鍋割山-塔ノ岳-大山縦走トレラン

18日に丹沢山塊の鍋割山-塔ノ岳-大山を縦走してきた。もともとは箱根外輪山縦走トレランの予定が、おもいっきり寝坊したので近場に変更することにした。縦走コースは渋沢駅-大倉-鍋割山-塔ノ岳-ヤビツ峠-大山-浅間山-高取山-吾妻山-鶴巻温泉駅までである。山と高原地図によると大倉を起点としたコースタイムは13時間15分。10時近い遅いスタート時間だが、暗くなる前に下山できるだろうと踏んだ。もちろんライトは装備に加えた。

大倉を目指し9時45分に小田急線の渋沢駅をスタート。途中のコンビニで水、食糧を補充。大倉には10時24分着(4.3km、39分)ビジターセンターにはひと気がなく完全に出遅れ感が漂う。
P1020062
大倉から二俣までは林道走がメイン。沢沿いの新緑の美しさに癒される。P1020066
後沢乗越を経由して、急登を耐え、鍋割山山頂に12時30分着(12.7km、2時間45分)名物の鍋焼きうどんを食べたかったが、時間の余裕がないため行動食と水分補給のみで先を急ぐ。

金冷シからは、大倉尾根を登ってきたハイカーと合流するため塔ノ岳山頂まで渋滞ができていた。時間的に上り下りのピーク時間なのでしょう。
P1020076
塔ノ岳山頂には13時13分着(15.5km、3時間28分)。プチ休憩後に、表尾根を下り、三ノ塔をめ目指す。下り基調とはいえ、ヤセ尾根、鎖場、岩場と緊張する箇所がある。慎重な足裁きで進む。三ノ塔手前の急登もキツイ。今日は雲が多いが雄大な眺めが気持ちいい。
P1020085
ヤビツ峠には15時23分着(23.2km、5時間38分)。結構時間が掛かってしまい少し焦る。夜間走も覚悟し始めていた。売店で購入したスポーツドリンクを一気に飲み干す。休憩中に丁度、秦野駅行きのバスがきた。そのまま乗って帰りたいという気持ちを抑え、当初の予定通り大山山頂を目指す。だいぶ登りのペースが落ちてきた。疲労的にはピーク。大山山頂着は16時12分(25.6km,6時間27分)。山頂の売店はすでに閉店しており、ほんの数名しか山頂にはいない。そそくさと来た道を戻る。大山山頂から浅間山までは岩の多い下り。浅間山を過ぎてからやっと走りやすいトレイルが続く。日が傾き始め、日暮れが迫る。
P1020098
多少の巻き返しはあるが、下り基調で快適な高速トレイルを高取山、念仏山、吾妻山と一気に走る。やっと鶴巻の街へ戻った。温泉施設の「弘法の里湯」でゴール。時間は18時27分着、37.2km、8時間41分。夕闇一歩手前でした。
累積標高差+2534m,-2646m


たまリバー 60キロ走 DNF

相変わらずblogネタに乏しい。トレーニングのネタで繋ぐ。
今年4日目の夏日を記録した12日、たまリバー50キロのコースを走った。
いうまでもなく、夏日とは一日の最高気温が25度以上の日のことだ。

二子玉川から多摩川を遡り、羽村の取水堰を目指すコースとした。目標距離は37.5km。午前8時過ぎに二子玉川駅をスタート。早朝まで雨が降っていたため、湿度が高いが思ったよりは不快感はない。JOGでゆっくり走る。
ゆっくり

まずは二子玉川から20km地点の三屋通り入口のセブンイレブンを目指す。たまリバー50キロのコースに面したおそらく唯一のコンビニ。ランナー、サイクリストの休憩場所として賑わう。エイドではコカコーラをがぶ飲み。半分は途中で炭酸抜きにする。こんなに旨い飲み物はない。補給食を取り、更に上流を目指す。どこまで行こうかと考えながら走る。調子は良いのでせっかくなので60kmを走ろうと目標を上方に修正した。修正目標距離60km。GPSで30kmを超えた地点で折り返す。ちょうど羽村の取水堰の7km手前の地点だ。
Photo

正午も過ぎ、気温がぐんぐんと上がり、超暑い。頭がボーッとし始める。このコースは全くと言っていい程、日陰がない。橋の下くらいかな。どこか涼しいところに走りに行けば良かったと後悔したがもう遅い。コースが右側通行であることも忘れ、正面から来るランナーに叱られた。暑さで集中力が低下し始めているみたい。超辛いんですけど、これ。それでもこまめに水分を補給しながら日陰となる橋の下などで休憩を取り、走り続ける。
Photo
50kmを過ぎたころ限界がきた。暑くてもう走れない。このまま走ると危険だと脳が判断した。京王相模原線の橋のところでコースアウトし、線路沿いを歩き京王多摩川駅でJOG終了。リザルトは7時間10分、52.7km地点でリタイヤ。60km走DNF。

なんでこんな距離を走っているのかというと、7月28日の奥武蔵ウルトラマラソン78kmにエントリーしているから。真夏に行われるどMなレースだ。暑さ耐性のトレーニングには少しはなったかも。近々にコースの試走に行きたいと思う。


丹沢主脈縦走トレラン

 5月5日、丹沢主脈をトレランで縦走してきた。
丹沢主脈とは丹沢山塊の塔ノ岳、丹沢山、蛭ヶ岳、姫次、焼山を南北に貫くコースのこと。
丹沢主脈縦走

小田急線渋沢駅北口から大倉までJOG。バスに乗っても良かったが天気も良くなんとなく走りたい気分だった。コンビニに寄り道しながら40分ほどのJOGで大倉に到着。大倉は丹沢の表玄関口のためビジターセンターは大勢のハイカーで賑わう。トイレにも長い列が・・。トイレ休憩後、大倉尾根経由で標高1491mの塔ノ岳を目指す。大倉尾根はバカ尾根ともいわれている。バカ尾根とは延々と単調な登り下りの尾根道を指す山岳用語?であるが、標高差1200mも登るので正直バカにはできない。2時間ほどで塔ノ岳に到着。山頂もハイカーで大賑わい。早々に丹沢山へ向かう。稜線上のブナ林や笹原と高度感のある眺望が気持ちをハイにさせる。やっぱり山は最高だ。

丹沢

40分ほどで標高1567mの丹沢山に到着。長居せずに神奈川県最高峰、標高1673mの蛭ヶ岳に急ぐ。連なる山々に丹沢山塊の奥深さを感じながら、1時間ほどで蛭ヶ岳山頂へ。軽く休憩後、姫次へ向けて階段の木道を激下る。数年前に会社の同僚と歩いた場所であるが、その時にはこの階段の木道で膝を悪くしたことを思い出した。テンポ良く一気に下る。地蔵平から姫次までは気持ちよく走れる区間だ。ほどなく姫次に到着。姫次からのコースは東海自然歩道に入る。姫次から焼山までも走れる区間。焼山には鉄塔とも呼べる展望台があり、眼下に宮が瀬湖の素晴らしい眺望を得ることができる。
宮が瀬湖

焼山から西野々までを一気に下る。西野々バス停で時刻を確かめるが、2時間半後までバスがない。しかたがなく三ヶ木バスターミナルまで7kmほどのロード走をすることにした。三ヶ木バスターミナルに無事到着。ここでGPS計測を終了。計36.9km、7時間50分でした。

トレランでどこまで行けるんだろうか?歩きでは決して行けない距離をより短かい時間でどこまでも行けるような気がする。もちろんそれは幻想だけど・・。今回の旅で充実感を得られたので別のルートで企画したいと思う。


UTMF(STY)完走

4月26日-28日の3日間開催された日本最大級のトレランレースUTMF(STY)が終わった。富士山麓を一周する距離161km、制限時間46時間のUTMFと半周する距離84.7km、制限時間24時間のSTYがある。私はSTYにエントリーした。

0436d6e4b26411e2adfe22000a1fbd6c_7
13時のスタートに向けてカウントダウンが始まる。どんな旅となるのか期待と不安が交錯する。気持ちが最高潮に高まる瞬間。これがレースの醍醐味のひとつ。日常にこんなにドキドキすることはない。この非日常のドキドキ感が堪らない。

STY攻略の3つの戦略を立てた。一つ目は、序盤のA7まではペースを抑え、後半の林道、ロードはしっかり走ること。二つ目は、エイドで十分な補給と休憩をとること。三つ目は、体調変化に備え、早目に胃腸薬、痛み止めを服用すること。
目標タイムは17時間とした。

①START富士山こどもの国(標高923m)-A5水ケ塚公園(標高1449m) 区間距離12.5km
序盤は戦略通りペースを抑える。3月のITJでは前半飛ばし過ぎて後半潰れたからだ。A5 INは1時間53分。試走していないため自分のペースが掴めない。エイドでは水餃子、フルーツ、コーラを頂く。トイレ後、軽くストレッチをして8分でA5 OUT。

②A5-A6富士山御殿場口太郎坊(標高1441m) 区間距離7.1km
標高1800mのレース最高地点、四辻までの走行禁止区間は早歩きで歩を進める。四辻より多くなった砂礫にシューズがもぐりこみ走りにくい。さらにシューズに砂礫が入り込む。太郎坊までの砂走りは、面白いほどにスピードが出る。A6 INは3時間13分。しかしここでスピードを上げたことを直ぐに後悔することになる。エイドではスイーツとバナナを頂く。シューズの中の砂礫を取り除き、4分でOUT、先を急ぐ。

③A6-A7すばしり(標高848m) 区間距離9.4km
急に胃痛が始まる。砂走りで胃が上下したことによるものだろう。胃腸薬を服用すると15分ほどで痛みが和らぎ始めたが、スピードを上げると胃が痛むためスピードを上げられない。A7 INは4時間12分。エイドでは雑煮を頂く。ここでトイレ(大)に行く。時刻は17時を過ぎたためヘッドライトを準備する。ここから中盤の核心部に突入する。16分でA7 OUT。

 ④A7-A8山中湖きらら(標高984m) 区間距離16.4km
三国山の手前からヘッドライトを点灯する。長い夜間走が始まった。ヘッドライトを点灯してからまもなく、派手に転倒した。最悪なことに転んだ瞬間に両脚の脹ら脛が攣った。動けないためしばらく転んだままの体勢をとる。何とか立ち上がり、身体を点検するが、幸いにも外傷はない。脹ら脛の痛みだけは残るが走れないほどの痛みではない。動きながら回復を待つ方法を選択した。下りが終わり、ロード走に変わる。A8が近づく。応援してくれる仲間、チームRODの加藤ちゃんがA8で待っていてくれるということだけで力が沸いてくる。彼は故障のため今回のUTMFをDNSした。走りたくても走れない彼の分も走りたいと思いながら走った。A8 INは7時間26分。加藤家の手厚いサポート受ける。レッドブル、カップスープ、フルーツ、塩熱サプリを頂く。エイドではバナナを頂く。居心地が良すぎて30分でA8 OUT。

⑤A8-A9二重曲峠(標高1152m) 区間距離5.9km
自分の前後にランナーが見えない孤独を感じる時間が増える。疲労と孤独感で心が折れそうになる。A9 INは9時間8分。腹を下したようでトイレ休憩。パンとコーヒーを頂く。パンを飲み込めず吐きそうになる。内臓疲労で徐々に食物を受け付けなくなってきた。10分でA9 OUT。

⑥A9-A10富士小学校(標高704m)  区間距離15.2km
杓子山(標高1597m)を一気に450m上る一番のタフな区間だ。頂上手前の100mの岩場も登る。フラフラになりながら手足を使い岩場を登る。休み、休み、なんとか急坂を登る。やっと着いた杓子山頂上から次は10kmの距離を900m下る。林道に入り戦略通りペースをあげる。調子よく走っていたが、残り3.5km地点で手がしびれ始めた。ハンガーノックの症状だ。補給が足りなかったようだ。エイドまでいけると踏んでいたが誤算だった。気分も悪くなり、激しい吐き気をもよおす。直ぐに補給をしないとこれ以上走れなくなる。フラフラと歩きながら、ENERGY BARに噛り付き、それを水で胃に少しずつ流し込む。吐き気を抑えるために胃腸薬も服用する。15分ほどで手の震えが収まり、再びゆっくりと走り始めた。12時間29分にA10 IN。腹の調子が良くないためトイレの列に並ぶ。エイドでは吉田うどん、ババナ、コーラを頂く。21分でエイドを後にする。

⑦A10-FINISH河口湖八木崎公園(標高835m)  区間距離18.2km
林道の九十九折りの登りが足に堪える。標高1400m程のロードに出るが緩やかに登り基調。ロードから下りの長い林道に入る。残りは10km程、もう登りはない。ペーサーとなるランナーに引っ張ってもらうがスピードについていけない。徐々に離される。膝がまた痛み始める。最後の痛み止めを服用する。最悪なことにまたハンガーノックの症状がで始めた。胃が受け付けそうにない状態であったが無理やりGELを水で喉に流し込む。これで身体は動くはずだ。しばらくして手の痺れが消え、足が動き始める。後はなにも考えずに、ひたすら一歩一歩足を前に出すことだけに集中した。河口湖大橋を超え、ゴールを迎える瞬間、やり切ったという充実感で満たされ、本気で泣きそうになった。FINISHは16時間15分08秒だった。
無題
振り返れば、心身共に辛いレースではあったが、沢山のサポーター、ボランティアの温かい運営、応援によって、大変楽しいレース体験となったことには、心から感謝したい。温かいサポート、声援に後押しされたランナーは私だけではないであろう。日本においてこれだけの規模のレースを継続して開催することは難易度が高いことであろうと想像する。是非とも継続開催を願う次第です。次回は、100mileに挑戦したいという気持ちが高まった。まだまだ実力が不足しているが、心身を鍛え上げ、またこの地に戻りたいと思う。