標高3,000mの海底を走る

シリーズ砂漠小話です

シリーズ砂漠小話です

クラウドファンディング(https://camp-fire.jp/projects/view/54267)が中だるみしてきたので、記事でアピールっす!そんなわけで、写真で砂漠レースを振り返ることに。

とはいえ、何から書すべきか、、、と悩むことしばし。

サハラ砂漠に雪が降ったというニュース(https://www.cnn.co.jp/fringe/35112924.html)を見ていて、南米の砂漠を思い出しました。それだ!本日のネタはそれしかない。

サハラの雪は淡くすぐに溶けたそうですが、南米の砂漠は年中ずっと白いのです。

白い砂漠。なんでだろうと、首をかしげてお楽しみいただくと、水平になります

白い砂漠。なんでだろうと、首をかしげてお楽しみいただくと、水平になります

 

そんな摩訶不思議な地域は、チリ北部にあるアタカマ砂漠。100年以上も雨が降らない地域もあるそうです。

 

ここに来れば誰でも晴れ男。というか、ひょっとすると生涯晴れ男になる可能性も。

 

気温は40℃前後まで上昇することもあります。それでも、まったく溶けません。

ここは白さがまばら。そのせいか、あまり首を傾けなくとも水平になります。

ここは白さがまばら。そのせいか、あまり首を傾けなくとも水平になります。

なぜ溶けないのか。その秘密は雨が降らないことにあります。

 

実はこれ、雪や粉砂糖のように大地をコーティングしていますが、塩なのです。

大昔に海底だった場所がぐいぐい伸びて、なんと平均標高2,000mの砂漠ができあがりました。こんもり盛り上がっていくときに、大地に残っていた海水は蒸発して、塩の大地に。

見渡すかぎりの白。そんな絶景も砂漠レース「アタカマクロッシング」には含まれています。スタート地点は標高3,000m以上とお高いです。砂漠でありながら、高地で海の底を走るレースでもあるわけです。天然塩は食べても満足。レース中に塩分が足りなくなることはありません。くれぐれも、のどの渇きにはご注意を!

 

 

文末でもアピールです→ https://camp-fire.jp/projects/view/54267