Angeles Crest 100 Result

14188668_10202235106834799_3119359285710604541_o
あっ!!!!!という間に一か月半経っちゃいましたが、そうですそうなんです8月6日(金)~に鬼熱のAngeles Crest 100 を走ってきました。そして、AC100のレポートについては、先日、東京岩本町Run boys! Run girls!にて行われたtomo井原の”100miles 100times podcast”公開収録で楽しくお話してきましたので、アプリPodcast、スマホPCでも「NO LIMITS」と検索してチェックしてみてくださいね!

logoBigColorNew
Angels Crest 100mile endurance run
<今回の結果とレース展開>
フィニッシュタイム23:49:37 総合17位

直前までソルトレイクでの仕事で脚と胃に負担がそこそこあったので、スタートから序盤はかなり抑えめで入り、コンディションを確認しながら3000mオーバー地点をうまくかわせた。それ以降の時間帯、日差しがジリジリと強く気温が上がりだし、それがボディブローのように効いてきたのか、中盤の直射に照らされるロード&林道区間に差し掛かったあたりで脱水症状になってしまい、ジェルや食べ物が一切受け付けられず命辛々50マイルのエイドに辿り着き、2時間横にならせてもらい当初思い描いていたプランはジ・エンド。しかしそこで止める気はさらさらなくて、むしろここからどう楽しむか?どんなかたちで完走に持っていくのか?という欲がニョキニョキと芽生えだす。その後メディカルスタッフ(あの酷暑レースで有名なBadwaterでマザーと呼ばれている貴婦人)に手厚く介護してもらい2時間後になんとかヨボヨボ復活するも、その後やっぱり胃腸機能が働かずストップ。少し歩いてはまたストップ。その繰り返しで本当に苦しくて記憶もあいまい。しかし途中途中でtomoさんと一緒になり激をもらう。食べられないのは相変わらずだったけど、日が沈みかけだした時間帯から途中急に走れるようになり、そこから性格も変わりw鬼攻めモードにスイッチが入る。

なんでスイッチが入ったかと言うと、後半はペーサーに入ってくれる仲間が待っていてくれるから。そこまでたどり着けば、そこまで持てば、あとはやり切れるはずとそういう気持ちが強く働いたから、その気持ちに連鎖してカラダが前へ前へと進みました。ペーサーを引き受けてくれたのは、15年前にNYで知り合い、それから時が立ちお互いがトレイルランニングに興じていることに驚き、そして久しぶりに再会した友人・須川くん(ロス在住)。彼は自分がSUB24を達成したいと伝えていたので、それを汲み取ってくれたのか、ひたすら前へ引っ張ってくれました。途中眠気がさしてフラフラになる場面も何度かありながらも、彼に着いて行かなくては。彼にプレッシャーをかけるくらいに進まないと。そう思いながら必死に食らいついていきました。彼がいなかったらsub24は絶対に成し得なかったです。100マイルのペーサーシステム初体験にして、その醍醐味を存分に堪能できました。そして彼のおかげで最終セクションを40分切り。140㎞150㎞進んできて、あんなにスピード出せるかというくらい走りきって大勢かわしてFINISH。最後のセクションでは歴史ある29回大会でおそらく過去最高セクションタイムだったはず。途中絶望的だったのに最終盤で怒涛の走りでSub24達成できその称号でもある念願の純銀バックルをgetできました。終わって振り返るとどの瞬間を切り出しても最高の時間で、一ヵ月半経った今でのあのレース中のことを思い出すと胸高鳴り興奮しちゃいます。

結局中盤から最後までほとんど何も食べれずだったので、今までで一番苦しく凹んだコンディションでしたが、気持ちが徐々に乗ってきて、最後は最高に楽しいと思える100マイルレースでした。今回はロス在住のMiekoさんとErikファミリーに大会前後から大変お世話になり、また気心が知れた仲間&そのファミリーと一緒だったこと、大会スタッフの素晴らしいホスピタリティ、全てに感謝でした。100マイルは距離の分だけ、いつも達成感と思い出のお土産いっぱいで、それが次のモチベーションへと繋がっていきます。

<過去にウルトラトレイルを走ってきた中でアメリカはどうだった?またACはどう感じたか?>※”100miles 100times podcast”公開収録にて

山岳競技が盛んな欧米は大会全体がコンペ色の強い傾向のように感じたが、方やアメリカはローカルコミュニティのフェスという雰囲気で、みんなでお祭りを楽しもうという感じが会場の一体感を生み出しているのか凄く居心地が良い。翌日のアワードは参加者全員が表彰されるという点からも、トップアスリートだけでなく完走したみんなが賞賛に値するという考えや、必要以上に参加者を増やさず自分達ができる範囲で運営するなど、そういったクオリティが、ランナーだけでなくそこに関わる全ての人の満足度に繋がっていて、その積み重ねが個々の大会の歴史だったり色になっているんだなと感じました。

今の自分のスタンスには、アメリカのローカルトレイルカルチャーに触れたり、そこで行われるお祭り100マイルを走って感じたり、旅をしたり、そういうトンマナが凄く心地良いと感じていて、こういう楽しさを知れたこと、そしてこの時間を共有できる旅の仲間がいることが、昨年からのUS TRAIL TRIPで得た財産なのかなと思っています。

その地域を旅してみたい、新しい世界を見てみたい、そう思える100mileとの出会いを大切にして、1本1本思いっきり楽しんでいこうと思う今日この頃でした。

13872964_1055329017877749_2783726387865758245_n    13925142_1055376497873001_6324654448551357165_n 13925281_1058620364215281_7792052356203004441_n  13935112_1055329041211080_3993104813591528201_n13903432_10207467809709772_2132409469273246284_n13921133_1278877462122672_4549466057589686523_n13903281_1055329021211082_3595227875250905303_n13925569_1053681498042501_4263374040343952736_o

Angeles Crest 100

logoBigColorNew
Angeles Crest 100mile Endurance Run 2016 (29th)
Race starts in August 6, 2016 5:00 AM

highest pt 3200m
5821m up, 7376m down
※上記は昨年の数字。2016はコース一部変更

今年29回を迎える歴史ある100mileレース。ロサンゼルスの北東、Angels national forest(国立森林公園)を東から西に横断。先週AC100を試走したMiekoさん情報だと、日中42度だったらしいです・・・・oops
未知のトレイル、未知のコンディション、愉快で心強い仲間と一緒の、新しいチャレンジはいつだって胸が高鳴りますね。ターゲットは9月。そのことを忘れずに冷静に。

 

 

いや楽しくなって多分冷静になれない)苦笑

カテゴリー: Race

新潟も熱い!

おつかれハッピーターン!突然ですが、皆さん新潟のトレイルを走ったことありますか?
日本列島のほぼ中心部に位置し海と山に囲まれた豊かで壮大な自然をはじめ、それに加えて、超のどかな田園風景まで多彩な風景を楽しめる新潟のトレイル。

そんな新潟のトレイルランニングシーンが今年益々パワーアップしていくんです。要チェックです!新潟で大会やイベントなどを盛上げているトレイルランナー有志一同、皆さんのお越しをお待ちしていますので、是非この機会をお見逃しなく!

①2月28日(日)ランニングフォーラムにいがた
https://www.facebook.com/events/170900856606949/
新潟県内のランニングフィールドにおける現状・課題などを知り、マナールールをメインに参加者みんなで意見を出し合う有意義な場になりそうです。

②5月29日(日)KUSHIGATA WIND TRAIL (25k・累積2000m)
http://www.trailrunners.jp/event/calendar/1747/
新潟県にある、【日本一小さい山脈、櫛形山脈】にて初の本格的トレイルランニング大会を胎内市の強力バックアップの下で開催!

③6月4日(土)MT.AWA VERTICAL KILOMETER® (5k・獲得標高1100m)
http://www.trailrunners.jp/event/calendar/1745/
地元のシンボル、”3つのとんがり”が目印の「粟ヶ岳」を山頂目指して一気に登る、バーティカルレース!

④6月19日(日)ECHIGO COUNTRY TRAIL (50キロ・累積2330m)
http://www.echigocountrytrail.com/
新潟の魅力がたっーぷり詰まった長岡市小国町~小千谷市を巡るコース。地元の人たちとの出会い、そこに伝わる生活と味を知ること。これぞまさに旅トレイルランニング!
rogocolor

UTMT結果

あけましておめでとうございます!
香港で元旦に初開催されたUTMT(Ultra-Trail Tai Mo Shan)に参加してきました。
昨年8月末UTMBへの参加が仕事の都合で難しくDNS、ちょっとモチベーションが下がっていた9月に主催者よりこの大会への招待お声がけを頂き、正月は確実に休みが取れる事から、とても楽しみにしていました。また今大会の事前情報は、香港在住のNaokoさん、浜井さんから色々と教えて頂きました。そして香港の姐さんと慕うChiakiさんからも香港トレイルマップをわざわざ送って頂きました。感謝です。

大会オーガナイザーは人望があり、他主催レースでもサポート体制もしっかりしていて、スタッフも参加者目線で楽しみながらやられていて雰囲気も良く、運営組織力があるというベタ褒め事前情報でしたが、実際その通りでした。運営面においても適正なサポート人数で、効率含めしっかりやられているという印象でした。人員を必要以上にかけていないという点が、選手目線でもあり、さすがだなと感心。今回で香港3回目の大会でしたが、大なり小なりおそらくは問題も抱えているとは思うのですが、端から見える部分での運営面においては日本よりも進んでいると感じています。

大会結果のほうは、100km過ぎた地点で、故障懸念だったアキレス腱周りの痛みに耐えきれなくなり、CP7にてドロップしました。応援ならびにコメントありがとうございました。

今回はコンディションもあり、超軽量ポールGUIDETTI/PLUME(1本90g)を全行程で投入しました。なるべく着地面の衝撃ダメージを軽減し、香港特有の超ハードなサーフェスを乗り切ろうと画策しましたが、100マイルでは甘くなかったです。

それでも参加して本当に良かったです。何よりもトレイル走っている時間瞬間が本当に嬉しくって、故障のことも忘れて、心の底から満喫できたこと。稜線の抜けた景色は香港トレイル特有の、ものでいつ見ても最高です。そして香港の皆さんが行く先々でとっても優しくしてくれたこと。沢山の笑顔で送り出してくれてどれだけ力になったことか。感謝です。

「完走しなければ…」と思う人もいるかも知れませんが、今回はどうしてもスタートラインに立ちたかったのです。9月のUTMF以降、曇りがちだったのが、これで一気に晴れました。視界良好。そしてやっぱり大の負けず嫌いなんだなーとも(苦笑。今は回復に専念し、しっかり治して次回3月再び香港の地で復活戦です!

大会直前まで、かつま治療院のまっちょ先生(祝開院!)、あしラボの小野寺先生にギリギリまで施術頂き、おかげで大会数日前で超回復していて、スタートラインに立てました。そして香港の親愛なる皆さん(Chiakiさんファミリー、Ayaさんファミリー、Paul Wong、Desmond Wong)のおかげで、今回もまたとても貴重な経験、かけがえのない時間を頂きました。皆さんから沢山の力を頂き、今は活力に満ち溢れています。この調子で回復もきっと早まるでしょう!本当にありがとうございました。

最後に「いやー、ウルトラトレイルって本当に素晴らしいものですね〜」(淀川長治風)
01 03 02 04 06 07  03 0102
‪#‎c3fit‬ ‪#‎rlsocks‬ ‪#‎patagonia‬‪ #‎hokaoneone‬ ‪#‎answer4‬ ‪#‎newhale‬ ‪#‎iiyonet‬  ‪#‎guidetti‬

師走の整理整頓

「あっ!」という間に2015年もあと2週間程。仕事は終わりがまだ見えず、しかし2016年元旦に100mile祭りがあります。たぶん世界でどこよりも一番早い開催でしょうか。で、で、現状そこに向けてのフィジカルとメンタルの交通整理ができておらず、、かなりとっちらかっている状態・・・“Time waits for no one.”

そんな時はBestに固執せず、今できるBetterを泥臭く粘り続けて、まずはスタートラインに立つことを最優先。切らす・投げる・諦めるのではなく、粘り続けることが大事。それを続けながら、今のマイナスから、どこまで引き上げていくことができるか、そんな思考に切換えられたらチャンス到来、「焦り」が自然と「楽しみ」にシフトしていくはず。

確か去年の今頃もこんな精神状態で焦っていて、しかも故障明けでフィジカルが全く追いつかず苦しんでいたなという苦い記憶が蘇る(というか苦い記憶はすぐに忘れるw)。しかしそこから気持ちが吹っ切れてVibram100は楽しめたんだった。

と、こんな感じで今の思いを書き記すことが、色々とメンタル整理に繋がるなぁと。頭の中が整理できないときは、書いて整理することをお薦めしますナウ!

“Keep It Simple.”

2016シーズンの大会予定 12/16 時点
1月1日:UTMT(Ultra-Trail Tai Mo Shan) 香港100mile
logo

3月12日:Trans Lantau  香港100km

TransLantau_logo1

8月6日:AC100(Angels Crest)  ロス100mile

logoBigColorNew