UTMF結果

UTMF表彰式

UTMF表彰式  (C)トレラン王国

UTMF2013の挑戦は、お腹いっぱいとことん真剣に遊んで、21時間05分12秒で完走。 8位で終えることができました。

昨年同様とても穏やかな気持ちでスタートを迎え、そして走り出すと同時に集中できていた。
しかしレースは序盤から懸念の膝痛が再発、西富士中~こどもの国では胃がやられて全く食べれなくなりコーラだけでぎりぎり耐え凌いだり、山中湖きらら手前では低血糖でその場に立っていられなくなったりと苦難の連続。そう、何が起こっても不思議ではないのが100mileレース。昨年の失敗から学んだことがそんな局面を乗り越えるのに活きました。そして各エイドではチーム(DMJファミリー)みんなが待っていてくれた。心強くてそして本当に嬉しかった。エイドステーションに到着する度に沢山背中を押してもらったおかげで、距離を踏むほどに心が熱くなり、そして集中力が増していき、それが疲れをも吹き飛ばし足を前へ進ませる原動力となっていきました。あの瞬間に感じたチームみんなとの一体感、振り返ると最高に幸せな時間だった。

最後のセクション(富士小~)に入る時、isoさんから11位だと聞いて、そこで初めて順位を強く意識したのをはっきり憶えている。「ここまできたら、みんなと一緒に喜びを味わいたい!みんなに喜んでもらいたい!」そんな想いが湧いてきて目頭が熱くなり、それが(おそらく)鬼の形相となって、最後のセクションで3人抜いて入賞圏内に入ることができました。後で聞いて驚いたのは、この最終区間タイム1位だったそうです。最後の最後になんであんなにも力が残っていたのか振り返っても本当に本当に不思議で、、、それこそがお前一人でやってんじゃねーぞ的な、ど笑むたれ!的な、きついきついも好きのうち的な、DMJの本領を発揮できた瞬間だったのではないかと。 今はただただ家族と仲間への感謝の気持ちでいっぱいです。そして道中声援を送って頂いた方々はじめ、大会スタッフの皆様、本当にありがとうございました。

チームDMJでゴールする瞬間

鏑木さんの背中越し、チームDMJでゴールする瞬間  (C)トレラン王国

別アングル (C)D/C

別アングル   (C)D/C


昨年のFINISH、大会プロデューサー鏑木さんから「やったね、自信になったでしょ!」と声をかけて頂いた。正直その瞬間、ピンと来なかった。今年のFINISH、「驚いたよ、このことの意味が分かる?」的な事を言われた。今回もピンと来なかった。

その意味が自分にフィットするには、足りないものがまだ沢山あることを知っているから、ここからまた一歩づつ。

最後のピース

130424
一番の懸念だった企画案件が計算されていたかのように本日無事すっきり校了。もう嬉しいのと安堵とで1レース終わったかのような、、、ふぅ、慌ただしかった~。

それと本日、R×L SOCKSからトレイルソックス(TBW-900のニューカラーVer.)が届きました。メリノウールの快適性&アーチ等のサポート性、つま先かかと部のパイルクッション、今まででNo.1お気に入りのソックスです。UTMFパッキング、これが最後のピースでした。

これで気持ち晴れてすっきりスタートラインに立つことができそうです。
(嗚呼ほんとよかったぁ)

そしてあらためて、富士山ぐるり100mileを通しで何十時間も遊ばせてもらえるなんて最高に贅沢な事だなと思うわけで。今自分がこうして走れる環境に居ること、そして多くの方の尽力があって走らせてもらえることに感謝して、お腹いっぱいとことん真剣に遊ぶぞー!

ハセツネ30K

日曜日は、2週間後に向けた刺激走としてハセツネ30Kを走ってきました。1週間前に左膝に炎症を起こしてしまった為、毎日感覚が麻痺するくらいアイシングに努め、、出るかどうかは土曜日の朝の状態で決めることに。土曜日は妻の付き添いで江田さん(DMJ13号)が塾長を務めるRUN塾の会場へ行き、会員さんの邪魔をしないように微妙に離れたところで軽くJOG。幸いにも屈伸&普通に走っても痛みが引いていたので出場することに決定&それを言い訳にして諦めるなよ!という自分の中で決めごとも。

レースの方は、
2週間後の100mileとハセツネ30Kでは全く内容展開が異なるのは重々承知の助、気持ちの運び方だったり、補給のタイミングだったり、自分なりのシミュレーションをしながら、結果ヒィーヒィー言いつづけながらも、、中盤以降から徐々に心が躍ってきて最後まで走り切れました。伊豆ジャーニーが散々だったので、その反省含め、連荘OUTだけは何としても阻止しなくてはという思いが強かったのと、その意志に反して本当に最後まで走りきれるのか俺??という内心はドキンドキンのチキンハートだったので、、今回は本当に完走でできてよかったーという気持ちに尽きます。

あと走っている間、どこからともなく涌いてきた「周りを追うな、己を知れ、己を追え。」という修行僧のようなど笑むフレーズが終始頭の中をぐるぐる。

終わってみれば距離&時間ともに丁度良いボリュームで、一人では難しい練習でもあるので、ほんと参加して良かったです。なにより会場で沢山の仲間・知り合いとお会いできたことが最高に楽しかったー!

ただ、下りで懸念のやんちゃな膝が再び暴れ(痛み)だしてしまい、それをかばうが為にフォームが崩れ、脚が外に逃げてしまうとか、上半身のコントロールが効かないとか、それはそれはみっともない酷い走り方(下り)で、、、。
ニューハレ膝2枚貼りのおかげで今回は最小限のダメージで事なきを得ましたが、この膝の炎症をしっかり治さないと腸脛炎につながるので、もうほんと大人しく過ごします。しばしスイッチOFF(ポチッ

上) (C)R×L SOCKS部長! 左下)女子優勝の江田塾長とど笑むポーズ 右下)切磋琢磨し合える仲間って最高!

上) 心拍ヒィーヒィーFINISH!(C)R×L SOCKS部長!
下左)女子優勝の江田塾長とど笑むポーズ
下右)切磋琢磨し合える仲間って最高!

上左)トレラン界のツービート改めコント55号♪ 上右)尊敬する先輩ランナー宮さん年代優勝! 下)トレラン王国ファミリー(江田さんの左手!羨)

上左)トレラン界のツービート改めコント55号♪
上右)尊敬する先輩ランナー宮さん年代優勝!
下)トレラン王国ファミリー(江田さんの左手!羨)

上)レンゲツツジが見頃でした(妻談) 下左)年代別入賞でメダル頂きました! 下右)再びアイシング生活です、、涙

上)レンゲツツジが見頃でした(妻談)
下左)年代別2位(総合6位)でメダル頂きました
下右)再びアイシング生活です、、涙

大会関係スタッフの皆さま、また応援に来られた方々、参加された選手の皆さま、
ありがとうございました!そしてお疲れ様でした!

Wear: Patagonia
Compression tights: C3fit
Socks: R×L SOCKS
感謝。

[DMJ]モンフジ合宿

先週末はモンフジ合宿(Produce by 6号夫婦)に参加してきました。メンバーは6号、8号、11号、嬉野スイーツ王子、monoくん、しょんしょん丸くん、という強脚且つ場数経験豊富な頼もしい面々。低気圧もなんのその、二日間を真剣に遊び倒しヒィーハァー、心から最高に楽しいと思える時間を過ごすことができました。そんな時間を一緒に共有できる仲間がいることに感謝。そして二週連続で家を空けることを許してくれた家族に感謝です。

DMJど笑む合宿一日目スタート!

DMJど笑む合宿一日目スタート

(写真上)朝晩のご飯を仕込んでくれた6号妻チエコちゃんに感謝して、いただきます! (下左)カレーににんまり、しょんしょん丸くん (下中)しるこサンドにどや顔のスイーツ王子 (下右)2013'皿洗い男気じゃんけんチャンピオンに輝いた、のまダッシュさん=

(写真上)食事を仕込んでくれた6号妻チエコちゃんに感謝して、いただきます!
(下左)カレーににんまり、しょんしょん丸くん(ベビーフェイス)
(下中)TJARで噂の「しるこサンド」に、どや顔のスイーツ王子
(下右)2013′皿洗い男気じゃんけんチャンピオンに輝いた、のまダッシュさん

合宿2日目はすばしりスタート!

合宿2日目はすばしりスタート!

(左上)湘南クラブハウスのボスT氏より頂いた某サンプルをみんなで摂取後、大人げないTOPSPEEDバトル勃発?! (右上)寿からのトレイル分岐で初めてマーキング発見!いよいよ感でてきました。 (下左)2日間の最後に富士さんお目見え。パワー注入。 (下右)河口湖水位低下で湖底を歩いて六角堂へ。大丈夫なんでしょうか・・。

(左上)湘南クラブハウスのボスT氏より頂いた某サンプルをみんなで摂取後、大人げないTOPSPEEDバトル勃発したとか?!
(右上)寿からのトレイル分岐で初めてマーキング発見!いよいよ感でてきました。
(下左)2日間の最後に富士さんお目見え。パワー注入。
(下右)河口湖水位低下で湖底を歩いて六角堂へ。大丈夫なんでしょうか・・。

楽しくてついつい調子にのってしまったようで、、、
ちょっと膝が炎症起してすねちゃいました(膝蓋骨周囲炎、ジャンパー膝)

選択(走らない)と集中(治す)でしばらく大人しくしないとです、、忍忍
今週末のレースは、、、苦笑

[チーム100マイル] 富士山合宿

130331
週末はOSJチーム100マイルの富士山合同合宿でした。
春の芽吹きを感じる富士の山麓で、2日続けて負荷をかけ持久力を高めるB2B走。両日とも10℃に満たない気温の中、濃霧が視界を遮り、小雨と風が体温を奪い疲れを助長させ、先を進むか降りるか個々の判断を迷わせます。楽しい瞬間・苦しい局面その積み重ねで生まれる一体感。怠くなる>回復する>また怠くなる、といった繰り返しは非常に有効なシミュレーション。また多くの方と話す機会もあり、自分にとっても得るものが多く、充足感に満ちた2日間となりました。

鏑木さんをはじめOSJスタッフの方々、そして参加されたチームメンバーの皆さん、有意義な時間をありがとうございました。

最後になりますが「きつい、きついも、好きのうち!」