オクム試走3回目、4回目

blog更新の間が開きました。
最近のマイブームはオクム試走です!(笑)

今月の28日に迫った真夏の祭典、どMレース奥武蔵ウルトラマラソン78km(通称オクム)の試走に行ってきた。6月29日、7月13日の2日間。これで合計4回となった。

私はエントリーする全てのレースを試走するわけではない。当然ながら、時間的、金銭的、そして精神的な余裕がある時でなければ試走になんて行けないわけだが、マメに試走に行っているのは試走のメリットを実感しているからです。

私の考える試走のメリットは目標タイムの設定、レース時のペース配分、補給、休憩のタイミングや時間などレースの総合的なマネジメント力を向上させられることです。コースの特徴を身体で知ることもでき、この上りはどこまで続くのかといった先の分からない恐怖心からも解放され、精神的なアドバンテージも得られる。
百聞は一見にしかず、実地トレーニングに勝るものはないしね。

4回の試走で奥武蔵ウルトラマラソン78kmの全コースを2回走ったことになる。これまでの試走タイムを元に主要エイド毎の目標タイムを設定した。本番のレースでは、このエイド毎の目標タイムをスモールゴールとして、細かくしたゴールを積み重ねて、78kmを走り切る戦略を立てている。2番目の阿諏訪ASの場所が分からず区間タイムは飛ばしているので不完全です(笑)

 オクムラップ表

目標の10時間を切れれば、2012年のリザルトによると男子総合では上位から53%程度に食い込めることになる。フルマラソン・レース経験もないウルトラマルソンのビギナーの私にとって挑戦しがいのある目標であると思う。