OSJおんたけウルトラ100M結果

OSJおんたけウルトラトレイル100マイル
開催日:2014年7月19日(土) PM8:00スタート
総距離:160km、累積標高8500m?(Garmin310XT測)、国有林道トレイル
天候:曇り時々小雨、のち晴れ
出場者:エントリー142人、スタート127人、完走61人
完走率:48%
ゴールタイム:17:10:19(総合2位)

3週間前のNASUロング100kmで故障明け久しぶりにレースを完走できたものの、このままUTMBへ臨むには経験及び自信となる材料が乏しく、

-100マイルを走りきるレース感覚を取り戻しておきたい(100マイルのあのなんとも表現し難い苦しい時間帯&それを乗り越えていく感覚)
-昨年も走ったコースで、今の自分のフィジカル力量を確かめておきたい
-UTMBの装備をテストしておきたい(ストック慣れも兼ねて)

上記の目的で、UTMBへ向けた最終テストのような意味合いで臨みました。(3年連続出場していることもあり、おんたけのガレ場林道による体へのダメージ&下りの走り方については特に気をつけました)

レース序盤から、ストックホルダーが切れてしまったり、ジェルフラスクに誤って水を継ぎ足してしまいシャバシャバにしたり(苦笑)、そして最大のピンチは90km過ぎから胃をやられてしまい回復させるまでにだいぶ時間を要したりと、、やはりそこは100マイルレース、道中に大なり小なり色々とありましたが、しかし今回は気持ち前向き&集中できていたので、常に動揺することなくメンタルコントロールできたこと、そしてUTMB装備を一通りちゃんと試せたこと、苦しい時間帯を乗り越えていく感覚を取り戻せたこと、等々、自分にとっての(自信に繋がる)収穫が多かったことが非常に良かった。

その反面、レース前に自分に課したタスク16時間台ゴールには10分程及ばず、(3週間前のNASUロング100kmの疲れもあったとはいえ)目標コミットできなかったことが悔しくて、ゴール後も気持ちがすっきりしないままだった。しかしそこは一晩寝て頭と心をしっかり整理。今の自分に足りないものと受け止め、この一ヶ月でしっかり修正して8/29へ臨む決心をしました。

3年前初めて100マイルレースにチャンレジしたのがUTMBで(その時は撃沈44時間)、その時の経験があったからこそ、翌年以降のUTMFの結果に結びついたと思っています。そして今度は、この3年に培った経験値がどこまで通用するのか、再びUTMBに自分の情熱を放ってきたいと思います。

0719a
0719b
0719c

Wear:Patagonia (Air Flow Tank, Strider Pro Shorts-5)
Compression:C3fit (Mesh harf tights)
Socks:R×L socks (TBW-900)
Shoes:Hoka (HUAKA)

大会関係者およびボランティアスタッフ、サポートメーカーのみなさま、
いつもありがとうございます。感謝。

カテゴリー: Race

STS & Boomerung

先週土曜日、STS & Boomerungフジヤマトレイルセッションに声をかけて頂き、(見習いとしてw)参加してきました。今シーズン初のピークハント&パッション溢れる豪華賑やかなメンバーとの御殿場口アタックでパワー注入。充実の一日ありがとうございました。

STS&Boomerungの皆さん、
気持ちのいい挨拶、マナー宜しく、遊び心たっぷり、そして熱い!
素敵な仲間だなと感心しきりでした♪

【TR用語辞典】
STS:イナバリーダーを中心としたスペシャルなトレイルセッション
Boomerung:小山田キャップを中心とした山梨の激熱い集団
DMJ:きついきついも好きのうち、ど笑むジャパン

140712a140712f140712c140712b140712d
140712g

 

第3回ぷらぷらトレラン レポート

NASUロングと話が前後しますが、6/22(日)第3回ぷらぷらトレランも無事に終了しました。雨模様でしたのでそれなりのキャンセルを見込んでいましたが、なんと当日キャンセルはゼロでした!そして今回はトレラン未経験者&女性の参加率が高かったですね。ご参加頂いた皆さまありがとうございました!
img01
6月22日(日)
天候:無風、小雨から本降りに変わる荒天で、メリノウールソックス日和!
スタッフ:R×L(サポート:武田、伊東、鈴木、調理補助:古賀)、SOTO(調理サポート:坂之上、加藤) &山屋
場所:石神前駅~青梅丘陵トレイル~永山公園の約8km

梅雨シーズン真っ只中、予報では雨マークが出ていましたが、時間別に追ってみると風はなく雨量も昼にかけて快方傾向だったので、コースを2駅分短くし、山ゴハンの準備もスムーズに行えるように場所を変更。早朝、小雨の中でコースを下見ランしてみるとトレイルは適度に水を含んでむしろ走りやすくなっており問題なし!このまま雨が本降りにならないことを祈るばかり・・・。(ほんと天気のことが心配で心配で前日は眠れませんでした・・・w)

当初の集合駅から2駅移動してブリーフィング。前回New-HAREを提供くださったMMA渋井さんにもゲスト参加いただきました。トレイル入り口で重心バランスと走り方について簡単なレクチャーを。林道を少し登って、あとは下り基調の走りやすいトレイル突入!雨潤い満ちた緑木々からのマイナスイオンシャワーさんさん降り注ぎ気持ちよく、またメリノウールソックスの良さを知るにはもってこいのコンディションでしたね☆ 途中休憩ではブラックサンダー補給!下りのステップや走り方についてもレクチャー挟んで、約2時間半のトレランセクション終了~。そして今回の“ぷらぷらトレラン”のお楽しみ、アウトドアギアSOTOさんの特別協力で山ゴハンタイム突入!

というタイミングで、、、、雨が本降りに。。。。orz

しかししかし、SOTOの皆さんの機転もあって山ゴハンは最後まで遂行!大鍋で事前に煮込んでおいたチリコンカンで、まずは冷えた体を温めてもらうことに。ほんと染み入る美味さでした! その後は各自がワンバーナークッキングでツナおにぎりチャーハンをクッキング。バーナーを初めて使う人も多く皆さん興味津々でした! そして燻製スモークのチーズ&ウズラの卵は大人気~、最後にドリップコーヒーというホッと一息ふぅ~。という豪華で素敵なメニューラインナップでした☆☆☆

そしてそしてそしてプレゼントが今回も盛り沢山!
R×L TRR-30Gメリノウールソックス
・ワンバーナークッキングで使用したコッヘル
ニョイボウ(使い捨てライターが着火装置に早変わり!)
・ブラックサンダー(おやつ)
ご提供頂きました、R×L(アールエル様)SOTO(新富士バーナー様)に心より感謝。

山ゴハンの時だけ雨が本降りでイベント終了後から晴れるという残念ハプニングはありましたが・・・その方が記憶に残るということで結果オーライでしょうか(えっ違います?苦笑)。雨本降りの中での対応は至らない点が多く、皆さんに寒い思いさせてしまったこと、とても申し訳なく思っております。。しかしそれでも最後に皆さんから楽しかったというお声がけを多く頂けたことは心から嬉しく、開催してよかったなーと。 みんなで雨潤う自然の中を走ってお腹空かせて、食べる山ゴハンは楽しい美味しい、ほんとハッピーですね!

雨の中の進行について反省しきりでしたが、その点は次回以降にしっかり繋げていきます。これからも参加頂く皆さんに「トレランって、ほんと楽しいー!」って思っていただけるよう、お・も・て・な・しの心をスタッフ一同で磨いていき、あたたかみのある、そして企画する自分達が一番わくわくするイベントにしていきますので、宜しくお願い致します!

夏の暑い期間は少しお休みを頂いて、次回は秋開催を予定しております。またここでもアナウンスさせていただきますのでぜひぜひお楽しみにー!

img02img03img04img05img06img07img08img09img10img11img12img13

NASUロング結果

東北復興の架け橋 FUKUSHIMA-NASUロングトレイル『NASUロング』
総距離:100km、累積標高6900m、トレイル率:80%
天候:雨に霧、強風という荒天
出場者:450名
完走率:23%(男性83名、女性6名)
ゴールタイム:14:24:11

週末に行われたNASUロングは荒天で非常に難しいコンディションでしたが完走することができました。トレイルレースでの完走は実に11ヶ月ぶりのこと・・・。ここまでえらく時間かかっちゃいましたが、それまでの辛い思いが吹き飛ぶ喜び。ようやくスタートラインに戻ってこれた、、、かな。。

そしてこの悪天候の中で大会運営頂いた地元関係者、運営スタッフ、ボランティアの皆さまに改めて感謝しています。ありがとうございました。

さぁここからが大事だ。

Finishした瞬間、人目はばからず泣いてしまいました。

Finishの瞬間、感情が溢れ出し、人目はばからず泣く。

DMJとアミルさん

DMJ with アミルさん

懸念の右足首回りはNew-HAREのおかげで持ちこたえることができた!

懸念の右足首回りはNew-HAREのおかげで持ちこたえることができた!

NASUロングをDMJで12フィニッシュは格別!

NASUロングをDMJで12フィニッシュは格別!

カテゴリー: Race