2012年を振り返る 10月~12月

10月7、8日、待ちに待った第20回日本山岳耐久レース(24時間以内)長谷川恒男CUP(通称ハセツネ)に参戦した。ハセツネとは東京・奥多摩山域の71.5km、制限時間24時間、エイド1カ所のみ、夜間走のあるトレランレースである。レースを簡潔に振り返りたいと思う。第1関門(22km地点)、通過タイム4時間43分、目標ペースから9分の遅れ。序盤にペースを抑えて入ったことで、渋滞に巻き込まれ、区間を思うように走れず、我慢を強いられる展開となった。この序盤の9分の遅れにレース後半まで苦しむことになった。第2関門(42km地点)、通過タイム9時間3分、目標ペースからの差はイーブンと挽回した。残り約30km、身体はすでにボロボロ、メンタル面の余裕は全く無い。第3関門(58km地点)、通過タイム12時間44分、目標ペースからの差は変わらずイーブン。走っても、走ってもタイムの貯金ができない。焦る。焦る。身体は限界近く、メンタル面でも追い込まれ、苦しい。最終のゴールタイムは14時間45分53秒、目標ペースからの差9分7秒。目標としていた15時間以内の完走を達成できた。自己との孤独な戦いのなか、何度も15時間以内の完走を諦めかけたが、第3関門~ゴールまでの最終区間で挽回し、なんとか目標を達成できた。

私にとってのハセツネは人生の縮図のようなものだった。決して大袈裟に言っているのではない。心身を鍛え、自己の限界に挑戦し続けるということが、人生の目的や価値であるのなら、その人生の全ての要素がハセツネにはあると思う。苦しさの中に、自分は生きているという喜びを感じられる。それもハセツネの魅力のひとつなのだと思う。

10月21日、日本百名山のひとつ、平ヶ岳に紅葉狩りトレランに行った。平が岳とは、新潟と群馬県の県境にある標高2,141mの山である。コースは平が岳入口~下台倉山~台倉山~池ノ岳~平ヶ岳~玉子石~池ノ岳~台倉山~下台倉山~平が岳入口のピストン、距離は約20km。

平ヶ岳山頂付近にある奇岩、玉子石

10月の月間累計走行距離は181.7km。

11月は、11日に開催された第12回陣馬山トレイルレースに参戦した。陣馬山トレイルレースとは、高尾山連峰で行われる走行距離23.54km、高低差605mのショートレースのことである。タイムは2時間49分32秒だった。コース中盤にある7kmのアスファルト舗装路の上りが曲者で、大苦戦した。
11月の月間累計走行距離は187.4km。

12月は、週末の高尾山トレラン、LSD、平日のジョギング、坂ダッシュなどを組み合わせた複合的なトレーニングを継続した。
12月の月間累計走行距離は204.2km。

2012年元旦、たった2kmの距離から始めたランニングも、2012年間累計走行距離は2015kmとなった。


2012年を振り返る 7月~9月

7月には、10月7、8日の日本山岳耐久レース(ハセツネ)に向けて、コースの一部を試走するため、週末の奥多摩通いを始めた。試走の目的は、トレランの実戦を積むこと、コースタイムのシミュレーションをすること、自分の課題を知ることであった。試走数回で、自分には20km程のトレイルを走る力はあるが、30km以上を走る力、つまり持久力不足が課題であることが分かった。また、レース全長71.5kmのシミュレーションタイムは17時間程度という感触も得られた。
7月の月間累計走行距離は初の200km超の236.7km。

8月は、持久力強化を課題にして、週末のコース試走を継続した。試走を繰り返しながら、レース本番の休憩、補給、区間ペースなどのイメージを創り上げた。試走することで、ちょっとした登りも走れるようになったり、下りの恐怖心を克服し、少しずつスピードアップするなど、走力アップを実感できることが、辛い時期のトレーニングの楽しみでもあった。しかし、トレランの経験値は着実に上がってきたが、持久力がついていることを試すために、50kmの距離を走る必要を感じていた。
8月の月間累計走行距離は238.2km。

9月、レース前の調整期間を考慮するとレース前3週間で試走は終了させたい。そのため、長距離に対する不安を払拭し、より正確なシミュレーションをえるために、コース全長の後半の70%に当たる50kmを本番と同じ装備で走った。ペース配分もシミュレーション通りに走ることができ15時間以内のタイム予想がついた。レースは夜間走があることが特徴であるため、夜間の試走もおこなった。7月から9月の3カ月間でコース全区間を9回に分けて走りこみ、コース全長71.5kmの3周半に当たる254kmの距離を走り込んだが、レースタイムに不安が消えることはなかった。
9月の月間累計走行距離は189.8km。


2012年を振り返る 4月~6月

4月にはトレラン・レースに出場するという新たな目標を設定した。それまでの目標であった3ヶ月で10kgのダイエットを達成できたからだ。5月27日に開催される「第1回 日本百名山・両神山麓トレイルラン」という20kmのレースに仲間と共にエントリーした。トレラン・ビギナーの私には、レースに向けて、トレランの経験を積む必要がでてきた。ビギナー向けのトレラン・コースを調べて、芦ノ湖西側の箱根外輪山の三国山を廻るコースを知った。あまり高低差もないため、ビギナーの私にはぴったりのコースだった。週末、芦ノ湖でのフライフィッシングの合間にトレランのトレーニングを開始した。
4月の月間累計走行距離は116.4km。

5月は、私の初めてのレースとなる「第1回 日本百名山・両神山麓トレイルラン」に参加した。新緑の中を走る爽快感は言うまでもなく、競技記録という明確な数値によって自分の実力を知ることができること、エイドなどでの応援に勇気づけられながら走る喜びなど、全てが新鮮な体験であり、レースって楽しいと純粋に思えるものでした。そして、なによりもゴールを迎えるときの達成感が感動的であった。
5月の月間累計走行距離は120.3km。

6月は、10月7、8日に開催される「第20回 日本山岳耐久レース(ハセツネ)」にエントリーした。先月のトレラン・レース後の感動が残っていて、日本最高峰のレースで自分がどこまでできるか試したいという挑戦心がエントリーを決心させた。もちろん不安はあった。体力もない、気力もない、経験もないという3ない状況であることはレースで認識をさせられていたわけだし。でも、レースまで120日もあり、日々のトレーニングを積み重ねれば、完走はできるだろう。これまでトレーニングを習慣化してきたことで、少しずつでも走力がついてきていることは自信にもなっていた。レースに出場するからには絶対に後悔はしたくない。どこまでできるか挑戦が始まった。平日のトレーニングに持久力強化のための15kmの帰宅ランを加え、週末には、経験を補うためにハセツネ・コースの試走を組み込み、本格的なトレーニングを開始した。
6月の月間累計走行距離は199.6km。

続く


2012年を振り返る 1月~3月

2012年元旦から走り始めた。
最初は2kmのウォーキングからだった。
今まで運動らしいことは全くしてこなかったので、いきなり走れないことは自分が一番理解していた。
無理をせずウォーキングから始めることにした。
2日に1回のペースでジョギングとウォーキングを組合わせたトレーニング・メニューをつくり、徐々にジョギングを増やし、走る距離を伸ばした。
1月の月間走行距離は54.3kmだった。

2月はゆっくり、時間をかけて、長い距離を走るロング・スロー・ディスタンス(LSD)というトレーニングを取り入れた。LSDによって脂肪が燃焼しやすい身体になると言われている。
はじめてのLDS2時間走は、後半に脚が止まり、ボロボロだったが、最後まで歩かず走り通すことができた。
ランニングが自分の生活の一部になってきた。日頃の食事バランスやカロリーにも気を遣うようになった。
2月の月間走行距離は117.3km。ランニングと食生活の改善により体重も減り始めた。

3月も平日のジョギングと週末のLSDを基本に、順調にトレーニングメニューをこなした。
体重が減るという成果が出ていることよりも、ランニングが純粋に楽しいという気持ちが、ランニングを継続する強い原動力となっていた。
3月の月間走行距離は169.1km。目標の3ヶ月でダイエット10kgを達成した。

続く


南高尾山稜を走る

16日、小春日和の中、南高尾山稜をトレランしてきた。
南高尾山稜とは高尾山の南側に広がる山並みである。
自然豊かな高尾山は、都心からのアクセスもよいため大変な人気であるが、南高尾山稜は比較的静かな山々である。

今日のコースは、高尾山口駅~四辻~草戸山~大洞山~大垂水峠~城山~高尾山~稲荷山~高尾山口駅までの周回。
明るく開けた南斜面が多く、トレッキングを楽しむ者も比較的少ないため、お気に入りのトレラン・コースのひとつでもある。
画像は右に富士山、左に壮大な丹沢山塊、下に津久井湖


自分を変えたくて、走り始めた

皆さん、はじめまして。
トレラン繋がりの縁あって、はじめてblogを書くことになった。
今日は初心に返り、走り始めた理由を書き留めたい。

この半年ほどで急に痩せた理由を、会社の同僚から聞かれることが多くなった。
「ランニングしている」と答えることにしている。
仕事が辛くて心労で痩せたとか、身体が病んでいる訳ではない。
まあ、この1年ほどで12kgも痩せたから、無理もない。
ある同僚からは、どこか身体を悪くされたと思われていて、聞くに聞けなかったとも言われた。                                                                 

走り始めたきっかけは心身の衰えである。
40代半ばから体力、気力の衰えを自覚するようになった。
見た目にも、体重が自己ベストを更新中であった。
体力、気力の衰えは、ものごとに挑戦する気持ちの衰えも招いていた。

お前は、このままでいいのか?

自分に負けたくない、強くなりたい!あの頃の自分を取り戻したい!自分を変えたい!

自分を変えるために、習慣を変えることを決心した。

ランニングを通じて、心身を鍛え直そう。
数値目標は、3ヶ月でダイエット10kg。 

そして、2012年元旦から、駒沢公園ランニングコースを少しずつ走り始めた。