オベリスクで会いましょう

タイトルに特に意味はなくなんとなく語呂で。
7/23土曜、STSメンバー+大型ルーキーで、夜叉神から鳳凰三山ピストン、オベリクストレイルツーリング。遊びに遊んで25㎞を8時間半!喋って笑って喋って笑って喋って笑って風呂入って腹いっぱい食べて、それはもう充実感たっぷり間違いない一日。

それともう一つ、今回初参加の大型ルーキーから飛び出すエピソードやアクションがどれも超ド級過ぎて、久しぶりに面食らいました。山関係の交流から大抵のことでは驚かなくなっていたけど、それよりも4~5レイヤーくらい群を抜いていて吃驚。
たとえるなら、   たとえるなら、    いや、たとえられない。。。

やっぱりどんなに忙しくて、真剣に遊ぶ時間と仲間をつくることが人生にはとても重要だなと。

13669773_1046960502047934_4036466840614501919_n 13770494_1046960905381227_1697053205783859408_n13627253_1046960518714599_977447563582239947_n13680597_1046960485381269_21693985680924989_n (1)  13782288_1046960538714597_4804983706680173224_n

カテゴリー: Memo

九州トレイルセッション

【九州トレイルセッション 7/9~7/10】
4月転機のタイミングで福岡の別府くん(←アジアのトレイル大会パイオニア&トップアスリート)とのメッセージやりとりからはじまった今回のセッション。結構急なお誘いでしたが(苦笑、福岡,佐賀,長崎,熊本,大阪,東京,埼玉から大集合!メンバーは各セクションのトレイルレースで活躍している面々!そして今回、自分自身がなんと九州初上陸だったのでしたWow。

1日目は久住トレイル。本土とは違った様々なトレイルサーフェス&景色、距離も含めて大満喫。夜は天神にて宴会コミュニケーション。2日目は平尾台トレイル。石川さんの大会写真で見たあのカルスト台地トレイルを体感。

大会などスケジュールが込入っているシーズン最中の貴重な週末2日間、トレイル走って遊んで温泉入って語って飲んで食べて笑いっぱなしの濃ゆい2日間はあっという間でした。レース会場ではなかなかゆっくりコミュニケーション取れないので、互いの思考や価値観の共有などこういう機会が、新たな刺激を産み、プラスの相乗効果になり、今後の個々の活躍、活動の糧になるのではないかと思っています。
13620139_1046315738779077_3953115408672233216_n 13620728_1046315528779098_6980269509392030317_n 13620823_1046315735445744_6312302217368209734_n 13754631_1046315548779096_6600812577298161362_n13775449_1046315578779093_1202676605027748165_n13631684_1046315648779086_4232057730541997777_n 13645291_1046315592112425_3425506128778244177_n 13606920_1046315732112411_8502639519755719311_n
今回九州の皆さんには、運転や美味しいお店の予約、トレイルのアテンドなど任せっきりで大変お世話になりました。また次回、秋に九州で再会しませう!

PUSH YOURSELF

転職して早2ヶ月、そのタイミングで描いていたビジョンからぶれることなく、日々邁進しています。そしてこの先も描く道から外れることなく、やってやるぞという意思が日に日に強くあります。そう感じさせてくれる環境下で仕事ができることにも感謝です。

今も多岐に渡って色々と動いてる最中ですが、そのうちの一つが、目に見えるかたちとなりました。今週月曜から掲載されています。
PUSH YOURSELF for UTMF
スクウェア
タイトルコピーにはUTMFと入ってはいますが、(実は)この大会だけに限らず、様々なチャレンジに挑む皆さんへのエールの想いも込めています。

またこのキャンペーン用に動画を2本作成しました。一つは走り手の情熱を。もう一つは作り手の情熱を。走り手の想いを作り手の想いが支える。より速く、より強く、走り続けるため、あなたの挑戦を後押しするモノづくり。それは品質であり、機能性。MADE IN JAPAN QUALITY。そんな想いが足元を支えているからこそのPUSH YOURSELF。ぜひ2本ご覧ください、宜しくお願いします。

—–
それと今回の動画と写真の撮影カメラマンは、偶然にも自分と同い年・同級生でした。それもなんだか引き寄せあった縁を感じ、またアスリートの二人も場を大いに盛り上げてくれて、とても充実感ある現場でした。この機会に改めて感謝で、そしてこんなふうに人と人とが繋がって広がっていくことが最高の喜びです。

ムービー撮影編集:HAPPY DAYZ PRODUCTIONS(井上さん)
スチール写真:杉村航さん
アスリート:小林慶太、宮﨑 喜美乃