第4回・国頭トレイル参加者募集中!

沖縄本島・最北端の村、国頭村(くにがみそん)で開催される
トレイルランニングレース、国頭トレイルランニング大会の参加者を募集しています。
今年もアンバサダーを務めることになりました。
どうぞよろしくお願いします。

6月30日には国頭村のソウルフード、
「ハイケイ会」が新宿フラッグスで開催されました。
大会の参加者は参加賞Tシャツを着てきてくれた人が多く、
新宿というより、国頭村にいるような錯覚を覚えました。

DSC_0566

写真の下がハイケイ。大会の後夜祭の名物です。

廃鶏と書く骨つきの鶏肉。
うまみがたっぷり、脂しっかり。
そして噛みごたえ抜群です。クセになる味です。
世の中、「やわらかくてジューシー」なものが増えているので、
はじめて食べた人は驚くかもしれません。
眠っていた野生の力が目覚めるようなお肉です。
塩加減は「東京向け」に控えめにしたと聞きました。

昨年よりもおいしかった!と言ってくれた参加者が多く、
主催者一同、ひと安心でした。これはかたさに慣れた人が増えたのと、
ハイケイマイスターの遠征先での「焼く技術」が磨かれたこと
会場で炭をおこしてくれたことなどが影響していると思います。

写真 2-1

沖縄本島最北端、田喜里酒造の泡盛「まるた」もすっかりおなじみ。
トレイルランニングの大会を通じて、県外の参加者に
郷土で親しまれてきた味と酒が伝わるきっかけが生まれるのは、
国頭トレイルの大きな魅力のひとつです。

DSC_0556

わたしは国頭村の野菜を使って、60人分のサイドメニューを1人で作りました。
奇跡のような仕込みの時間配分と、
大勢の仲間が盛りつけに駆けつけてくれたからなし得たことです。

こちらはカップサラダ。
はんだまという薬草、島きゅうり、島おくらのサルサソースがけ。
シークワーサーを使ったドレッシングをかけました。

写真

DSC_0557
3色パプリカのペペロナータ(アンチョビとにんにく)
島きゅうりと国頭村の佃煮の和え物
パパイヤイリチー(ツナ、にんじん、にら)
ゴーヤと塩昆布、みょうがの和え物
なすのカレー煮 ミント風味 もち麦のサラダを合わせて
写真にはありませんが、島らっきょう2種。

ミントが入荷していることが分かったのが当日の朝8時。
急きょ、メニューを変更し、もち麦をゆでてミントを刻んで混ぜ、
シークワーサーとオリーブ油で味つけしました。
なすのカレー煮にもミントを加え、上にも散らして。
蒸し暑い東京で、屋外で食べておいしく感じる味をイメージしてみました。

国頭村がそのまま新宿にやってきた3時間。
こんなことをやってしまう、国頭村が大好きです。
DSC_0551
第4回国頭トレイルは、12月10日(土)開催。
19km・12kmのランの部と、8kmのウォークの部があります。
後夜祭もセットでお申込みください。
(後夜祭は残り150人弱で申し込み締め切りになります)
ハイケイを食べて「まるた」で完走祝いをしましょうね。
▼申し込み▼リンクつけました▼
申し込みはスポーツエントリーからおねがいします
DSC_0553
ハイケイマイスターのみなさんは、国頭村役場の職員です。
やんばるの森も、地元で愛されてきた食文化も宝物。
大会を通じて、国頭村を体感してください。
今年もやんばるの森で会いましょう!
DSC_0600ハイケイ会@新宿にご参加のみなさま、ありがとうございました!
また来年もありますよー。