17秒の思い出

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ハワイから帰国したての若岡です。初開催のステージレース「Mauna to Mauna」は3位入賞でした。

大会前々日に大幅なコース変更が伝えられたり、スマホをなくしたり、異常気象で大雨、低体温、流血、キャンプ地も変更などアクシデント続出でした。スマホはただの忘れ物ですが。
そんな盛りだくさんなハワイ遠征を振り返り、余韻に浸っていたら、いつの間にか長文ができあがっていました(中国の回想がまだ終わっていないのに、うぅ)。僕個人としては、1週間もあるのに最終日まで17秒という僅差で3位を争ったことがハイライトです。というわけで以下が本文です↓

2A4A0752

17秒あれば何ができるだろうか。

とりとめなく考えている間に時間が過ぎていく。考え事のできる時間ではない。ドリップコーヒーを入れることも、通話で用件を伝えることすらできやしない。できることといえば、せいぜいが100m走くらいだ。

そんなわずかな時間に朝からずっととらわれている。正確を期すならば、前々日の深夜からだ。

そのとき、僕は1週間にわたるランニングレース「Mauna to Mauna」の勝負所となるロングステージで79kmを走り終えたばかりだった。食料や寝袋などの荷物を背負って毎日スタート、ゴールを繰り返し、この日を終えて走行距離は200km近くに積み重なっていた。

時間は深夜11時。照明に照らされているもののゴールとはいえ、賑わいはない。この日の順位は3位、合計タイムによる総合成績も暫定で3位に浮上した。残すは50kmちょっとと、決して短い距離ではないが、そう長くもない。大会前から目標としていた表彰台が近づいてきた。

前年出場したレースは23秒差で4位に終わり、表彰台を逃してしまった。全力を尽くしたつもりだったが、日を追うごとにもっとやれていたんじゃないかと思い直すようになった。何かが足りなかったのだ。そのときの自分の限界なのだから、悔しくないつもりだった。受け入れないといけない。狙ってもとれなかったのだから仕方ないと。

1年越しで再びチャンスをつかみ、強く自覚した。あの時のわずかな差を悔やんでいたのだ。惜しかったでは何も残らない。限界まで走るのではなく、限界を超えなくてはいけなかった。そんな強さが欠けていた。結果を分かつのは、意志の強さだ。

走りながら考えていたことを反芻していると、夜の暗闇が切り裂かれた。強いヘッドライトがゴールに駆け込んできた。イタリアのルイージだった。僕と3位を争う長身のランナーである。道中で大きく引き離していたはずが、2分ほどの差に詰め寄られていた。

僕はなんとか総合成績で3位を保ったものの、ルイージとの差は17秒。残すは47kmと8kmの2ステージ。大きなタイムアドバンテージを奪うべく体を酷使しただけに、両脚に深いダメージが残るのは避けられない。苦しい状態で争っていくことになる。表彰台への道のりは今年も険しい。


中国のトレイルをめぐるエトセトラ3

中国の話を書き上げられないまま、ハワイ遠征に来てしまい、焦っております。あわわー。早く書かねば。。。ということで下記が中国でのエトセトラです。

下見で城壁を走る関羽雲長ではなく、碓井さん。もはやひとり三国志!

下見で城壁を走る関羽雲長ではなく、碓井さん。もはやひとり三国志!

幼いころからどこにあるのだろうかと疑問に思っていた、お菓子でおなじみタケノコの里が、中国にあった。

中国滞在2日目はコースの下見へ。まずはスタート地点の旧市街を訪れ、城壁の見学と現地メディアによる撮影。歴史的な建造物の上を走り、テンションが上がったところで、いよいよ山に向かう。

下見と撮影をしながら城壁を巡る。倭冦の侵入に備えて建造されたという。

下見と撮影をしながら城壁を巡る。倭冦の侵入に備えて建造されたという。

ゴールのモニュメントは1人で手作り!

ゴールのモニュメントは1人で手作り!

太極拳おじさん。体幹がすさまじく強く、スローな動きでもまったく揺れない。

太極拳おじさん。体幹がすさまじく強く、スローな動きでもまったく揺れない。

旧市街を離れ、車で10分ほど走ると竹林に分け入ることに。徐々に高度を上げつつ、行けども行けどもあたりは竹、竹、竹。そして時折、おじさん。タケノコを掘っているようで、ところどころでタケノコハンターを見かける。かなりの数が掘られていたが、それでもタケノコは至るところから突き出ていた。

後々知ることになるが、コースとなったトレイルにもタケノコが生えていた。そこかしこでニョキニョキと顔を出していて、道を塞ぐトラップのよう。それが中国っぽさを醸していて、避けるのが楽しかったのです。

さらに山道を進み、曲がりくねった隘路をひた走る。その間にもタケノコの皮が散らばっていたり、道ばたに剥き立てのタケノコが並んでいたり。そして、エイドステーションのある山奥の集落に到着。ここにはタケノコハンターたちが住んでいた。

タケノコの里の石造りの家。趣深し。

タケノコの里の石造りの家。趣深し。

タケノコはこの時期の主な収穫物のようで、ちょっとしたスペースに所狭しと干されている。というか、タケノコしかない。徒歩1〜2時間はかかりそうな竹林まで収穫しに行って、重いタケノコを抱えて帰ってくる。重量+アップダウンが日々の生活なのだから、トレイルを走れば相当な速さなのでは。石川さん、碓井さんたちとそんな会話を繰り広げる。

タケノコ干し場の一角。

タケノコ干し場の一角。

タケノコの里はトレイルランナーの里なのかもしれない。収穫してバックパックに詰めて運べば、ステージレースのトレーニングにいいなあ、などと妙なことを考えつつ帰路に就いた。


中国のトレイルをめぐるエトセトラ2

窓ガラスに頭をぶつけ、夢見心地で旅が始まった。突然の衝撃に驚くが、痛みはない。明るい光にとまどいながら、うっすらと目を開けた。周りからはにぎやかな話し声が聞こえてくる。

目が慣れてくるころには、通路に長い列ができていた。東京を飛び立った飛行機が上海に降り立ったことに気付く。やけに頭が重く感じられた。寝不足の頭を働かせて理由を思い出す。

出国前に終わらせようとしていた仕事の量を読み違え、出発前夜になってもメドがつかず。そこでようやく危機感を抱き、残った仕事を片付けようと夜を明かし、そのままフライトの時間を迎えた。すでに疲れきった頭で、ターミナルを間違えつつも搭乗。なんとか仕事を終えた安堵感から、席に着くなり眠り込んでしまっていた。

ぼーっとしたまま、同じフライトでやって来たウスイさんと到着ロビーに向かう。碓井さんの風貌はとてもインパクトが強い。15cmオーバーのヒゲが顔に沿って密集しているのだ。にもかかわらず「ウスイ」。立派なヒゲは、砂漠の民を思わせる。前年にサハラ砂漠マラソンを完走しているので、あながち間違いでもない。現地では日本人だと気付かれなかったに違いないと僕は推測している。

ウェルカムボードを持った人たちの間に、見知った爽やかな笑顔を見つけた。アスリート向けのサプリメントを手がける「スタミナ・スポーツ」の王さんだ。今回出場するUTGKのスポンサーあり、僕とウスイさんを含む6人のランナーを招待してくれた企業である。

王さんに案内されて、この日合流予定だった2人と合流する。名前と顔は事前に見知っていたので、すぐに一致した。石川弘樹さん、丹羽薫さんだ。もう1人は台湾のチンくん。チームサロモンに所属する台湾のエリートランナーだ。そんな3人と対面して、途端になんだか場違いなところに来てしまった気がしてきた。

車で上海から5時間ほど移動。中国は広い。途中で何度かサービスエリアに立ち寄った

車で上海から5時間ほど移動。中国は広い。途中で何度かサービスエリアに立ち寄った

僕とウスイさんは、昨夏のステージレース「白山ジオトレイル」で知り合ったスタミナ・スポーツの社長コンさんに招待され、ノコノコとやって来た、いわばその辺の野良ランナーなのだ。

自己紹介がてら、石川さんと雑談。

「いま中国はアツいんですよ」

「25℃まで上がるらしいですね」と僕。

「気温もですけど、トレイルシーンが熱いんです」

情報に疎い野良ランナーぶりを発揮してしまう。そういう熱さですね。ここ3年で中国のトレイルレースは300を数えるようになったそうだ。日本が10年かけて歩んできた道のりに、数の上ですぐに追いついたことになる。人口規模が違うとはいえ、トレイルランニングへの注目度はかなり高いようだ。

などなど親切に教えてもらい、ふと気付く。いくつものスポンサーのロゴが入っている石川さんのウェアに対して、僕はといえば、上下ともにキレイな無地。

同じように招待という土俵に乗っていいのだろうか、同行していていいのだろうか。などと一瞬考えるものの、徹夜明けで疲弊した脳はあまり考え事に向かない。ほどなくして思考を放棄した。

まあ、いいのだ。

来てしまったのだから仕方ない。走るしかないのだ。雑に結論づけて空港から大会の開催される臨海市に移動するべく車に乗り込んだ。


中国のトレイルをめぐるエトセトラ

延々と続いていく竹林がとても中国的だ

延々と続いていく竹林がとても中国的だ

市街地を抜けて山に入ると、どこまでも続きそうな竹林が広がっている。いかにも中国という雰囲気たっぷりで、藪からパンダがひょいっと出てきそう。

おっと危ない、そんなことを想像していると、細いトレイルの足元にはタケノコがにょきっ。行く先々で土から顔を出していて、気を抜いていると足を引っかけそうになる。

竹の葉を揺らしていた風が弱まり、しっとりとした空気がさらに重みを増す。空に向かって勢い良く伸びた竹林に霧が漂い始めた。やがて、白いもやが広がり、鮮やかな竹の緑を覆い隠すように景色をモノトーンに変えていく。水墨画の世界である。

夢と現実の狭間とも思える幻想的な森を走る。

風が止み、周囲が静けさに包まれた。足元の落ち葉を踏む音がやけに響く。湿った空気を吸い込むと、かすかに土の匂いがした。

はかなげな線描に満ちた水墨画の中で、自分の感覚だけが、ここが現実だということを示している。日本を離れて中国へ行ってきた。向かった先は上海から車で5時間ほど南に下った浙江省臨海市。UTGK(Ultimate TsaiGu Trail Kuocang)という100kmレースの出場が目的だ。普段の生活から遠く隔たった桃源郷のような日々が、そこにあった。

古城の城壁もコースの一部。写真は下見の様子、中央には石川弘樹さん。

古城の城壁もコースの一部。写真は下見の様子、中央には石川弘樹さん。

▼▽▽▲▼▽▽▲▼▽▽▲▼▽▽▲

というわけで、22日に中国で行われたUTGKをご紹介しつつ、短期集中で中国の旅を振り返ります。