小さなペーサーはスパルタ式 白山ジオ・レポート2

鳥越城跡からの風景。午前7時すぎで、すでに暑い(井上満美さん撮影)

鳥越城跡からの風景。午前7時すぎですでに暑い(井上満美さん撮影)

朝から暑い1日だった。

初日の疲れはなく、ご飯がするすると食べられる。むしろ、足りない。内臓が元気なのだろう。アルファ米に多めに湯を吸わせて増量して口にいれ、汁物も流し込んで空腹感をまぎらわせる。

長丁場のステージレースとはいえ、1日の走る距離はだいたい40kmとそう長くはない。となると、筋肉の疲れよりも、内臓がバテて食事が取れなくなる方が命取りだ。全身が筋肉痛でも、足裏に無数の水ぶくれができていても、走り出せばなんとかなるが、食べられないと体力だけでなく、気力もそがれていく。

食料とにらめっこしている選手がいた。食料をかなり多めに持ってきていたようで、捨てようか迷っているようだった。もったいないが、食べないと分かっていながら背負い続ける気にもならないのだろう。大会中は思春期の体育会系並みに、慢性的なカロリー不足。荷物を軽くしたい反面、食料を減らすことへの不安を抱えている。その必然として食べることと真摯に向き合うことになる。にらめっこもそのひとつ。葛藤と供養の時間である。

暑いから外に出て活動してはいけないらしい。朝食後のブリーフィングを要約すると、そんな話だった。熱中症予防の指針だと、特別の場合をのぞいて運動を中止するレベルだという。それでも「気をつけて走ってください」とあっさりとした注意のみ。大会は特別の場合なのだ。

気温が上がりきる前に距離を稼ごうと、スタートから先頭に立っていた。序盤の楽しみのひとつが、加賀一向一揆の拠点であった山城に通じるトレイル。登り基調で走りやすい。

鳥越城跡にて(井上満美さん撮影)

鳥越城跡にて(井上満美さん撮影)

湿った空気はまだ夜の涼感を保っていて、脚に触れる夜露もひんやりと心地いい。踏み荒らされていないトレイルにテンションが上がる。楽しくなり、脳内で城攻めを再現。登りは「城攻めじゃ」と勢いにのり、下りは「皆のもの退け、敗走じゃ」と逃げるように駆け抜け、国史跡である鳥越城跡を目指す。

城攻めを終えて以降はフラットなサイクリングロードを挟んで山、ロード、山と続く。暑さが本格的に厳しくなり、ペースダウン。熱中症で倒れない程度にのんびり行くことに。山の登り始めで、気をゆるめたのがマズかった。

体中に数十匹の虫がまとわりついてくる。地元で「オロロ」といわれるアブである。沢の近くに待ち構えていた。油断していると、あちこち噛み付いてくる。沢から離れても、そのまま付いてくるのが厄介だ。進むほどにどんどん増えて、たちまち大群になる。先頭を走っていると、襲撃を一身に引き受けることになり、後続になるほどオロロの数は少なくなる。

100円玉とオロロ

100円玉とオロロ

数匹なら大したこともないが、数十、数百となると脚をやられて振り払っている間に、脇腹やら背中、はては顔まで噛まれてしまう。これが痛くて、かゆいのだ。数日間は腫れとかゆみが残るので要注意である。

何カ所も噛まれるうちに、立ち往生してオロオロしてしまうことから、オロロという名前がついた。などと、勝手に由来をねつ造している場合ではない。

叩き落としてみるものの、叩くほどにオロロが増えてくる。ポケットの中のビスケット的な存在のようだ。体中にたかられ、抗戦してもきりがない。無数の羽音と繰り返される痛みで、憂鬱さが増していく。登っても、登ってもキリがないように思えてくる。いっそのこと、引き返して誰かが来るのを待とうかという弱気が頭をよぎりもする。耐えるばかりでは限界があった。

引き返したところで、また登らねばならない。それに待っていても気持ちが滅入ってくる。ならば、むしろ攻めねば。スイッチが入り、ペースを上げてみる。勢いをつけて走りだすと、襲われるまでの間隔が長くなった。体をしっかり動かしていると、襲撃されにくいようだ。試しに歩いてみると、途端に群がってくる。またスピードを上げると少なくなった。

なるほど、ペースダウンしている場合ではないということか。

オロロは並走してくれているのだ。一定のスピードを保っていないと、噛まれてしまうペーサー。痛みを伴うスパルタ式だ。ポジティブに考えると、それまでよりもオロロが気にならなくなった。むしろ楽しみだすと、いつの間にか登り終えていた。

獣も通らないようなトレイル。整備するのは大変だった模様(大会提供)

獣も通らないようなトレイル。整備するのは大変だった模様(提供・白山ジオトレイル公式フェイスブックページ)

そこからは悠々と走って山を満喫してフィニッシュ。気の持ちようひとつで、いくらでも楽しめるのかもしれない。オロロはそんな教えとともに、強烈なかゆみを残してくれたのだった。


何かが起きる 白山ジオトレイル・レポート1

 

ロードもわりと多い(撮影:田上雅之さん)

ロードもわりと多い(撮影:田上雅之さん

ずいぶんブランクがありますが、気にせずに白山ジオトレイルについて書きましょう。

毎年、台風直撃や病院搬送、クマ出没のほかにも、選手ばかりかスタッフも低体温症に見舞われたり、滑落しかけたりと、1週間の間に何かが起こる。それがこのステージレース。真夏の山々の緑よりも色彩の濃い、鮮やかな日々が過ごせる。

荷物が重くなるのを覚悟で無線機を持ち込む御仁や、あえてバーナー持参で調理する剛の者、尾てい骨にヒビが入ったまま完走する女人、完走させるために激をとばすスイーパーなど、極めてコク味の強いメンバーが今年も集まってきた。コクが強すぎて、人によっては苦いかもしれない。

そんな濃厚さは持ち合わせていなので、僕は初日から淡々と走ることに。スタートから先頭に立って進んでいく。ところが、スタートして10分とたたずに町中でコースロスト。なんと最初のチェックポイント(CP)をショートカットしてしまう。

今年は、市街地にはマーキングをせずに地図を読んで走ることになっていて、コース上には目印となるテープがない。なら地図を見ればいいのだが、走り始めて楽しくなっていたのか、地図を見ずに去年のコースを走ってしまい、あえなくショートカットしていた。ふたつ目のCPまで走り、スタッフからその事実を告げられた。

思いがけないミスで精神的なダメージを負いかけた。過去2回出場しているうえに、地元石川県で土地勘があるのにコースを間違えたのだから無理もない。

そして、それ以上に第1CPを完全に忘却していたことがショックだった。何も考えないにもほどがある。

ちなみにスタート直後にCPがあるのは、大会名にもなっている「白山」にゆかりのある神社7カ所を巡りながら走っていくから。その白山七社を訪ねて参拝するのも大会の醍醐味なのだ。山を走りつつ、地域の歴史と文化に触れられるので、この神社巡りを楽しみにしていたにも関わらずの失態である。

戻って神社を通過しなおそうとしたところ、タイムペナルティー+ゴール後にロストした地点まで戻って神社で参拝すればよいとスタッフに伝えられた。

越前裁きなみの寛大さである。

地元出身で3度目の出場とくれば、コースの大半は分かっているのだから、むしろ僕なんかは有利すぎたのだ。そう考えると、タイムペナルティーというよりも補正のようなものだ。

逆境を都合よく捉えて、CP2からトレイルへ。

この日は高所でも標高600〜700mくらい。細かくアップダウンを繰り返していくコースレイアウトだ。走れるトレイルなので身軽なら楽しいが、初日は食料のつまった荷物が重くて、そうも言っていられない。加えて低山ばかりなので気温が下がらず、夏の蒸し暑さがこたえる。

白山の積雪がない時期で登山客と台風が少ないとなると、開催時期が8月の下旬になるのは仕方ない。仕方ないにしても暑い。

暑さでモチベーションが下がりそうになると「タイムペナルティーがあるから後続を引き離すべし」とセルフ喝を入れる。タイムペナルティーは発奮材料にもなり、意外と使い勝手がいい。

汗でドロドロになりながらゴール。初日早々のコースロストという誰も予想していなかった出来事はスタッフの間にも伝わっており、失笑を買う。

ゴール後のキャンプ地では、バプニングがもうひと山待っていた。序盤2位を走っていた選手が上位ながらも順位を下げて到着。なにやらフラフラしていて挙動が怪しい。

水もろくに飲まずに、横になって休みだした。熱中症っぽい。

去年の大会で自分が熱中症にやられ、ひどい目に遭っていたので、すぐにドクターやスタッフを呼んで介護。大量の氷で体を冷やして事なきを得たものの、やはり何かが起こる大会を印象づけられた初日であった。と結んでみたものの、ロストはただのケアレスミスなので締まらない……。


おとなの林間学校(白山を行く)

夏の甲子園が終わるころ、ひっそりと始まるステージレース「白山ジオトレイル」に出場してきました。

サハラ砂漠などのレースで、ステージレースをご存知の方も多いかと思います。 食料や寝袋など生活に必要なものを背負い、1週間にわたってレースを繰り返し、250kmを走り抜くという移動式おとなの林間学校です。

おとなの林間学校に行ってきました(撮影・田上雅之さん)

おとなの林間学校に行ってきました(撮影・田上雅之さん)

毎日、寝泊まりするので、大会という名の旅でもあります。 白山ジオトレイルはそんなスタイルを踏襲した、国内で唯一の本格的なステージレースです。

ほかの砂漠レースなどと同様に、水とテントは大会側に用意してもらえます。 白山ジオトレイルにも、砂漠レースの練習として出場するランナーや砂漠を走った選手もいます。そして、同じ言葉を口にします。

「こんなにキツいと思わなかった」

まるでなにかに騙されたかのようなコメントです。 仮入部のときは和気あいあいとした部活だったのに、いざ入部したら、怒声の飛び交うスパルタ式体育会系だった的な。

なんでこんなところに来ちゃったんだろう、トホホと心が折れかける方も。そんな気配を察するとスタッフが「もう少しだから」「もう1日だけがんばろう」となだめすかしてくれます。なかなかリタイアさせてもらえません。

このへんも部活的です。

乗り越えるべきハードルはいろいろあります(撮影・田上雅之さん)

乗り越えるべきハードルはいろいろあります(撮影・田上雅之さん)

なにがキツいのか。それは白山という大会名からも分かる通り、山麓がコースとなっています。最高点は御前峰の標高2,702m。毎日の累積標高は1,000〜3,000mほどで、レース全体では15,000mとなります。

アップダウンの激しいコースを10kg近い(選手によっては10kg超の)荷物を背負って走るため、普段よりも消耗度は大きくなります。さらには、季節はまだ晩夏。山とはいえ低山の気温は30℃超ということもたびたびあります。

白山ジオトレイルに初出場した2年前は、僕も砂漠のトレーニングになればという軽い気持ちでした。走り始めて初日に後悔しました。というのは、砂漠ではあり得ないくらいにアップダウンが厳しく、水中にいるかのごとく湿度が高いのです。

真夏日もあれば、横殴りの雨風が打ち付けてくる日もあり、空模様も一筋縄ではいきません。 ときには風速30m近い稜線を登り、豪雨で川になったトレイルに足を浸し、運動が原則中止という暑さにも関わらず走ります。

しかも、荷物が絶えず肩に食い込みます。また、クマやサルの大群、イノシシなど愉快な仲間たちとも出くわすことがあり、体力だけでなく、精神力も削られます。走るにはわりと過酷です。

コース以上にキツいのが、出場するための時間の確保。大会前日の受付を含めて少なくとも8日は休みがいります。獅子奮迅の仕事ぶり、愛する家族の理解、職場や家庭での巧みなネゴシエーションがなくては出場すらままなりません。

出場した方の話を聞いていると、家族の理解を得るというのが最も難しいハードルのようです。参加費をこっそり振り込んでいる方も。越えなくてはならない大きな山は、一番身近にあるのかもしれません。

長くなりそうなので、本日はこれにて終了です。

 

P.S. 九州で初のステージレースのエントリーが始まりました。1泊2日で夕食、朝食がつくので白山ジオトレイルよりも出やすいかもです。→ http://universal-field.com/event/saigotrail1877/