倒すると流血は避けられない。テクニカルな路面なのだ。

装備チェックの行われた大会前々日に、想定外のアナウンスが告げられ、コースレイアウトが当初予定から大きく変わった。レース4日目には、もっとも高い地点で標高3,000m近くまで上昇して、コース終盤まで2,000m台で推移していく。元々は1,000m台だったことを考えると大幅な変更である。そして全体的にアスファルトの上を走る区間が増えるらしい。

コース変更にいたったのは、土地所有者からの合意が得られなかったからだという。3年前から用意していたコースが直前になって覆るというのは主催者としては残念に違いないが、出場する側としても戸惑うばかりである。初開催ということで不備が出るのは仕方ないと思っていたものの、予想を上回る展開である。

ドタバタぶりに拍車をかけたのが天候である。常夏の島をイメージしていたにも関わらず、連日の雨という想定外ぶり。特に大会前半は一時的なスコールではなく、朝から晩まで降りつづけるという異常気象に見舞われることになる。地元から出場している選手ですら、天気の予測が困難で、首をかしげるほどだった。

どうでもいいことではあるが、ハワイ到着時にスマホとポケットWi-Fiを入れたシャツを飛行機に置き忘れてしまったことも、僕にとっては誤算であった。


17秒の思い出3

2A4A6678

火山活動がいまも続くハワイ島は地表にその特徴を示している。ゴツゴツとした溶岩大地は荒々しく、走ることを拒もうとしているかのようだ。牧場内はさらに、膝下まで草が茂り、岩の凹凸をカモフラージュしている。足を置くまでどんな接地になるのかが分からないのである。瞬間的に地面の状態を判断して転ばないようにバランスを取るのだが、スピードを維持しようとする上位ランナーほど転倒のリスクが高くなる。

もっとも僕はスピードもペースも関係なかった。再び追いついたルイージの前に出て抜かれない、それだけを考えて走っていたからだ。彼が前に行こうとすれば僕はさらに先に出る。そこからリードを広げる余力はなく、転びそうなフットワークでフラフラと走り、一定の間隔を維持するので精一杯。もう抜けない、突き放せないと思わせるまで、同じことを繰り返すしかない。

2人でいつ終わるとも分からない我慢比べを続けるうちに、不思議な感覚が芽生えてきた。順位を争うライバルではあるが、230kmもほとんど同じタイムで走り、同じ過酷さを味わってきたのだ。目印となるコーステープを見失い、協力して探したことも1度や2度ではない。自分ひとりでこんなに強い意志を持って走って来られただろうか。彼の存在なしには、こうして辿り着くことはできなかったかもしれない。苦しい展開なのに決着がついてしまうことが少し惜しかった。

だからといってレースを終わらせないわけにはいけない。最後まで全力を尽くして自分たちの最後を見届けるのだ。40kmをすぎ、ゴルフコースへ。カートの走るアスファルトがコースだ。

ルイージが上り坂でラストスパートを仕掛けてきた。彼もまた、17秒差を守ろうとする僕と同様に、逆転するためにすべてを注いできたのだ。大きなストライドでリードを奪っていく。

これが最後の攻防になる。確信があった。慌てることなく、上りで出遅れた分をダウンヒルで取り戻す。下るのではなく、落ちていくイメージ。重力に任せてスピードに乗り、横に並ぶ。

疲労と痛みを無視して歩幅を広げ、小さなアップダウンを乗り越えていく。筋肉の強ばる終盤は意識していないと動きが小さくなりがちだ。一歩だけでは、わずかな違いだが、積み重ねていけば勝負を分ける違いとなる。巻き返してリードを奪い、ゴルフコースから公道に出るところで、痛恨のコースロスト。下り坂の途中で曲がるはずが、そのまま駆け下りてしまった。

再び先行を許し、ゴールまでは2kmを切ったが、不思議と焦りはない。ゴールゲートをくぐるまでに追いつけばいいのだ。少しずつ背中に近づく。そして、並走できるまでに巻き返したところで、ルイージが観念したように終戦を告げた。「ここからは一緒に行かないか」

もちろん、そのつもりだった。

17秒差をめぐって戦い抜いてきたからこそ、相手に対する敬意が止まらなかった。自分が苦しんできたことを相手も耐え続けてきたのだ。それに、彼がいなければ、自分ひとりではここまで追い込めなかった。影よりも近い距離を走り、僕の力を引き出してくれた。

走ることは本質的に孤独だと思っていた。進むにしても、止まるにしても最後の最後に頼ることができるのは自分だけだ。独りであるとしても、同じ目的に向かって走り続ける限り、分かち合うこと、認め合うことはできる。すべてのランナーは競い合う相手であり、仲間でもある。誰かに合わせるのではなく、全力を出し切って初めて互いの距離が縮まるのだ。相手から遠ざかろうとして走ることで、近づくことができる。走る、ただそれだけのシンプルな行為が人と人をつなぐ。そんなことに気付かされたデッドヒートだった。

結局、この日は2人で同時にゴール。時間差は17秒のまま変わらず、決着は最終日に持ち越し、ほかの選手やスタッフに「最終日の8kmもやり合うんだろ」とゴシップにも似た話題を提供することになった。17秒は何かをやるには短すぎるが、17秒は2日間にわたり、大きなトピックとして娯楽のひとつになっていた。


17秒の思い出2

ハワイでのレース終了から3日目で、ようやく足首の腫れが引いてきました。大事をとって足を休めているのですが、早く走りたいなあ。続ハワイの話です。

固く尖った溶岩を踏んで走るので、みんな足はボロボロ

固く尖った溶岩を踏んで走るので、みんな足はボロボロ

足を草むらに叩き付ける。そして繰り返す。ドラムを打つように、慎重に、精確に一歩ずつ時間を刻む。ほとんど音のないドラムンベースに、背の高い草を切り裂く音が時折ノイズのように耳に入ってくる。

わずかな時間差をめぐって、スタートからずっとイタリアの大男と競り合っている。ロングステージ後につかの間の休息を味わい、6日目のコースは47kmだ。スタートから20kmにわたり草地のダウンヒルが続く。

地形によってリズムは気まぐれに変わっていく。傾斜が緩やかになれば必然的にテンポも遅くなる。目の前の地面が一瞬消えた。急傾斜に切り替わり、ビートが早まる。そして、背後でも同じようにリズムが刻まれていた。変化に欠けるコースレイアウトは、長い距離を双子のように同じタイムで走ってきた僕たちのペースを狂わせる決定打にはならなかった。

その間も足には着々とダメージが蓄積されていく。宙を浮いた体を一本の足で支え、また蹴り出す。その着地の瞬間に、地面と接した足は大きな衝撃を絶えず受けている。このレースでは荷物の重さが加算されるので、もちろん普段よりも大きなダメージを被ることになる。

ロングステージでのダメージもあり、ルイージについていくのが苦しくなる。両足首とふくらはぎが痛み、距離とともに痛みが増していく。足首の動きは柔らかさがなくなり、地面からのインパクトを吸収しきれていない。可動域が狭まり、きしむ音が聞こえてきそうだ。ふくらはぎもれんが造りの壁がボロボロと崩落するかのように力強さを失っていく。

にも関わらず、時計に目を落とすと、まだ2時間もたっていない。先の見えない作業を延々と繰り返しているうちに、時間の進み具合が特別遅くなったと勘ぐりたくなるほどだった。

足首でも膝やスネでも構わない。早く壊れてしまえばいいのに。そうすれば楽にペースを落とすことができる。あわよくばリタイアも。ひどい誘惑が脳裏をかすめる。しかし、自分の意志で止まりたくはない。そこに理由があれば、話は別だ。言い訳を探しながら、その都度、ろくでもない誘惑を後方に置き去りにして一歩先に進み続ける。

同じ脚の痛みであれば、長い距離を走っているうちにコントロールできるようになる。コントロールというと語弊があるのかもしれない。ドーパミンやアドレナリンが脳内に放出され、脱水症状で頭がゆだってくると、気にならなくなるだけで、痛みの原因となる筋肉の損傷は悪化していく。一時的に痛みが麻痺していても、どこかで揺り戻しがくる。

それが標高差1700mのダウンヒル終盤だった。痛みと筋肉の強ばりでスピードを保ちきれなくなり、ルイージから50mほど遅れてしまう。追いすがろうとするもじわじわと差が開いていく。頭ではペースを上げたいのに体がついてこない。疲労とダメージが体の反応を重く鈍くする。肉体的な変調は心までも弱気に変えてくる。

ダメかもしれない。前年にアフリカで感じていた諦めが頭をよぎる。そして、悔しさも。転がり落ちそうな走る意志を支えてくれたのが、苦い思い出だった。また同じことを繰り返すのか。限界を超えられないまま、終わってしまうのか。

違う、情けない気持ちを再び抱くために、ハワイに来たわけじゃない。結果を変えるために来たんだ。そのためなら、後のことは考えなくてもいい。足が折れるまで、筋肉が断裂するまで走ればいい。なにかが変わった。

痛みが和らいだわけでも、体力が回復したわけでもない。なのに差が縮まっていく。強烈な意志が肉体を突き動かす。変わったのは自分なのかもしれない。ダウンヒルからフラットな市街地を通り、牧場に続くゲートを駆け抜けた。


17秒の思い出

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ハワイから帰国したての若岡です。初開催のステージレース「Mauna to Mauna」は3位入賞でした。

大会前々日に大幅なコース変更が伝えられたり、スマホをなくしたり、異常気象で大雨、低体温、流血、キャンプ地も変更などアクシデント続出でした。スマホはただの忘れ物ですが。
そんな盛りだくさんなハワイ遠征を振り返り、余韻に浸っていたら、いつの間にか長文ができあがっていました(中国の回想がまだ終わっていないのに、うぅ)。僕個人としては、1週間もあるのに最終日まで17秒という僅差で3位を争ったことがハイライトです。というわけで以下が本文です↓

2A4A0752

17秒あれば何ができるだろうか。

とりとめなく考えている間に時間が過ぎていく。考え事のできる時間ではない。ドリップコーヒーを入れることも、通話で用件を伝えることすらできやしない。できることといえば、せいぜいが100m走くらいだ。

そんなわずかな時間に朝からずっととらわれている。正確を期すならば、前々日の深夜からだ。

そのとき、僕は1週間にわたるランニングレース「Mauna to Mauna」の勝負所となるロングステージで79kmを走り終えたばかりだった。食料や寝袋などの荷物を背負って毎日スタート、ゴールを繰り返し、この日を終えて走行距離は200km近くに積み重なっていた。

時間は深夜11時。照明に照らされているもののゴールとはいえ、賑わいはない。この日の順位は3位、合計タイムによる総合成績も暫定で3位に浮上した。残すは50kmちょっとと、決して短い距離ではないが、そう長くもない。大会前から目標としていた表彰台が近づいてきた。

前年出場したレースは23秒差で4位に終わり、表彰台を逃してしまった。全力を尽くしたつもりだったが、日を追うごとにもっとやれていたんじゃないかと思い直すようになった。何かが足りなかったのだ。そのときの自分の限界なのだから、悔しくないつもりだった。受け入れないといけない。狙ってもとれなかったのだから仕方ないと。

1年越しで再びチャンスをつかみ、強く自覚した。あの時のわずかな差を悔やんでいたのだ。惜しかったでは何も残らない。限界まで走るのではなく、限界を超えなくてはいけなかった。そんな強さが欠けていた。結果を分かつのは、意志の強さだ。

走りながら考えていたことを反芻していると、夜の暗闇が切り裂かれた。強いヘッドライトがゴールに駆け込んできた。イタリアのルイージだった。僕と3位を争う長身のランナーである。道中で大きく引き離していたはずが、2分ほどの差に詰め寄られていた。

僕はなんとか総合成績で3位を保ったものの、ルイージとの差は17秒。残すは47kmと8kmの2ステージ。大きなタイムアドバンテージを奪うべく体を酷使しただけに、両脚に深いダメージが残るのは避けられない。苦しい状態で争っていくことになる。表彰台への道のりは今年も険しい。


中国のトレイルをめぐるエトセトラ3

中国の話を書き上げられないまま、ハワイ遠征に来てしまい、焦っております。あわわー。早く書かねば。。。ということで下記が中国でのエトセトラです。

下見で城壁を走る関羽雲長ではなく、碓井さん。もはやひとり三国志!

下見で城壁を走る関羽雲長ではなく、碓井さん。もはやひとり三国志!

幼いころからどこにあるのだろうかと疑問に思っていた、お菓子でおなじみタケノコの里が、中国にあった。

中国滞在2日目はコースの下見へ。まずはスタート地点の旧市街を訪れ、城壁の見学と現地メディアによる撮影。歴史的な建造物の上を走り、テンションが上がったところで、いよいよ山に向かう。

下見と撮影をしながら城壁を巡る。倭冦の侵入に備えて建造されたという。

下見と撮影をしながら城壁を巡る。倭冦の侵入に備えて建造されたという。

ゴールのモニュメントは1人で手作り!

ゴールのモニュメントは1人で手作り!

太極拳おじさん。体幹がすさまじく強く、スローな動きでもまったく揺れない。

太極拳おじさん。体幹がすさまじく強く、スローな動きでもまったく揺れない。

旧市街を離れ、車で10分ほど走ると竹林に分け入ることに。徐々に高度を上げつつ、行けども行けどもあたりは竹、竹、竹。そして時折、おじさん。タケノコを掘っているようで、ところどころでタケノコハンターを見かける。かなりの数が掘られていたが、それでもタケノコは至るところから突き出ていた。

後々知ることになるが、コースとなったトレイルにもタケノコが生えていた。そこかしこでニョキニョキと顔を出していて、道を塞ぐトラップのよう。それが中国っぽさを醸していて、避けるのが楽しかったのです。

さらに山道を進み、曲がりくねった隘路をひた走る。その間にもタケノコの皮が散らばっていたり、道ばたに剥き立てのタケノコが並んでいたり。そして、エイドステーションのある山奥の集落に到着。ここにはタケノコハンターたちが住んでいた。

タケノコの里の石造りの家。趣深し。

タケノコの里の石造りの家。趣深し。

タケノコはこの時期の主な収穫物のようで、ちょっとしたスペースに所狭しと干されている。というか、タケノコしかない。徒歩1〜2時間はかかりそうな竹林まで収穫しに行って、重いタケノコを抱えて帰ってくる。重量+アップダウンが日々の生活なのだから、トレイルを走れば相当な速さなのでは。石川さん、碓井さんたちとそんな会話を繰り広げる。

タケノコ干し場の一角。

タケノコ干し場の一角。

タケノコの里はトレイルランナーの里なのかもしれない。収穫してバックパックに詰めて運べば、ステージレースのトレーニングにいいなあ、などと妙なことを考えつつ帰路に就いた。