谷川岳馬蹄形トレイル(ハーフ)

新潟、長野、群馬の3県をまたがる日本最長のロングトレイルコース「スノーカントリートレイル」設立! 今後はUTMBのような世界基準の100マイル国際レース開催に向けて動くそうで非常に楽しみです! という嬉しいニュースに喜んで、コースの一部にもなっている谷川岳馬蹄形トレイルへ日曜日行ってきました。

早朝、麓から見上げた稜線上の雲の動きに怪しい雰囲気はなく上々! しかし予報では夕方から崩れそうとのことでそれまでには戻ってこなくてはと、少しペースを上げていくつもりが、、前日にバンビくん(DMJ8号)と某所で追い込んだ疲れでカラダの芯から重く、日本三大急登の西黒尾根がきついきつい(滝汗、でも楽しい~♪みたいな。
130729_1
130729_2130729_3130729_4130729_5130729_6130729_7130729_8130729_9130729_10130729_11130729_12

稜線は10時過ぎたあたりからあっという間に黒い雲に覆われ、すぐに空が鳴りだし大粒の雨が…。蓬ヒュッテから清水峠へ向かう途中だったので、ここは已む無く白樺尾根からエスケープすることに。するとそこは(ガレた岩肌が雨で滑りやすいこともあって)、川口浩探検隊ばりのスリリング&アドベンチャー満載なテクニカルコース。。急勾配な谷間に沿って下っていくと、途中十数回と数えきれないくらいの雪渓から流れる滝や流れの激しい鉄砲滝を横断する必要があり、冷たい水の流れを避けては通れないコース。はじめは極力浸からないようにしていたけど、途中からはどうでもよくなってwお構いなしにジャブジャブ。すると冷たい水が足底炎のアイシングにもってこいでとっても気持ちがいい!大雨の中テンションあがって、滝で全身水浴びしてヒャッホー♪ 土合の駐車場に戻ってきた時には全身サラサラの靴はピッカピカでした~。 コースとしては馬蹄形ハーフぐるりとなってしまったけど、非常に濃ゆい山時間をご馳走様でした!

(雑感)
昨秋10月下旬の馬蹄形トレイルは稜線上走りやすかった場所も、今回は藪こぎでなかなか走れるところが少なかった。夏場は+1~2hは考慮しておいた方が良さそう。それと狙ったわけではないけど、今夏これで日本三大急登を2つ登ったことになり、残すは北アルプス烏帽子岳の尾根!(行けるかな)

6合目応援隊

130725_1 130725_2
7/26(金)、今年も富士登山競走の応援へ行ってきました。場所は昨年と同じ6合目で、バニラさん(DMJ11号)家族も加わって賑やかに!なんと長女のしーちゃんは5歳にして登頂&お鉢ぐるりハーフをこなしてきてからの応援参加ということで将来がとても楽しみな逸材です!(今のうちにサインもらっておこうかな~♪)

そしてなんといってもこの大会の持つ独特の雰囲気というか、応援しているだけでも熱くさせてくれる、ここでしか味わえない魅力があります。標高差約3,000m一気登り、自分との戦い、関門との戦い、一分一秒を削り出して山頂を目指して駆け上がっていくランナーから伝わってくる熱さが半端ないです。 「熱闘!大人の夏の甲子園」 参加されたランナーの皆さんおつかれさまでした!

来年こそは、(寝落ちしないよう)エントリー合戦を頑張ります!

ハセツネSub10試走会

日曜日、トレラン王国主催の「ハセツネSub10試走会」で、なべさん(DMJ3号)、isoさん(DMJ6号)と3人でナビゲーターを務めさせていただきました。ハセツネの10時間切りというのは大会参加者2000人中のおおよそ例年100人程度で、上位5%を目指すというハイレベルな設定になります。且つ、この夏の時期に、上川乗から上がって浅間峠(1CP)~月夜見第2駐車場(2CP)~御岳山(3CP)~五日市会館という本戦コースの2/3(約52km)を走るという、“ど笑む”要素が満載な試走会だったので、参加者が集まるのかなと内心ドキドキしていましたが、募集告知と同時に人数が集まったそうで、心配には及びませんでした!130721_1
130721_2
1人では難しい(途中で心が挫折しがちになる)練習でも、走力の近しい仲間と一緒に走ることで気持ちを互いに引っ張りあって、前へ進み続けることができる非常に良い機会。1週間前におんたけウルトラや北海道の大雪山、また前日の土曜にRockin’ Bearに参加されたりと、疲労を抱えている方も何名かいらっしゃいましたが(自分も足底が…w)、さすがは皆さんの意識の高さもあり、誰一人リタイアすることなく全員ゴール!五日市会館に帰ってきた時の達成感は何度味わっても良いものですね。
(最後の金毘羅尾根で1名ロストされてしまったのはナビとして本当に申し訳ありませんでした。。)

この時期に奥多摩を走ることは最近なかったのですが、おかげで気持ちいい汗を沢山かくことができました。参加された皆さまお疲れ様でした!

おんたけウルトラトレイル100K 結果

お気に入りのMMA mt.Teeを着用♪

お気に入りのMMA mt.Teeを着用♪

この連休に開催されたOSJおんたけウルトラトレイル100Kを走り、結果、総合3位に入ることができました。

夏は貧血の症状が激しい為、猛暑の色濃いおんたけウルトラは当初予定になかったものの、9月のレースに向けての暑さ対策として、ここはあえて厳しいコースで今の課題をさらけ出してこようとチャレンジすることにしました。 が、、、当日は雨で凄く涼しくて快適でした(笑。会場で夕方からテントINして仮眠を取ろうと思ったものの雨音だったり周囲の音で結局寝付けず、そのままスタートを迎えることに。走り出しから心拍が高く、ペースも上手く刻めない中、まーそのうち調子上がってくるだろう的思考で我慢の走りを続けて耐えながら、気が付けば第1関門(32k)過ぎたあたりで3番手にまでアップ。結局そこからは最後まで誰とも絡むことのない1人旅でした。第2関門(63k)に着くと前との差が広がっていることがわかり、終盤で少しでも巻き返したいなーと集中力も増してきた矢先、UTMFで患った足底筋膜炎が再発してしまい、、楽しい下りパーティーのはずが、苦しみと悶絶の罰ゲームに一変…。例えるなら針山を走るような感覚…。大小さまざまな石に乗り上げた時のあまりの痛さにギャーギャー喚き(一人旅を言いことに叫び放題)、シューズを半分浮かせての着地走だったり、欽ちゃん走りで気を紛らわせる作戦もあえなく痛沈。それでも以前と違ってたのはメンタルの部分で、最後まで折れることはなくFinishできたのは嬉しい収穫でした。また自分のあと数分の間に後続のランナーが続々とゴールされてて、前半の貯金でなんとかギリギリだったようです(汗。。

ここ2か月程は平日の時間が取れず練習量がガクンと落ちていた中だったので、どこまで走れるかが一番の懸念だったものの、スタミナに関しては以外にも心配に及ばず。ただしスピードが・・・ない。そして実戦だからこそ見えてきた課題と収穫がそれぞれあって、秋に向けて有意義なものとなりました。
大会関係者、またボランティアの皆さまに感謝!

<使用アイテム>
Wear (Patagonia): M’s Air Flow Tank, M’s Strider PRO Shorts-5
Compression Tights(C3fit): パフォーマンスハーフタイツ
Socks(RxL SOCKS): TBW-900
ありがとうございます!

UTMF番組、明日放送です!

NHK総合「金とく」(中部7県のみの放送です。)でUTMFが放送されます!5月に関東で放送された「特報首都圏」そして「アサイチ」の内容を再編集されたようです。中部のトレイルランナーの皆さん、お時間ありましたらぜひ!

放送日、、以下の通りです。
~~~~~~~~~~
番組名「金とく
副 題「世界遺産 富士山を駆ける ~ぐるっと一周161キロ~」

7/12(金)20:00~20:43 GTV
7/13(土)10:05~10:18 GTV
※但し、放送は東海北陸地方のみとなっています。
富山・石川・福井・岐阜・愛知・静岡・三重の7県が対象です。
~~~~~~~~~~

 

(プチ情報)
ちなみに今番組のNHKディレクターの齊藤さんは、
昨年のTJARを取り上げて大反響だった番組「雲上の超人たち ~日本アルプス大縦断レース~」だったり、書籍「激走! 日本アルプス大縦断 密着、トランスジャパンアルプスレース富山~静岡415km」、望月さん主演でスイーツ王子のしるこサンドも一躍有名になった番組?!「会社の星~とりあえず走ってみない!?」などを制作をされた方なので、今回も非常に期待です!また最近はご本人も山を走るようになり、秋に大会デビューされるそうです!
130710