試走会に参加した内地ランナーに会う

実行委員はゼッケン引換通知書の発送をしたり、安全管理の徹底のために動いたり、
大会まで秒読みです。アンバサダーの私は、28日、新宿の喫茶店で雑誌『Number Do』から事前取材を受けました!
1551683_639566849436903_91957763_n
大会開催の経緯や意義、古道を活用したトレイルであること
コースの見どころ、参加者をどうやって集めたか?アンバサダーの役割についてお話しました。ふだんはライターとして取材する側にいますので、「取材される」のは新鮮です。

インタビューを受けた後は、四谷三丁目の居酒屋に向かい、
12日に行われた国頭トレイルランニング大会の試走会に内地から参加した方にお会いしました。試走会に参加してきたサネカタ氏によると、

「試走会は天気もよく、気温も20度近くまで上がりました。
久方ぶりにTシャツ1枚で走ることができて、幸せでした。
コースはどちらかというとアドベンチャーレースのようで、かなり面白いですが、
コケがあり、スリップしやすい場所も多かったです」。

レースは距離が短いこともあり走力よりも、
技術力で勝負がつきそうというのがサネカタ氏の分析です。
東京に戻り、すぐにトレイルランニングシューズを買い換えたそう。
大会直前ではありますが、参考にしてください。

実は、サネカタさんと私は8月に東京の沖縄居酒屋で知り合いました。
ふとした瞬間にランナーであることが判明し、意気投合。ここまではよくあることです。
その勢いで「国頭トレイルランニング大会に出ませんか?」と猛烈にお誘いし、
名刺交換をしたら、実は大学時代の友達の旦那さんのボスだった!
という運命的な出会いをしました。

居酒屋でもアンバサダー活動をしておくと、こんなドラマチックなことが起こります。
2月
(写真はサネカタさんと行った居酒屋で食べた下仁田ねぎの天ぷら)

来週の今頃は、国頭村。すっきり飛び立てるように山積みの仕事に取り掛かります。

 


合言葉は国頭についたら「イノブタ肉そば」

最近、すごく親しい友達にも「ずっと沖縄にいるの?どこで寝ているの?」と心配されますが、
ずっと東京でいつも通り、仕事をしております。猫と寝ています。
やんばるでは桜が見頃なんてニュースを見ると、東京を脱出したいなと思いますが、
あと2週間で大会本番です!

おかげさまで申し込み者は
・19km 362名
・12km 328名
・ 6km 118名
・6kmトレイルウォーク 282名
・19km団体ペア 18チーム
・19km団体3名 16チーム
合計 1,176名

うち、内地の方のお申込みは205名になりました。
この数字を見ると、緊張感が高まりますが、実行委員が全力投球で
運営の詰めの作業をやっておりますので、東京からエールを送り、
そろそろ国頭の「おいしいもの」を紹介しましょう。

私がトレイルランニングに魅せられたのは、山を子どものように走り、
温泉や銭湯に入り、地元のおいしいものを食べて、ビールを飲むという
「RUN×風呂×ごはん」の3点セットが
旅のようで気持ちいいなあと思ったからです。
初トレランの後、メガ盛り定食を食べたときのブログ
※このブログに登場するじろーさんは、いまや海外レースでも上位に食い込む実力者。
初トレランのスタートは私と同じだったのですよ。ハイ。

そんな原点もあり、はるばる国頭村までお越しいただいた参加者には、
やっぱり国頭の味を体験してもらいたい!!と思っています。
広~い国頭村の入口ともいえる、奥間エリアまできたら
道の駅ゆいゆい国頭」へ。
gaikan
「ゆいゆい国頭」内にある「レストランくいな」で注文すべきは、
イノブタ肉そばです!
猪豚は国頭村に生息するオスの猪とメスの豚を交配させて誕生した
メスのイノブタに、さらにオスのイノシシを掛け合わせて誕生した動物。
ちょっとややこしいのですが、食べればうまみが強い肉ということがすぐ分かります。
飼育日数が長いので、大量に生産できません。
2009年から「国頭村猪豚生産組合」ができ、安定供給を目指しています。

私はラーメンにごはんをプラスするのが好きなのですが、
この店の「イノブタ肉そば」(800円)は、ボリューム満点で
じゅーしー(炊き込みご飯)をつけて定食にしたら
食べきれませんでした。

あっさり味の沖縄そばとは、趣が違って濃厚でクセになる味。
1週間前までの予約で猪豚のしゃぶしゃぶも楽しめます。

11時~16時30分(ラストオーダー)。
合言葉は国頭についたら「イノブタ肉そば」でお願いします。
i64XkQ6kYxfUQ

 

 


アンバサダーのアンバサダーいた!

新年はじめての投稿になります。しばらく原稿書きの「険しい山」を歩いておりました。
とうとう、きょうが国頭トレイルランニング大会の県外参加者のエントリー締切日です。
昼頃、事務局の喜久里さんから電話がきて、
県外の参加者が「186人」になったと言っていました!!

締切間際になり、だんだん大会の存在が知られてきたのかもしれません。

週末ごとに全国の大会を飛び回り、チラシ配布をしてきた実行委員の馬力にも目を見張るものがありましたが、いくつかの大会で関係者と国頭トレイルをつないでくれたのはトレイルランナー仲間だったりもします。

また、数人から「何かできることがあればやりますよ!」とメールをもらい、
それなら!と、チラシやポスターの配布をお願いしました。まさに草の根運動です!

ずっとTwitterやfacebookでつながっていた
Links.NATURE を運営している松尾健一さんは
関西エリアのショップを何軒も回ってくれました。

自転車
こちらは兵庫県明石市にある「ロールアウト」という自転車を扱うアウトドアショップ。
トレイルランナーも多く集まるショップなんだそうです。

実は松尾さんとは何年もつながっているんですが、昨年末に渋谷で初めてお会いしました。

私からは、関西エリアのトレイルを盛り上げるアイデアをいくつかお話し、
松尾さんからは電子書籍の作り方のレクチャーを受けたりしました!
watasi

UTMF対策動画を制作している松尾さんに、お礼に?「ふじふせん」をプレゼント。

また、友達のモリオさんは、「あし・ラボ」さんにポスターを持っていってくれました。
あしらぼ

あし・ラボさんはFacebookページで「友達の友達はみんな友達。レースの質って作り手の思いがどれほど詰まっているかだと思います」と、10月の伊南川ウルトラ遠足100kmの大会とともに紹介してくれたよう。有り難いことです。

さらにクリスマスイブの夜、ゼビオ豊洲店でチラシ配布をしてくれた方もいました。

アンバサダーのアンバサダーがいたのです!
これこそ、トレイルランニングらしいつながり方かもしれません。

ちょっと話はそれますが、今年は沖縄手帳なるものを手元においています。

手帳

那覇の国際通りで「沖縄で仕事をするなら必携!」というポスターを見て即購入。
もちろん最初に書いたのは「国頭トレイルランニング大会」。
2月6日から現地入りするという線もさっき書き足しました。

なか
この手帳には沖縄の歳時記や県内イベントや歴史豆知識が書いてあり
1月16日に「全島に寒波襲来、那覇でも6.6℃(1967年)」「久米島であられ降る」(2011年)という記述も。書い記しておきたいと思う手帳編集者の気持ちを想像し、なかなか楽しめます。

本番まであと29日!