1.26 荒川30k冬大会 結果

1月26日(土)の荒川30k冬大会に参加した。荒川30kとは、荒川の河川敷で行われる30kmのランニングイベントである 。4’15″から7’00″までに7つのペース設定がされ、希望ペース別にスタートするので、混雑に巻き込まれることなくスムーズにペース走ができる。競技大会というよりは、よくオーガナイズされたペース走行会である。

ロード30kmは飽きっぽい私一人では決して走りきれる距離ではない。この距離を真剣に走ったのはもちろん初めてである。
5分30秒のペース設定のグループでスタートしたが、集団で走ることに慣れていないこともあり、直ぐにストレスを感じ、3kmほどでペースを上げて集団から抜け出した。その後、何度かぺーサーとなるランナーを見つけ、引っ張ってもらう。10kmのラップタイムは52分42秒、10-20kmは51分14秒と快調。振り返ると10-20kmのペースアップが後半の失速につながった。
23km過ぎから、脚に疲れが蓄積され、急に脚が痙りそうな気配がビンビン。更に25km過ぎから左横腹が痛くなってきて、20-30kmは54分54秒とペースが一気に落ちる。

結果は、2時間38分50秒、平均速度5分17秒/km

目標としていた2時間40分、5分20秒/kmは達成できた。自分の現時点の実力を測るという点では、レースのペース配分と後半の筋スタミナの不足の課題も再認識できたことは収穫であった。


1.26 荒川30k冬大会

1月26日(土)の荒川30k(サーティーケー)冬大会のナンバーカードなど資料一式が届いた。荒川30kとは、荒川の河川敷で行われる距離30kmのランニングイベント 。特徴の一つが、4’15″、4’30″、5’00″、5’30″、6’00″、6’30″、7’00″の7つのペース設定にそれぞれペーサーが配置され、マラソンのトレーニングの一環で取り入れるペース走ができることだ。実際の大会を想定して走ることで、自分の現時点での実力が測れる。30km走が距離に対する心身の持久力の強化につながり、2月の青梅マラソン30km、3月の伊豆トレイルジャーニーと続くレースに向けたトレーニングと位置付けている。

常日頃、一人でトレーニングをしているとモチベーションの維持がしにくい時がある。特にロードの長距離走の場合がそうで、周回のランニングコースをグルグル回っていると、すぐに飽きる。3年ぶりの風邪のため、この5日間、全く走れていないため調整不足が否めないが、このイベントに参加することで他のランナーからの刺激を得ながら、楽しく30kmレースペース走をしたいと思う。

久々の風邪

何年かぶりに風邪ひいた。記憶にないくらいだから、3年ぶりかもしれない。これまでは頭痛、発熱、鼻水、せきなどの風邪の症状を自覚した時点で、市販薬を服用し、一晩寝ればほとんど100%の確率で治してきた。でも今回は風邪の治りが遅れている。ちなみに今回の風邪はインフルエンザではない。

久々の風邪、それも治りが遅いということで、自省してみると思い当たる点があった。原因は、一年継続したランニングで体脂肪が落ちて、身体の免疫力が落ちたことにあるのではないか?この冬、例年になく手足の冷えを感じていたし。ネット検索すると体脂肪率が低いと、免疫力や抵抗力が落ちて風邪や感染症にかかりやすくなるということが書かれていた。でも、そうすると体脂肪率が一桁台のアスリートは風邪ばかりひいていることになるので、体脂肪率の低下が風邪の原因の一つではあっても、これが全てではないとも思うが、どうなんでしょうかね。


2013年上半期エントリーレース

明けましておめでとうございます。
走り始めて2年目の2013年は、40km超のミドル・レンジのレース中心にエントリーする。
2013年上半期にエントリーしたレースは現時点では3つ。
2月17日 青梅マラソン 30km
3月10日 伊豆トレイルジャーニー(第1回伊豆松崎・修善寺間山岳競争大会) 70km
4月26、27日 ウルトラトレイル・マウントフジ、STY(静岡から山梨) 84km

ミドル・レンジのレース中心とする理由は、まだまだ持久力に課題があるからだ。
今年一年、持久力を強化し、2014年には、いよいよ100km超のロング・レンジのレースに挑戦したい。