PUSH YOURSELF

転職して早2ヶ月、そのタイミングで描いていたビジョンからぶれることなく、日々邁進しています。そしてこの先も描く道から外れることなく、やってやるぞという意思が日に日に強くあります。そう感じさせてくれる環境下で仕事ができることにも感謝です。

今も多岐に渡って色々と動いてる最中ですが、そのうちの一つが、目に見えるかたちとなりました。今週月曜から掲載されています。
PUSH YOURSELF for UTMF
スクウェア
タイトルコピーにはUTMFと入ってはいますが、(実は)この大会だけに限らず、様々なチャレンジに挑む皆さんへのエールの想いも込めています。

またこのキャンペーン用に動画を2本作成しました。一つは走り手の情熱を。もう一つは作り手の情熱を。走り手の想いを作り手の想いが支える。より速く、より強く、走り続けるため、あなたの挑戦を後押しするモノづくり。それは品質であり、機能性。MADE IN JAPAN QUALITY。そんな想いが足元を支えているからこそのPUSH YOURSELF。ぜひ2本ご覧ください、宜しくお願いします。

—–
それと今回の動画と写真の撮影カメラマンは、偶然にも自分と同い年・同級生でした。それもなんだか引き寄せあった縁を感じ、またアスリートの二人も場を大いに盛り上げてくれて、とても充実感ある現場でした。この機会に改めて感謝で、そしてこんなふうに人と人とが繋がって広がっていくことが最高の喜びです。

ムービー撮影編集:HAPPY DAYZ PRODUCTIONS(井上さん)
スチール写真:杉村航さん
アスリート:小林慶太、宮﨑 喜美乃

HOKA CHALLENGER ATR2

先週の連休中に、HOKAの2016年モデル「チャレンジャーATR2」をフィールドテストしてきました。昨シーズン人気モデルのチューンナップ版。

手に取ってまず分かったのが、ベロ(シュータン)がペラペラ→フカフカに変更している点。ATR1ではレース中にベロがずれてしまうことがあり(※個人差あると思います)、その点が惜しいと思っていたのでこの改善はかなり嬉しい。

そのほかとしては、ATR1と並べて比べると、アッパーの補強変更や、ヒールサポート部分のパーツ強度アップなどなど。(写真ではわかりづらいのですが)

で実際にフィールドテストして感じたことは、やはりベロやアッパーの変更に伴うフィット感の向上。前作にも増して足さばき感や安定性がアップしていると。軽さは一緒。長時間長距離走行はまだトライできていないので、足疲れ感の比較などはまた違った感想が出てくる可能性もありますが、前作での改善点が反映されていて、且つバランスの良さは顕在。ATR2は確実に扱いやすくなっていると思います。個人的には初回版よりもアップデート版のほうが触手を伸ばしやすくなりますね(iPhone6よりも、6sの方が手を出しやすいとかそんな感覚?!)

ATR1を既に履いている方はホカ試履会などあれば是非フィールドで比較検討を。またHOKA新規ユーザーは初めの一足にこのトレイルオールラウンダーのチャンレンジャーATR2をお薦めできると思います!(現に1は既に多くの方に指示されているので)

12378072_970244673052851_7409114195004530671_o
白ソールがATR1、赤黄のグラデーションがATR2
12901009_970244743052844_6561801336344741417_o
左右の紺色シューズはATR2のWOMENモデル

UTMT結果

あけましておめでとうございます!
香港で元旦に初開催されたUTMT(Ultra-Trail Tai Mo Shan)に参加してきました。
昨年8月末UTMBへの参加が仕事の都合で難しくDNS、ちょっとモチベーションが下がっていた9月に主催者よりこの大会への招待お声がけを頂き、正月は確実に休みが取れる事から、とても楽しみにしていました。また今大会の事前情報は、香港在住のNaokoさん、浜井さんから色々と教えて頂きました。そして香港の姐さんと慕うChiakiさんからも香港トレイルマップをわざわざ送って頂きました。感謝です。

大会オーガナイザーは人望があり、他主催レースでもサポート体制もしっかりしていて、スタッフも参加者目線で楽しみながらやられていて雰囲気も良く、運営組織力があるというベタ褒め事前情報でしたが、実際その通りでした。運営面においても適正なサポート人数で、効率含めしっかりやられているという印象でした。人員を必要以上にかけていないという点が、選手目線でもあり、さすがだなと感心。今回で香港3回目の大会でしたが、大なり小なりおそらくは問題も抱えているとは思うのですが、端から見える部分での運営面においては日本よりも進んでいると感じています。

大会結果のほうは、100km過ぎた地点で、故障懸念だったアキレス腱周りの痛みに耐えきれなくなり、CP7にてドロップしました。応援ならびにコメントありがとうございました。

今回はコンディションもあり、超軽量ポールGUIDETTI/PLUME(1本90g)を全行程で投入しました。なるべく着地面の衝撃ダメージを軽減し、香港特有の超ハードなサーフェスを乗り切ろうと画策しましたが、100マイルでは甘くなかったです。

それでも参加して本当に良かったです。何よりもトレイル走っている時間瞬間が本当に嬉しくって、故障のことも忘れて、心の底から満喫できたこと。稜線の抜けた景色は香港トレイル特有の、ものでいつ見ても最高です。そして香港の皆さんが行く先々でとっても優しくしてくれたこと。沢山の笑顔で送り出してくれてどれだけ力になったことか。感謝です。

「完走しなければ…」と思う人もいるかも知れませんが、今回はどうしてもスタートラインに立ちたかったのです。9月のUTMF以降、曇りがちだったのが、これで一気に晴れました。視界良好。そしてやっぱり大の負けず嫌いなんだなーとも(苦笑。今は回復に専念し、しっかり治して次回3月再び香港の地で復活戦です!

大会直前まで、かつま治療院のまっちょ先生(祝開院!)、あしラボの小野寺先生にギリギリまで施術頂き、おかげで大会数日前で超回復していて、スタートラインに立てました。そして香港の親愛なる皆さん(Chiakiさんファミリー、Ayaさんファミリー、Paul Wong、Desmond Wong)のおかげで、今回もまたとても貴重な経験、かけがえのない時間を頂きました。皆さんから沢山の力を頂き、今は活力に満ち溢れています。この調子で回復もきっと早まるでしょう!本当にありがとうございました。

最後に「いやー、ウルトラトレイルって本当に素晴らしいものですね〜」(淀川長治風)
01 03 02 04 06 07  03 0102
‪#‎c3fit‬ ‪#‎rlsocks‬ ‪#‎patagonia‬‪ #‎hokaoneone‬ ‪#‎answer4‬ ‪#‎newhale‬ ‪#‎iiyonet‬  ‪#‎guidetti‬

少し充電

昨晩、今夏のGPSログを振り返ってみてたら、北ア、南ア、八ヶ岳、富士山麓、新潟、そして奥武蔵と、毎週末アクティブに山へ赴いた。それもほぼソロで。特に理由はなかったけど、これまでになく自然の中で自分と対峙する時間が必要であると感じていたからかも。

そして例年この9月は鬼門で、夏の蓄積された疲労がボディブローのようにじわじわ効いてくる(表面化してくる)時期でもあるので注意しなくては。過去にはランナー貧血、オーバートレーニング(慢性疲労症候群)で長く苦しんだ、同じ轍を踏んではいけないと肝に銘じる。

関東はここのところ雨が降りつづいてますね。
こんな時こそ心を静めて、心身にエネルギーを貯めこまないと。ちょっちゅね~
03 02 01
今夏山での足元の相棒は、ほぼSpeedgoat。ゴキゲン♪スピードゴート!HOKAのミドルソールとVibramのアウトソールが相まって、北南アルプスや八ヶ岳の稜線ガレ場ザレ場や、ハード、ラフ、スリッピーな悪コンディショントレイルほど力を発揮してくれます。トレイルに吸いつく感じと、足さばき感のバランスが良いです。
また写真のグリップパターンからお分かりかと思いますがロードはあまり得意ではありません。それとHOKA他モデルと比べるとToeが細めと感じたので、自分はワンサイズアップで履いています。このSpeedgoatを検討の際は、ぜひ試履きした上での購入をおすすめします。

ハセツネ30K

11137124_805954849481835_56
昨日はハセツネ30Kに「TEAM R×L」メンバー として参加させて頂きました。
そしてなんとTEAM R×Lの俵千香選手が初トレイルレースながら女子優勝を飾りました。おめでとうございます!

自分はというと、現状課題とその先の目標に向かって、この週末は新潟帰省でのトレーニング含め、高心拍・高負荷で追込めて久しぶりの充実感。スタート直後から、脚も心肺もぎりぎりをキープしながら(故障や怪我と背中合わせでもあり…)、FINISHまで目一杯楽しむことができました。関係者皆さんに感謝です。

筋力と持久力の鍛錬をこの流れで続けていきたいところです。
しかしこの波に乗るということが最も難しいのですが、、(苦笑

さて今回大会で着用したR×Lのウェアが下記です。
シャツ:シームレスレーシングシャツ
ソックス:TRR-32G (ウルトラ&トレイル推奨メリノウールソックス)

ソックスは、最近は5本指を好んで着用しています。メリノウールはオールシーズン快適ですね!そして今回着目したいのが、シームレスレーシングシャツです。 シームレス=生地の繋ぎ目がない無縫製。ニットを編むような技術で実現したウェアということで、手に取った感じ、Lサイズ?小さくない?と思ったのですが、伸縮性が抜群でサイズは全く問題なしでした。また肌へのあたり心地もよく、実際走ってみてストレスフリーでした!(半袖モデルもありますよ) 生地感や伸縮性など、これは実際に手にとってみてほしいですね、おすすめできるウェアです!
19624_805954862815167_65115