燃え尽きてはいけない 白山ジオ・レポート4

大会名にもなっている霊峰の山頂を踏む、大会のハイライトである。日の出前からヘッドライトを頼りに、修行僧の古道「加賀禅定道」をたどって一路ピークを目指す。

かつて幻といわれた「百四丈の滝」や山頂付近の雪渓、男心をくすぐる名称の「美女坂」などなど、お楽しみの多いコースだ。なかなかの急登ぶりからして、おそらく美女はツンデレなのだと思う。

グループを組んでひたすら登る。(撮影・田上雅之さん)

グループを組んでひたすら登る。(撮影・田上雅之さん)

残念ながらガスが濃く、滝や眺望は見られず。諦めきれずに展望台まで行くものの、視界は灰のように真っ白。燃え尽きたよ、真っ白にな……。「あしたのジョー」のごとく完全燃焼している場合ではない。心の眼で滝を拝むに留め、先を急ぐ。

滝の代わりに、手の届く範囲で高山植物を楽しむ。白山には固有の植物が多く、「ハクサン〜」という名前の草花が20種類ほどあった(と記憶している)。固有種に名付けられた山の名前としては「ハクサン」が飛び抜けて多い。植物名から、ほかの名だたる山々と比べても、白山が多様な植生を有していることが分かる。

木漏れ日がドラマチックだった。

木漏れ日がドラマチックだった。

そんな貴重な自然を保護するため、4、5日目の山岳区間はタイム計測を実施せずに登山に徹する。そのため、実は燃え尽きるどころか、登っていてもまだエンジンに点火すらしていない状態で登っていたのだ。

ランナーではなく、ハイカーに転身。選手がぞろぞろと列をなして、歩いていく。コース上では、走っていないかをチェックする環境省の職員が、わざわざ稜線で待ち構えている。仕事で登れるのは役得な気もするが、職員的にはどうなのだろう。

まだガスが少ない時間帯。このあとはほぼ視界なしに。

まだガスが少ない時間帯。このあとはほぼ視界なしに。

というのも、この白山ステージは過去に、大雨で滝と化した稜線をたどる年があったり、台風の影響で暴風雨にさらされて低体温症が続出したり、酷暑で水不足だったりと、刺激的なのが特徴なのだ。早朝から待ち構える職員には試練のひとときかもしれない。この日も雨風がやや強め。動いていれば気持ちいいが、2,000m近くでじっとしていると肌寒かっただろう。

天候が急変してトラブルに見舞われることも考慮して、選手は前日までのペースに応じて3、4グループで集団登山する。標高2,500mを超えると、斜面によっては雪がたんまり。中国から参加した選手が大喜びである。雪を見る機会がなかったらしく、かなりのハイテンションで、写真撮影にいそしんでいた。レースを忘れた、和やかなトレッキング。のんびりとしたペースなので、筋肉と内臓の疲労を和らげられる。天候次第とはいえ、肉体的にはリフレッシュできるステージなのだ。

天候不順のせいか、例年よりも雪が多かった。(撮影・田上雅之さん)

天候不順のせいか、例年よりも雪が多かった。(撮影・田上雅之さん)

雪に大喜びする中国人選手

雪に大喜びする中国人選手

行動時間は10時間ほどと比較的長いが、雨風はさして激しくなることもなく、拍子抜け。ガスで視界が悪かったことをのぞけば、多少肌寒さを感じるだけだった。特にハプニングもなく、ゴールである白山室堂ビジターセンターに到着した。

「今年は普通でしたね」「これまでで一番過ごしやすかったかも」

リピーターの選手、スタッフの間ではそんな声も聞かれた。すんなり登り終えてなによりのはずだが、ガスで見通しが悪いくらいではなんだか物足りない。青空に抱かれて走るのも山の楽しみなら、荒れた空模様と格闘するのも山の醍醐味ということか。

そんな人は嵐や逆境を求めるのだろう。荒天にあえて身をおき、命を燃やしたいと考えてしまう。もはや、あしたのジョー症候群である。命を燃やしすぎて、そのうち真っ白な灰にならないように注意が必要である。そんなノーガードの両手ぶらり戦法で打ち合いを望むジョーのような集団が、夏の白山には存在する。

 


何かが起きる 白山ジオトレイル・レポート1

 

ロードもわりと多い(撮影:田上雅之さん)

ロードもわりと多い(撮影:田上雅之さん

ずいぶんブランクがありますが、気にせずに白山ジオトレイルについて書きましょう。

毎年、台風直撃や病院搬送、クマ出没のほかにも、選手ばかりかスタッフも低体温症に見舞われたり、滑落しかけたりと、1週間の間に何かが起こる。それがこのステージレース。真夏の山々の緑よりも色彩の濃い、鮮やかな日々が過ごせる。

荷物が重くなるのを覚悟で無線機を持ち込む御仁や、あえてバーナー持参で調理する剛の者、尾てい骨にヒビが入ったまま完走する女人、完走させるために激をとばすスイーパーなど、極めてコク味の強いメンバーが今年も集まってきた。コクが強すぎて、人によっては苦いかもしれない。

そんな濃厚さは持ち合わせていなので、僕は初日から淡々と走ることに。スタートから先頭に立って進んでいく。ところが、スタートして10分とたたずに町中でコースロスト。なんと最初のチェックポイント(CP)をショートカットしてしまう。

今年は、市街地にはマーキングをせずに地図を読んで走ることになっていて、コース上には目印となるテープがない。なら地図を見ればいいのだが、走り始めて楽しくなっていたのか、地図を見ずに去年のコースを走ってしまい、あえなくショートカットしていた。ふたつ目のCPまで走り、スタッフからその事実を告げられた。

思いがけないミスで精神的なダメージを負いかけた。過去2回出場しているうえに、地元石川県で土地勘があるのにコースを間違えたのだから無理もない。

そして、それ以上に第1CPを完全に忘却していたことがショックだった。何も考えないにもほどがある。

ちなみにスタート直後にCPがあるのは、大会名にもなっている「白山」にゆかりのある神社7カ所を巡りながら走っていくから。その白山七社を訪ねて参拝するのも大会の醍醐味なのだ。山を走りつつ、地域の歴史と文化に触れられるので、この神社巡りを楽しみにしていたにも関わらずの失態である。

戻って神社を通過しなおそうとしたところ、タイムペナルティー+ゴール後にロストした地点まで戻って神社で参拝すればよいとスタッフに伝えられた。

越前裁きなみの寛大さである。

地元出身で3度目の出場とくれば、コースの大半は分かっているのだから、むしろ僕なんかは有利すぎたのだ。そう考えると、タイムペナルティーというよりも補正のようなものだ。

逆境を都合よく捉えて、CP2からトレイルへ。

この日は高所でも標高600〜700mくらい。細かくアップダウンを繰り返していくコースレイアウトだ。走れるトレイルなので身軽なら楽しいが、初日は食料のつまった荷物が重くて、そうも言っていられない。加えて低山ばかりなので気温が下がらず、夏の蒸し暑さがこたえる。

白山の積雪がない時期で登山客と台風が少ないとなると、開催時期が8月の下旬になるのは仕方ない。仕方ないにしても暑い。

暑さでモチベーションが下がりそうになると「タイムペナルティーがあるから後続を引き離すべし」とセルフ喝を入れる。タイムペナルティーは発奮材料にもなり、意外と使い勝手がいい。

汗でドロドロになりながらゴール。初日早々のコースロストという誰も予想していなかった出来事はスタッフの間にも伝わっており、失笑を買う。

ゴール後のキャンプ地では、バプニングがもうひと山待っていた。序盤2位を走っていた選手が上位ながらも順位を下げて到着。なにやらフラフラしていて挙動が怪しい。

水もろくに飲まずに、横になって休みだした。熱中症っぽい。

去年の大会で自分が熱中症にやられ、ひどい目に遭っていたので、すぐにドクターやスタッフを呼んで介護。大量の氷で体を冷やして事なきを得たものの、やはり何かが起こる大会を印象づけられた初日であった。と結んでみたものの、ロストはただのケアレスミスなので締まらない……。