砂漠でこんにちは、超持久系なアレ

13566917_920457648065162_3552793321768011591_n

 

今回の写真シリーズはナミブ砂漠。今年4月のレース開催地からです。恒例のクラウドファンディングです→  https://camp-fire.jp/projects/view/54267

くたくたになった植物は枯れたようにみえますが、生きているとこのこと。ウェルウィッチアと呼ばれる植物で、この一帯にしか分布していない固有種です。

和名は「奇想天外」、その名のとおり、奇想天外なところに生えています。レース中になにもない砂漠にひょこっと現れます。どんな植物かを知らないと、なんだかよく分からない枯れた草のかたまりにしか見えません。事前に知っていたので、見かけるたびにテンションが上がりましたが、素通りしていく人もちらほら。

まあ、この見かけなので、足を止めたくなる人はいないでしょう。。。

見てくれはともかく、厳しい乾燥と40℃近い寒暖差、照りつける強い日差しというタフな環境に適応したスーパーな植物です。さらには、とても長寿で、数百年生きているというのはざらで、個体によっては2,000年以上も生き続けるとか。

耐久力が求められる超長距離レースを走ろうとする者としては、尊敬してやまない植物なのです。厳しい環境であっても淡々と生き続ける。見習いたいものです。

息が長くて、奇想天外といえば、年末から続くクラウドファンディング→ https://camp-fire.jp/projects/view/54267

8日間を残し、これまでに130名を超える方々からご支援をいただきました。いよいよ終盤戦です!


ベアフットの申し子たち

本日もステージレースのこぼれ話です。こちらも恒例→ (https://camp-fire.jp/projects/view/54267)。クラウドファンディングは残り2週間を切って目標額の半分まで到達。長丁場が続いています。

長いといえば、ステージレースで1週間にわたり、砂漠やジャングルを走っていると、ジャッカルや巨大イノシシ、タランチュラ、小指より長いトゲの生えた木などなど、いろんな動植物に遭遇します。

毎回驚いたり、感動したりと心を動かされるのですが、一番驚かされるのは人間です。

足元にご注目ください

足元にご注目ください

とりわけ驚かされたのは、初めて出場したステージレース「ジャングルマラソン」で出会ったスタッフ。アマゾンのジャングルにも関わらず、なんと裸足!

おびただしい数の虫がいるのに防御力ゼロ。

毒を持ってるとかいう危険なのもいるのに。

けっこうな数の枝やトゲが落ちているのに。

ベアフットすぎるスタッフは涼しい顔です。

屈強なスタッフの中には、そんな人もいるだろうと思っていたら、

日本からチームで参加したまさお君。ジャングルで人気だった。

日本からチームで参加したまさお君。ジャングルで人気だった。

 

なんと、現地の子どもたちも。。。

応援しながらついてきてくれます。跳ねるように走り、表情はニコニコしたまま。慣れもあるのでしょうが、シューズを履いてなくとも、痛そうなそぶりもみせません。まさに、ベアフットの申し子たちです。

誰かの常識が自分にとっては特殊なことであったり、自分にとっては当たり前のことが他人にとってはそうでもなかったり。ああ、世界は広いんだなあと改めて感じた瞬間でした。こうして世界の広さを実感できるのも、ステージレースの魅力なのです。


言葉にならない@ハワイ

2A4A8221

というわけで、シリーズ写真で振り返るステージレース。「グレートレース」で紹介されたハワイ島の大会「Mauna to Mauna」です。

初日は海辺をスタートなので標高が低いのですが、2日目以降は標高があがったまま。

ひんやりしていて過ごしやすく、走るには快適な環境。のはずが、異常気象で大会前半は連日の雨。そのため、キャンプ地での日常は写真のとおり。

さ、寒いっす。

その影響を受けたのは、荷物を軽量化しようと着替えを置いてきた選手。雨でウェアが乾かないため、翌日も冷たく湿ったTシャツを着なくてはなりません。。。

僕もそのひとりでして。防寒具としてダウンジャケットはもってきているので、素肌にダウンで寒さはしのげました。問題は朝なのです。

濡れたTシャツに袖を通すと、

ひ、ひ、ひー冷やっこい。

冷たさに口を大きく開いたまま、言葉にならない声がため息とともに漏れます。「ゔゔ」

となりからも「Ohhhhh……」と、言葉にならない声。生まれた国は違えど、リアクションは似たようなものです。

お互いの声に気付き、顔を見合わせてニヤリ。なんだか通じ合えたと感じる瞬間です。レースという特殊な環境では、たわいのないことでも体験を共有すると、国も、性別も、年齢も、仕事も関係なく案外わかりあえてしまいます。

言葉にならない、言葉のいらないコミュニケーション。冷たいTシャツの温かな思い出なのでした。

 

 

こっそり、クラウドファンディングやってます→ https://camp-fire.jp/projects/view/54267

 


標高3,000mの海底を走る

シリーズ砂漠小話です

シリーズ砂漠小話です

クラウドファンディング(https://camp-fire.jp/projects/view/54267)が中だるみしてきたので、記事でアピールっす!そんなわけで、写真で砂漠レースを振り返ることに。

とはいえ、何から書すべきか、、、と悩むことしばし。

サハラ砂漠に雪が降ったというニュース(https://www.cnn.co.jp/fringe/35112924.html)を見ていて、南米の砂漠を思い出しました。それだ!本日のネタはそれしかない。

サハラの雪は淡くすぐに溶けたそうですが、南米の砂漠は年中ずっと白いのです。

白い砂漠。なんでだろうと、首をかしげてお楽しみいただくと、水平になります

白い砂漠。なんでだろうと、首をかしげてお楽しみいただくと、水平になります

 

そんな摩訶不思議な地域は、チリ北部にあるアタカマ砂漠。100年以上も雨が降らない地域もあるそうです。

 

ここに来れば誰でも晴れ男。というか、ひょっとすると生涯晴れ男になる可能性も。

 

気温は40℃前後まで上昇することもあります。それでも、まったく溶けません。

ここは白さがまばら。そのせいか、あまり首を傾けなくとも水平になります。

ここは白さがまばら。そのせいか、あまり首を傾けなくとも水平になります。

なぜ溶けないのか。その秘密は雨が降らないことにあります。

 

実はこれ、雪や粉砂糖のように大地をコーティングしていますが、塩なのです。

大昔に海底だった場所がぐいぐい伸びて、なんと平均標高2,000mの砂漠ができあがりました。こんもり盛り上がっていくときに、大地に残っていた海水は蒸発して、塩の大地に。

見渡すかぎりの白。そんな絶景も砂漠レース「アタカマクロッシング」には含まれています。スタート地点は標高3,000m以上とお高いです。砂漠でありながら、高地で海の底を走るレースでもあるわけです。天然塩は食べても満足。レース中に塩分が足りなくなることはありません。くれぐれも、のどの渇きにはご注意を!

 

 

文末でもアピールです→ https://camp-fire.jp/projects/view/54267