オクム試走2回目

6月22日、オクム試走2回目。

今回の奥武蔵ウルトラマラソン(オクム)のコース試走は、鎌北湖第二駐車場から本戦コースの折り返し地点である県民の森駐車場までの往復50km超である。
この区間は本戦の中盤からのコア部分で、顔振峠、傘杉峠、飯盛峠、檥(ブナ)峠、刈場坂峠、大野峠と6つもの峠を越えていくアップダウンのある難コースだ。
suunto ambitのデータでは標高差670m、累積標高差1404mもあった。
P1020252
苔のグリーンが目に優しい。
P1020262
徐々に高度を上げるとブナ林が多くなる。
ようやく県民の森の駐車場に到着。手元のwatchでは25.4km地点。
P1020264
ここで水分と補給食を摂り、トイレ休憩後に、復路に向かう。

復路の刈場坂峠を超えたあたりで、足裏に痛みが走った。
今まで経験のない痛みに立ち止まったり、歩いたりを繰り返す。

「アップダウンのコースで脚に限界か?」
「先週の試走の疲労が抜けていなかったのか?」
「当日、こんな痛みが出たらどうする?」

様々な考えが頭をよぎる。我慢し切れず、痛み止めを飲む。
服用後30分ほどで痛みが和らぎ、なんとか走って39.9km地点の顔振峠に到着。

顔振峠の富士見茶屋で本格手打ち蕎麦をいただく。
P1020267
顔振峠から鎌北湖を目指す。残り11kmほど。

43kmを過ぎたあたりで急に吐き気と脱力感が襲ってきた。走れなくなり再び歩きとなった。
軽い熱中症か痛み止めの副作用だろう。気分は最悪。いよいよ限界と北向地蔵のベンチに横になり15分程休む。日陰で涼しい風にあたったことが良かったのか、起きると吐き気は収まり、身体は動けるようになった。

残り2kmほどの下りを軽いジョグで進み。
ようやく鎌北湖第二駐車場に到着。距離は50.9km。

後半の足底の痛み、吐き気と脱力感でダウンと散々なオクム試走となった。
こんな思いをしても、また試走したいと思えるのは、このコースの面白さなのかな。
レース本戦に向け、7月にもう1,2回通いたい。


オクム試走1回目

オクム。
奥武蔵ウルトラマラソンをウルトラランナーはオクムと呼ぶ。
オクムは真夏の盛りに行われる奥武蔵を舞台とした78km、制限時間12時間のウルトラマラソンだ。真夏に行われることと起伏の激しいコースであることから、過酷なドMレースでもあるようだ。今年は7月28日(日)に開催される。昨年の完走率は79%。

2つの理由でこのレースにエントリーした。70km超のロング走の経験値を上げたいという真面目な理由と、ウルトラランナーという言葉の響きに憧れたという不真面目な理由?だ。初めてのウルトラマラソンへのチャレンジとなる。ちなみに、私にはフルマラソンのレースの経験はない(笑)

6月15日(土)、東京の最高気温が今年初の30℃を越えたこの日。
オクムのコース試走に行ってきた。
試走コースは
①スタート地点の毛呂山総合公園から顔振峠(こうぶりとうげ)までの33km
②顔振峠から折り返して、ゴールの毛呂山総合公園までの13km
の合計45km。

コース中は、奥武蔵の自然の豊かさ、奥深さが感じられ距離の割に飽きはない。
P1030231
P1030228
初めてコース試走した感想は予想以上に辛いの一言。フラットなところはほとんどなく、常に勾配のあるところを走る。しかもアップダウンもある。さらに蒸し暑く、マジで苦行僧のような試走となった。
コースの攻略は一筋縄ではいかないので、何度かこのコースに通うことになりそうだ。2回目は鎌北湖から折り返し地点の県民の森の丸山間の往復ランにしたいと思う。
P1030175


戸隠マウンテントレイル

6月8日、戸隠マウンテントレイルに参加してきた。

このレースには、私の所属チームであるランオアダイから総勢13名の大量エントリーに加え、会社の同僚も4名参加とトレラン仲間が大勢参加した。大勢の仲間とレース体験を共有する楽しさも満喫できたとても楽しいレースでした!

戸隠マウンテントレイルというのは長野県長野市戸隠の戸隠スキー場周辺トレイルで開催されるトレイルレースで、一般20kmとキッズ2kmの2つのレースがある。
このレースの特徴を私なりに3つ挙げるとすると、以下に挙げたとおりです。
①ゆとりの土曜日午後1時開催&制限時間なし
②トレイル率99%の走れるコース
③レース終了後に宿泊プラン申込者のみの飲食放題のBBQパーティー
要するに、楽しめるレースであることです!

20kmのコース前半の特徴は、瑪瑙山(メノウヤマ)の激登り、その後の瑪瑙ゲレンデの激下り。中盤以降は、適度なアップダウンのある気持ちの良いトレイルが続く。

前日雨が降ったようで、トレイルには所々に水溜りもあり、トレイルはぬかるんで重い。最後は水溜りも気にもならなくなったがシューズは泥だらけ。木道や丸太が滑りやすくナーバスになる箇所もあったが、まじで極上トレイル。

リザルトは2時間35分14秒、男子総合100位/420名。

スタートダッシュ後の心拍数の高さにビビリ、その後ペースを押さえて走ったが、中盤以降の追い込みが足りず、タイムが伸びずという感じでした。実力的にはこんなもんでしょう。走れるコースで走れないという実力を知る。
__ (13)
レース後に開催されたBBQパーティー会場ではキャンプファイアーを囲み、マイムマイムを踊ったり、ウェーブしたりとめっちゃくちゃ盛り上がっていた。輪には入れなかったが・・・
P1020164
この盛り上がりのせいか、翌日は快晴。まさに戸隠伝説の通り、引きこもっていた天照大神が岩屋から出てきたようでした。
岩屋を塞いでいた大岩が飛んできて出来たという戸隠連峰がくっきりと見えました。
翌朝の軽いトレランが最高に気持ちよかった!
P1020170

 

 


秦野 ヤビツ峠 往復峠走

今日は7月28日の奥武蔵ウルトラマラソン78kmに向けたトレーニングとして秦野駅-ヤビツ峠往復30kmの峠走をしてきた。
ヤビツ峠というのは、神奈川県の秦野市に有る761mの峠である。ヤビツ峠は塔ノ岳や大山への登山口ともなっているが、自転車乗りにとってヒルクライムの聖地としても有名だ。
P1020147
峠走というのはウルトラランナーの岩本能史氏のオリジナルのトレーニング法だそうだ。ランニングに必要な推進力、心肺機能、フォーム、着地筋の4要素が効果的に鍛えられるという。

P1020145
往路15kmをひたすら690m登り、復路15kmをひたすら690m下るというのは単調ではあるが確かに上記4要素を効果的に鍛えられるようで、きついトレーニングとなった。
P1020139
蓑毛あるいはヤビツ峠までバスを利用すると時間短縮、あるいは下り走のみのトレーニングができたり、大山などのトレランを組合わせるなど工夫できるので、またトレーニングに来たいと思う。
途中寄り道したので距離は31.2km、4時間51分でした。


5月、RUN減、体重増

こんにちは。
5月中に丹沢山塊のトレラン縦走や50km走やらのロング走をポイント練習としたことや仕事で出張が多く、不規則な生活となったことも重なり、疲れがなかなか取れなかった。そのせいもあり、中旬以降からは身体はダルいわ、走る気は沸かないわで、軽い5月病になっていた。月末のトレーニングも梅雨入りを理由にサボり気味。さらに出張のため不規則な食生活で胃が大きくなっていたようでついつい気が緩み食べ過ぎとなり体重も増加。6月からは真面目にトレーニングしよう。

5月 RUN 14回 35時間21分 月間走行距離 234.5km
4月 RUN 16回 43時間14分 同 307.7km
3月 RUN 15回 41時間21分 同 306.1km
2月 RUN 15回 22時間38分 同 211.2km
1月 RUN 15回 21時間12分 同 185.3km

6月1日 体重56.90kg、体脂肪率10.6%、BMI20.2
5月1日 体重55.70kg、体脂肪9.4%、BMI19.7